« みんな昔は子供だった | トップページ | チャンス! »

2006年3月21日 (火)

タッチ

 子供の頃、私はこの作品をなぜか少女マンガと勘違いしていたため、
興味はあったものの、中々手が出せなかったんですね。
そうこうしている内に、アニメ化されていたわけで、
「こいつはありがてぇ」と、視聴し始めたのですが、
噂通りとても面白く、どんどんのめりこんでいきました。
ところが、原作ファンにとっては、このアニメはあまり評判がよろしくなく、
アニメからファンになった人に対しても風当たりは強かったように記憶しています。

 まあ、それだけこの作品はアニメという枠で表現するのが難しかった点が
多かったのかなあという気がします。
そもそも、この作品のテーマは野球というわけではなく、
主人公の達也、ヒロインの南をはじめとするする、数多くの登場人物達の心触れ合い
なのですから、原作においてはよく、「………」等の無言のシーンや、
風景描写がやたら多く、そこでこのキャラはどんな心情なのだろうか?
と、読者がそれぞれに想像力を働かせることが出来るわけで、
これこそがこの作品の最大の魅力であったわけです。

 しかし、アニメになると、さすがにこのような登場人物の細かな心の機微を
漫画のように描くことは難しかったのか、それゆえ、原作を知らない人を引き込む事は
出来たのですが、原作ファンにとってはやはり物足りないところがあったのでしょう。

 実際、あとで原作を読んだ私は、素直に「すげぇ」と思いました。
あえてキャラのセリフを入れないことで、逆にそのキャラの心や気持ちという、
目に見えないものを際立たせているのですから。
もちろん、その当時は私もまだまだ子供だった為、正直分からないシーンも
多々ありました。
しかし、こんな表現方法もあるんだ~と感心したことは今でもよく覚えています。

 まあ、これ以上漫画における表現方法とかについて論じると、
ボロが出そうだし、それほど詳しいわけでもないので、これ以上は言いませんが、
とにかく、どんなに時が流れてもこの作品は不変の名作であることは断言できます。

 という訳で、皆様も今一度この作品の原作を読んでみてはいかがでしょうか?


原作コミックス:タッチ-完全版


ブログランキングranQ

|

« みんな昔は子供だった | トップページ | チャンス! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

感想リレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/9193556

この記事へのトラックバック一覧です: タッチ:

« みんな昔は子供だった | トップページ | チャンス! »