« カンコンウォーズ 嘘予告 | トップページ | ゲーム狂の新たな決意 »

2007年1月21日 (日)

ジャンプ08号の感想

 今年に入って既に06・07号が出た訳なんですが、周知の通り、感想書いてません。その頃、108のレビューという、今考えたらなんでこんなことしたんだろ?と思えるようなことをしていたからなんですが、その後もなんやかんやで多忙だったこともあって、さぼっちゃったわけです。テヘッ。

 まっ、そんなわけで、今回からジャンプ感想も再開!
今年もJ影虎のジャンプ感想をよろしくお願いします。

==========================================================

 【アイシールド21】
光速なのに、その間の一部始終が見えるばかりか、実況・解説まで出来るなんて、光速って実はそれほど速くないんですね。としか言い様のない展開にがっかり。
 だからさぁ~、そういうハッタリはやめにしましょうや。
返って痛過ぎるんですよ。
すごく速いのであれば、高速で十分でしょ。
永きに渡る闘いの決着ってのはまあ許せるとしても、
こればっかりは以前から何度も言ってるように、許容出来ません。
 
 ってなわけで、光速で通したいのなら、
もっとそれっぽく見せて欲しいものです。

=========================================================

 【ワンピース】
今回、黒ひげの恐るべき能力が明らかになったわけですが、
攻撃を食らってしまう分、どうしてもそんなに強いとは思えないなあ。
って言うか、黒ひげの部下にスナイパーがいたけど(名前忘れた)、
あいつが遠くから狙撃すれば勝てるんちゃうか?
と思えてしまいました。

 と言っても、黒ひげの場合、能力云々よりも、
あのタフさが一番凄いように思えるんですけどね。
なんか、ゼットンの火球を食らっても「あちちち」で済んでしまいそうだし。

 まあ、タフさで言えば、この作品に出てくる連中は少なからず
そうなんですけどね。
 ただ、それゆえに、エースが死ぬようなことは納得できないわけで、
ちゃんとこの戦いの行く末も見せて欲しいところなんですが、
次回はちゃっかり場面が変わっていそうな気がするので、
ちょっと釈然としない雰囲気がただよう今日この頃です。

 それとどうでもいいけど、扉のページに出てる宇宙海賊。
あいつらがラスボスってこたぁないよね?
 世界政府にしろ、『伝説のオウガバトル』のゼテギネア帝国が、
北方のローテ゜ィス教国に対抗するために、大陸内の4つの国を武力で制圧し、大陸を統一しみたいに、宇宙海賊の脅威に備えるため、世界を統一する必要があったとか………。

 もっとも、そこまで話を広げたら、それこそいつ終わるか分かったもんじゃないけど。

============================

 【BLEACH】
茶渡って元々、霊感が強いだけのただの人だったよね?
それが今や、普通に戦力になっているってのは実は凄いことじゃなかろうか?
少なくとも、クインシーとして子供の頃から修行してきたはずの石田よりは遥かに強そうに思えてしまうのはなんでだろ?

============================

 【重機人間ユンボル】
ユンボルが11人いても、ゲンバー大王の足元にも及ばないという驚愕の事実に今回は一番驚きました。

============================

 【ナルト】
えっと……。
あれって結局は、飛段さんの五体を爆裂四散させて、
深~い穴の底に閉じ込めましょうってことでいいんですか?
なんか生温い気がするんですけど……。
 そもそも、あの爆発がどれくらいの威力かさっぱり分かりません。
って言うか、とても一人の人間を爆裂四散させるだけの威力があるようには見えない。

 これで次回、飛段さんが「あっちちち。なにすんだてめー、熱いだろうが」とか言って、シカマル君が青ざめながら、「バ…バカな。あれだけの爆発を受けて……」とか驚いたりしませんよね?

 もっとも、個人的にはそう願いたいものですが……。

============================

 【リボーン】
えっと……。
死ぬ気の逆ってのがイマイチ分かんないんですけど。
それって「生きるって意志」ってことじゃないんですかね?
あっ、でもなんか違う気がする。

 うーん、なんだろう?
「死んでも勝つ!」とか、そういった心意気の逆と言えば………。
「勝たなくてもいいや」みたいな倦怠?になるのか…?
うーん、やっぱイマイチ分からん。

 って言うか、そんな境地なら誰だって簡単にたどり着けると思うんですけどねえ。最近のリボーンは難し過ぎる。

============================

 【テニスの王子様】
銀さん、108式波動球を使うことなく、骨折でリタイア。
って、なんなんですか、この超展開は。

 しかも、たった一球でこんな風に大逆転だなんて、ボクシングじゃないんだから。これ絶対おかしいよ。
今更言うことでもないし、ツッコムだけ野暮なんだけど、それでも言わずにはいられません。

 大体、今回の話は阿久津の言葉からしてイカレてます。
死んでこい河村……そのかわり またふっ飛ばされんなら何度でも受け止めてやるよ

 かがみさんの予想が半分当たってんじゃん。
って言うか、下手したら本当にかがみさんの予想通りになってたかもしれないと思えるところがすごい。

 まあ、そうはならなかったんですが、その後の転回もこれまたイカレてました。

 決死の覚悟で波動サーブを打つタカさん。
渾身の力を込めて波動球を放ちますが、これがガットに当たったせいで、ブレ球となり、銀さん、無効化に失敗。その代償として右腕を骨折してしまったのでした。

 って、なんじゃそりゃ!
しかも、この時銀さんは、「これは二拾四式と同等…いや、三拾式、四拾式……」とか言ってましたが、二拾四と四拾って大違いだろ!
本家が見誤ってんじゃねえよ。

 それに、どうせなら、「二拾四式……三拾式…四拾…五拾………」
「バカな。まだ威力が上がっている……。七拾…八拾……九拾……」
「ウギャア――!!!奴の波動球が百八式を超えた――!!!」
くらいのことを言って欲しかったですね。
 また、タカさんは命すらかけていたんだから、腕の一本や二本で棄権すると言うのも、ちょっとだらしない気がしますね。

 次回辺り、男塾みたいに「オレは心においても負けていた…」
とか、そんな殊勝なコメントをしていただきたいものです。

============================

 【こち亀】
現場に急行する時くらい野菜の衣装脱げよ。

============================

 【ムヒョとロージー】
そんな!!協会に何の恨みが?
下手したら、今年最高のギャグになりかねませんね。

============================

 【ディーグレーマン】
クロウリー、決死の覚悟でジャスデビを引き受ける。
いかにも少年漫画的な展開になってきたなあ。
って言うか、なんで1人で引き受けるんだよ!
全員で袋にした方が勝てる確率高いだろうが!

 なんで少年漫画って、やたらとこんなことするんですかね?
前にも言ったけど、漫画家って、案外一対多数の戦いを描けないんちゃうか?

 まあ確かに、人道的にどうかな?とか、
そういったところも考えないといけないんでしょうけど、
ここはオレに任せて、おまえ達は先に行け!オレも必ず後から追いつくから。ってのは、もう飽き飽きですよ。

 それに、信頼するからこそ任せるってのもなんか違う気がするんで、そろそろ今までにないパターンを構築して欲しいものです。

============================

 【TOLAVEる】
金色の闇……。
なぜか、どこかの掃除屋の娘よりも、ロードオブナイトメアの方を思い出してしまった。 

============================

 【P2】
眞白君、暗黒闘気で追い上げるも、最後は友情パワーに目覚める?
の巻。
って、やっぱここは暗黒闘気を駆使して勝って欲しかった。
1人くらいダークヒーローがいてもいいじゃないですか。
どうせなら、眞白君にはそっちの方へ進んで欲しかったです。

============================

 【ジャガー】
ちょい悪の「ちょい」がどの程度なのかイマイチよく分かりません。
まあ、今回のはなんとなく「ちょい」だとは思いますが……。

============================

88311  

|

« カンコンウォーズ 嘘予告 | トップページ | ゲーム狂の新たな決意 »

WJ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/13602505

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ08号の感想:

« カンコンウォーズ 嘘予告 | トップページ | ゲーム狂の新たな決意 »