« 日テレよ、持ち味をいかせ!そして、頑張れ亀梨君。 | トップページ | ジャンプ47号の感想みたいなもの1 »

2006年10月26日 (木)

復活したよ

 みなさん、お待ちかね~。
J影虎が帰ってきたよ。

 え?誰も待ってない?
そのままやめてれば良かったのに。ですって?

 そんな風になぁ~やめろって言われてもなぁ~
オレはやめねえぞぉ~。
こうと決めたら迷わねえ!
やりたいことはやる!
オレと関わりあった奴には悪いが、腹くくってもらう。
わがままかい?わがままだな。
そうだよなぁ~。
さあ、進むぜ!

 と、ルー大柴のようなシェルブリッドのカズマのような
わけの分からんテンションではありますが、
とにかく復活しましたので、ご報告申し上げます。

 思えば、この一ヶ月間というもの、実に災難でした。
なんせ、パソコンが二度もイカれてしまったのだから、
どこかの勇次郎さんに、「月に二度パソコンを壊すバカがいるか」と一喝
されるんじゃないかと冷や冷やものでしたよ。
幸い、大事には至りませんでしたが、さすがに二度目の時はもうダメだと
あきらめかけましたね。
起動しない上に「リカバリ」も途中で中断してしまう有様。
完全に打つ手なし。
いよいよどうしようもなくなってしまったので、カスタマーズセンターに
電話で問い合わせしたら、「修理に出すしかない」と言われるし。
でも、その時は自分のパソコンの型番が分からなかったので、
後でまた電話することになったんですけど、そうしたら今度は別のオペレーターの人が
意外なことをおっしゃるではありませんか。
「『CドライブとDドライブの領域を設定する』でリカバリすれば回復するかもしれない」
と。
で、早速試してみたところ、見事に復旧。
こうして、私は修理代を出さなくて済んだのですが、
やはりアレですね。
ブロガーにとって一番の敵は「あきらめ」ってことですよね。
あきらめなければ道は開ける。
それが分かっただけでも、今回のアクシデントは良い勉強になったのではないか……
とは思えませんね。やっぱ(笑)。

 とまあ、そういうわけで、身の回りのゴタゴタもすっかり落ち着いたので、
改めてここに復活を宣言いたします。
既に3つ程、例によってしょーもない記事を公開していますが、
本業である「感想リレー」についても近々再開しますので、
よろしくお願いします。

[今回UPした記事] 

 1.スケバン刑事4不振

 2.槇原敬之VS松本零士

 3.日テレよ、持ち味をいかせ!そして、頑張れ亀梨君。

|

« 日テレよ、持ち味をいかせ!そして、頑張れ亀梨君。 | トップページ | ジャンプ47号の感想みたいなもの1 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

復活おめでとうございます

家のパソコンも最近壊れたんですがリカバリディスク無くした上修理に出したらHD全とっかえでデータ全て消失の憂目に会いました

おまけに修理から帰ってきた途端リカバリーディスクが発見されたりするマーフィーの法則実体験

最近の記事

マッキー盗作:そもそもその曲聞いた事無いんでなんともいえませんが銀河鉄道のタイトルがどうこうってのは完全にいいがかりですね

パクリとオマージュの違い以前に確か松本零士は許可取ってる筈

それにタイトルに堂々と冠した上元ネタへの敬意もきちんと払っている999に対してサビの一部分に使用して気付かれなきゃほっかむりするつもりだったであろう槙原側との意識の差も感じます

999であのフレーズ使われだしたのはビックコミックゴールドという現在廃刊しているドマイナー雑誌連載時の事で現在WEB連載中、映画も諸々の事情で45分くらいの縮小版で配給された上コケて続編も無しというよっぽどのファンで無ければ知らない言葉なのでバレないだろうという意識が働いたであろう推測は容易に立ちます
(ちなみに講演会は必ずこのタイトルで閉めの言葉も必ずコレ使うので漫画ファンでなくとも講演会参加者には既知)

まあ確かに御大の言動が痛いってのは同感ですがあの人ヤマトの権利関係でプロデューサーの西崎さんと相当やりあったんでこの手の事には過敏になってるんでしょう
何か著作権関係の運動の会長もやってるし

日テレドラマ:確かにマイボスは見てたけど今期は見る気しないですね

土9にバカドラマが相応しいってのは同意しますが聖龍伝説までいくと流石にキツい
確かにネタとして観てましたが佐竹雅昭が波動拳打ち出したときは途中で電源切りました

その後しばらく土9ドラマは観ませんでしたね

後女王の教室はツンデレを前面に押し出すのは実写でも可能かという実験作だった気がします

投稿: なおくん | 2006年10月27日 (金) 19時24分

“横入り”反動蹴速迅砲。

>佐竹雅昭が波動拳打ち出したときは途中で電源切りました

なんて狭量な。安達由美が本格カンフーと称して変態修行&変態バトルを繰り広げるドラマの後半に波動拳が出てくるなんてのは、何処をどう見ても自然な流れじゃないですか。序盤の内から波動球が炸裂するテニスの王子様の後半にオーラが出てくるくらい自然ですよ。
まったく、この世で全話視聴されるだけの価値がある数少ないドラマだってのに。普通見るでしょ最後まで。

―閑話休題―

本題に入ります。J影虎さんへ。近々復活を示唆された感想リレーについてなのですが、貴方が何時ぞや書かれた「ベルクカイザーの感想」は非常に良かったと思います。アレについては正直自分で特設サイトの一つでも作って世に訴えるしかないぐらいに思っていたので、感無量です(本音を言えば少し口惜しくもありますが)。これからのご活躍も期待しています。

投稿: 匿名希望 | 2006年10月27日 (金) 21時49分

 聖龍伝説
うーん、なおくんさんが電源を切ったのは、ある意味的確な判断だったようにも思えます。
そもそも、今まで聖龍伝説を観ていたという人自体、ほとんど聞いたことありませんでしたから。
今回いきなり2人も現れたものだから、ちょっとびっくり。

 槇原さんと松本さん
よくよく考えれば、槇原さんがすぐに謝ってれば、ここまでこじれることもなかったわけですよね。
槇原さんはなんでそうしなかったんでしょう。
事務所の意向でしょうか?それとも槇原さん自身の判断でしょうか?
でも、誰か知ってれば止めていたとも思えるわけで、逆に言えば誰も知らなかった、気づかなかったからこそ、そのまま使われてしまったわけなので、やっぱり「知らないはずがない」ってのは言い過ぎだと思います。

 ベルクカイザーの感想
楽しんでいただけて幸いです。
これからも頑張りますので、よろしくお願いします。

 ところで、匿名希望さんって私の知ってる方ではありませんか?
いや、ただなんとなくそんな気がしただけです。はい。
もし、違ってたら気になさらないでください。

投稿: J影虎 | 2006年10月30日 (月) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/12432876

この記事へのトラックバック一覧です: 復活したよ:

» 渦中の槇原敬之、映画イベントで…想い語る! [芸能☆極秘☆ニュース]
歌手の槇原敬之が10月26日(木)、都内で竹中直人、金子貴俊、マーキー(HIGH and MIGHTY COLOR)、イ・テソンらが出演する映画『あなたを忘れない』(花堂純次監督 2007年1月27日(土)渋谷東急他全国公開)の舞台挨拶に登場、同作の主題歌「光���あなたを忘れない���」生披露した。⇒ 主題歌を熱唱する槇原敬之、女優デビューしたマーキーなどの写真はこちら!!  この日は渦中の人�... [続きを読む]

受信: 2006年10月26日 (木) 20時06分

« 日テレよ、持ち味をいかせ!そして、頑張れ亀梨君。 | トップページ | ジャンプ47号の感想みたいなもの1 »