« 大黒 摩季 | トップページ | 附子(ぶす) »

2006年4月17日 (月)

金太十番勝負!

 このドラマも例によってよく覚えていません。
ただ漠然とながら、田原俊彦と浅香唯が出てたことを覚えています。
ストーリーに関しては、これもぼんやりとした記憶しかないのですが、
老舗のせんべい屋の男気溢れる若旦那(田原俊彦)が、毎回おりなすドタバタ騒動…
と言ったところでしょうか。
毎回、「おまえらに売るせんべえはねえ!」とか、そんなキメ台詞を言ってたように
記憶しています。

 でもって、当時の歌番組である『歌のトップテン』や『ザ・ベストテン』でも
浅香唯が田原俊彦の事を「お兄ちゃん」とか言うものだから、
ジャンプ放送局(当時の週刊少年ジャンプにあった読者投稿のコーナー)で、
「他の番組で「お兄ちゃん」とか言ってんじゃねえ!てめえらに売るせんべいはねえ!」
等と読者から非難されていました。

 と、ほんとにこれくらいのことしか知らないのですが、
これ以外と言ったら、そうですねえ……。
田原俊彦が伊武雅刀に、
「例え間違っていても、最後までやり遂げるのが男ってもんだろ!」と説教したり、
最終回辺りで、田原俊彦と浅香唯が実の兄妹じゃないことが発覚し、
真相を知った浅香唯が家出したと伊武雅刀が勘違いし、大騒ぎしていたのが、
なぜか今でも記憶に残っています。
(その時、伊武雅刀が騒ぎ立てている中、当の浅香唯はしっかり隣の部屋にいて、
きょっとんとしていたのが、ちょっと笑えました)

 まあ、そんなわけで、このドラマは一度たりともまともに観ていなかったのですが、
覚えているのは、伊武雅刀絡みばっかりなのが我ながら笑えます。
やっぱ、濃いキャラの人はインパクトが強いから記憶に残るものなのでしょうか。
主演の田原俊彦や浅香唯より、むしろ伊武さんがどんなだったか、
興味が沸いてきますし、伊武さんの演技が見たいとすら思えます。

 ゆえに、ドラマの人気や質の良し悪しと言うのは、決して主演に左右されるもの
ではなく、他の出演者、特にベテランの方に支えられているものだということを
再認識させられた点で、私はこのドラマの存在感を今になって思い知らされたような
気がします。

 まあ、かと言って今更観ようなどとは思いませんが(笑)。

 ブログランキングranQ

|

« 大黒 摩季 | トップページ | 附子(ぶす) »

ドラマ」カテゴリの記事

感想リレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/9630677

この記事へのトラックバック一覧です: 金太十番勝負!:

» 田原俊彦 3 (主な出演作品等) [ジャニーズジャニーズジャニーズ]
田原俊彦主な出演作品映画東宝映画たのきんスーパーヒットシリーズ第1弾『青春グラフィティ スニーカーぶる〜す』(1981年 東宝・河崎義祐監督)【準主演】 東宝映画たのきんスーパーヒットシリーズ第2弾『ブルージーンズメモリー BLUE JEANS MEMORY』(1981年 東宝・河崎義祐監督)【準主演】 東宝映画たのきんスーパーヒットシリーズ第3弾『グッドラックLOVE』(1981年 東宝・河崎義祐監督)【主演】 東宝映画たのきんスーパーヒ...... [続きを読む]

受信: 2009年2月15日 (日) 14時26分

« 大黒 摩季 | トップページ | 附子(ぶす) »