« 結構どーでもいいお知らせ | トップページ | ジャンプ25号の感想 »

2006年5月24日 (水)

無限のリヴァイアス

Cap740

 











 



 この作品について私が最初に抱いた感想は、
「いい作品だけど、もう一度観るのは躊躇うなあ」でした。
実際、最初の内は良かったんですよ。
ひょんなことから、宇宙船に閉じ込められた487人の少年少女達が、
お互いに助け合い、様々な困難を乗り越えてゆく……。
そんな感じでしたから。
「ああ、微笑ましいなあ。その調子で頑張れよ」
私はそんな風に温かい目で見ていました。
それが中盤になってからというもの、どんどんおかしな方向に行ってしまうんですね~。
ストーリーも、人間関係も、人の心さえも……。
戦況は激化、人心の荒廃、不満の爆発、暴力事件の続発……
それらに伴い、壊れていく人間関係、露になる本性、変わっていく人……etc。
観ていて本当に痛々しくなりました。

 しかも、主人公である相葉昴治(あいば こうじ)君ときたら、
主人公にありがちな、これと言って特に何の取り柄もないごく普通の少年であり、
これがまた必要以上に頑張るものだから、当初円滑だった人間関係もどんどん崩れ、
孤立する上に死にそうな目に合うのだから、それこそ目も当てられませんでした。

 さらに悪いことに、私は彼の考えにはあまり賛同できなかったんですよね~。
親友のイクミも言ってたことですが、彼の正論はあの状況下では確かに痛すぎます。
言ってることは正しいのだけど、そんな風に人間割り切れるものでもないだろ?
とか思ってしまうし、投降を勧めるというのも、今までの戦闘の経緯を考えると
無謀と言うより他ありません。
たまたま敵艦のコンラッド艦長がこれまたどういうわけか心変わりし、
救助の手を差しのべてくれたから良かったようなものの、
もし、あの場でコンラッド艦長が心変わりしなかったら、全員死んでいたかも
しれないのです。

 それゆえに、この辺りをもう少し納得のいくように描いて欲しかったなあというのは
ありますが、取りあえずはハッピーエンド………
(とは必ずしも言い切れない。彼らの世界の未来は決して楽観視出来ないものだから)
を迎えることが出来たのだから、「まっいいかな」と思えました。

 そんな訳で、前述したように、この作品は何度も見返す…には痛々しいのですが、
まだ観たことのない方にとっては、決して損にはならないし、
色々と考えさせられる作品でもあるので、機会があればぜひ一度ご覧になられては
いかがでしょうか?

 【関連情報】
バンダイチャンネル  ただ今絶賛配信中。
無限のリヴァイアスDVDシリーズ


 ブログランキングranQ

 ※ 以下に「続きを読む」が表示されてますが、続きはありません。
    どうやっても消えなかったので、そのまま表示させてます。
    ご了承下さいませ。

 

 

|

« 結構どーでもいいお知らせ | トップページ | ジャンプ25号の感想 »

アニメ」カテゴリの記事

感想リレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/10227733

この記事へのトラックバック一覧です: 無限のリヴァイアス:

« 結構どーでもいいお知らせ | トップページ | ジャンプ25号の感想 »