« 神八剣伝 | トップページ | ジャンプ33号の感想 »

2006年7月16日 (日)

デビルマン

 なんか映画の方でかなり評判が落ちた感もありますが、
この作品は間違いなく、名作中の名作であり、傑作であると断言できます。
漫画版は元より、アニメの方も、これがまた凄いんですよね。
それも漫画版とは別の意味、違った意味合いで。
なんと言っても、歌の歌詞がなんともいい具合にイカレていて素敵過ぎます。
今日もどこかでデビルマンとか(ED曲)、デビルチョップはパンチ力
デビルキックは破壊力デビルカッターは岩砕くとか(OP曲2番)………etc。
とにかくもう、なんじゃそりゃ?って感じです。
チョップがパンチ力?キックが破壊力?
そして、カッターなのに砕くって、それ切れ味悪いってことじゃないですか。
もう、いかにも適当に歌詞作っちゃいました~感が漂いまくりなんですが、
これを作ったのが、かの阿久悠というのだから驚きです。

 そしてさらに、驚くべきことがもう1つあります。
それは次回予告です。
これがとにかく長いんですよ!
私も最初は弟から、「(次回予告が)火曜サスペンスみたいだ」と言われて、
「なに言ってんだこいつ?」と思っていたのですが、いざ観てみると
「あっ、なるほど」と思わず納得してしまった程なのです。
それくらい、長い!
おそらく、テレビアニメでこれよりも次回予告が長いアニメなんてないでしょう。
皆様もぜひ一度DVDでご覧になられてはいかがでしょうか?

 最後に、漫画版について一言。
これはとにかく、内容が壮絶過ぎます。
私は中学時代、友人に「なんかデビルマンの漫画ってメチメチャ怖いらしいぞ」
と言われて「へーそうなんだ」と思いつつも、実際に読んでみたのは大学生になって
からでしたが、つくづくあの時読んでなくて良かった~と思います。
多分あの時読んでたら、トラウマになってたことでしょう。
それほどまでに、漫画の方は壮絶で衝撃的でグロい内容ですから、
まだ読んだことのない方は、読むならば心してかかった方が良いかと思います。

 まあ、とにかく一度どちらかでも堪能されてみてはいかがでしょうか?

 ブログランキングranQ

|

« 神八剣伝 | トップページ | ジャンプ33号の感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

感想リレー番外編 語尾が「ん」で終わるモノシリーズ」カテゴリの記事

コメント

キューティーハニーもかなり予告長いですよ

どっちも脚本が辻真先なんですがそういう趣味なんでしょうか

ちなみに漫画版キューティーハニーはアクションよりもいかにハニーちゃんを剥いてイタズラするかに苦心惨憺する素晴しい作品です

昔の永井豪は本当に天才だったんだなぁ

ちなみにドロロン炎魔くんやイヤハヤ南友も同じ方向性の傑作です

投稿: なおくん | 2006年7月23日 (日) 22時50分

 長い予告
なるほど。予告が長いのは脚本家の意向なのでしょうか。

 キューティーハニー
漫画もアニメもそんなには知らないのですが、漫画版はそんなことになってたんですか。
すごいですね~怖いですね~。
でも、私の断片的な記憶では、アニメもそれなりにすごかったような気がします。
なにしろ、学校でハニーが十字架に磔にされるし(って、どういう状況だ!)、それでスカートが風でめくれそうになるものの、際どいところで中は見えず。それを「ああ~もう少しで見えたのに」と1人の男が残念そうに言うと、それに対し、番長風の男が冷静に「それがテレビの限界なのよ」とか言ったりして………。
かなり昔、「昔懐かしのアニメ特集」か何かでこのシーンを観た時は「なんなんだ、このアニメは」と思いましたね。

 天才、永井豪
確かにそうですよね~。
なんと言っても、1番凄いのは「デビルマン」を描いていた時のこと。その時なにやらトランス状態になってたらしく、後で「え、オレこんなの描いたの?」と、自分でびっくりしてたそうですからねえ~。つくづく凄い人だなあ~と思わせられますね。


投稿: J影虎 | 2006年7月28日 (金) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/10970075

この記事へのトラックバック一覧です: デビルマン:

« 神八剣伝 | トップページ | ジャンプ33号の感想 »