« ドラマ談義④~渡る世間は鬼ばかり~ | トップページ | ドラゴンクエストⅥ »

2007年3月11日 (日)

ジャンプ15号の感想

今回取り扱ってる作品は以下の通りです。

 ・バレーボール使い郷田豪(新連載)
 ・BLEACH
 ・ワンピース
 ・ナルト
 ・リボーン
 ・サムライうさぎ
 ・アイシールド21
 ・銀魂
 ・TOLOVEる
 ・テニスの王子様
 ・ディーグレーマン
 ・ムヒョとロージー
 ・P2

======================================================================= 

 【バレーボール使い郷田豪】
なんなんだ、この漫画は!!!
ってのが正直な感想です。
ジャンルとしては、今のところ分類不能といったところでしょうか。
スポーツ物でもなければ、ヤンキー物でもない。
一番近いのはギャグ漫画のように思えるのだが、それにしては中々素晴らしいことを言ってるので、ギャグとしてくくってしまうのもどうかと思ってしまう。
 うーん、なんなんでしょうねえ、この感じ。
なんか、はじめて『すごいよ!!マサルさん』を見た時のような衝撃に、読み切り時の『チャイルドラゴン』を読んだ時の感動が合わさったような印象を受けた気がする。
 いささか買い被り過ぎかもしれませんが、この作品のポテンシャルは相当高いものを秘めているように思えます。
 主人公のバレーボール使いってのも、バレーボールをするわけではなく、バレーボールを使って何かをするものであることから、この先どんな展開になっていくのか予想もつかないし、逆にそれが楽しみでもある。
 ただ、ネオ君については、元々バレー部員で挫折した経緯があることから、やっぱバレー部に戻ることになるのかなあと思えるだけに、普通にバレー漫画になってしまう可能性もあるわけで、私としてはどちらかと言うと、そういう展開にはなって欲しくないものです。

 努力は報われるかどうかわからない。
 必ず報われる努力なんて何の価値もない
 報われないリスクを背負って進む。
 まさに賭け!!狂気の沙汰!!
 つまり一種のギャンブルなのだ。努力ってのは。

                          by 郷田豪

非常に素晴らしいことを言ってると思いますが、なんかカイジっぽいですね。
しかも、豪君の場合、彼が「バレーボール使い」としてどんな努力をするのか皆目見当もつかないので、逆に笑えてしまいます。
 はたして彼にとっての努力(=ギャンブル)とは何なのか?
彼の今後の活躍に期待したいものです。

======================================================================

 【BLEACH】
あっ、やっぱリュムナデスのカーサ(みたいな奴)だった。
雑魚っぽい容姿も含めて(笑)。
こうなると、第9十刃とは言え、実は弱かったとか、そんな展開になるのだろうか?やっぱ。
正体を現した途端、弱くなる奴は意外にいるからねえ。
あの美しい魔闘家 鈴木もそうだったし。
多分、この第9十刃にもそんなオチがつくんじゃないかなーと思える今日この頃です。

=====================================================================

 【ワンピース】
なんと!この件に七武海が絡んでいたとは。
それならそうと早く言ってくれよ~。
オレはまたてっきり、尾田先生お得意の脱線だと思って、さっさと終わらせて欲しいなんて生意気なこと言っちゃったじゃないですかぁ。
 もっとも、七武海が出てこようが出てこまいが、早く終わるに越したことはないんですけどね。まっ、そんなわけですので、七武海のゲッコーモリアとやらには早いとこ登場して欲しいものです。

=====================================================================

 【ナルト】
死闘決着!!しかし………!!
随分とまたもったいつけてくれますねえ。
結局、大蛇丸がサスケを取り込んだのか、それともサスケが大蛇丸を取り込んだのかは分からず終い。
はたして、カブトの問いかけに、サスケ(の姿をしている者)は答えてくれるのだろうか?
ワンピースみたく、場面が変わってあおずけ食わされるようなことはやめて欲しいものです。

 しかし、必ずどちらかってこともない可能性もあるわけですよね?
例えば、どちらも消滅しておらず、「鬼眼の狂」みたいになってるとか。
水をかぶったら大蛇丸になって、お湯をかけたらサスケに戻るとか。
そんな可能性もないわけではないんですよね?

 正直、この2人、退場するには惜しいキャラなので、
どうか「鬼眼の狂」でお願いします。

 って言うか、「鬼眼の狂」じゃなくとも、もっと身近な例に『TOLOVEる』レンがいましたね。まっ、どっちでもいいんだけど。

=====================================================================

 【リボーン】
リボーン、10年バズーカを受けて消滅。
次いで、今度はツナが10年バズーカを受けて、10年後の未来へ。
なんかよく分かんなくなってきたなあ。
10年後のリボーンが現れなかったってことは、10年後にはリボーンはこの世にいないってことですよね?
 そして、10年後の未来に行ったツナは棺桶から出てきてました。それも「Ⅹ」と書かれていた棺桶から………。

 と言うことは、10年後の未来には、ツナもリボーンも何らかの事件や抗争で命を落としていると推測されるから、今回のシリーズではその未来を変えるために戦うってことになっていくのだろうか?

 今の段階では、現代が舞台になるのか、それとも10年後の未来が舞台になるのかは分かりませんが、10年後のツナがピンチである以上、ザンザス達が絡んでくることも十分考えられるわけで、今後の展開が楽しみです。

=====================================================================

 【サムライうさぎ】
道場完成。
でも、あのシンボルマークでもある「ウサギ」が全然「ウサギ」に見えないんですけど……。
って言うか、むしろ「冨樫先生」に見えるのは私の気のせいでしょーか?

=====================================================================

 【アイシールド21】
あれあれあれ?
前回、セナと進は頭と頭がごっつんこしたように見えたんだけどなあ。まだ激突してなかったのはどういうことなんだろう?あれって私の見間違い?勘違い?それとも嘘描いてたの?…と、謎は深まるばかりですが、そんなことよりも、前回冗談で言ってた「心臓狙い」が当たっていたのでビックリしました。
 そう言えば、ありましたよねえ。「心臓バンプ」ってのが。
 しかし、揃いも揃ってみんながみんな「心臓バンプ」狙いってのは、なんか怖いものがあるぞ。特にモン太なんて、「心臓バーンプ」とか叫びながら突撃してるし。

 相手にとっては、自分の心臓を狙われてるわけだから、内心穏やかじゃないどころか、普通に怖えーよなあ。ひょっとして、それがヒル魔の狙いなのだろうか?
 と思いつつも、進や大田原にとってはそんな効果ないんだろうなあと思える今日この頃です。

=====================================================================

 【銀魂
女性キャラ全員太るの巻。
そして、女性キャラ同士で断食道場でのポテトチップ争奪戦が!
って、いやいやいや、そんな風に全員が全員、同時期に太るだなんて、どういうシンクロニシティだよ!
 まあでも、普通に戦えば、九ちゃんが一番強そうなだけに、他のキャラがどう立ち回ってどんな熾烈な戦いを繰り広げるのか楽しみではあるな。
 これはある意味、女性キャラ最強決定戦!
はたして誰が頂点に立つのか?
考えれば考えるほど…………

ぞくぞくするのう

=====================================================================

 【TOLOVEる
リト、犬と入れ替わるの巻。
前回もそうでしたけど、思いつくこと、考えられることは全部出し尽くしてしまおうという気概が感じられて良いですね。
ラブコメで考えられることは粗方出してしまった気はするのですが、それでも探せばあるはずなので、今後もどっかで見たような王道的かつベタな、安心して見られるネタを提供して欲しいものです。

=====================================================================

 【テニスの王子様
前回リョーマが1ポイント取られたと思ってたら、無我の境地になって返球。そしてここからが凄い!
 リョーマが「神隠し」を放ったかと思えば、金太郎はそれをなんなく打ち返し、さらにリョーマがドライブBを放てば、金太郎はコート後の壁を蹴った反動で打ち返し、リョーマが「暴れ球」を放てば、金太郎は分身?して、暴れ球のすべてを打ち返す………。

 まったくもって、デタラメですね。本当に「デタラメ」という言葉がこのシチュエーションにはよく似合います。
 そして、とうとうリョーマの闘争心に火がつきました。
「こいつに勝ちたい」とか普通に思ってますが、「無我の境地」なのに、なんでこんな思考が出来るのでしょうか?
 凄いですね~怖いですね~。

 ただ、こうなってくると、どちらが先に1ポイント取っても、そこで終わるようなことにはならない気がするなあ。
 私としてはさっさと終わらせて欲しいんですけどね。
 どうしても続けたいと言うのであれば、先に立海大が勝ったのか負けたのかをはっきりさせてからにして欲しいものです。 

=====================================================================

 【ディーグレーマン
ロードとアレンがチューして、ティキとお食事することになりました。
なんのこっちゃ分からないでしょーが、実際にそんなお話だったのだから仕方がありません。はい。

=====================================================================

 【ムヒョとロージー
あれあれあれ?
何気にラストバトル?
掲載位置もヤバ目だし、「最後の戦い」と言った矢先に、アイビーに加え、ティキ&箱舟、そしてエンチューまでもが襲来。
おまけに、五嶺とエビスも援軍に駆けつけてきました。

 これ以上ないくらい、ラストバトル臭い展開です。
別にこの作品が終わろうが続こうが、私にとってはどっちでも良いのですが、少なくとも、どこぞの死神が活躍する作品みたく、互いに適度に消耗したところで敵が退散し、勝負は持ち越しになるようなダルい展開だけはやめて欲しいものです。

=====================================================================

 【P2
ヒロムと相馬。
小っちゃくて可愛い者同士の熾烈なバトル勃発!
はたして軍配はどちらに?
と思った矢先に、試合終わっちゃってるよ~。しかも負けてるし。
 まあ、負けるのは最初から分かっていたことだけど、それでも
やっぱ、なんだかなぁ~と思えてならない。
 しかも、ヒロムの凄さに気付いているのは、現時点では対戦した相馬だけと言うのもちょっとやりきれない話です。
 もちろん、久勢北の面々や王華の監督達には分かってはいるのでしょーが、王華の雑魚部員がバカにしてるのを見ると、なんかヤな感じになります。

 一応申し訳程度に、回想シーンとして試合模様も描かれ、ラストでヒロムが相馬のパラダイムを破り、1ポイント取ったところで終わりましたが、試合後のあの様子を見る限りでは、ヒロムがポイント取ったのはおそらくこれ一回きりだったんだろうなあ。
 なんかこのままでは、湿っぽくていけないので、なんとか救いのあるラストへと繋げて欲しいものです。

=====================================================================

88311  

|

« ドラマ談義④~渡る世間は鬼ばかり~ | トップページ | ドラゴンクエストⅥ »

WJ感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/14223868

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ15号の感想:

» ■緊急告知■【3月31日23:59】【販売終了】いたします。再販はございません [競馬革命]
競馬予想業界に大革命!あなたの資金が285倍になったら競馬をやめられますか? [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 01時29分

» 世の中に敏感に反応!!情報提供満載!! [情報NAVIGATION]
浩二ペルー戦に招集、初のオシム日本 [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 17時53分

» ダイレクトテレショップ・テレビショッピング研究所 [ダイレクトテレショップ・テレビショッピング研究所]
ダイレクトテレショップ、テレビショッピング、テレビ通販商品などを感想つきで紹介 [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 23時38分

» ペルー戦代表メンバー [サッカー日本代表@情報バンク]
いよいよ欧州組の高原、中村(俊)が選ばれました!好調な二人だけにどんなパフォーマンスを見せるか楽しみです! [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 22時05分

« ドラマ談義④~渡る世間は鬼ばかり~ | トップページ | ドラゴンクエストⅥ »