« もう、がんばらなくて良いよ中田君 | トップページ | 犬は最強…と、マスターキートンは言ってました »

2006年11月19日 (日)

ジャンプ51号の感想

 【BLEACH】
恋次ドンドチャッカ一護の霊圧を間違えるの巻。
なんなんでしょうねえ、これ。
よりにもよって、
一護ドンドチャッカの霊圧を間違えるか?
一護の霊圧ってどんだけしょぼいんだよ!
しかも、そんな
一護を、他よりゃ安全だと太鼓判を押す恋次
どんだけ見る目ないんだ!
って話ですよ。
それとも、実は
ドンドチャッカの方が強いってか?

 まあ、今回ネルが虚閃を飲み込んで跳ね返したことからも、
ドンドチャッカ達にも何か特殊な能力が力があるのかもしれないけど、
それにしても、一護の凋落振りが浮き彫りになったみたいで、
なんだかなあ~と思いました。


 【リボーン】
え?ザンザスってマジで9代目殺しをツナ達になすりつけようとしてたの?
いやいやいや、それはなんぼなんでも無理あり過ぎでしょう。
例え、実行犯ではなく首謀者だとでっちあげても、アリバイとかどうすんの?

 って言うか、そもそもクーデターを起こした謀反人をなぜ野放しにしてるの?
9代目ザンザスを眠りから覚ました後、ザンザスによって捕らえられ、
影武者となり変わられていたってことなんでしょうか?

 だとしたら納得がいくし、それなりに周到な計画だったと言えなくもないけど、
それでもやっぱ、
ゴーラの中から9代目が出てきた挙句、
ゴーラをぼこったツナ9代目殺しの汚名を着せるのは無理があり過ぎ。
逆に、なんで
ゴーラの中に9代目が入っていたことに、
おめーらは気づかなかったのか?
なんぼなんでも気づくだろーが!
コントじゃねーんだぞ!
と、責め立てられてもおかしくないと思うんですけどねえ。

 しかし、そんなことよりも、今回一番驚いたのが、
9代目が日本語を話せたという事実。
手紙とか指令とか日本語ではなくイタリア語で書いていたのに、
日本語は話せるんですか?
器用と言うか不器用と言うか………。

 でも、まあ語学と言うものは、まず聞くことから始め、次に話し、
最後に読み書きするものだから、別におかしいことではありませんね。
日本でも、昔は読み書きできない人がたくさんいたわけだし。

 って言うか、こういうこと言い出したら、リボーンにしろ、
赤ん坊がしゃべった~、しかも日本語で~、イタリア人なのに~
と、そこから驚かないといけないわけで、
こんなこと言い出すこと自体あんまり意味がないですね。
はい、失礼しました。


 【ワンピース】
ほーら言わんこっちゃない。
早速、尾田先生の悪い癖が出ました。
いや、ほんとにね~いい加減にして下さいよ。
ようやく、
白ひげシャンクスが邂逅し、そして今まさに黒ひげエース
激突しようとしている時に、またおあずけなんて酷すぎですよ。
心にダムはないのか~!!!!

 正直、ルフィ達一行のことなんざ、今はどーでもいいんですよ。
全員に賞金が懸かったとか、
ルフィの賞金が3億だとか、チョッパーが50だとか
それこそどーでもいいですよ。

 しかも、ルフィ達の今度の敵はどうも七武海の魚人みたいな流れに
なってきてるではありませんか。
こうなってくると、マジで前回懸念したように、

白ひげ・シャンクス黒ひげ・エースの戦いの行方が、また何年も先に延ばされる
ようなことになっても何らおかしくありません。
さらに、そのような最悪の事態になった挙句、次に場面が変わったと思ったら、
既に
エースは倒され、地に伏していた、みたいなことにでもなろうものなら、
目も当てられません。

 と言うわけで、尾田先生には早急に、まずはエースVS黒ひげ一味を
描いて欲しいものです。


 【とらぶる】
えーと……。
リトララのあんなとこをつかんだり、女の子のパンツを見放題した挙句、
春菜を強制肩車して、引っ叩かれました……
というお話でした。
 

 まあ、ちゃんと元に戻れたわけだし、南君の恋人みたく悲劇的なことにも
ならなかったから、いいんじゃないですか。
もっとも、保健室の先生が結局最後まで絡んでこなかったのは残念でしたが。

 この先、まだ出番あるのかな?


 【ナルト】
換金所の親父、再登場。
実にうれしいですね~。
あの親父、妙に存在感があるし、味があるから
また出てくんねーかな~と思ってたんですよね。
まあ、嘘ですけど。

 しかも、尋問されてるではありませんか。
そして、尋問しているのは、お久しぶりの暗部(だったっけか?)のイビキ
尋問・拷問には定評があるだけに、いかなる手段を持って
換金所の親父の口を割らせるのか、今から楽しみですね~。
『交渉人 勇午』みたいな激しいプレーを期待したいものです。
多分、そんなこと一切描かれないでしょうけど。

 で、シカマル達はカカシとチームを組んで出発、
チョウジがなんかものっそい嫌そうな顔してたのが、
ちょっと気になりますが、彼らの活躍に期待しましょう。


 【銀魂】
戦闘用に改造を施されたメイドロボが、なんで習性的に掃除するんだろ?
銀さん達の強さに驚くよりも、まずそこを反省すべきじゃね?
と思いました。


 【アイシールド21】
早くも、セナVS進が実現。
さて、どっちに軍配が上がる?
ってな展開で次号へ持ち越し。

 マスクトレーニングの成果はまだ出てない模様です。
あれって、即効性の効果しかなかっただけに、序盤で発揮しないと
不味いのでは?
と思いました。

 ああ、それと、例の濡れマスクを使ったマスクトレーニングですけど、
私もやってみました。
まあ、確かに息苦しくはあったけど、別に死ぬって程のものでもないですよ。
はい。


 【ディーグレーマン】
ジャズデビクロス捕獲失敗をアレンで憂さ晴らしの巻。
でも、アレンがピンチになっても、アレン自身が否定したように
クロスは駆けつけて来ないのだろうか?
クロスの強さもイマイチ分からないし、久しぶりに見たい気もするので
はやく出てきて欲しいものです。


 【ペンギン】
1,2,3,4,5コマ漫画ってのは意外と斬新だったかも。


 【ネウロ】
降伏おじさんがズラだったのが笑えた。
そして、弥子ちゃんは食べて食べて食べまくって、
おこづかいが底をついて、叶絵ちゃんにおごってもらおうと土下座して
結局、1,000円のパスタ×8=8,000円を押し付けて逃げちゃいましたが、
(ちなみに、警視庁で食った分は269,000円)
パスワードは分かっちゃいました。
って話でしたが、今回の話でふと思ったのは、
弥子の食費が莫大で親が苦労するとか、親父の生命保険はほとんど
使い切っているとか、そんな金銭的な危機感よりも、
このまま弥子が今のペースで食い続けていれば、
その内、深刻な食糧不足を招くんじゃね?
そして、これって実はHALよりも世界の危機もたらすんじゃね?
そろそろブギーポップが出てきても何ら不思議ではねえぞ。
と思いました。

 って言うか、今まで桂木家の食費はどのように賄われて来たのだろうか?
これこそが、実はこの作品の最大の謎とも思えるわけで、
ネウロにはこの謎に挑戦していただきたいものです。

 案外、ラストはこの2人が戦うのかも。


 【ボーボボ】
最近パロネタがバラエティに富んでいて、ええ感じ。
また、バトルにおいても、今回ギャンブルだけあって、
ちょっとばかり頭脳戦っぽいところもあるので、
久しぶりに楽しめそうな展開になってきたと思います。

 でもまあ、どーせいつものノリで決着着くんでしょうけど。


 【テニスの王子様】
お笑いコンビに対抗する手段が「ポーカーフェイス」だなんて、
また随分とぶっ飛んだ発想ですね~。
しかも、ポーカーフェイスになる為に覆面をかぶるだなんて、
これまたぶっ飛び過ぎです。

 って言うか、なんでそんな覆面を2つも所持してんだよ!
それに、なんで今頃になって審判は注意するんだよ!

しかも青学の1年坊の応援がこれまたとんでもなくぶっ飛んでます。

凄ぇーっポーカーフェイスだ 何考えてんのか全然分かん無いっス!!

 えーと……。
根本的にこの子ら頭おかしいちゃうんか?と思いましたね。

 もっとも、一番おかしいのは許斐先生なんでしょうけど。
一体全体、普段何考えて生きてれば、こんな漫画描けるのでしょう。
ネウロに解いて欲しい謎の1つです。


 【HAN'DS】
ハンドボールの、しかも小学生チームのコーチが
そんなに収入多いとも思えないんですけど、
その辺どーなんでしょうかねえ。
って言うか、こんなに近くに潜伏していたのに、借金取りは見つけられなかったの?
それに、大吾を張っていれば、見つかるとか最初言ってなかったっけ?
言ったそばから実践してないわけですか?
と、言いたいことは山ほどあるわけですが、
一番分からなかったのは、なんで西岡さんが相手チームのコーチにが
橘だということを知ってんだろ?ということです。
誰か携帯電話か何かで教えたの?


 【こち亀】
へ…ヘルズベアーズやぁ~。
ってなわけで、中からウォーズマンが出てくるくらいのパロディでも
して欲しかったです。


 【ムヒョとロージー】
ミック君死亡。
彼には彼なりの願いがあったみたいですが、
まあ、どーでもいいですね。

 それよりも、ティキの変貌振りがちょっと気になりました。
あんなに怒りん坊さんだったっけ?


 【エムゼロ】
観月愛花、両手に花で久澄、薬草を取りにいくの巻。
やっぱ『とらぶる』と比べると地味だよな~。
根本的にエロが足りない。
まあ、エロけりゃいいってものでもないんですがね~。
ただ、掲載位置が落ちてきてるのがやはり気になるので、
巻き返しを図ってもらいたいものです。


 【P2】
へ…ヘルズベアーや~。
ってなわけで、中からウォーズマンが出てくるくらいのパロディを
して欲しかったです。


 【オーバータイム】
今回、なんか面白かったような気がした。
ちゃんと野球漫画してるし。
でも、もうダメなんだろうなあ。
物語はラストとか書いてあったし。
って良いのか!
ラストだなんて書いて。


 【太臓もて王サーガ】
宏海さらわれる。
さらわれると言うと、なんかクロ校前田を思い出しますね。
気付いたのが悠なだけに、放置するんじゃないか?
と期待せずにはいられません。


 【斬】
絶山君、不様にも花咲さんに迎えにきてもらうように頼むの巻。
ほんと、なにしに来たんだ、こいつら。
まあ、近年まれに見るかませっ振りだっただけに、
今後の活躍に期待したいものです。
今後があればの話だけどね。


 【ジャガー】
ハメ次郎、正気に戻るも、「ジュン市流自在笛術 粋成支離未成」により、
再び傀儡となるの巻。
しかし、ここまで自分の父親が玩具にされているというのに、
ピヨ彦は実にクールだなあ。


88311  

|

« もう、がんばらなくて良いよ中田君 | トップページ | 犬は最強…と、マスターキートンは言ってました »

WJ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/12743545

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ51号の感想:

» 「その資料ください!ドットビズ」 [「その資料ください!ドットビズ」]
あなたの探している資料はこちらから!★優良起業様の資料が豊富で満載です。資料請求専門チャンネルサイトです。登録参加優良企業様 現在 200社 [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 19時14分

« もう、がんばらなくて良いよ中田君 | トップページ | 犬は最強…と、マスターキートンは言ってました »