« コブラ | トップページ | しばしの別れ »

2006年9月 5日 (火)

ランバダ

 ランバダで妊娠する!?

そんなショッキングでしょーもない記事を、「女性自身」「女性セブン」かで目にした
のは、当時まだランバダが流行りまくっていた頃でした。
「うさんくせー」
そう思いつつも、逸る好奇心には勝てず、恐る恐る読み始めてみたところ、
そこには実にしょーもない、磯野貴理子のネタトークみたいな信じられないことが
書かれていました。
なんでも、どこぞのご令嬢(かどうかは忘れたが、とにかくお嬢様)が、ある日妊娠して
しまうのですが、彼女には全く心当たりがなかったのだそうです。
「私は誰ともやってない!」
無実を主張するお嬢様。
しかし、そこでふとある事実を思い出したのです。
そう言えば……。
お奉行様、遊び人のスティーブンを呼んでください。彼なら全て知っています。

 ……な~んてことは言いませんでしたが、要はこのスティーブン(仮名)という男と、
社交場かどこかでランバダを踊ったのだそうです。
それ以外に男性と接触らしい接触を持たなかった彼女は、もしやランバダのせい?
と思ったらしく、これが発端となり、このような記事が出来上がったという訳です。
しかし、私はここまで読んだ時点で、率直にこう思いました。

 んなわけねえだろ!

「0.1秒で分かる嘘をつくんじゃねーよ!」と。
それに、こんなパープリン娘のヨタ話を鵜呑みにする家族や周囲の連中、
及び、この記事を書いた人達はなんなんでしょう。
ランバダで妊娠する可能性と、このお嬢様が嘘をついている可能性……。
どちらがより高いか?
こんなの義務教育受けてなくても分かりますよ。
それなのに、前者の方を信じるだなんて、それはひょっとしてギャグなんでしょうか?

 まあ、いずれにせよ、こんなしょーもない事を一々記事にするくらいなのだから、
当時の日本はよっぽど平和だったんでしょうねえ。
つくづく、昔は良かったなあと思える今日この頃です。


88311  

|

« コブラ | トップページ | しばしの別れ »

感想リレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/11766619

この記事へのトラックバック一覧です: ランバダ:

« コブラ | トップページ | しばしの別れ »