« どんでん返し(BlogPet) | トップページ | ナンバー10 »

2007年8月25日 (土)

たまにはキャプテン翼を誉めよう

 なんだかんだ言っても、やはりこの作品は素晴らしかったと思いますね。
やはり、今のJリーガーや世界のプロサッカー選手達に多大な影響と夢を与えた
ことは否定出来ませんし、私自身も認めたくはありませんが、感動したことや
感銘を受けたことは多々あります。

中でも、私が一番感心したのは、Jrユース編での若林の一言です。

同じ日本人で実力のある奴が試合に出られないのはどう考えてもおかしいぜ

 これには当時かなり衝撃を受けました。
と言うのも、それまでは私も、日向や松山の言うように、怪我の療養のためとは言え、
Jrユースの強化合宿に参加してなかった翼が、合宿に参加していながらも試合に
出られない他の選手達を差し置いて、試合に出ることはおかしいと思ってたからです。

 私も小学生の頃はソフトボールをしていましたが、
その時にも監督から散々言われました。
どれだけ上手くても、練習に来ない奴は試合に出さん、と。
 また同時に、例え下手であっても真面目に練習に出ていれば、試合に出るチャンス
は与える、と。
 おそらく、小・中学生の頃に何らかのスポーツをやっていた人ならば誰しも、
監督やら指導者の方やらに同じようなことを言われたのではないでしょうか?

 その当時の私は、このことからも、やはり日頃の努力や真面目に練習に出ることが
大切なんだと思っていただけに、若林のセリフには当時かなりの衝撃を受けました。
 そして程なくして若林の言うような「実力主義」に目覚ました。

毎日練習に出てるのに上達しない奴ってなんなの?
そして、そんな奴を試合に出す監督はアホちゃうか?と。 ← 極端過ぎ。

 とまあそういう訳で、当時の少年漫画で「実力主義」を唱えた陽一先生は
一歩進んだ考え方をお持ちだったのではないかなあ~と思えます。
(実際、私の周囲では、これに賛同できない奴がたくさんいましたから)

 次に私が感銘を受けたこと。
それは、小学生の全国大会決勝戦でのことです。
3-2で勝ち越しているにも関わらず、翼は、明和(相手チームのことね)には
予選リーグで6-5で負けているから、今のままでは同点に過ぎない。
もう1点取らなければ真の優勝とは言えないんだ!!
 と言って、本当に追加点を決め、優勝を決めたのだから頭が下がります。

 いつぞやの、リーダーシップ取ってたか何か知らんが、アメリカに負け、
韓国にも二度負けたというのに、結果的に優勝したからと言って狂喜乱舞し、
その後、大会に出なかった松井のことをチクチク嫌味を言っては、いじめていた
どこぞのメジャーリーガーに翼君の爪の垢でも煎じて飲ませたいものですね。

 さて、以上のように、私がこの作品で感銘を受けたことを大まかに2つご紹介
致しましたが、いかがでしたでしょうか?

 私としては、本当に素晴らしいことだと感銘を受けたのですが、
悲しいことに、この作品が世界中の多くの人々に夢と感動を与えているにも関わらず、
前述したように、当の日本人にはあまり浸透してないように思えて残念でなりません。

 前述したどこぞのメジャーリーガーは元より、既に引退した、とあるプロサッカー選手
においても、年上や先輩を平気で呼び捨てにしたりしていたことを思うと、
やはり、今のプロスポーツ選手には、謙虚さや相手に対する敬意といったものが、
いささか欠如しているような気がしてなりません。
(亀田なんて問題外だしね)

 願わくば、多くのスポーツ選手、そして多くの人々が、翼のような謙虚さを
持ち合わせるようになったらいいのになあ~とつくづく思う、今日この頃です。

 え?おまえが言うな!ですって?
おめーもつまんないことに反逆ばっかしてないで謙虚になれ?
バッキャロー!!反逆児が反逆やめたら商売あがったりなんだよ!
つまんねえこと言うな!!

 ↑ 突っ込まれる前のカウンター反逆

=======================================================================

  【印象に残ったシーン】

 1.日向の直線的ドリブル

  当時真似したら反則と言われました。
  なんで?

 2.ツインシュート

  当時、真似したら相方に足蹴られました。
  なんで?

 3.武蔵小のオフサイドトラップ

  当時真似しようとしたら、全然上手くいきませんでした。
  ただ一度だけ、上手くいったことがあったのですが、オフサイドの判定が下され
  ませんでした。
  審判はオフサイドのルール知りやがりませんでした。
  オフサイドも知らない学校の先生は教職員として失格なんじゃないですかね?
  ともかく、学校の体育の授業なんてこんなもんです。はい。

 4.明和VSふらの

  一番最初にこの作品を読んだのが、この試合でした(確かKCの7巻)。
  誰が誰だか全然分かりませんでした。
  松山君を翼君だと勘違いしそうになりました。

 5.とんずらしたロベルト

  ただ飯食って帰りやがった。
  と、周囲の友人達は非難ゴーゴーでした。
  私もアレはちょっと酷いと思いました。
  最終的には翼をブラジルに連れて行ったわけですが、
  これも、アルゼンチンのバルバス監督がスカウトに乗り出そうとした背景があった
  ためか、ロベルトがなんだか打算的な人間に思えてなりませんでした。
  例えれば、『なんと孫六』で、「甲斐のプロ野球界入りは認めん!」と言ってたのに、
  ヤンキースのマーティン監督が甲斐獲得に乗り出したため、発言を撤回した上、
  特例的に16歳の甲斐を球界入りさせた佐伯コミッショナーみたいなものでしょうか。

 6.猛威!比良戸中

  南葛相手に3点リードしたのは、当時かなりの衝撃度でした。
  長崎代表ということもあり、当初は周囲の友人達も応援していましたが、
  なぜかこの頃になると、掌を返したかのように「ムカつく~」と言ってました。
  なんでも、あのデカイ態度と語尾を「~タイ」で締めるのが我慢ならんとか。
  つくづく、子供は移り気が激しいものだなあと思いました。

 7.南葛、東邦、同時優勝

  当時は日向を応援している人が多かったように思いますが、
  蓋を開けると、こういう結果だったものだから、拍子抜けした人もいました。
  中には、「ケッ あれだけハンデがあってこの様かよ!」
  「おいっ、行こうぜ」とかネタみたいなことを言ってる人もいました。

 8.日本ユース、ハンブルガーSVに惨敗

  これもかなり衝撃的でした。
  中でも、若林が日向のタイガーショットをキャッチしたのには、
  「えー、コンクリートにめり込む程のシュートなのに、なんで普通に取れるんだ?」
  と、誰もが驚きを隠せませんでした。

 9.フランス戦での疑惑の判定多発

  ノーゴールの判定が2度も下されたというのはサッカーでは致命的ですよね。
  にも関わらず、最後まで決して諦めることなく戦い、最終的に勝利をおさめた
  のだから、つくづく翼には頭が下がります。
  先程も述べましたが、世のスポーツ選手はこういうところを見習って欲しいですね。
  広陵の中井監督には特に。
  気持は分かるけど、騒ぎにするのはちょっとどうかなあと思います。

10.日本、ジュニアユースで優勝

  本当に壮絶で良い試合でした。
  決勝ゴールが、最初にロベルトに見せてもらった、バーに当てて跳ね返ったボール
  をオーバーヘッドシュート(しかも、ドライブシュート)だったのも感慨深いです。
  翼の優勝スピーチも、ブラジル至上主義のあの一言を除けば感動的でした。
  Jリーガーのみならず、未だW杯での優勝経験のない国のサッカー選手達も、
  翼のように、今もW杯優勝の夢を追い続けていると思うと、より感動的ですね。
  ほんとに、あのブラジル至上主義の一言さえなければ(笑)。

=======================================================================

  【好きなキャラ】

 カール・ハインツ・シュナイダー

  ベタかと思われるかもしれませんが、好きですね。
  あの多くを語らないところなんか特に。
  印象に残ってるのは、若林から2ゴール決めたことですかね~。
  特に一本目は「公約」した上でのことでしたから、かっこ良いことこの上なかった
  のですが、ただどうしても、『キン肉マン』に出てきたネプチューンマンのマスク狩り
  予告と被っていたように思えたのが ← ほとんど言いがかり
  ちょっと残念でした。

=======================================================================

  【印象に残ったセリフ】

 1.ボールは友達  by 大空翼

  やはりこれははずせません。

 2.なにィ!  by 不特定多数のキャラ

  驚いた時に「なにィ!」と言うのは、この作品からのことだったように思います。
  もっとも、『キン肉マン』だったような気がしないでもないですが。

 3.バカはバカでも オレはサッカーバカだ!!
   もう一度勝負!! 
 by 大空翼

 4.オレはあきらめないぞ!
   ゴールを奪えないキーパーなんてこの世にいるわけないんだ!
 
                                       by 大空翼

  最強のキーパー、デューター・ミューラーを前に翼が言ったセリフ。
  ちなみに、ゲーム『キャプテン翼Ⅱ』、『キャプテン翼Ⅲ』では、何度かシュートを
  とめられると、このセリフが出てきますが、これが出たら翼と日向で、
  ドライブタイガーツインシュートを打てるようになります。

 5.サッカーは強い者が勝つんじゃない!勝った者が強いんだ!
                          by カール・ハインツ・シュナイダー

  これはサッカーに限ったことではない!
  まさに名言中の名言。
  まあ、ベッケンバウアーの名言からの引用なんですけどね。
  ただ、以前Jリーグの試合か何かで、誰か知らんがこのセリフを言った奴がいて、
  実況している奴らがそのことを紹介していましたが、そいつらはこのことには
  全然触れていませんでした。
  なんでマスメディア関係の奴らはこう無知な奴が多いのだろう?

 6.世界一になったとは思っていません。
   なぜならこの大会にはサッカー王国のブラジルが参加していないからです。
 
                                          by 大空翼

  ジュニアユース大会での優勝スピーチの中の一言。
  子供心に、他の参加国に対して失礼だと思いました。
  これさえなければ、素直に感動できたのに。

 7.夢に向かって走り続けることは自由です。
   そしてオレ達はこれからも夢に向かって走り続けます。
  by 大空翼

  前述したように、Jリーガーのみならず、未だW杯での優勝経験のない国の
  サッカー選手達も、翼のように、今もW杯優勝の夢を追い続けていると思うと、
  より感動的ですね。
  ほんとに、6のブラジル至上主義の一言さえなければ(笑)。

=======================================================================

  【あとがき】

予想以上に長くなってしまいましたが、他にも何かあったような気がしてなりません。
まあ、思い出したら加筆するか、また新たに書くこととしましょう。
うん、枠はまだ101もあるんだし………(遠い…な…)

 …気を取り直して……
さて、次回は………。
『キャプテン翼』に続く、ジャンプのサッカー漫画と言えば……。
やはりアレでしょう。
ナンバー10!!(間違っても『ホイッスル』だなんて言わないぞ!)
キユ先生の渾身の力作だった、伝説のつきぬけ痛快サッカー漫画、『ナンバー10』
次回はこの作品に鋭く切り込みたいと思います。
こうご期待下さい。

|

« どんでん返し(BlogPet) | トップページ | ナンバー10 »

ジャンプ感想FINAL?108のレビュー」カテゴリの記事

コメント

確かに、影響は大きかったですね。
今では大好きなサッカーですが、この漫画のおかげで、サッカーを見るのが10年遅れました。
まぁ、大して読んでもいない漫画に、そこまで影響されるのも問題ですが。取り敢えず、当時、佐賀のがばいアホなガキにサッカー、及びサッカー少年なる人種に対する偏見を抱かせるに十分でした。

【ピンポイントで嫌いなシーン】

・目の前の相手にスゴい技術で翻弄され、『そ、そんなぁ!』と、言いながら驚くシーンとその表情。

コメント)
アホな私は、サッカーとはそんなマラドーナなシーン目白押しなんだと思いました。しかし同時に、そのウソ臭いプレイに『あー、はいはい。』としか感じず。。。

・なんとか君の顔面ブロック。

コメント)

死ぬよ、実際の話。と、いうのは置いといて。“体を張る”の意味が違うのではと。

ブラジル至上主義には同感です。

以前、なんか新シリーズ予告の時点で、『翼クン率いる日本代表が、決勝でブラジルと戦うのを描く』たら何たら。
凄いですよ。もう、決勝の相手=ブラジルってのはネタバレ扱いですらないんだと。

と、長々とすみませんが、そんだけマイナスの影響もあったんだと。そういうコトです。

投稿: 福岡在住 | 2007年9月 8日 (土) 09時46分

そう言えば、あなたは翼君の笑顔が大っ嫌いでしたね。
思い出しました、思い出しました。
まあ、確かにそういう気持ちも分からないでもありません。
私にしろ、当時は翼に対して、「一々君付けすんな!」
「呼び捨てしろ!」と言ってたくらいですからね~。
それが今じゃ、中田に対して「何呼び捨てしてんねん!」
「ちゃんと、君付け、さん付けせんかい!」
と言っているのだから、色んな意味で影響力は大きかったと思います。

 決勝の相手=ブラジル
うーん、いつのことかなあ。
多分、『キャプテン翼J』のことではなかろうか?
まだ始まったばかりであるにも関わらず、ザ・テレビジョンか
テレビガイドの番組紹介で、小学生編からワールドユース編までを
描くと言い切ってましたからねえ~。
それを見て、「なんで言い切れるんだよ!続かないかもしれないじゃないか!」と思いましたが、案の定途中で打ち切りみたいな形で終わってたし。
つくづく、大人とマスコミは嘘吐きだなあと思わせられました。

投稿: J影虎 | 2007年9月 9日 (日) 08時35分

まぁね。礼節に厳しい年ごろになったんでしょう。

取り敢えず、クンにしろサンにしろ、『試合中は敬称略でいこうね。』とか『今日の試合は無礼講でね。』とか、決めとけば万事解決かも。まぁ、どっちみちN田さんのコトは積極的に大嫌いですが。

にしても、サッカーに比べ、ほぼ黙殺のラグビーW杯。『キャプテン翼』に匹敵するラグビー漫画なんてムリかな?ムリだろうなぁ。

投稿: 福岡在住 | 2007年9月 9日 (日) 10時05分

ラグビーねえ。
ラグビー漫画自体はあるにはあるんですが、
大ヒットしたものは皆無ですねえ。
唯一、スクールウォーズによってラグビー人口が増えた時期も
あったようですが、確かにサッカーと比べると扱いが悪いですね。
まあ、これはマスゴミによる差別的なスポーツの取り扱いによるもの
なんでしょうけどねえ。
 例えこの先、イケメンのラガーマンが出てきたとしても、
所詮は一過性のブームにしかならず、日本中がラグビー一色に染まる
ようなことはないでしょう。
面白いんだけどね。ラグビー。

投稿: J影虎 | 2007年9月 9日 (日) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/16198352

この記事へのトラックバック一覧です: たまにはキャプテン翼を誉めよう:

» 鞄 修理 [鞄 修理]
鞄 修理 [続きを読む]

受信: 2007年8月25日 (土) 19時19分

» サッカー 上達 [少年サッカー強化塾・俺FC]
初めまして、いつも楽しく拝見しています。この度「少年サッカー強化塾・俺FC」というサイトを作りましたので、トラックバックさせていただきました。貴ブログ訪問者であるサッカーの上達に興味のある方には、非常に有益な情報だと思っております。ぜひご訪問いただければ幸いです。万が一不要な場合は、お手数ですが削除して下さい。失礼しました。... [続きを読む]

受信: 2007年8月26日 (日) 23時28分

» 引退濃厚か、武蔵選手 [スポーツあれこれ]
K-1の武蔵選手が引退が濃厚のようです。あえて決定という前提で話をしますが、分野を問わずどんな選手であっても第一線から退く姿には寂しさを覚えますね。特にTVでよく見ていた選手、そしてにわかながらも何度か...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 7日 (金) 19時59分

« どんでん返し(BlogPet) | トップページ | ナンバー10 »