« 新年のご挨拶 | トップページ | 108のレビュー福袋セット② »

2007年1月 6日 (土)

108のレビュー福袋セット①

 「あけましておめでとう」とは言うけれど、
何が「めでたい」と言うのだろう?

 みたいなノリで、ちょっくら「ギザギザハートの子守唄」の替え歌でも
作ったろうかなぁ~とか思ってたんですが、
思いの外難しかったのでやめました。

 やはり「餅は餅屋」と言う様に、この手のネタはJJさんJMさんがやるべき
であって、私が背伸びしてやるへきではなく、私は私の持ち味を活かしたものを
書くべきだと思った次第でございます。

 と言う訳で、時代は今「108」がトレンドだから、
これから108個のレビューを行います。
例によって、昨年のこと及び今年のことについて、しょーもないことをウダウダ述べていきますので、どうか適当に読み流してやってくださいませ。

=====================================================================

第一章 徒然の章
   

=====================================================================

  壱式.人気漫画「デスノート」連載終了

 第二部からというもの、いささかのパワーダウンは否めなかったものの、
それでも充分過ぎる程の高評価を得た作品であることは、誰もが認めるところだと思います。
 しかし!私にしてみれば、この作品は10点満点で言えば7点に過ぎません。
その理由は、まず1つ目にこの作品の「テーマ」がイマイチ見えなかったこと。
つまり、「だから、何が言いてーんだよ?」と思えてしまうとこなんですね。
正義とは何か?を問いたかったのか、「例え悪人でも殺しちゃいけませんよ」
ってことを言いたかったのか………。
 この辺がよく分かんないんですよ。
もっとも、そこは読者1人1人が考えなければいけないことであり、それぞれに答えも違うのでしょうけど、作者自身の見解や主張が見えないのがちょっと釈然としませんでした。

 また、キラによって世界から犯罪者や悪人が激減したことにより、世界が平和になったとか簡単に言われてましたが、
平和とは何なのか?については一切何の描写もされてなかったんですね。
はたして、平和な世界とはどんな世界なのか?
街の風景、人々の表情、そういったものを描かずして、ただ単に言葉で「平和になった」と言われても、説得力がないように思えます。
 ゆえに、これも前述した「正義とは何か?」と同じく、作者の「平和」に対する概念や認識というものを示して欲しかったです。

 そして最後に。
これが一番重要なのですが、結局最後まで「死神大王」が出てこなかったこと
これに尽きます。
他の人がいくら何と言おうとも、私はこれだけは許せません!
出さないなら、なぜ、一々その存在を示す必要がある?
死神の存在を示したいなら、リューク単体だけでも良かっただろうし、時折描かれていた、死神界の名もなき死神達だけでも十分なんですよ。
にも関わらず、その上に「死神大王」とやらがいることまで、はっきりと言っている。
こうなると、いずれはこの「死神大王」とやらも出てくるんじゃないか?
と、フツーは期待するじゃないですか。
なのに、ここまであからさまに伏線張っていて出さないだなんて、そんなインチキありますか?
漫画のようなフィクションでは、こういう無駄は一切あってはならんのです。
ほんの些細な、どーでもいーよーな、そんなセリフの一言にでも何かしら意味のあるものにしなければならないし、すべからく伏線として
作用してなければなりません。
もっとも、バキという例外もありますが……。

 しかし!これはあろうことか!
それを逆手に取り、読者にフェイントをかけた挙句、その期待までをも裏切っている。
 こんな暴挙が果たして許されて良いものだろうか、否!良くない!

 と言う訳で、ほとんど言いがかりに近いものがありますが、理屈じゃないんです!
要はハートの問題なんです。
そして私は、そのハートを手ひどく傷つけられてしまったのです。

 それゆえに、私としては前述したように、この作品の評価は10点満点中7点。
こればっかりは譲れません。
 とは言え、もし、「死神大王」の件がなければ、私の評価も9点であり、まあ、一般的な感覚から言えば、傑作と評して良いものだと思うので、つくづく、「死神大王」の件は勿体無かったなあと残念に思う次第でございます。

=====================================================================

 え~、本当なら、もっとサラッと書いていく予定だったんですが、
予想外に長くなってしまったので、今回はここで終了。
残りの107個はまた後程、公開しますので、気長にお待ちくださいませ。

 はぁ~あと107個か……。遠いな……。                    

                        つづく

========================================================================

88311    

|

« 新年のご挨拶 | トップページ | 108のレビュー福袋セット② »

正月ボケスペシャル」カテゴリの記事

コメント

ものっそい遅れましたが

明けましておめでとうございます

久しぶりに来たら更新頻度が偉い事になってる・・・

って108
ええええええ

正気か

何はともあれ新年早々大変な企画ぶち上げて大変そうですががむばってください(無責任)

投稿: なおくん | 2007年1月 8日 (月) 16時29分

あけましておめでとうございます。
そして、ありがとうございます。
例え、無責任であっても、応援されると嬉しいものです。
もし、私が志半ばで倒れるようなことがあれば、
骨を拾ってくださいませ(笑)。

投稿: J影虎 | 2007年1月 9日 (火) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/13356085

この記事へのトラックバック一覧です: 108のレビュー福袋セット①:

« 新年のご挨拶 | トップページ | 108のレビュー福袋セット② »