« このジャンプ感想サイトが凄かった!その壱 | トップページ | 最近の更新 »

2007年9月 8日 (土)

初心者必見!ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 の楽しみ方

 先日も感想で述べましたように、私はこの「新劇場版」を高く評価しています。
とても高くです。
そしてそれは何も私に限ったことではなく、この「新劇場版」を観た大半の方々も
同様であることは今更言うまでもないことでしょう。

 しかし、その一方で、当然と言うかやはりと言うか、批判的なコメントをされてる方も
チラホラと見受けられます。
 その中でも特によく聞かれるのが、「TVと同じじゃん、見る価値無し」だとか、
「初心者、一見さんには難解すぎて置いてけぼり食らってる」といった意見です。

 前者の方に対しては、色々と言いたい事があるものの、言ってる事は決して間違い
でなく、概ねその通りだし、本人が本当にそう感じてるのなら、
こちらがTV版との違いをあれこれ教えたところで仕方のないことでしょう。
 ただ問題なのは、初心者の方がついていけないと思われていること。
こればっかりは、ちょっとばかし結論を急ぎすぎているように思えてならないので、
ここは1つ私が一肌脱いで、ヱヴァの楽しみ方をご説明したいと思います。

これからヱヴァを観ようかどうか迷ってる初心者の方はもちろんのこと、
「ヱヴァ観たけど、ボク初心者だから何がなにやら分からなかった」
という方も、参考にしていただければ僥倖です。

========================================================================

              初心者のための「ヱヴァ」の楽しみ方講座

 まあ、一番手っ取り早いのはTV版と旧劇場版のDVDを観ることです(笑)。
しかし、それではあまりにも安易過ぎるし、第一観る時間もなければ金を惜しむ方も
いらっしゃることでしょう。
 では、どうすればいいのか?
答えは簡単。
 現時点での「分からないこと」、「分かっていること」をはっきりさせることです。
さすれば、自ずと今後どのようなスタンスでヱヴァを楽しめば良いのかが見えてきます。

 確かに初心者の方々にとって、初めて観る(観た)ヱヴァは難解(だった)でしょう。
しかし、それは酸いも甘いも知り尽くしているファンも、かつては全く同じだったのです。
今回の「序」にしても、TV版の6話までの話に過ぎず、この時点では「分かってること」
の方が圧倒的に少ないのです。

 つまり、初心者の方々が「よく分からなかった」と思うのは当然のことであり、
それは我々のようなTVシリーズを観ていた玄人も、同じ道を歩んできたのです。

 ですから、「よく分からなかった」と思われた方は何ら悲観することも恥じることも
ありません。
 分からなかったことはこれから分かってくるのだから、それをただただ楽しみに
待てば良いのです。
(と言っても、TV版はおろか劇場版までも結局分からずじまいだった点は多々あるが)

 幸い、次の「破」以降は、ストーリーも大幅に変わってくることからも、
素人であろうが玄人であろうが、そんなことはほとんど関係なくなってくることだろうし、
むしろ、素人の方々の方が、何の予備知識もない分、より純粋に楽しめるかもしれない
のです。
 逆に、玄人の方は玄人であるがゆえに、従来のエヴァを知り尽くしているがゆえに、
それが思わぬ足枷となり、純粋に楽しむことが出来なくなったり、とんちんかんな考察を
してみたりとか、そのような思わぬしっぺ返しを喰らうことにもなりかねません。

                    ↑ なんのこっちゃ?

 以上のように、繰り返し言いますが、初心の方は「分からなかった」ことを
悲観することも恥じることもありませんし、背伸びしてTV版、旧劇場版を観たり、
関連本や考察サイトを読み漁ったりする必要もありません。
 もっとも、興味や好奇心から、そのような行動に出るのならば止めはしませんが、
ただ、旧作のDVDを観るのであれば、覚悟しておいた方が良いとだけ言っておきます。

 もっとも、映画を観るに辺り、周囲はファンだらけであり、初心者は自分1人……
肩身が狭い……といった思いをすることもあるかもしれません。
 しかし、そこはグッと堪えて下さい。
そして思い出してください。
今回の「序」のタイトルが「YOU ARE (NOT) ALONE」であったことを。
そうです、あなたは決して1人じゃないのです!
あなたの同じ境遇の人は他にも何百億といるのです!(笑)
 もっとも、notに括弧がついてる辺り、なんとも意地悪な感じがしますが……(笑)。

 とまあ、そんなわけですので、初心者の方はむしろ初心者であることを誇りにし、
分からないことは分からないこととして、あるがままを受け入れ、あるいは受け流し、
流し流され、ながされて藍蘭島………。 ← うまく受け流せたかな?(笑)
 ってな感じで、観れば良いと思います。

  
   ※ 以下、ネタバレですので、まだ観てない初心者の方は進まないで下さい。

=======================================================================


 先程も述べましたように、今回の「序」を観て「分からなかった」という初心者の方が
「破」以降のこれからのヱヴァを楽しむには、
現時点での「分からないこと」、「分かっていること」をはっきりさせることが必要です。
 ゆえに、以下、これらのことを列挙していきますので、復習の意味でぜひご参考に
してください。

   【分からないこと】

 1.使徒ってなんなの?

  ヱヴァを観るに辺り、まず誰もが思う最初の疑問でしょう。
  ロボットなのか生物なのか、それすらも分からない正体不明の人類の敵。
  なぜ攻めてくるのか?その目的も不明。
  しかし、これは現時点では分かりません。それはTV版においてもそうでした。
  ですから、初心者の方は何ら嘆く必要もありません。
  これから分かってくることなので、それを楽しみに待っていれば良いのです。
  もっとも、玄人にしてみれば、使徒の正体など既に熟知していることなのですが、
  ただ、TV版ではシャムシエルの遺体から使徒に対する重要な情報が得られたのに
  対し、今回の「序」では、そのシーンがカットされていました。
  と言うことは、今回の使徒は、我々が知ってる使徒とは異なる存在なのかも……。

 2.サキエル(最初に出てきた使徒)が4番目と言われてたけど、
   それじゃあ、その前の3番目までの使徒はどうなったの?

  これも現時点では分かりません。
  ただ、TV版ではサキエルは3番目の使徒であり、それ以前の1,2番目の使徒
  については不明でした。
  また、TV版では、6話以降程なくして1番目の使徒が判明するのに対し、
  2番目の使徒についてはほとんど触れられず、TV版はおろか旧劇場版ですらも
  はっきりと言及されることはありませんでした。
  しかし、今回の「序」では2番目の使徒が「リリス」であることがはっきりと、
  ミサトによって言及されているのが大きな違いであり、それゆえ3番目の使徒の
  正体に俄然注目が集まります。

 3.なんでシンジ君はヱヴァに乗れたの?

  これも現時点では分かりません。
  レイについても同様。
  これも後々明らかになっていくことですので、今は特段気にすることもありません。

 4.ヱヴァが急に強くなったけど、アレはなんなの?
   そして、ヱヴァって何なの?

  これはある意味、この作品の最大の謎と言っても良いでしょう。
  これも現時点では分かりませんが、徐々に明らかになってきます。

 5.なんで碇司令と冬月副指令は使徒のことを知ってたの?
   それに、ゼーレと呼ばれてた四角い連中は何?

  これも現時点では分かりません。
  分かっているのは、彼らが予め何らかの方法で使徒の存在を知り、
  それに備えていたという事実だけです。
  そしてそれは、死海文書というシナリオに沿って行ってるらしいのだが……。

 6.セカンドインパクトってなに?

  現時点では、15年前に起きた、全人類の大半が死滅する程の大惨事だったこと、
  そしてそれには使徒が関わっていたらしいことくらいしか分かりません。
  これも徐々に明らかになっていきます。

 7.サードインパクトってなに?

  セントラルドグマに磔にされてる第二使徒リリスと他の使徒が接触することで
  引き起こされる大惨事のこと…とでも思っていればよろしいかと。
  現時点では、それを防ぐためにネルフとヱヴァがあるとのことだが………。

 8.第二使徒リリスってなんなの?

  これも現時点では分かりません。
  わざわざ地下で磔にされているくらいだから、何か重大な秘密があるのでは?
  くらいに思っていればよろしいかと。

 9.ゼーレという連中が「使徒殲滅はリリスとの契約」とか言ってたけど、
   地下に磔にされてたのもリリスって名だったよね?
   これってどゆこと?

  これも現時点では分かりませんし、TV版にはない設定でした。
  ですから、私も戸惑っています。
  リリスがドMなのか、契約者をあんな扱いするゼーレやゲンドウ達が鬼畜なのか。
  難問にして、何気に最大の謎なのかも(笑)。

10.ラストに出てきた素っ裸の少年は誰?
   シンジを知ってるような口ぶりだったけど。

  次回の「破」を観れば明らかになるかと。
  ただ、TV版では終盤に登場しただけに、今回の早過ぎる彼の登場に、玄人衆も
  驚きを隠せない模様でした。

11.ラストの素っ裸の少年の元に、リリスとよく似たモノがあったけど、
   アレはなんなの?

  現時点では分かりません。
  おそらく、次の「破」以降に明らかになることでしょう。
  この時点で既に、原作を離れてしまってるので、我々玄人衆も今後どんな展開に
  なるのか予想もつきません。

12.次回予告に場内が騒然となりましたが、なんで?

  TV版とはあまりにも異なった展開を示していたからです。
  さしもの玄人衆もこれには大層驚いたことでしょう。
  かくいう私も、今後の「破」以降がどんな展開になるのか?
  想像しただけで………ぞくぞくするのう。

 えー、以上大まかに、現時点での「分からないこと」を列挙してみましたが、
いかがでしたでしょうか?
まあ、初心者の方々にとってみれば、他にも「ATフィールド」とはなんぞや?とか、
ミサトの昔の男や父親が気になるとか、そういう疑問もあることでしょうが、
これらも、おそらく今後「破」以降で明らかになってくることと思いますので、
前述しましたように、我々はそれをただただ待てば良いのです。

 では次に、「分かったこと」を列挙していきましょう。

=======================================================================

   【分かったこと(分かっていること)】

 1.世界は使徒の脅威に晒されている。

 2.使徒の目的はネルフ本部の地下に磔にされてる第二使徒リリスと接触し、
   サードインパクトを起こすことらしいとのことだが……。

 3.使徒に対抗できるのはヱヴァンゲリオンだけ。
   そして、そのヱヴァに乗れるのは現時点ではシンジとレイだけ。

 4.ヱヴァは現在、零号機と初号機の2機のみ。
   しかし、弐号機以降のエヴァの製造も始まっている。

 5.使徒はラミエル出現時点で残り8体存在するらしい
   この8体にラミエルを含めるのかどうかは定かではないが、
   まだ倒してもいないものを、例えシナリオがあるとは言え、
   倒したものと、捕らぬ狸の皮算用をするゲンドウとも思えないので、
   おそらく含めないのではないか?と思う。
   つまり、私が思うに、残る使徒はあと7体……
はずれてたらゴメン。

 6.ゲンドウやゼーレは予め使徒のことを知っていた模様。
   そして、使徒を倒すことが彼らの現時点での目的であり、
   それは死海文書と呼ばれるシナリオに沿って行っているらしい。

 7.人類は15年前に起こったとされる地球規模の大災害、
   セカンドインパクトにより大半が死滅したが、
   現在どうにかこうにか復興している。
   だが………
 1に戻る

 以上のことをまとめると………。

15年前にセカンドインパクトと呼ばれる地球規模の大災害が起こり、
人類の大半は死滅したが、現在なんとか復興するに至った。
だが、そんな人類の前に、使徒と呼ばれる正体不明の敵がどこからともなく現れ、
人類は再び窮地に立たされる。
唯一、この使徒に対抗できるもの。
それがヱヴァンゲリオンであるが、これを操縦できるのは年端も行かないシンジと
レイのみ。
なぜ、彼らがヱヴァに乗れるのか?
それは今の所定かではなく、またヱヴァ自体にも、まるで自らの意思があるかの如く
暴走したりすることからも、何か重大な秘密が隠されているのではないだろうか?
 また、使徒の存在を予め知っていたかのような、ネルフの碇司令と冬月副指令、
そしてゼーレと呼ばれる謎の集団。
彼らの目的ははたして一体なんなのか?
死海文書が示す、彼らのシナリオとは?
そして、使徒殲滅はリリスとの契約と言うその真意は?

 シンジはそんな彼らの思惑など知る由もなく、ただただ状況に流され、
それに抗うすべもなく、ヱヴァに乗り続ける。
なぜ自分なのか?どうしてヱヴァに乗るのか?
自問自答を繰り返すが、答えは出ることもなく、彼の前には14歳の少年には
あまりにも重く過酷な運命と現実が容赦なく立ち塞がる。
 しかし、それでもシンジはヱヴァに乗り続ける。
そして、第六の使徒ラミエルを倒した時、彼は何かしらの手ごたえを掴む。
綾波レイの微笑と共に。
 だが、戦いはまだ終わったわけではない。
倒すべき使徒は後7体(ひょっとしたら8体かもしれないが)。
そして、ゼーレのリーダー格、キールの導きにより、シンジと接触しようとする
謎の少年。彼は一体何者なのか?
そして彼の意味深な発言は何を意味するのか?
 これが死海文書のシナリオであるならば、その果てにどんな結末が待ってるのか?
シンジの戦いはまだまだ続く………。

 ってなところでしょうか。
ちょっち、シリアス入り過ぎたんで、物凄く簡単で簡潔明瞭にして適当にまとめると、

使徒という訳の分からん敵が攻めてくるので、これまた訳の分からんヱヴァンゲリオン
というロボットみたいな人型の兵器でシンジ君が迎え撃つという話です。
そこには何らかの思惑が隠されてるみたいですが、現時点では何も分かりません。

                                   以上 ← テキトー過ぎ

========================================================================

   【おまけ 初心者が言ってはいけないNGワード】

 私が初心者なら、おそらくツッコンでいたであろうシーン等を列挙します。
初心者の方々はこれらを参考にした上で、絶対に口外しないで下さい。

  1.トウジがシンジを殴るシーン。
    なんでおめえらがシンジがエヴァのパイロットだってこと知ってんだよ!

   シンジがネルフにつれてこられた時、極秘と書かれていた文書を渡された
   ことを考えると、おそらくTV版を観てない方はこう思うことでしょう。
   しかし、これはここに至るまでのシーンが端折られているからであり、
   これを得意げに指摘しようものなら、一発で初心者であることが看破されます。
   もっとも、その端折られたシーンにおいても、なんでやねん?
   と思えるような内容ではあるのですが………。

  2.この作品に出てくる大人達って、ちょっと冷た過ぎない?

   ほんとだよね~。
   と言いたいところですが、こんな発言した日には、「何を今更」とせせら笑われる
   ことでしょう。
   第一、これは公式設定なのです。
   かつてのエヴァのスタッフ達も、ゲンドウやミサト、リツコをはじめとするネルフの
   職員に対して、「キ○チガイですから(笑)」と言ってたし、シンジについても、
   「普通乗りませんよねぇ~www」「ですよねぇ~www」と言ってたくらいですから。

  3.シンジがリリスを見た時、ヱヴァと見間違えたけど、そんなに似てるか?

   まあ、これも気持ちは分からないでもありません。
   TV版ではミサトも見間違えてたし、その時私も同じ疑問を抱きましたから。
   常識的に考えれば、あんなの見間違えるはずもないし、もし見間違えたとしたら、
   2人の視力は相当悪いと言えるでしょう。
   しかし、これには理由があるのです。
   リリスをヱヴァと見間違うだけの理由が………。
   もっとも、それは言ってしまうとネタバレになるので、申し上げませんが、
   つまりはそういう訳なのです。   
   

  .これって『大日本人』に似てないかい?

   絶対に言ってはいけません。
   気持ちは分かりますが、言い方が不適切です。
   「『大日本人』ってエヴァに似てないかい?」が正解です。
   エヴァは12年前の作品であることをゆめゆめお忘れなきようお願いします。
   ちなみに、『大日本人』との類似点は以下の通り。

    1.唐突に敵が現れる。

     ヱヴァでは使徒。大日本人では獣。

    2.敵の正体等については一切が不明。

     1と同じ。

    3.近隣住民からは疎まれている。

     ヱヴァでは、近所のおばさんがコンビにで「ネルフもあてに出来ないしねえ」
     とか愚痴ってる新作カットがあった。
     一方、大日本人では完全に疎まれています(笑)。

    4.主人公は敵と戦うことにあまり乗り気でない。

     ヱヴァではシンジ君。大日本人では大佐藤。

    5.主人公の正体は周囲にバレバレ

     ヱヴァのシンジ君は、ヱヴァのパイロットであることがクラスメートにばれてる。
     大日本人の大佐藤は、完全に周囲にバレてる(笑)。

    6.主人公はある意味、家族のために戦っている。

     ヱヴァのシンジ君の場合は、親父に誉めてもらいたいがため。
     大日本人の大佐藤の場合は、祖父の介護のため。

                うーん、こうしてまとめると本当に似てるなあ(笑)。

========================================================================

  えー、他にも何か書きたいことがあったような気もするのですが、
思い出せないのでここらで止めときます。
また何か思い出したり気付いたりしたことがあったら追記しますので、
皆様も、間違いの指摘やご意見等があれば遠慮なく申し出てくださいませ。
ここまでのご愛読まことにありがとうございました。
それでは皆様、映画のような夢を。

|

« このジャンプ感想サイトが凄かった!その壱 | トップページ | 最近の更新 »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/16382518

この記事へのトラックバック一覧です: 初心者必見!ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 の楽しみ方:

» 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版・序」 解釈する楽しみ [はらやんの映画徒然草]
12年前の「エヴァンゲリオン」はしばらく見ていなかったアニメーションに僕の目を向 [続きを読む]

受信: 2007年9月 9日 (日) 20時20分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 [よろずな独り言]
 今日,K子さんや子供達は,甥っ子の誕生会のためK子さんに実家に,私は仕事でいけないから「ついでだから泊まってくる」ことになりました。その上,母親も今日は宿直。ということは,チャァ~ンス!!(by アスカ)( ̄ー ̄)... [続きを読む]

受信: 2007年9月 9日 (日) 20時45分

» ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 [シネマ・ダグアウト -cinema dugout-]
 評価/★★☆☆☆ (ユナイテッド・シネマにて鑑賞)  総監督:庵野秀明  ユナイテッド・シネマが満席なのはじめて見ましたw  さすがヱヴァ。まあ、私はよくヱヴァ知らんのですが…。  一応、ちょっと前Yahooで無料で6話くらい見れたので観て おきましたが、正解だった。  観てるの前提かと思うしかないとこがちらほら。。  シンジの友達の描写が少なくてどう考えてもそれを糧に動 くとか思いにくいなど、その他いろいろ。  良くなってるんだか、悪くなってるんだかなんか言い切れない。。  映画のク... [続きを読む]

受信: 2007年9月10日 (月) 01時26分

» 「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序」まだまだ序の口、説明不足で消... [soramove]
「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序」★★★ 庵野秀明 監督、98分、2007年 劇場は「リトルチルドレン」や 「シッコ」を上映する単館系、 そこにいつもとは違う感じの観客が たくさんいて違和感あり。 TV放映も知らず、 これまでの経緯も全く知らない状態で ...... [続きを読む]

受信: 2007年9月17日 (月) 11時25分

« このジャンプ感想サイトが凄かった!その壱 | トップページ | 最近の更新 »