« 108のレビュー再び…? | トップページ | ドラゴンボールを読むと頭が悪くなる? »

2007年8月11日 (土)

ワンピース

 私にとってこの作品のピークだと思えた頃は、クリーク海賊団との戦い……
とりわけ、ミホークが現れた辺りでしょうか。
 個性的で強い奴らがわんさか現れる中、グランドラインの恐ろしさや、
謎の剣士-鷹の目の男のことなど、次々と明らかになる新事実に、
私は驚きと興奮を隠せませんでした。
 そして極めつけは、ミホークの登場。
クリーク海賊団とルフィ達がまさに交戦しようとした、その時に、
クリークの船を真っ二つにぶった斬り、ハデに登場した彼の姿、一連のシーンを見て、
私は「うぉぉ!どうなるんだ?どうなるんだ?」と、期待と興奮の渦に巻き込まれた事は
今でもよく覚えています。

 しかし、その期待と興奮は程なくして冷めることとなりました。
ゾロと適当に戦った挙句、ミホークは帰って行っちゃったのです。
しかもその後ですよ、最強クラスのキャラの戦い振りを見せられた後にですよ、
(ミホーク辺りから見たら)小物同士(ルフィとかサンジとかクリークとかのことね)の
戦いを延々見せられてですよ、それでどうやってあの時の興奮を埋められるのか!

 申し訳程度に、実はギンはクリーク海賊団の中ではNO.2の実力者であり、
鬼人と呼ばれているとか言われても、そんなの逆にドッチラケだし、
ルフィにしても、海賊王になると言うのなら、グランドライン航海への景気づけとして、
クリークなんて軽く一蹴して欲しいところなのに、長々と大苦戦した結果、
ようやく倒すという有様だったし……。

 まあ、そんなわけで、私はそれ以来あの時程の興奮をこの作品に対して、
感じることはなくなったのです。

 ただ、幸いなことに、ストーリーに関してはそうでもありません。
連載が10年続いた今でも、回収されていない伏線や謎はまだまだたくさんありますし、
今後どのような展開が待ってるのか、興味は尽きません。
 しかも、最近では尾田先生もさすがに自粛してるのか、戦闘シーンもスピーディー
になり、戦闘のマンネリ化という面が著しく改善されつつあるので、
先はまだまだ長いとは思いますが、尾田先生には今の調子で頑張って欲しいものです。

 =========================================================================

                     徒然なる戯言

 【尾田先生について】
尾田先生が凄いと思えるのは、やはりこれだけ長期間連載しているにも関わらず、
ストーリーにおいて、あんまり矛盾点が出てこないことだと思うんですね。
おそらく尾田先生の頭の中では、この『ワンピース』という壮大な物語の要所要所が
既に構築されており、先生がこの『ワンピース』という作品を描くということは、
その点と点を結ぶ作業をしているような感じなのではないかなあと思えます。
 だから、今後のストーリー展開という点においては、これまでの伏線や謎も
ちゃんと回収されることであろうし、安心して読んでいられることかと思います。

 ただ………。
前述したように、やはり今後のカギを握るのは「戦闘」ですね。
「ワンピースは戦闘に入るとつまんなくなる」という人さえいるくらい、
これまでの戦闘というものは長くなればなるほどかったるさとマンネリ感を覚える
ものでしたが、最近では短縮の傾向にあります。
 尾田先生自身も、「30話を予定していたら90話くらいになってしまう」と
言っていたくらいですから、先生自身も反省されているのかもしれませんね。

=======================================================================

 【ここが変だよ、尾田先生】
尾田先生がおっしゃるには、自分が子供の頃、漫画を読んでいて「変だなあ」とか、
「おかしいなあ」と思ったことは絶対に描かないのだとか……。
例えば、死んだキャラが生き返ったりとかすると、「人気があるから復活させた」
とか思われたそうで、そういうのに対して嫌悪感を持たれたそうなんですね。
『ワンピース』のキャラが絶対に死なないのはまさにそのような理由からのことなんだ
そうですが、これって言わない方が良かったんじゃないですかね?
 それ言っちゃうと、命がけの戦いが、緊迫感もへったくれもないものになってしまう
ような気がしてならないんですが……。
 毎度毎度戦闘が起こるたび、「あーはいはいはい、どうせ誰も死なないんでしょ?」
みたいな視点で見られるというのもいかがなものなのでしょうか?
 ただ、この発言が完全に本当であるなら、エースは死んでないってことですよね?
信じていいんですよね?

 しかし、子供の頃の尾田先生という方は余程ひねくれていたのでしょうか?
死んだキャラが生き返ったりして、「ああ、こいつは人気あるから復活したんだな」
とか普通思いますかね?
 まあ、子供と言っても範囲が広いですからね。
3歳児でも子供だし、19歳でも子供は子供。
一体、何歳くらいの頃にそんなことを考えていらっしゃったのか?
ちょっと興味がありますね。
 ちなみに、私が小学生くらいの頃は、素直に驚いてました。
間違っても、人気があるから復活したとか、編集者の意向によるものだとか
考えることはなかったんですけど、これって普通ですよね?

 まあ、そんなわけで、尾田先生のスタンスは分かったんですが、
それでもやはり腑に落ちない点もチラホラとあります。
どのバトル漫画も常にタイマンバトルだということに関しては「おかしい」とか
思われなかったのでしょうか?
 物凄く強い敵を前に、仲間がいるのに、わざわざその仲間達を先に行かせて、
わざわざタイマンバトルをすることに関して「変だ」と思われなかったのでしょうか?
 さらに言えば、戦争なのに多数対多数の戦闘は一切描かれず、
局地的なところで、メインキャラがチマチマとタイマン張ってることに、
違和感を覚えないんでしょうか?
海賊なのに、ほとんど陸でばかりで戦ってることに………
海賊なのに、ほとんど艦隊戦がないことに………
 まあ、別にいいけどね。

=======================================================================

 【キャラについて】
正直、私にはこの作品において好きなキャラがいないんですよね。
かと言って嫌いなキャラがいるかと言うと、これもいない。
だから、なんか醒めた目でしか見られないのかなあというところもありますね。
 まあ、強いて言えば、黒ヒゲが一番好きかな?って感じ?
大体漫画の世界では、むしろ悪者の方に魅力的なキャラがいるものだけど、
この作品に関しては、どいつもこいつもビックリするくらい、そんな奴いないのが
逆に凄いと思えますね。
 前にも言ったことがありますが、嫌な奴、どうしようもないくらい悪い奴ってのは
例えば、アーロンだとかクロコダイルだとかエネルだとかスパンダムだとか
いるにはいるんですけど、軽いんですよね。私から見れば。
 と言うより、『ハーメルンのバイオリン弾き』を読めば、誰でもそう思うのでは
なかろうか?
 そりゃあ確かに、アーロンもクロコダイルもエネルもスパンダムも、
本当にイヤな奴らでしたよ。
 しかしそれでも、『ハーメルン』に出てきた、大魔王ケストラーやヴォーカル、
ギータ、オル・ゴール……etc
に比べれば、あんなの可愛いものですよ。

 まあ、だから何なんだと言われれば、別に何もないんですけどね。
ただ、時折、「こいつ悪い奴でっせ~ムカつきますやろ?」みたいに描かれれている
ようにも思えるところがチラホラと出てくるので、その辺がちょっとウザいかな?
と思えるので、普通に描いて欲しいものです。
 うん、普通が一番いいよ。

=======================================================================

 【今後の倒すべき?敵】

 七武海
1.クロコダイル      
既に撃破。

2.ゲッコー・モリア   
現在交戦中。

3.ドフラミンゴ       
未だ接点なし。
ただ、典型的な悪党だから、いずれは戦うことになるのかな?

4.バーソロミュー・くま  
未だ接点なし。
よく分からん。

5.ミホーク 
面識あり。ゾロの超えるべき相手。
当然、ゾロとタイマンはるんだよね?

6.ジンベエ
モリア撃破後、戦う可能性大ってとこか?

7.?
カイドウとやらのことかな?

 四皇
1.シャンクス       
現在、白ヒゲと交戦中。
ルフィの恩人。
でも、ルフィが海賊王を目指すのなら、いずれは戦うことも……?

2.白ひげ
世界最強の海賊でワンピースに最も近いと言われている。
現在、シャンクスと交戦中。

3.?
4.?

 海軍
1.センゴク元帥     
ホンマに強いのか?

2.つる大参謀
同じく、ホンマに強いのか?

3.青キジ
冷凍法を破る手立てはあるのか?

4.赤イヌ
詳細不明

5.黄ザル
詳細不明

6.ガープ
ルフィのじっちゃん。
敵かな?味方かな?

7.スモーカー大佐
ルフィを追ってるが、海軍のあり方にも疑問を抱いてるっぽい。
今後どう出る?

  その他
1.ドラゴン
革命家にしてルフィの親父。
はたして彼の目的とは?
ルフィと出会う日はいつ?

2.五老星
世界政府最高権力者達。
その名の通り、老人ばっか。
戦闘能力はないと思うが、ひょっとしたらと思うと……。
うんざりするのう。

3.黒ヒゲ
何気にラスボス?
エースがどうなったのかも気になるところ。
はてさて、彼の今後の動向は?

 とまあ、つらつらと並べ立ててみましたが、まだまだこれだけいるんですね~。
これを1人1人相手にしていくかと思うと……(戦闘にならない人もいるかもしれんが)。
気が遠くなりますね。
それになにも、1人ずつとは限りませんからね~。
1人につき取り巻きの部下達もいるわけだから……。
 いっそのこと天下一武道会でもやってくんねえかなあ。
そうすりゃあ、かなり時間短縮できるのに。
 それが無理ならせめて、黒ヒゲに半分近くは受け持って欲しいものです。

=======================================================================

  【今まで出一番印象に残ってるシーン】

ルフィがクロコダイルに対して
「お前が七武海。だから何だ…!!だったらおれは八武海だ!!
とか言ったシーン。
その時のコブラ王の表情もいい味出してました。

=======================================================================

  【印象に残ってるセリフ】
おれは助けてもらわねェとやってていけねェ自信がある!!! by ルフィ

男の船出を邪魔する理由がどこにある by ドラゴン

=======================================================================

  【あとがき】 

とまあ、色々述べてまいりましたが、予想通りすっげー長くなりましたし、
今になってみれば、『ワンピース』と『尾田先生』を切り離して書けば良かったなあ
等と思いますが、まっ、書いちゃったものはしょうがないっつーことで。

 さて、残すはあと107。
まだまだ先行き長いですが、あんまり今の連載作品ばかりを書いていくのも、
ちょっとだるいので、今度は昔の作品について書きたいと思います。
そうですねえ~『ワンピース』に匹敵するくらいのビッグタイトルと言ったら、
アレしかないでしょう。
そうです、『ドラゴンボール』です。
 ってなわけで、次回は『ドラゴンボール』についての感想をお届けしますので、
こうご期待。

 つっても、もはや書くこともないし、どっちかっつーとあんまし関係ない話なんだよな~これが……。

|

« 108のレビュー再び…? | トップページ | ドラゴンボールを読むと頭が悪くなる? »

ジャンプ感想FINAL?108のレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/16073490

この記事へのトラックバック一覧です: ワンピース:

« 108のレビュー再び…? | トップページ | ドラゴンボールを読むと頭が悪くなる? »