« ジャンプ16号の感想 | トップページ | 例え世界がどうなろうと どれだけの血が流れようと »

2007年3月24日 (土)

ぴちぴちボイス

 【意 味】 

(1)一般的に、超人気アニメ『マーメイドメロディーぴちぴちピッチ』の主人公である
  七海るちあ(ななみ るちあ)をはじめとする、マーメイドプリンセス達の歌声の
  ことを指す。

(2)七海るちあ役の中田あすみの声を指す。

(3)歌がアレな人やアレな声をしている人に与えられる一種の称号。

=====================================================================

 【用 法】

(1)ぴちぴちボイスでライブスタート
スタンダードな用法。ライブ開始時の掛け声として使われる。

(2)あの人って、かなりの「ぴちぴちボイス」だよね~。
歌がアレな人やアレな声の人に対して、リアル(現実世界)で使われる。

=====================================================================

 【百見は一聞に如かず】

それでは実際にお聞きください。
3分40秒を切った辺りから観ればよろしいかと。

 さて、いかがでしたでしょうか?
これが世に言う「ぴちぴちボイス」なのです!
すごいですねえ~怖いですねえ~。
 しかし、真に恐ろしいのは、ぴちぴちボイスの中でも最強にして最凶………
「デスボイス」とまで言わしめたあの御方の歌声です。
 こちらもよろしければ、ぜひご視聴下さい。
もっとも、私としてはススメたいようなススメたくないような複雑な心境ですが…。

=======================================================================

 【ぴちぴちボイスを超えたぴちぴちボイスをさらにもう1つ超えてみるか】

=====================================================================

 以上のことから、「ぴちぴちボイス」がどんなものかお分かりいただけたと思います。
もし、あなたの側に、アレな声で歌がアレな人がいたならば、すべからく、
「ぴちぴちボイス」の称号を与えてあげて下さい。
 もっとも、今回ご紹介した本家のお二人を超える「ぴちぴちボイス」の持ち主となると
そうそういるものではないと思いますが………。

====================================================================88311    

  

|

« ジャンプ16号の感想 | トップページ | 例え世界がどうなろうと どれだけの血が流れようと »

元ネタ帳」カテゴリの記事

コメント

http://www.youtube.com/watch?v=p2CsqJPHtwQとか
http://www.youtube.com/watch?v=6Ij1CYyUQ3k&mode=related&search=みたいなのが「ぴちぴちボイス」になるのですか?
OPの出来としては高いと思うのですが。

投稿: 修都 | 2007年3月24日 (土) 10時45分

http://www.youtube.com/watch?v=p2CsqJPHtwQとか
http://www.youtube.com/watch?v=6Ij1CYyUQ3k&mode=related&search=みたいなのが「ぴちぴちボイス」になるのですか?
OPの出来としては高いと思うのですが。

投稿: 修都 | 2007年3月24日 (土) 10時45分

ありゃ、すみません。
二重投稿してしまいました。

投稿: 修都 | 2007年3月24日 (土) 10時47分

うーん、どうなんだろう。
確かに歌はアレだけど声は割と普通な感じだし…。
 やっぱ、「ぴちぴちボイス」ってのは、聞いた瞬間「うわぁ~」と
思えるようなインパクトが必要だと思います。
私としては、最近では長澤まさみの「セーラー服と機関銃」がイイ線いってたと思うんですが、いかがでしょうか?


投稿: J影虎 | 2007年3月25日 (日) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/14365423

この記事へのトラックバック一覧です: ぴちぴちボイス:

« ジャンプ16号の感想 | トップページ | 例え世界がどうなろうと どれだけの血が流れようと »