« 戯言 | トップページ | 戯言3 »

2007年9月13日 (木)

戯言…のようなもの

 先日、今更ながら『キル・ビル』を観ましたが、
ヘタレなボクには、あの凄惨な戦闘シーンは刺激が強く、
まともに観ていられませんでした。
 やっぱ、ボクは斬り合いなのに、四肢をぶった切られることもなければ、
出血することすらない、日本の平和な時代劇の方が好きだなあ。
 うん。別にリアルにやる必要もハデにやることもないんですよ。
茶番だろうがワンパターンだろうがマンネリだろうが、
そういった変わり映えのないものこそが、実は一番良いんですよ。
……戯言だけどね。

 しかし、栗山千明さまは不思議な方ですねえ。
あの美しく長い艶やかな黒髪。
端正な顔立ち。
もろに私の好みのはずなんですが、
不可解なことに、あまりそそられないんですよね。
いや、美人だとは思うんですけど………。
 なんなんでしょうねえ、これは。
出演作が出演作なだけに、こうなるんでしょうか。
ちょっとしたミステリーです。

…戯言だけどね。

|

« 戯言 | トップページ | 戯言3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/16436372

この記事へのトラックバック一覧です: 戯言…のようなもの:

« 戯言 | トップページ | 戯言3 »