« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月25日 (土)

チャンス!

 このドラマを振り返ってみてつくづく思うのは、
三上博史はどうしてこう、主役なのに「嫌な奴」の役が多いのだろうということです。
以前にも取り上げた、『この世の果て』もそうでしたが、
この『チャンス!』においても、プライドが高く傍若無人な落ち目のミュージシャン
という、決して褒められたものではない人物の役でした。
しかし、かと言って三上博史にとっては悪い話ばかりでもなく、
劇中で歌われた「夢WITH YOU」(本城祐二ヴァージョン)が、本家本元の
久保田利信の「夢WITH YOU」よりも売れたのだから、
三上氏にとっては嬉しい誤算だったのではないでしょうか。

 こうなると、ちょっと可哀相なのはむしろ久保田利信の方であって、
主題歌のみならず、音楽の監修にも携わっていたというのに、
肝心のドラマ自体はそれほど視聴率も高くなく、それなのに自分の歌より
三上氏に提供したアレンジヴァージョンの方が売れたのだから、
久保田氏にとっては内心さぞ複雑であったことでしょう。

 しかし、三上氏よりも久保田氏よりも、ある意味最も悲惨だったのは、
本城祐二の後輩にして、売れっ子ミュージシャン役であった東幹久だと思います。
当初こそ、本城祐二を人気・実力ともに凌駕し、「あんたの時代は終わった」とか
豪語していたというのに、次第に本城の底知れぬ音楽センスに恐れを抱くという
ヘタレ振りを発揮し、また劇中時折流れていた「俺は叫んでる」という曲も
「お~れは~♪さけんでる~♪」と、サビの部分しか流れることがなく、
しかもこれが、私の記憶が確かならば、シングルカットされることもありませんでした。
ただ、そんな状況だったから、「どんな歌やねん!」と当時は友人達との間でも
話題騒然であり、ある意味おいしい役どころだったのかもしれません。

 とまあ、そんなわけで、このドラマは必ずしも成功したとは言い難いものの、
前述した、三上博史、久保田利信、東幹久のお三方のあり方がとても興味深く、
ネタドラマとしては案外イイ線行ってたように思えます。
その中で一番得をしたのはやはり三上博史のような気もしますが、
今になってなお、東幹久の『俺は叫んでいる』が果たしてどんな歌なのか?
気になって仕方ないので、案外、東幹久こそが真の勝者だったのかもしれません。

 『俺は叫んでいる』
はたしてどんな歌なのか?
願わくば、ぜひ一度聞いてみたいものです。



 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月21日 (火)

タッチ

 子供の頃、私はこの作品をなぜか少女マンガと勘違いしていたため、
興味はあったものの、中々手が出せなかったんですね。
そうこうしている内に、アニメ化されていたわけで、
「こいつはありがてぇ」と、視聴し始めたのですが、
噂通りとても面白く、どんどんのめりこんでいきました。
ところが、原作ファンにとっては、このアニメはあまり評判がよろしくなく、
アニメからファンになった人に対しても風当たりは強かったように記憶しています。

 まあ、それだけこの作品はアニメという枠で表現するのが難しかった点が
多かったのかなあという気がします。
そもそも、この作品のテーマは野球というわけではなく、
主人公の達也、ヒロインの南をはじめとするする、数多くの登場人物達の心触れ合い
なのですから、原作においてはよく、「………」等の無言のシーンや、
風景描写がやたら多く、そこでこのキャラはどんな心情なのだろうか?
と、読者がそれぞれに想像力を働かせることが出来るわけで、
これこそがこの作品の最大の魅力であったわけです。

 しかし、アニメになると、さすがにこのような登場人物の細かな心の機微を
漫画のように描くことは難しかったのか、それゆえ、原作を知らない人を引き込む事は
出来たのですが、原作ファンにとってはやはり物足りないところがあったのでしょう。

 実際、あとで原作を読んだ私は、素直に「すげぇ」と思いました。
あえてキャラのセリフを入れないことで、逆にそのキャラの心や気持ちという、
目に見えないものを際立たせているのですから。
もちろん、その当時は私もまだまだ子供だった為、正直分からないシーンも
多々ありました。
しかし、こんな表現方法もあるんだ~と感心したことは今でもよく覚えています。

 まあ、これ以上漫画における表現方法とかについて論じると、
ボロが出そうだし、それほど詳しいわけでもないので、これ以上は言いませんが、
とにかく、どんなに時が流れてもこの作品は不変の名作であることは断言できます。

 という訳で、皆様も今一度この作品の原作を読んでみてはいかがでしょうか?


原作コミックス:タッチ-完全版


ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

みんな昔は子供だった

 いや、大人はみんなそうでしょうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想神降臨

先日より激戦が繰り広げられていたカンコン
その頂点たる、感想神が昨日誕生しましたので、こちらでもご紹介致します。

数多の強豪を押さえ、感想神の称号を得た者。
その名は、Yukimiさん!(作品-「Snow Swallow Natue」

どうもおめでとうございます。
まさか、前回に引き続き、納豆をネタにされるとは思ってもみませんでした。
しかも、それで優勝してしまうのですから、大したものです。

こんなことなら、私も『ぴちぴちピッチ』で行けば良かったとすら思えます。

なにしろ最初に、そう…。バカなことだこれ(ピッチをネタに使うこと)は…。
だが、オレはそのバカを極める!

と思い立っていたのですから……。
しかし、これこそがまさに正解だったんですね。

カンコンで勝つにはバカを極めなければならないのです。

人間、バカになって人を救え。

こんな言葉がありますが、まさに感想書きにとっては、感想で読んで下さる人々を
笑わせ、心を癒すことこそ究極の目的……。

そのためには、躊躇なくバカになれる度量も必要ということでしょう。
私が次回のカンコン(があるのかどうか分からないが)までに、どれだけバカを
極められるか?
なんだか進むべき方向性がちょっとずれてる気がしないでもないですが、
まあ、そういうわけで頑張っていこうと思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家なき子レミ

 この作品を初めて観た時は、ちょっとムカつきましたね。
なぜ、わざわざタイトルに「レミ」を付けるんだよ!と。
安達祐実が出演してた、ドラマ『家なき子』が大ヒットしたからと言って、
遠慮してんじゃないのか?と。
しかも、主人公のレミは元々は男の子なのに、それを女の子に変更したそうでは
ありませんか。
なんで、こんなことするのかなあ~。
これじゃあ、知らない人はドラマの『家なき子』をパクってると思うかもしれないでは
ないですか。
本家本元なら、もっと堂々としてもらいたかったものです。

 と、一視聴者として言うのは簡単ですが、
製作者サイドでは、度重なる低視聴率のせいで色々と大変だった模様です。
しかし、それでも視聴率が回復することはなく、全26話の内23話までしか
テレビでは放送されず終了したばかりか、22年も続いた世界名作劇場も
幕を閉じることとなったのですから、なんともやり切れない話です。

 とまあ、そういうわけで、例によってこのアニメもそれほど観ていたというわけでもなく、
さだまさしの歌が良かったなあ、くらいの印象しかないのですが、
よくよく考えると、原作もほとんど知らないので、
これを機会に原作を読んでみようかなあとも思いますが、
テレビで観れなかった最後の3話も気になるので、
まずはこの『家なき子レミ』のDVDでも観ようかなあ、
でも、原作とかなり違ってるみたいだからどうしたものかなあ、
等と悩んでしまう今日この頃です。

 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

ウルトラマン80

 私が初めてリアルタイムで観たウルトラマン、それがこのウルトラマン80でした。
それゆえ、例によってあまり覚えていないというのが実情なのですが、
さすがに最終回だけは割と記憶に残っています。

 ウルトラマン80である矢的猛がなんかテクテクと歩いていると、
至る所で誰かの視線を感じるんですね。
それで振り向くと、隊長が険しい表情で見ている。
そんなシーンが何度か続くんです。
まさに、「振り返れば奴がいる」状態。
そんなこんなで、実は隊長は猛がウルトラマン80だということを知ってましたよ~
みたいな展開になるんですが、最後の最後でこんなこと急に言われても、
「ホンマかいな?」と、私が子供心に思ったことは言うまでもありません。

 しかし、問題なのはそんなことではなく、なんと!
最終回なのに、ウルトラマン80の出番はなく、人間の力のみで怪獣を倒して
しまったではありませんか!

 これには、当時お子様だった私は大いにショックを受けました。
ウルトラマンの最終回なんだから、ウルトラマンに大暴れして欲しいじゃないですか。
最後なんだから、華々しく散って欲しいじゃないですか!
それなのに、なにこの展開?
子供はそんなの望んでなんかいないんですよ。
なに、この期に及んで人間ドラマ描いてんねん、って話ですよ。

隊長達は「奴を倒すのはこのオレだ!」と言ってはばからない、悪の組織によくいそうな
ヒーローの敵かっつーの!
しかも、今まで散々ウルトラマン80に頼っていたくせに、
急に「地球はやはり地球人の手で守らなければならん!」
とか言い出して、一体どういう風の吹き回しだよ!

 とまあ、そういうわけで、まだお子様だった私はこの最終回に納得できず、
「ひのーい!!ひの――い!!のーして!!のーしてぇえええ!!!」
とまでは思いませんでしたが、それくらい嘆きました。

 しかし、今思い返せば、「ああ、こういうのもいいな」と思えるようになったのですから、
つくづく、人の心は移ろい易いなあと思う次第であります。

 そして、今になって気付いたことですが、矢的猛を演じていたのは、
あの、長谷川初範氏だったんですね~。
さすがに、これには私もビックリしました。
長谷川初範氏と言えば、濃いキャラが似合う俳優であり、
私が最も印象に残っているのが、ドラマ『聖龍伝説』に出てくる幻龍拳の総帥、
王将鬼(ワン ショウキ)です。

wan

  

  

  

  幻龍魔空波を放つ、王

それが若かりし頃は、あんな爽やかな役をやってたなんて、
つくづく、人は変わるものだなあと思える今日この頃です。



 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

いちにのさんすう

 この当時のNHKの教育番組は今思えば凄かったですねえ。
特にこの『いちにのさんすう』なんて、イカれて……いや、とってもイカしてました。
なにしろ、オバケのタップと良い歳したヨシさんというおっさんという、
なんだかよく分からないコンビが毎回真剣に一桁台の計算で頭を悩ませるのですから、
それはひょっとしてギャグでやってんのか?
と思わずにはいられません。
特にヨシさんに至っては、深刻です。

りんご6つとみかん8つ。全部でいくつ?

と、この程度の問題に、「こんなの分からないよ~」と根をあげるのですから。

こんな問題も分からないなんて、彼は一体今までどんな生活してたんでしょうか?
義務教育受けてないのでしょうか?

なんともツッコミ所満載ではありますが、当然この疑問が解かれることはありません。
あくまで解かれるのは、しょーもない一桁台の算式のみなのです。

 しかも、先程の計算問題を例にとると、
バラバラに配置されていたりんごとみかんをそれぞれに分けることで、
「これで数えやすくなったぞ~」とか、さも大発見したかのようにはしゃぎ、
そしてようやく、りんごが6つでみかんが8つであることが分かるのです。

 当然、それを一部始終見ていたボクらが、
「一々そんなことしなくても、見れば分かるじゃん」と呆れ気味であったことは言うまでもありません。

 しかし、悲劇はなおも続きます。
この後にダメ押しと言わんばかりに、

6+8=14

と、算式がテレビ画面にデカデカと表示されるのです。

 小学生低学年ですら、暗算で出来るものを、わざわざこんなまどろっこしい方法を
用いてようやく解ける、ヨシさんというおっさんは本当になんなんでしょう?
ひょっとして、この番組は算数をしっかり勉強しないと、ヨシさんのようなダメな大人に
なりますよ、ということを説いていたのかもしれません。

 一桁の計算で真剣に悩む、タップとヨシさん。
願わくば、この珍妙で滑稽なコンビをもう一度観てみたいものです。

 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

ツヨシしっかりしなさい

 このアニメもさほど観ていたというわけではなかったのですが、
観ていてちょっと不快感を覚える作品だったことはなんとなく覚えています。
なにしろ、主人公のツヨシは、毎回、家事をやらない母親と姉2人に
こき使われているのに文句1つ言わないのだから、なんだか観ていて腹が立ちました。
それでいて、この苦労が報われるわけでもなく、感謝されるわけでもなく、
人から認められるわけでもなく、何らかのフォローがされるわけでもない……。
それでいて、タイトルは「ツヨシしっかりしなさい」。
なんですか、これ。
まるで、ツヨシ君がまるでだめ夫君みたいじゃないですか。
そりゃあ、姉2人と母親に逆らえず、へーこらしてる姿は、ヘタレ野郎に映る
かもしれませんよ。
しかし、このツヨシ君という奴は、家事万能であるばかりか、スポーツも万能だし、
成績も良い(かどうかは知らないが、キレ者だったと思う)し、彼女もいる……。
そうです、思ったよりしっかりしているのです。
それなのに、これ以上どうしっかりしろと言うのでしょう?
そして、一体このアニメは何を描きたかったんでしょう?

 イマイチ釈然としませんが、ひょっとしたら、家事は女だけがやるものではなく、
これからは男も分担してやらなければならないということを
暗に説いていたのではないかなあと思えなくもないですが、
やっぱ違うような気もする今日この頃です。



 ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

キャプテン翼Ⅱ

 なんと言っても、ブラジル最高です!
キャプテン翼のブラジルと言えば、私はこの作品のブラジルこそ、
リアルブラジル・11(イレブン)として認めます。
原作者の高橋陽一氏が後から書いたワールドユース編のブラジルなんて、
あんなものは紛い物です。同人誌です!
と、いささか言い過ぎな気がしないでもないですが、
本当にそう思えるのだから仕方ありません。
それほどまでに、この作品は原作者のワールドユース編よりも断然面白かったのです。
なんと言っても、くどいようですが、ブラジルが凄い!そして強い!

ドライブシュートが一切通じない、ゴールキーパーのメオン。
ドライブシュートの使い手、トニーニョ。
消えるフェイント、トニーニョとのブースターシュートを駆使するネイ。
強引なドリブルでDFを蹴散らし、鋭角からの超変化球シュート、ダブルイールを放つ、
キーパー殺しの異名を取るザガロ。
パワーディフェンスで鉄壁の防御を誇るディセウ。
DFながらも、チャンスがあればドライブシュートでゴールを狙う、ジュトーリオ。
ゲームメーカーながらも、バナナシュートで積極的にゴールも狙う、サンタマリア。
そして、ペレの再来とも言われる実力者、分身ドリブル、ミラージュシュートの使い手、
カルロス・サンターナ。
以上が、序盤のリオカップで出会うライバル達でありますが、
ワールドユースになると、キーパーマシンの異名を取る、ゲルティス、
そして、ロベルトが翼より上だと認める、真のスーパーストライカー、コインブラが
加わり、まさに最強のチームとなるのです。

 しかも、11人中8人が必殺シュートを持っていて、
どいつもこいつも、ボールを持ったらガンガンシュートを放ってくるのだから、
たまったものではありません。

これほどまでのインパクトがはたして、高橋氏のブラジルにあったでしょうか?
否、ありません。
しかし、そのくせ、ドイツをはじめとする他の強豪国相手に5-0とか6-0の大差で
勝ち、なおかつ試合展開が描かれないのだから、やり切れません。
ゲームの方が、リアルサッカーを超越し、少林サッカーみたいになってるのに対し、
高橋氏のはあくまでリアルサッカーを貫いているくせに、
こんなあり得ない試合展開にしているのです。

 ゲームの方はあそこまで強いのに、準決勝のフランス戦で3点しか取れていません。
少林サッカーみたいなサッカーをするのに、結果は3-0というリアルなスコアであり、
対して高橋氏のはリアルサッカーなのに、ワールドユースで5-0、6-0という
あり得ないスコアで予選はおろか本戦までも勝ち進んでいるのです。
なんじゃい、これは!
さすがに私もこの展開には大いに憤慨しました。
こんなことなら、下手に自分で描かず、このゲームを原作にして描けば良いのに。
今からでも遅くない。
今までのは全部なかったことにして、もう一度この作品を原作にワールドユース編を
描いてくれ!とすら思います。

 それが無理なら、せめてPS2、いやPSPででもいいから、テクモにリメイク版を
出して欲しいものですが、版権のこととか考えると無理なんでしょうねえ。
つくづく、残念に思える今日この頃です。


ブログランキングranQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

お知らせ

 カンコン2の出展作品が完成しましたので、
こちらでも公開いたします。

 カンコン2出展作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »