« 思いつき | トップページ | 巨星堕つ »

2006年7月 2日 (日)

スパイダーマン

 スパイダーマンと言うと、多くの人は映画の方を思い浮かべるでしょうが、
私の場合は、和製スパイダーマンの方が未だに強く印象に残っています。
と言うのも、その昔あったんですよ。
スパイダーマンが日本で特撮ヒーローとして君臨していたことが。
もっとも、私も直接観たことはなく、噂で聞いたり、「昔懐かしのテレビアニメ特集」
みたいな昔のテレビ番組で知ったという程度のものなのですが、
それがまた凄いのなんの。
特撮ヒーローというものは、何かしら肩書きがあるものですが、
(例えば、戦隊ものなんかは○○戦隊とか)
このスパイダーマンにも、あるんですよ!
びっくりするような肩書きが!
それはズバリ!格闘技世界チャンピオンなのです。

 そう、奴は登場して敵と相対した時に、
「格闘技世界チャンピオン、スパイダーマン」と名乗るのです。

 格闘技世界チャンピオン?
ハア?
それが本当なら、超有名人じゃねえか!
第一、それくらい強いならわざわざスパイダーマンに変身することも
正体隠すこともねえじゃねえか、コノヤロー!
カンカンカンカン(ゴングの音)………。

 と、マチャマチャみたいなことを言ってしまいましたが、
当時のその「昔懐かしのテレビアニメ特集」においても、出演者の方々は
「誰が決めたんだよ!」とツッコンでいたことから、やっぱ誰の目にも違和感
ありまくりであったことは否めません。
しかも、特筆すべきはこれだけではないのです。
なんでも、デーモン小暮閣下がおっしゃるには、かつて一度だけ、
このスパイダーマンが「格闘技世界チャンピオン」以外のことを口にしたことが
あるそうなのです。
それはキノコの怪人が現れた時のことで、その時奴は普通ならば、
「格闘技世界チャンピオン、スパイダーマン」と言うところを
「オレはキノコ狩りの名人だ~!!」と言ったそうなのです。

 もう、なんと言っていいのやら、どうツッコンでいいのか途方にくれてしまいますが、
これらのことから、私にとっては映画よりも遥かに魅力的だし(映画観てないけど)、
「(和製)スパイダーマン、めっちゃ観てぇ!」と激しく思います。

 格闘技世界チャンピオンと言ってはばからず、
その真偽も定かではないばかりか、誰からもツッコまれることもなく、
言ったもん勝ちの体現者であるスパイダーマン。

 そんな彼を、私は本家本元よりも応援しています。

 ブログランキングranQ

|

« 思いつき | トップページ | 巨星堕つ »

感想リレー番外編 語尾が「ん」で終わるモノシリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/10755769

この記事へのトラックバック一覧です: スパイダーマン:

« 思いつき | トップページ | 巨星堕つ »