« 共闘(BlogPet) | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 の感想 »

2007年9月 1日 (土)

アイシールド21叩きに反逆

 いつ頃からでしょうか。
人気作品だった、この『アイシールド21』の評判がガタ落ちしてしまったのは。
振り返ってみると、神龍寺戦からジワジワ叩かれ始めるようになり、
本城さんの登場で一旦ピークに達したように思えます。

 とりわけ、本城さんの登場は、ファンにとってもアンチにとっても耐え難いものであり、
「ご都合主義だ!」と叩く輩も急増した訳ですが、私に言わせれば、
何を今更そんなこと言ってるんだよ!と思えてならないんですね。

 この作品の「ご都合主義」なんて、今に始まったことじゃないでしょう?
それに、随分前から「ご都合主義」であることを指摘してる人もいるんですよ。
そんな人達を前に、今叩いてる人達どんな反応を示しました?

 いるんだよね~。
 人気作品にケチつけることで、さも自分は凄いんだと自己主張する奴が。

とか、そんな風に批判してたんですよね。
なのに今、平然と恥ずかし気もなく「ご都合主義」と叩いてる奴はなんなの?

 確かに本城さんの件は酷かったですよ。
でも、これで「ご都合主義」だと言うのなら、なぜ、ハアハア三兄弟と太陽スフィンクスの
原尾らがファミレスでバッタリ会ったことについては叩かなかったの?

 アレも相当なモノですよ。
たまたま、葉柱が親父に泥門との試合のことを話していて、
たまたま、そこで、51,52,53のラインマンがクズだということを教え、
たまたま、葉柱の親父と原尾の親父が知り合いで、
たまたま、葉柱の親父が原尾の親父に、その試合のことを詳しく話していて、
たまたま、そこで葉柱の親父が51,52,53のラインマンがクズだいうことも教え、
たまたま、ファミレスにいた原尾が携帯電話でそれを親父から聞いて電話を終えたら、
たまたま、そこにハアハア三兄弟(51,52,53のラインマン)がやってきて、衝突。

 もう、これでもかっ!と言うくらいのご都合主義的な展開なのに、
当時はなぜかこの件について批判的な意見を述べている人は、
不思議なことに、私を含めて極々少数でした。

 おそらくこれは、当時の『アイシールド21』が人気絶頂だったことから、
多くの人が批判的な発言を控えていたからだと思われます。

 つまり、このことから言えるのは、叩いてる人達の大半は、
周囲の反応に沿ってるだけということです。

 ファンだからこそ、あえて苦言を呈す…と言ったものでもなければ、
確固たる信念を持って叩いているものでもあろうはずがなく、
人気がある時は「いいぞ~アイシールド21ィ~」と誉めまくり、
人気が落ちたら叩くといった、強気を助け弱きをくじく、タケちゃんマン体質が
もたらした捻じ曲がったミーハー根性…とでも言いましょうか。

 自分でも何言ってるのかよく分からなくなってきましたが、
要は私が言いたいのは、
「おめーら、今までベタ誉めしてたくせに何今頃叩いてんだよ」
「アイシールド21を叩いていいのはオレだけだ!」とか
そんなことでは断じてなく、周囲の意見に流されず惑わされず、
もっと「感覚の目」でよく見て、自分の意見をしっかり持とうぜ!
ってことです。はい。

 まあ、それでも、今の『アイシールド21』を誉めると言うのは至難の業ですが……。

|

« 共闘(BlogPet) | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 の感想 »

ジャンプ感想FINAL?108のレビュー」カテゴリの記事

コメント

今も昔も一部のオタクが「批判」しているだけかと。
本当にみんなが「批判」していればとっくに掲載順がみるみるさがって打ち切られるor軌道修正されてるよ。

投稿: いや別に… | 2007年9月 1日 (土) 10時10分

うーん、そうなのかなあ。
なんか物凄くファンが離れて行ってるような気がするのだけど。
もっとも、未だにちょっとした批判的なコメントに過剰反応する信者も多いみたいだけど。

投稿: J影虎 | 2007年9月 4日 (火) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/16302504

この記事へのトラックバック一覧です: アイシールド21叩きに反逆:

« 共闘(BlogPet) | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 の感想 »