« SMAP(後編) | トップページ | コブラ »

2006年8月30日 (水)

プロゴルファー祈子

Reiko




祈子(真ん中)とその仲間達。
左下には若かりし頃の青島刑事が(笑)

 

 

 私が子供の頃、このドラマを観て最初に思ったのは、「ケバイなあ~」でした。
そして、そのケバさがあまりにも強烈だったためか、未だに化粧が濃くてケバい女性
を見ると、わけもなく「プロゴルファー祈子」を思い出してしまうし、
また、その女性にも「プロゴルファー祈子みたいだね」と言っちゃったりします(笑)。

 そんな訳で、このドラマの内容についてまでは、あまり覚えてはいません。
ただ漠然と、なんかよく分からんけど凄かったなあ~という記憶が残ってるだけです。
なんせ、主人公である祈子は、プロゴルファーである親父がある日人を殺してしまい、
その後自殺してしまった為、グレて北斗七星会とか言う不良グループのヘッドになり、
5番アイアンを振り回すわ、ガソリンをかけたゴルフボールに火をつけ、敵対組織に
打ちまくるわのやりたい放題で、敵対しているブラックエンジェルという組織のボスが、
祈子の兄貴で、これがまた何と2人は実の兄妹でないことが判明した挙句、
実はお兄ちゃんは祈子のことずっと好きだったんだよ~んと告白したりするも、
祈子は拒絶、そんな祈子にジェラシーを感じる、レディースの総長がお兄ちゃんと
祈子に(それぞれに違う意味で)アタックをかけるも、お兄ちゃんはマジギレして
「オレが欲しいのはこんなものじゃない!」と駄々こねたり………
(あれ?このシーン…どっかで観たような……)
そうこうしている内に、なんか親父の殺人はどうも仕組まれたものっぽいことが分かり、
恋人の信也君の支えもあってか、「私、プロゴルファーになって父の無実を晴らす!」
とか言い出すようになるものの、「そうはいかんざき!」と言わんばかりに、
長門裕行萩原流行のスケバン刑事上司・部下コンビが、あの手この手で妨害を
謀るわ、その上、なぜか祈子を憎む、謎の女が現れるわ、お兄ちゃんが人質にとられ、
「こいつを助けたければ、ゴルフで勝ってみろ!」みたいなノリになるわで、
てんやわんやの大騒ぎ。
これがあの独特の大映ドラマ節で描かれるわけですから、
今考えると、このドラマは極めてレベルの高いネタドラマだったのかもしれません。

 それゆえに、願わくばもう一度観てみたい気がしないでもないですが、
それよりも、当時、一般公募によって祈子役に抜擢された安永亜衣は、
どんな心境だったんだろ?
と、未だに考えと気になって仕方ない今日この頃です。


    ブログランキングranQ

|

« SMAP(後編) | トップページ | コブラ »

ドラマ」カテゴリの記事

感想リレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/11676604

この記事へのトラックバック一覧です: プロゴルファー祈子:

« SMAP(後編) | トップページ | コブラ »