« 無限のリヴァイアス | トップページ | とりあえず、何か書こう »

2006年5月27日 (土)

ジャンプ25号の感想

  今週号を読んでみてふと思ったことは、物分りのいい奴が多すぎないかい?
ってことです。
弟の事を全てにおいて第一に考える雲水。
あわや失明、という目にあわされながらも、橘に対して恨みつらみを見せない千歳。
母親が死んだ原因である芸人達に対して恨みつらみを見せない圭右。
彼らはどうしてこうも理知的でいられるんでしょ?
ボクにはよく分かりません。

 しかし、物分りの良い人達の中で唯一共感できた方もいました。
それは香椎由宇さんです。
実写版デスノートでのインタビューでの、月とLどちらにも賛同できないという考えには
凄く共感出来ました。
って言うか、私と全く同じ考えではないですか。
「Lの手段を問わないやり方に賛成できない」
かつて私も同じようなことを感想で述べましたが、不思議とこういう考えを示してる
感想サイトって私の知る限りではあまりなかったんですよね。
だから、「ああ、やっぱり所詮オレは1人か……」と孤独感に苛まされてたわけですが、
香椎由宇さんのインタビューを読んで、自信が沸きました。
オレは1人じゃないんだ!って(最近、よく言ってるよなあ~このフレーズ)
え~そんなわけで、私は香椎由宇さんを応援します。

 




 【アイシールド21】
いや、双子だからって、どこをどう見たら間違うんだよ!
見た目全然違うじゃん。
それに、雲水の物分りの良さもなんか納得できない。
いい人過ぎるって言うか……。
あんな風に簡単に割り切れるものですかねえ。
なんか釈然としません。
これで阿含が負けたらどうなるんでしょ?
案外、掌を返したように礼を言ってくるかもしれないなあ。
「礼を言うぞ。アイシールド。これで敗北を知った阿含はまた強くなれる」
とか言って。
まあ、阿含が敗北を受け入れ、それを糧に頑張れる奴とは思えないんだけどね。




 【ナルト】
いや、そこでナルトを殺したら、結局イタチの言った事を実践したって事に
なるんじゃないの?
それとも、一度喧嘩別れして2年経ったから、もう「親しい友」ではないってか?
この辺よく分かりません。
それに最後のアオリで「時は冷たく、友(サスケ)を変えていた」とありますが、
そうか?
なんか変わったか?
この辺りもよく分かりません。



 【BLEACH】
浦原さんの言うことはもっともなことだと思うんですが、
ヴァイザードも、そして藍染も織姫の能力に注目し始めてることを考えると、
彼の真意はまた別のとこにあるのかな?



 【ワンピース】
ナミが善戦していると言うよりも、あれだけの攻撃を喰らって無事でいられた
事の方がビックリです。
つくづく、この作品に出てくる人達はタフだなあと思います。



 【リボーン】
10年バズーカ2連発………。
なるほど、そう来たか。
20年後の姿だけあって中々に強そうではある……。
が、必ずしもそうとは限らんな。
10年後のランボも、当初こそはハリケーンミキサー+エリクトリックサンダーで
「これは本当に強いかも」と思わせられたが、すぐさま雑魚だったことが分かったしな。
見掛け倒しであることは十分に考えられる。
案外そんなオチで一敗……ってな展開になるかもしれない………
でも、そうなったら最終的にツナが勝ったとしても、守護者にザンザスの手下が何人か
いるということになってしまうし………。
うーん、どうなんでしょ?
こうなるとやはり、全勝でいくしかない気もするのですが、
この調子で後6戦(今のランボ戦も含む)やるのもかったるいしなあ~。
いっそのことバトルロイヤルで決めれば手間も省けて良いと思うんだけど、
いかがでしょうか、天野先生?



 【銀魂】
なんなんだ、この展開は。
最近少年漫画的なノリのバトルを繰り広げてるなあと思った矢先にすぐこれだ。
いや、面白いから別にいいんだけどね。
しかし、戦闘中の者達が揃いも揃って腹痛でトイレ行きだなんて、
すっげえ展開だなあ。
それこそ、天文学的数値な確率ですぞ。
ほんとにこの後どうなるんだろ?




 【テニスの王子様】
許斐先生もまたけったいな九州弁を使いよるばい。
「言っとかなんたい」とか「惜しんどかなんたい」ってそんな言い方、
全然聞かんとばってんね~。
そいばってん、おいも九州全土を知っとるわけじゃなかけん、
九州のどっかではこがん言い方もあるとかもしれんばい。
まあ、少なくとも、語尾にやたら「タイ」、「タイ」つけよった『キャプテン翼』の次藤洋
よりはマシたい。

 そいにしても、この橘と千歳の関係って、昔マガジン系の雑誌で連載されとった
バドミントンの漫画にバリ似とる気がするとばってんが、気のせいやろか?
もっとも、ストーリーどころかタイトルすら、よう覚えとらんばってんが。

 まあ、そげんことはどかんでんよかとけど、よう考えたら、
さっき話に出した次藤洋も目にドライブシュート喰らったことあるんやったな。










Jito

 

 

 


 








九州男児は目ば患う宿命でもあっとやろうか?
そういうや、おいも以前右目ばひどう患ったことがあったとやった
驚愕のシンクロニシティ。ひぇ~。
こりゃあ、橘君もひょっとしたらヤバイかも。






 【とらぶる】
ラストのコマの春菜ちゃんの後姿が何気に怖いです。





 【ムヒョとロージー】
ほんとうに協会が全ての元凶のような気がしてきた。
これほどまでに、世の中に悪影響を与える正義(であるはず)の組織が
存在したであろうか?
もう、完全に『ラッキーマン』のヒーロー協会を超えたね。
しょぼさ、ヘタレ度、ろくな人材がいない(人材不足)、悪に恨みを買われる…etc。
全てにおいて凌駕しています。
すごいよ!!魔法律協会!!
これで会長がヘタレだったらもう言うことないのにね。
そもそも、会長がいるのかどうかも定かではないのだけれども、
もしいるんだったら、ヒーロー協会の会長以上のヘタレっ振りを発揮して欲しいです。

 にしても、トラブルメーカーと言うか、悪の存在を引き寄せてしまうようなキャラって
案外いるものですね。
先程述べたヒーロー協会の会長もそうだし、一番忘れてはならないのがかの名作
『ドラゴンボール』の悟空。
魔法律協会はあくまで組織が元凶であるわけだから、
前者のお二方を超えるような強烈なキャラの登場を待ちたいものです。




Kaityo

 










【スーパースターマンに問い詰められる会長の図】
謎の宇宙人、よっちゃんによってあわやヒーロー協会壊滅の危機に陥る。
その後ラッキーマンをはじめとするヒーロー達の活躍により、なんとか危機は免れることは出来たが、
ヒーロー協会が受けた被害は甚大なものであった。
って言うか、まともに戦えるヒーローが、ラッキーマン、勝利マン、友情マン、努力マンだけだなんて……。
どんだけヒーロー協会はしょぼいんだって話ですよね。







Goku

 










 【自分の存在が悪を引き寄せることを認め、身を引く悟空の図】
冷静に考えると、これって悲しいですよね?
自分がいない方が地球は平和だって……。
よくもまあこんなに明るく言えるよなあ。
つくづく悟空は偉大な男だったんだなあと痛感させられます。
まあ、確かにいない方が平和だったと思えるのが辛いんですが(笑)。
対して、界王さまときたら、「そこんとこは認めてる…」って、
何気に酷すぎ。
鬼ですな、この人。






 【こち亀】
魔法律協会の陰に隠れて目立たないけど、
ここの警察もてんでダメ組織ですね。
警視庁の命令で銀行強盗しろって、どんな命令だよ!
しかも従う方も従う方ですよ。
こいつら頭おかしいんじゃないか?
もういい加減、警察の方も怒っていいと思うんですけどね~。
クロマティが『魁!クロマティ高校』にクレームつけたことに比べたら、
至極まっとうだと思えるんですが、いかがでしょうか?





 【べしゃり暮らし】
母親はやっぱり過労で死に、それがやはり親父の芸人を憎む要因となったわけか。
でも、圭右のあの考え方はさっぱり理解できん。
確かに言ってることは必ずしも間違ってはいない。
親父が母親を殺したというのも、酷だけどある意味そうであろう。
しかし、その要因となったのは間違いなく、あの「ねずみ花火」なるお笑い芸人達
であり、彼らに対してなんら恨みつらみを抱かないというのは、あの年頃の子供と
しては理解しづらいし、またあり得ないように思える。
そもそも、親父がトイレに入った後手も洗わず蕎麦をつくるとか言われてるのに、
それをネタとして平然と笑ってられるってのは、はっきり言って異常だ。
この年頃の子供だと、親父のことをそんな風に悪く言われたら怒るぞ。
一体この男はどんな神経してるんだ?と聞きたい。
しかも、それをテレビで言われてるんだから、学校ではクラスメートにバカにされたり
しただろうに、どう乗り切ったんだろうか?
それすらもネタとして逆にみんなの笑いを誘ったりしたんだろうか?
この辺り、ちゃんと描いて欲しかったです。
圭右の心境と言うのが全然分かんないですから。

 しかし、アレですねえ。
これ、『行列のできる法律相談所』で取り扱って欲しいですねえ。
この場合、親父が「ねずみ花火」を訴えたら勝てるんでしょうか?
なんとなく勝てないような気もするし、多分どの弁護士も圭右みたいなことを言うような
気もするけど、林家木久蔵が木久蔵ラーメンを不味いと言いふらされたようなレベルの
ものではないしねえ(笑)。
なんせ人一人死んでるわけですから、割と当たり障りのないコメントで半々に分かれる
ってところかなあ。

 でもまあ、一番悪いのはあんなネタを本気で信じ込む人達でしょう。
私個人の考えとしては、あんな奴らにも何らかの罰則を課すべきだと思うんですよ。
自分で考えることもせず、ただ人から言われた事を鵜呑みにしてしまう。
反吐が出ますね。こんな奴ら。
まあ、それをどう罰するかというのは非常に難しい問題ではありますが、
なんとか実現して欲しいなあと思う今日この頃です。





 【ジャガー】
あっ、やっぱピヨ彦君とジャガーさんはハミィの本性に気付いてたんだね。

 ブログランキングranQ

|

« 無限のリヴァイアス | トップページ | とりあえず、何か書こう »

WJ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/10230723

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ25号の感想:

« 無限のリヴァイアス | トップページ | とりあえず、何か書こう »