« ジャンプ26号の感想 | トップページ | Dr.リンにきいてみて! »

2006年6月 4日 (日)

スクライド

Scryed 男なんだろ グズグズするなよ

 胸のエンジンに 火をつけろ

 オレはここだぜ一足お先 

 光の速さで明日へ ダッシュさ

…と、思わず『宇宙刑事ギャバン』を歌ってしまいましたが、
『スクライド』を簡単に述べるなら、こんな感じなのではないでしょうか?

 え?全然違う?わけわかんない?
いや、受け取り方は人それぞれですから…はい。

 ただ1つ、確実に言えることは、この作品は熱き漢(男)達の生き様を描いた
ヒューマンドラマだということです。

 え?そんなの百も承知?
まあまあ、そんなことおっしゃらず、最後まで聞いてくださいよ。

 …………。

 …とは言ったものの、これ以上言いようがないなあ(汗)。
他にどう言えばいいんだろ?

 え~い、まどろっこしい!
つまりなあ、男なら一度は観とけ!って話ですよ。
男の戦いに言葉は不要!
って、かつてキグナス氷河も言ってました。

 また、「男というものはあまりしゃべるものではない!!
     
両の眼で静かに結果だけを 見ていればよいのだ!!」
 と、キン肉アタルも言ってました。 

 ゆえに、この作品を今更あーだこーだ言うのはちょっと野暮なんじゃないかなあと
思う次第なのです。

 え?じゃあ女性はどうなんだって?
うーん、別に観てもいいと思うけど、やっぱ理解しがたいものがあるんじゃないかなあ。
作品の雰囲気が、「女人禁制」みたいなところがありますからね~。
とは言え、この作品に出てくる女性キャラと言うのは、それぞれにタイプこそ違えど、
全員魅力的なんですね。
一部、常夏三姉妹のような性悪女達もいますが(笑)。
しかし、悲しいことに、ヒロインと思われる3人の女性キャラの内、1人は
愛する男を救う為その命を犠牲にするし、1人は愛する男と結ばれないし、
そして最後の1人は、お互いの気持ちが通じ合い、両想いみたくなるものの、
愛する男の帰りを待ち続けるハメになるので、
ちょっと不遇な気がしないでもありません。

 それゆえに、人によっては男尊女卑だ~と思うかもしれないし、
もし、田島陽子先生がこの作品を見たら激怒するんじゃないかなあ~と、
余計な心配をせずにはいられません。

 そういうわけで、この作品は男ならば魂を揺さぶられる程の
熱さを感じさせられるものの、女性に対しては案外不評かもしれません。
もっとも、この作品のファンである女性が大勢いることもまた事実なのですが……。

 まあ、なにはともあれ、これから夏が来ることだし、
夏の暑さに負けないよう、この作品を観て熱くなってみてはいかがでしょうか?

 え?なんのこっちゃ?って。
いやまあ、ほら、よく言うじゃないですか。
「仏に逢うては仏を殺し 祖に逢うては祖を殺す 羅漢に逢うては羅漢を殺せ!」
って。
つまりはそういうことです。はい。
なんか自分でもよくわかんなくなってきたので、この辺で終わります。
結局あーだこーだ言ってしまって、すんませんでした。

 まあ、感想書いてれば、こういうこともあるって事で……。

 ブログランキングranQ
 

|

« ジャンプ26号の感想 | トップページ | Dr.リンにきいてみて! »

アニメ」カテゴリの記事

感想リレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/10302249

この記事へのトラックバック一覧です: スクライド:

« ジャンプ26号の感想 | トップページ | Dr.リンにきいてみて! »