« 捏造のバレンタイン | トップページ | 神秘の世界エルハザード »

2007年2月25日 (日)

ジャンプ13号の感想

「無我の爆発的に溢れるパワーを左腕一本に集めることにより威力・回転等を倍返しで返球でき、更に副作用の疲労も最小限に抑えられる。そして、それを可能にしているのが『手塚ゾーン』」

 かつて、立海大の真田は「百練自得の極み」についてこう解説しました。
彼の解説は未だになんのこっちゃさっぱり分からないのですが、かろうじて、「百練自得の極み」には「無我の境地」と「手塚ゾーン」のスキルが必要であることがなんとなく分かります。

 しかし、その後、真田はまたしても恐るべき事実を語ります。
なんでも、「手塚ゾーン」は「無我の境地」を発動してもパクれないとかなんとか……。

 正直、真田の言うことは胡散臭いことこの上ないし、以前にも、無我の境地を使える者が、幸村と真田と千歳の3人だけと公言し、手塚を含むのを忘れていたことを考えると、彼の言うことは全く信用出来ないのですが、それでも百歩譲って正しいと仮定すると、「手塚ゾーン」をパクれない、真田と千歳は、必然的に「百練自得の極み」も出来ないということになります。

 つまり、このことから、手塚は無我使いとして真田や千歳よりも上手であることが推測できるわけです。

 こうなると、例え千歳が「才気煥発の極み」を駆使したところで、自分より上位の実力者を出し抜くことなど出来るはずもありません。

 それに、千歳は「百練自得の極み」と「才気煥発の極み」が共存出来ないと思い込んでいました。
 無我についての知識では並ぶ者のない千歳君ですら、そう思い込んでたのだから、おそらく過去においても、この2つの無我の技を同時に発動させたという前例はなかったのでしょう。

 こうなると、いかに「才気煥発の極み」とは言え、実際に見たことも聞いたこともなければ、想像すらし得なかったものに対して、予測し対応することは不可能に近いと言っても過言ではありません。

 千歳の「才気煥発の極み」が通用しなくなり、手塚に翻弄されるようになったのはこのような理由からだと私は思います。

 と、長々とテニス談義をしてしまいましたが、いざ、13号を読んでみると……あろうことか!!

 テニスがねえ!!!!!!

ほんと、なんなんでしょうねえ、この間の悪さ。
今一番盛り上がってる話題がテニスだから、気合いれて書こうと思ったら、この様。世の中うまくいかないものです。

========================================================== 

 【ワンピース】
例によって、この話も長引きそうでヤな感じ。
ドクトル・ホグバックは胡散臭いことこの上なく、
色々と秘密もありそうなのだけど、まったく興味が湧きません。

 ってなわけで、早々に切り上げて欲しいものです。

==========================================================

 【ナルト】
病院で寝込まないなんて珍しいですね…カカシ先生。
言ってることはスッゲー正しいんだけど、
サクラが言っていいことでもないよね~。

 いや、サクラだからこそ言えるセリフかな?
ヘタレはヘタレを知るといったところで…。

 まあ、指導者がカカシ先生ですからね~。
こんな風に育ってしまうのも無理からぬことなのでしょう。
 ナルトにしろ、カカシに対して敬意というものが感じられないし、
サスケに至っては裏切っている上に、さらに今回は第二の師とも言える大蛇丸をも裏切り、反旗を翻したわけだし。

 となると、やっぱサスケがぐれてしまったのは
カカシ先生の教育方針に問題があると思えるわけで、
つくづくカカシ先生はすげえなぁ~と思えてしまう今日この頃です。

==========================================================

 【BLEACH】
最近のストーリー展開を見るに、久保先生は『聖闘士星矢』をリスペクトし過ぎなんじゃないかな?と思える。

 例:戦闘に参加しない隊長クラスの死神達=ポセイドン編の黄金聖闘士達。
       海燕?=水瓶座のカミュに化けてたリュムナデスのカーサ(4番手なのも同じ)。

 偶然かもしれんけど、あまりに酷似し過ぎです。
ここまで来ると、いよいよもってお兄ちゃんが助けに現れるかもしれませんね。そして、海燕もどきは「ぎゃびり~ん」とか言って無様に倒される………。
 うん、どうせなら、ここまでリスペクトして欲しいものです。

==========================================================

 【リボーン】
今明かされるザンザスの壮絶な過去…。
……って、アレ?壮絶か?
なんか、はてしなく痛い気がするんですけど。
これってぶっちゃけ、逆ギレでしょ?
 血の繋がりがないのに、養子として育ててくれた9代目に恩義を感じるどころか、自分で勝手に9代目の息子だと思いこんでたのを棚に上げ、裏切られたとわめき散らし、反乱まで起こすなんて、どんだけダメ人間なんだ!!もう、がっかりですよ!

 そして、ツナ側のツメの甘さにもがっかりです。
前々回くらいの、了平の活躍はなんだったの?
ピンチを脱するどころか、益々状況が悪化してるじゃないですか。

 もっとも、最終的にはランチアという、まさかまさかの助っ人の登場により、形勢逆転となったみたいですが、これも結果オーライなだけで、守護者達が守護者としての役割を十分に果たしていないように思えるんで、今回の争奪戦は無効試合にした方が良いような気がします。

==========================================================

 【銀魂】
痴漢冤罪、遠山の金さん、某有名弁護士、キン肉バスター……。
ネタが半端じゃありません!
しかも、これらのネタのブレンド具合が実に絶妙。
 特に、キン肉バスター談義には笑わせられた上、凄く納得させられました。

 ただ、あえてケチをつけさせていただくなら………。
キン肉バスターとアシュラバスターは、アシュラバスターの方が先だったような気がするんですけどね~。
確かに当初は、アシュラマンがキン肉バスターをパクッたとか言ってましたが、後々になって、サムソン・ティーチャーからアシュラパスターを習う幼き頃のアシュラマンが回想シーンで出てきてたような気がしますからね~。
もっとも、あれも後期になると、ストーリー展開や設定が矛盾だらけとなり、ツッコミに事欠かないネタ作品へと変貌を遂げたことから、公式設定では、あくまでキン肉バスターが元祖なのかもしれませんが……。

 ってなわけで、最近の空知先生は危うい程にはっちゃけ過ぎていてちょっと不安にもなるのですが、今回はすばらしく面白かったです。

========================================================

 【ディーグレーマン】
アイツは我輩達を倒すためだったらなんでもすル…悪魔……

 千年公の言うことが実に正しいですね。
あんな風になってまで戦うなんて、ちょっと引きますよ。
正直、ジャスデビの方を応援したくなってしまいました。
 だって、未だに借金をどうやって返そうかとか考えてる辺り、いい奴らじゃないですか。
 それをアクマだからと言って倒すなんて、酷過ぎると思います。

=========================================================

 【こち亀】
フータロー達が両津にプレゼントしたゲーム機が気になる。
ダブついて価値がない。
どうせなら別メーカーのコンパクトゲーム機が欲しかった……。

 この両津の言葉から導かれる答えは…………。
って、不味いだろ!こんなこと言っては!
 ここまで言うと、もう見え見えのバレバレじゃないですか。

 いくら、今はゲーム機自体がたくさんあるから、
どうとでも誤魔化しがきくとはいえ、これは下手するとヤバイんちゃうか?と、一抹の不安を抱きました。

=========================================================

 【重機人間ユンボル】
もはや打ち切りは避けられないのだろうか?
あまりに展開が速すぎます。
ゲンバー大王が実は最初のユンボルだと判明したかと思えば、
なんかラストバトルっぽくなってきてるし………。

 しかし、ゲンバー大王がユンボルであることを見抜いた根拠が、
「常識的に考えてあんなでかい人間はいない」ってのは笑えました。
 
 常識って概念あったのね。

=========================================================

88311  

|

« 捏造のバレンタイン | トップページ | 神秘の世界エルハザード »

WJ感想」カテゴリの記事

コメント

まだリュムナデスのカーサと決まったわけじゃないのに
よくもまあ酷似してるとか言えますね・・・

投稿: わわ | 2007年2月25日 (日) 20時39分

言えますよ。だって似てるんだから。

投稿: J影虎 | 2007年2月26日 (月) 21時34分

はいはい。ケンカはやめようね。

投稿: まりやさん | 2007年2月27日 (火) 13時56分

ケンカ?ケンカですって?
私の対応をそんな低俗な言葉に置き換えないで欲しい。

投稿: J影虎 | 2007年2月28日 (水) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/14040793

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ13号の感想:

» 泉明日香>元祖Tバックアイドルの過酷な半生【友人証言】 [泉明日香>元祖Tバックアイドルの過酷な半生【友人証言】]
泉明日香>元祖Tバックアイドルの過酷な半生【友人証言】 [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 19時09分

» ブリーチ画像 [ブリーチ画像]
今日アニメのイラストの仕事をしました。 ブリーチっていうアニメです。週刊少年ジャンプで連載中の。 ブリーチって名前は知ってたんですけどあれなんですね。 [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 23時12分

» 大後寿々花「セクシーボイスアンドロボ」 [大後寿々花は中学生]
大後寿々花はまだ、13歳、「北の零年」「セクシーボイスアンドロボ」をこなす天才子役だ。彼女には まだ未知なる可能性が秘められている。 [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 00時10分

« 捏造のバレンタイン | トップページ | 神秘の世界エルハザード »