« 東京幻想~J影虎東京編~J影虎、かがみ氏との邂逅 | トップページ | 東京幻想~J影虎東京編~ライブの裏で…… »

2006年5月 8日 (月)

東京幻想~J影虎東京編~ライブ!ライブ!ライブ!

 かくしてライブの幕は切って落とされた。
一番手は、かがみさんのバンド、『真剣に解散を考えている』だ。
何度かネトラジで拝聴したことがあったが、本物はまた断然違う。
何より、かがみ氏の動きが凄かった。
飛んだり跳ねたり、所狭しととにかく動き回る。
最初にかがみさんを見た第一印象は「細いなあ」だったが、
このライブを見て納得。
これだけ動いていればどう間違っても太ることはないだろう。
にしても、凄い!
これはかなりハードな運動だ。
バンド活動をすることはダイエットにいいかもしれない……。
なんてことを言ったら、バンドやってる方に怒られそうではあるが、
ふとそう思った。

 とにかく、そんなこんなでかがみさん達のライブは終始圧倒されるがままに
終わったのだが、途中、かがみさんがシャツを脱いだ時に、下から『テニスの王子様』
のTシャツが現れたのは、ひょっとして笑うところだったのだろうか?
つくづく奥が深いなあと思わされました。

 さて、今更ではあるが、ここでこのライブについてご説明を致しましょう。
開場は12:30。そして13:00からスタート。
以後、16ものバンドにより22:00近くまでライブが続きます。
もちろん、私も詳細については全然知らなかったので、最初にプログラムを渡された
時は青ざめました。
え?ひょっとしてずっといなくちゃいけないの?

 幸いそんなことはなく、外出、再入場はOKだったので、私はホッとしましたが、
それでもやはり外出するということは、その間ライブやってる方に対して後ろめたさを
感じてしまうわけで、出来るだけいようと思ったのですが、やはりずっと座ってると、
足や腰が痛くなってくるわけでして、そういう訳で遺憾ながら全てのバンドのライブを
見ることは出来ませんでした。
そこで僭越ながら、私が見た限りでのバンドとライブの感想を以下記したいと思います。

 【新谷ギター教室】
本当にギター教室だったのでビックリした。
ライブはライブでも、これはお笑い系じゃないのか?
と、錯覚するくらいに面白かった。



 死神
度肝抜かされましたね。
内容については、ちょっと過激すぎたのでここで言及するわけにはいきません。
って言うか、いいのかアレ?
と、思わず心配になるくらいハードな内容の紙芝居でした。
こういう音楽の表現法もあるんですね~。



 豊福メイジ
消え入りそうな程にか細く、そして繊細な歌声が、アコーディオンの演奏と見事にマッチ
し、なんだかノスタルジックな気分にさせられました。
それまでのバンドが「動」なら、この方々は「静」の音楽であり、それが逆に一際目立つ
存在感を醸し出していました。
もっと分かりやすく言えば、癒し系の音楽と言ったところでしょうか。
ともかく、私は聞いていて素直に良いなあと思えました。
また、アコーディオンを演奏されてた方とは常に組んでいるわけではないということ
だったので、本来の豊福メイジの音楽も聴いてみたいものです。



 ファントロノウム
残念ながら最後の曲(『夏休み』という曲だったと思う)しか聞けませんでした。
しかし、女性だけのバンドということもさることながら、曲も歌も演奏もしっかりしており、
なにより、みんな可愛らしい方ばかりだったので、こんなことなら最初から聞いてれば
良かったなあと思えました。ほんとに残念。



 賃貸人格
うーん、なんと言ったらいいんでしょ?
とにかく凄かったとしか言い様がありませんし、うまく説明も出来ません。
なにより、見た目がいかにも大人しくて真面目そうな女性がされているのですから、
余計に驚きました。
しかも、実際に話してみると、本当に真面目な方なんですよね~。
それだけに、なんだか私と同じ感じがしてなりませんでした。
って言ったら、賃貸人格さんに失礼かな?(笑)



 青い花
PS2ソフト『スペクトラルソウルズ2』のエンディング/主題歌を歌ってる方々だそうで、
凄いなあと思いました。
こういうのも最近はすっかり疎くなってしまったので、猛省する所存です。
ゲームの主題歌なんて昔は得意分野だったのに……。



 無善法師
この会場である、無力無善寺の店主…いや、住職と言った方がいいのだろうか?
ともかく、そのような方もミュージシャンであったことに驚愕。
いや、しかしこれは当然と言えば当然なのかもしれない。
曲についてはさすがに年季がある分、特に詩において含蓄があったと思います。



 アムの解散
びっくりしましたね~。
てっきり店員さんと思っていた方がまさかこのバンドのヴォーカルだったとは。
私、普通にドリンク注文してしまいましたよ(笑)。
なんて恐れ多いことをしてしまったんでしょう、私は。
まあ、そんなこんなで、後ろめたさを感じながらも、拝聴させていただいたのですが、
中々ノリのいい曲ばかりで、いい感じでした。
周囲のみんなも盛り上がっていたし。



 【国】
ラストを飾ったのはこの方。
歌と言うよりも、漫談……もとい、MCが凄く面白かったです。
かがみさんとのMCバトルも、圧され気味だったのが笑えました。

 以上が私の聞いた限りでの感想なのですが……。
うーん、やっぱ歌や音楽の感想って難しいですね。
けど、今回ライブに参加すること自体初めての経験でしたから、
ほんとうにいい勉強になったと思います。
いささか優等生的なコメントではありますが、それでもやっぱり今まで自分が
知らなかった世界、分野について知る努力を知るというのも大事なことだと思うので、
今回、このライブに参加出来たのは私にとっても本当に良かったと思います。

 と言う訳で、バンドの方は元より、参加されていた方々も本当にお疲れ様でした。
また機会があればぜひ参加したいのですが、その時はまたよろしくお願いします。
もっとも、それが何時になるのか、実現できるのか今の段階では定かではありませんが、いつかまた皆と会えたらイイナ!と思う次第であります。
この度は本当にありがとうございました。


 …と、ここで終えたら綺麗に締められるのですが、私の旅はまだ続く。
そう、東京幻想~J影虎東京編~はもうちょっとだけ続くんじゃ~。

 ブログランキングranQ

|

« 東京幻想~J影虎東京編~J影虎、かがみ氏との邂逅 | トップページ | 東京幻想~J影虎東京編~ライブの裏で…… »

GW特別編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/9953518

この記事へのトラックバック一覧です: 東京幻想~J影虎東京編~ライブ!ライブ!ライブ!:

» 一重から二重になりたい人必見 [自力で二重まぶたを目指す会]
ここでは一重で悩んでいる人を「究極のパッチリ二重」になるまでの訓練方法を伝授していきます。 [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 (月) 12時39分

« 東京幻想~J影虎東京編~J影虎、かがみ氏との邂逅 | トップページ | 東京幻想~J影虎東京編~ライブの裏で…… »