« ツインピークス | トップページ | ジャンプ29号の感想 »

2006年6月19日 (月)

ジャンプ28号の感想

 先日、W杯が始まったことで休止されるサイトが続出するのでは?
と懸念しておきながら、気がつけば、物の見事にジャンプ感想をサボり続けている
自分がいる……。
これではいけない!
別にいけないことはないが、体裁だけでも取り繕わなければ…。

 と言う訳で本当に今更なんですけど、28号の感想を述べたいと思います。
今更なので、もうグダグダと小賢しいことは申しません。
ただ、「言いがかり」をテーマに言いがかり感想を展開していきますので、
まあ、よろしく。

 【ナルト】
ダンゾウさんは本当にサイがあんな重要かつ困難な任務をこなせるとでも
本気で思っていたのでしょうか?
「お前らしくない」とか、そんな問題じゃないような気もするのですが……。
ひょっとして、この人も実は物凄く大甘な人で、例によって相手の実力も分からない
大バカなのかも……。
つくづく、木の葉の里は良い人材が揃っているようで、そうでもないなあと
思わせられる今日この頃です。


 【BLEACH】
隊長業務が忙しい?
あんな回覧板を回すだけのようなものが?
それに、副隊長が隊長の業務を知らないと言うのも大いに問題あり。
だから、隊長が3人も謀反を企てていることにすら気付かないんですよ。
なんだかんだ言って、ここも木の葉並みに教育と管理がてんでなってないと思います。


 【ワンピース】
0.1秒で分かる嘘をつくんじゃない!
と、大原部長ならそう言うんだろうなあ。
って言うか、こんな見え透いた嘘を土壇場で使うなんてありえなくね?
もう、がっかりだよ~!(桜塚やっくん風に)
ルッチをライバル視してるから少しはデキルかな?
と思ってたら、この体たらく。
そもそも、「狼牙」って言ってる時点でヤムチャ臭さいですからね。
まあ、このまま負けるのが関の山でしょう。


 【銀魂】
「なんで乗ってんだテメーは!!」

いやいやいや、おめーこそなんで乗せてんだよ?
だって、ありえねえだろ?
自分で担がない限り、あんな風にならんだろ?
気がついたら乗ってたとでも言うのか?
それこそありえねえだろ?
テレ隠し?
…まあ、そう考えられなくもないが、不自然極まりない。
ゆえに、不愉快。
それに、銀さんがじいさんと互角に戦ってるってのも釈然としない。
柳生最強なら、もっと圧倒的に強く描いてもらわないと。
そもそも銀さんがどれほど強いのかも未だによく分かんないわけだし。
まあ、その辺りも今後描かれるのかなあとは思いますが…。


 【ボーボボ】
囚われているという割には余裕が感じられるなあ、ポコミには。


 【アイシールド21】
今更一休の凄さに気付くと言うのもなんかだかなあ。
随分のんびりしていると言うかなんと言うか…。
ただでさえ強豪中の強豪なんだから、もっとそこの選手達を研究していても
いいと思うんですけどねえ。
なんでどこもそれをやってないの?
ちゃんと神龍寺の試合のビデオとか見るなりして、一休について研究していれば、
「ダメだ。奴はそこからキャッチに行くぞ!」
ってな事を言う奴が1人くらいいても良さそうなものなんですけどねえ。
なんかこの辺が釈然としませんでした。


 【とらぶる】
こいつはすげえぜ!
エロさ大爆発だ!
これはもう、『ウイングマン』を超えたね。
って言うか、マジでウイングマン路線になっていくんじゃないだろうなあ。
今後、地球征服を企む宇宙人がやって来て、エッチな怪人達を送り出したりとか
したりして……。
そんな展開になっていくかもしれないなあ。
まあ、そういうのも読者の望むところなんでしょうけどね。


 【謎の村雨くん】
「月まで飛んでけ」ってのは『クロノクロス』のキッドのパクリか?
…と、この程度の言いがかりしか思いつかない。


 【ネウロ】
「知るか」
いや、言ってることは大層ごもっともなんですが、
謎を主食とするネウロがそんなセリフ口にするのはなんか違くねえか?


 【ディー・グレイマン】
役者が揃いつつある…と言ったところでしょうか?
でも、肝心のアレンは……。
あれ?今何してるんだったっけ?


 【テニスの王子様】
なんともけったいな話になってきたなあ。
どこからツッコンでいいものやら。
そもそも、千歳はどこでどういう風に調べたら、こんなに無我のことが分かるんだ?
そして、数十年前に3つ目の扉を開いた者がいるとか言ってたが、
これってやっぱり、リョーマの親父なんだろうか?
まあ確かにそれ以外に該当しそうなキャラがいないんだけども、
これで実は竜崎先生だったらしたら、ちょっと笑えるな。
無我の力で、幻海ばあさんみたく若返ったり、リョーマに稽古つけたりすることも
十分に考えられる。
でも、まだ準決勝なのに、ここまでスケールがでかくなったら、
決勝はどうなるんでしょうねえ。
立海ともう一度やるってのもちょっと弱いしなあ。
案外、この準決勝で全員相討ちとか、そんな展開になるかもしれんな。
そして、決勝は棄権。
うーん、案外あり得るかも。

 しかし、 千歳君がこれほどまでに無我の事を知っていると言うのに、
月刊プロテニスの井上さんは今まで何をやってたんでしょうねえ?
長年中学テニスに注目しておきながら、今まで「無我の境地」については全然
知ってるようには見えませんでしたからねえ。
中学生が独自でここまで調べ上げたことを考えると、
井上さんは記者として失格なのではないか?
と、彼の資質を疑わざるを得ない今日この頃です。


 【大臓もて王サーガ】
今回のパロはちょっとひきましたね。
なんか無理やりネタをはめ込んでるみたいにしか見えないんですよね。
それゆえに、前後のつながりとか、会話の流れとかが不自然極まりないんですよ。
特に宏海と木嶋の会話なんて、全然会話として成立していないし。
ネタとしては申し分ないんだから、もうちょっと丁寧に使うように心がけて欲しいですね。
ちょっと最近、雑に思えることがありますから。


 【ジャガー】
なんか妙に笑えた。
最初こそ良いこと言ってるのに、段々としょーもない御託を並べてる辺りが特に。


 ブログランキングranQ

|

« ツインピークス | トップページ | ジャンプ29号の感想 »

WJ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/10592597

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ28号の感想:

« ツインピークス | トップページ | ジャンプ29号の感想 »