« 不平と不満と感動と | トップページ | 藤原紀香と陣内智則が結婚!? »

2006年11月14日 (火)

ダッシュ勝平

Dash  

 「キメッ!」




 
バスケット漫画と言うと、多くの人はまず『スラムダンク』
思い浮かべることでしょう。
今でこそ、バスケット漫画は『スラムダンク』をはじめとして、
数多く存在するようになりましたが、『スラムダンク』が出る以前は
バスケット漫画でヒットさせることは相当難しいと言われており、
それゆえ、バスケット漫画自体、非常に数少なかったように思えます。
しかし、そのような状況の中、かろうじてヒットしたと思われるバスケット漫画
がありました。
そうです、それこそが、この『ダッシュ勝平』だったのです。

 とは言え、この作品によってバスケットブームが訪れたとか、
バスケットをはじめる人が激増したとか、そういう話は残念ながら
聞いたことはありません(もちろん、私が知らなかっただけなのかもしれないが)。

 実際、私も子供の頃、このアニメを観てバスケットをやりたくなったとか、
ルールを覚えたとか、そういったことは全くありませんでした。

 そういう点においては、実はこの作品、バスケット漫画としては
成功したとは言い難かったのではないか?
という気がしないでもないのですが、そもそも、この作品のテーマ自体が
本当にバスケットだったのかと言うと、そうでもないような気もします。

 表向きはバスケットだとしても、やはりメインはギャグとエロだったようにも
思えるし、それに、よくよく思い出すと、終盤近くではバスケットではなく、
卓球やってたんですよね。

 その経緯は残念ながら全然思い出せないのですが、
卓球自体は、電撃サーブだとか、打った直後、ボールがバラバラに
砕け散るスマッシュだとか、顧問の先生が「カバゴリラ」と呼ばれたりとか、
とにかく、すんごいことになってました。

 しかし、それはバスケットやってる時からもそうだったわけで、
あかねシュートとかいう変態技をするわ、試合中にも関わらず、
勝平(主人公のことね)の頭にあるのはパンティのことばかりで、
そのため心を読むエスパー集団が「あいつの頭の中はどうなってるんだ?」
と途方にくれるわ、それでも懲りずに、リーダー格の男がさらに心を読もうとして
精神汚染され、勝平みたく変態プレイを連発するわ、
しかも、これが全国大会の決勝だったりするわ、パンティは純白に限る!
と変なポリシーは持ってるわ(あっ、これはバスケと関係ないや)で、
とにかく、元々からこんな風にハチャメチャやってたものだから、
今更卓球であのくらいのことされても、特段驚くようなことはありませんでした。

 そんなこんなで、最終的にはなんかよく分かりませんが、
学校の借金を返済するために、わけの分からんスポーツ大会に出場して
優勝し、大団円で幕を閉じた……みたいですけど、
これも残念ながら、今となっては覚えていません。
って言うか、観ていませんでした。

 えー、以上のように、改めて振り返ってみると、実は全然バスケットじゃねえな
と思えるものの、よくよく考えると、名作と言われる野球漫画の主人公達も
実は野球ばっかりしていたわけじゃないんですよね。
上杉達也はボクシングを、山田太郎は柔道を、そして甲斐孫六も一時期
ゴルフやってたわけだから、この作品についても、たかだか一時期卓球やってた
というだけで、バスケットアニメじゃないやい!
と言うのはあまりに狭量過ぎる気もするので、ここはやっぱり『バスケット』を
題材に使い、ヒットしたという事実のみを評価すべきではないのかなあと、
思ったり思わなかったりする、今日この頃です。
(アニメでは、卓球の他にもフェンシングとか相撲とかやってたらしいからね。)


88311  

|

« 不平と不満と感動と | トップページ | 藤原紀香と陣内智則が結婚!? »

アニメ」カテゴリの記事

感想リレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/12635448

この記事へのトラックバック一覧です: ダッシュ勝平:

» 情報屋 [情報屋]
無料で漫画が読み放題情報を追加。総合情報サイト「情報屋」です。 http://information.search-online.tv/ [続きを読む]

受信: 2006年11月16日 (木) 00時08分

« 不平と不満と感動と | トップページ | 藤原紀香と陣内智則が結婚!? »