« 例の件 | トップページ | 復活!気弱な反逆児の主張 »

2006年6月14日 (水)

独り言

 前回こういうことをやってた者の立場として、今回の件について何か言及しないと
いけないかなあ~という気になってきたので、ちょっとばかりコメントをします。
なお、これから言うことは辛口だったり、毒があったりしますが、
あくまで私の独り言ですので、あまりお気になさらないように。

 今回の結果を一言で言うなら、「負けるべくして負けた」といったところでしょうか。
「勝てる試合だった」とかよく聞きますが、それはどうかなあ?
と、私にはそう思えてならないのです。
なぜなら、当初は1点リードこそすれど、終始押され気味だったんですよね。
実際、危なっかしいシーンも何度となくありました。
それも、川口の好セーブによって救われていたわけで、
いつ点を取られてもおかしくない状況だったんですよ。
だから、同点に追いつかれ、そして逆転されたのは、ある意味必然であり、
なるべくしてなったとしか言い様がありません。

 そもそも、ジーコジャパンになってからというもの、日本は強くなったのでしょうか?
正直、ジーコが監督になってからというもの、日本が強くなったという実感が
全然ないんですよね。
今回の結果も例えるなら、模試の結果が芳しくなく、今までAもしくはB判定すら
取れていないのに、本番ではうまくいくさと思い、志望校を受けたものの、
やっぱダメでした、といったようなものでしょうか。
 そういう点からも、なるべくしてなったような気がしてなりません。

 ちなみに、ジーコが監督になって何がどう変わったか?
サッカーに詳しい(ような気がする)友人に聞いてみたところ、
次のような回答をいただきました。

 [ジーコが監督になって変わったこと]

① 知名度のある選手(実力は別)が代表に呼ばれるようになった。
② にわかサポーターが増えた。
③ ②により経済効果が上がった。

 [トルシエ時代と比較](主に試合結果)

① 対弱小国
 トルシエの場合    きっちり勝つ
 ジーコ の場合    どうにか勝つ

② 対中堅国
 トルシエの場合    勝ったり負けたり
 ジーコ の場合    たまには勝つ

③ 対強豪国
 トルシエの場合    意外に善戦したりするが、最後には負ける。
 ジーコ の場合    下馬評どおり負ける

 
 以上のことから、過程、程度の差はあれ、それほど変わるものでもないが、
経済効果が上がったことを考慮すると、まんざらでもない……。

                     ― H氏(管理人、J影虎の友人)の見解より―

 まあ、結論から言うと、トルシエジャパンの時と比べてさほど強くなってはいない
ということですね。
しかし、相変わらず小賢しい御託をこれだけ並べるあたり、H氏はさすがだとしか
言い様がありません。
今の私は、『2010』の最終話でコンボイ司令官を讃えたガルバトロン様のような
心境ですよ。
彼もHP持つなりブログやるなりすればいいのに……。

 とまあ、そういうわけで、いきなり崖っぷちな日本ですが、
僭越ながら、このような状況に相応しい言葉を授けると共に締めたいと思います。

 なんとかなる内は決め付けるな!あきらめるな!

 ブログランキングranQ


















 ……でもなあ…なんとかならんだろ、これは。
まあ、ボクには直接関係のないことですけどね。
そしてそれ以前に忘れてもらっちゃ困る。
このボクは、日本を応援する義理はあっても義務はない…ということを……。

|

« 例の件 | トップページ | 復活!気弱な反逆児の主張 »

サッカーW杯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/10515777

この記事へのトラックバック一覧です: 独り言:

» 【FMラジオ・ディレクターのコラム】”サッカー・ワールドカップ”  ジーコさんをいじめないで! [東京のFMラジオ あるディレクターの日記]
日本チーム第一戦で、惨敗を喫してしまったジーコジャパン。 ジーコさんの采配ミスを糾弾する声が聞かれる。 確かに、ミスはあったろう。 選手を交代させる時期や、交代させる選手を間違ったかもしれない。 でも、全ては結果論だ。 あなたが、ベンチに座っていたら、本当�... [続きを読む]

受信: 2006年6月14日 (水) 21時52分

« 例の件 | トップページ | 復活!気弱な反逆児の主張 »