« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月27日 (木)

近所(BlogPet)

きょうJ影虎は、近所づきあいが前述しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「エスティナ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

今年最後の更新!?

 どうも。ご無沙汰しております。
口を開けば喧嘩腰。
ネット界のシン・アスカこと、J影虎です。

 はやいもので今年も残すところ後わずか。
私の方は相も変わらず更新が滞りまくりなわけですが、
これは別に、「グハァ…さすが12月…凄まじい忙しさだ…師走と呼ばれるだけあるぜ」
みたいなことは全然なく、単にやる気が出ないだけだったりします。はい。

 加えて、現在PS2ソフト『Myself;Yourself』にハマっていますので、
これがおそらく今年最後の更新になるかと思います。
まあそんなわけで、亀田祭り、ジャンプ感想108のレビュー、
そして本業である感想リレーなど、やることは山ほどある上に、
今年を振り返ったまとめ記事でも書きたいところなのですが、
泣く泣く来年に持ち越すこととなりましたので、どうかご了承くださいませ。
色々ありましたが、今年一年本当にありがとうございました。
来年もまたよろしくお願いします。
最後に、70年代あたりのアニメの最終回によくあった締めの言葉で
終えたいと思います。











 みんなぁ~。また、どこかで会おうぜ~。

                          完

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS2ソフト『Myself;Yourself』がすごい!!

 いやもう、すごいのすごくないの……。
アニメも怒涛の展開で目が離せませんが、ゲームの方も輪をかけてすごい!
特に…と言うか、例によってと言うべきか(笑)、星野さんがえらいことになってます。
アニメの方も凄かったですが、こっちはもう完全にイっちゃってます。
って言うか、もはやどこぞの雛見沢の人としか思えません(笑)。
加えて、なんか知らんが、やたらとビンタが印象に残りますね。
Myself;Yourselfと言えばビンタ。
ビンタと言えばMyself;Yourself…。
もう、Myself;Yourselfと書いてビンタと読めばいいじゃないか!
と思えるくらい、ビンタが凄まじいですね。
まあ、さすがに30連発はありませんが(笑)、星一徹のちゃぶ台返しくらいインパクトが
あるのは確かです。

 まあ、そんなわけで、アニメ版と比べると設定がビミョーに違っていることも多く、
違和感もあるんですが、ファンならば、まあ買いかなあと思いますので、
アニメのファンで興味がある方は1つプレイされみてはいかがでしょうか?

=======================================================================

=======================================================================



=======================================================================

Myself;Yourself(初回限定版:「プレミアムサウンドトラックCD」&「成瀬ちさと画絵本」同梱) Myself;Yourself(初回限定版:「プレミアムサウンドトラックCD」&「成瀬ちさと画絵本」同梱)

ヴューズ 2007-12-20
売り上げランキング : 96
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
=======================================================================

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

次に現代用語の基礎知識に選ばれる言葉を考えてみよう

 「アサヒる」「ローゼン麻生」などはともかくとして、
「能登かわいいよ能登」までもが、なぜか能登限定で(笑)、現代用語として認定された
今の情勢を考えると、今後も実生活ではほとんど使われないけど、ネットでよく使用
される言葉が、どんどん現代用語化されていくことも大いにあり得ると思えるわけで、
今回はそんな可能性のある言葉を予想してみたいと思います。

=======================================================================

 1.誠死ね。

  はい。これはよく聞きましたね。って言うか見ましたね。
  言わずと知れた、あの衝撃の問題作『School Days』の主人公、伊藤誠の
  非常識かつ無責任な行動に対する罵声です。
  アニメが終わった今でも、時折アニメや漫画、ゲームにおける誠と属性を同じくする
  キャラに対して使われていることからも、当分の間はまだまだ使用されることと
  思えます。

 2.エアヒロイン

  存在感のないヒロインのこと。
  最近では『Myself;Yourself』のヒロイン、八代菜々香がこれにあたる。

 3.ヤンババ

  (精神・心)が病んでいる婆さんのこと。
  最近では『Myself;Yourself』に登場した梶井さんがこれにあたる。
  「ヤンママ」みたく「ヤンキーの婆さん」という意味ではないので注意。

 4.ヤン百合

  (精神・心)が病んでいる百合のこと。
  最近では『Myself;Yourself』に登場した星野あさみがこれにあたる。
  なお、百合とはぶっちゃけレズのことであり、ヤンレズとも言われる。

 5.黒百合

  4とほぼ同じ意味であるが、4よりも悪いイメージで使われる。
  最近では『Myself;Yourself』に登場した星野あさみがこれにあたる。

 6.フラグクラッシャー

  立てたフラグをことごとく壊す人のことを指す。
  フラグブレイカーとも呼ぶ。
  最近では『Myself;Yourself』に登場した星野あさみがこれにあたる。
  なお、「フラグ」や「フラグを立てる」の意味が分からない方は各自で調べてね。
  説明するのがめんどいんで。

 7.詐欺OP

  アニメなどにおけるOPアニメーションが、本編の内容とは著しく異なっていること。
  OPアニメーションに期待したほどのものが本編で得られなかった場合に、
  称されることが多い。
  最近では『Myself;Yourself』がこれにあたる。
  ほんと、OPのあの華やかなバンドはなんなんだろ?

=======================================================================

 …と、以上のように、ふと思いついたことをツラツラとあげてみたのですが…。
って、ほとんど『Myself;Yourself』絡みじゃねーか!!
しかも、その内3つは星野さんのことだし。
つーか、星野さんすげー!!!

 というわけで!
他にも色々とあるはずなんですが、思いつかないのでここらで終わりたいと思います。
つくづく、『Myself;Yourself』は凄いなあと思える今日この頃です。

=======================================================================

 『-おまけ- 流行語大賞に推したい言葉』

 中に誰もいませんよ

 言わずと知れた、あの衝撃の問題作『School Days』のヒロインの1人、
 桂言葉(かつら ことのは)の名言中の名言。
 言葉通り、中に誰もいない時に言ったもの(内容は詳しく書けません)。

 これにより、世の多くのアニメファンはこぞってこのセリフを使いまくったことは有名
 な話であり、それは今でも続いている。

 冷蔵庫を開けて、「中に誰もいませんよ」
 お鍋の蓋を取って、「中に誰もいませんよ」
 学校や会社でも、わざわざ使っていない部屋や教室を開けて、「中に誰もいませんよ」
 など、その用途は多岐に渡る。

 なお、このセリフ(アニメ)により、バスや電車において、
乗客が誰もいないと勘違いした運転手や車掌さんが、大声で『ふたりはプ○キュア』を
歌ったりすると言った「怖い話」も激減している。
また、何か危険な作業、球技をする際においても、このセリフを言いたいがために、
周囲に人がいないかどうかの確認を励行する人が増えたという話も、チラホラと耳に
します。
 不幸にも、京都父殺害事件により、この名言・名シーンが入った最終話が
放送中止となったわけですが、このように必ずしも悪影響を与えるものばかりでも
ないことを、マスコミは今一度再認識した上で、こういうこともちゃんと取り上げて
欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の真・流行語

 今回ほど嘘くさい流行語大賞もなかったので、
ちょっくら、個人的に流行ったと思われる言葉を取り上げてみましょう。

 いいえ、ケフィアです。

やっぱ、これでしょう。
私自身もよく使いましたし、あらゆる場面で使われていたように思えます。

 答えは 3.14です。

 いいえ、ケフィアです。

 犯人はおまえだ!

 いいえ、ケフィアです。

 隣の塀に囲いができたんだってねー

 いいえ、ケフィアです。

………etc。

 といったように……。

このように、何かにつけて「いいえ、ケフィアです」と言う人を私はこれまでに何百万と
見てきました。
心当たりのある方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 なのに、これがノミネートすらされてないなんて、どう考えてもおかしい……。
つくづく「流行語大賞」なるものをどげんかせんといかんと思える今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流行語大賞に異議アリ

 毎度のことなので今更突っ込むのもなんですが、
今回ほど訳の分からん流行語大賞もないですよね?
って言うか、あり得なくね?

  ハニカミ王子
、「どげんかせんといかん」って。

 悪いけど、全然流行ったという実感ないし、
って言うか、「どげんかせんといかん」って流行でもなんでもなく、
九州人なら常日頃フツーに使ってますよ。はい。
なんか九州人を舐めてませんか?

 それに、ネットウォッチしてても、こんな言葉使ってないという人が多数を占めてる
じゃないですか。
なんですか、この温度差?
ましてや「ハニカミ王子」などもってのほか。

 あんなのマスコミが勝手に名付けただけじゃないですか。
誰も呼んでないっちゅうねん。
って言うか、今ではそのマスコミすら「石川君」としか呼んでないという体たらく。
スタミナなさ過ぎだろ!
一度呼んだからには死ぬまで呼び続けろよ!
大体、いつぞやの年上の人には「君付け」ではなく「さん付け」しろと彼が注意された時
にも、なんで「王子に向かってなんてこと言うんだ!」と擁護しなかったんだよ!

 もうね、ほんとどげんかしてくれんですか?
そもそも流行ったかどうかなんて、どうやって判断してるんですか?
こんなの「トリビアの種」でやってたように、街頭インタビューでもやってリサーチして、
それを統計学の先生に見てもらった方が、はるかに信憑性があるだろ!
なぜ、それをやらん!

 適当なことぬかしてんじゃねーぞ!
そう思えてならない今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

欠如した(BlogPet)

きのうJ影虎と、欠如した?

*このエントリは、ブログペットの「エスティナ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Myself;Yourself #11「告白」

 今明かされる、ブラック星野さんの恐るべき真実………。
って、なに?この超展開。
なんかひっさしぶりに、「超展開」という言葉が相応しい「超展開」を見た気がする……。
やはり、このアニメを今期一番のアニメと見たオレの目に狂いはなかった…。

 とまあ、そんな自画自賛はどーでもいいとして、このアニメも残すところあと二話。
次回はいよいよ菜々香が記憶を取り戻すみたいなので、一応これまでの謎や伏線は
回収されそうではあるんですが、あまりに色んなことが起こりすぎてるものだから、
ちゃんと収集つくのかどうかが心配ですね。
個人的に、朱里と修輔の親父には失脚して欲しいと激しく願いたいものですが、
この辺りが以後ちゃんと描かれ、またフォローされるのかどうか実にビミョーだしねえ。

 くれぐれも、後はゲームの方で各自補完してね。
と言わんばかりの、モヤモヤ感が残るような締め方はして欲しくないものです。

 まあ、ゲームの方もやるけどね。
あのOP見せられた日にゃ~……ねえ………。

=======================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

きのうは見栄えする(BlogPet)

きのうは見栄えする?

*このエントリは、ブログペットの「エスティナ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

決断の時?

 先日、私のパソコンが「おまえはもう死んでいる」と診断されたわけですが、
どっこいまだまだ、元気やでっ。な状態なので、ちょっくら戸惑ってます。
もっとも、未だ修理に出さないのは、金銭的な余裕がないと言うのもありますが、
音がうるさいだけで、特段支障がないというのが大きな理由です。
 こうなると、診断した店員に対して疑念を抱かずにはいられません。
ひょっとして、オレ、カモられそうになってる?

 実際に診断したのは、電源を入れて、その際の起動音を聞いただけ。
前回も述べたように、その間約一秒。

 今考えると、非常に胡散臭いです。
これで彼が言うように、HD交換に出して¥35,000払おうものなら、
次から次へと、色々要求されるのではなかろうか?

=======================================================================

J影虎: (HD交換が終わって)これで直った訳ですね。どうもありがとうございました。

店 員: いやいやいや。そんなもんであかんがな。

J影虎: え?

店 員: そんなんでなんで…あっはっはっはっは。

  (中 略)

J影虎: じゃあどうすればいい?

店 員: ミラクルCPU!

J影虎: ………。

店 員: ミラクルCPU!メモリ付き。

J影虎: ………いくら?

店 員: 4万8千円!

J影虎: ………。

=======================================================================

 ってな風に。

まあ、さすがにこんな『ミラクルエース』のコントのようなことにはならないでしょうけど、
やっぱ今のところちゃんと動いているのに、3万5千円も出すのは気がひける……
というのが本音なのです。

 って言うか、3万5千円もあれば、上手くすると今のパソコンよりも良いものが
手に入るのではないかな?とも思えるんですね。
今は昔と違って、フリーソフトが充実してますから、最低限ネットさえ出来れば
それでいいんじゃないかな?と。
 それに、パソコンの寿命は平均的に5年と言いますから、
ここで修理に出したところで、あと一年半もすれば5年目になるんですよね。

 となると、今HDを交換してさらに延命措置を取り、今後大事に大事に今のパソコンを
使っていくのか、それとも、逆に今のパソコンをガタがくるまで使いまくり、
完全に壊れたところで新しいパソコンを買うのかは………。

自由だぁ~

と言ったところでしょうか。

 はてさて、どちらの選択肢を選ぶか。
非常に悩める今日この頃です。

========================================================================

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々にアニメの話をしよう

今期で一番面白いアニメですか?

ガンダム00、カイジ、CLANNAD………いろいろございますなァ………

ただ――――――

たった一つだけというのなら、やはり………




Myself;Yourselfでございます。

続きを読む "久々にアニメの話をしよう"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年12月 1日 (土)

居留守使って何が悪い!

 今回はちょっくら「居留守」について真剣に考えてみましょう。
私はよく居留守を使います。
こう言うと、たいてい多くの人は嫌悪感を抱きますが、
私にしてみれば、なぜそのようなリアクションをとるのか不思議でなりません。
 誰かが訪ねてきたからと言ってホイホイと迎える……。
これがどれだけのリスクを伴うものなのか、彼らは理解できないのでしょうか?

 改めて言いましょう!!

居留守を使って何が悪い!!

 そもそも「居留守」とは、室町時代に苦しい年貢の取立てに苦しめられた民衆が
始めたのがそもそもの発端であり、それはあくまで「自己防衛手段」の一環として
確立されたものであることは今や有名な話です。

 しかし、このような予期せぬ来訪者、外敵の襲来というものは、
遥か過去の出来事ではなく、現代社会においても散見される深刻な問題なのです。

 新聞の勧誘、訪問販売の甘い罠、怪しげな宗教団体の危険な誘い、
ピンポンダッシュを装い、あわよくば婦女暴行を働こうとするおつむの弱いエロガキ…
等など、むしろ昔とは比べ物にならないくらいに、それらは実に様々な姿・形を得て、
我々の生活を脅かしているのです。

 それなのに!
誰かがインターホンを鳴らした、ピンポンと鳴った…(以下、ピンポンと称します)
だからと言って、相手が誰かも分からないのに、それが確認も出来ないのに
ホイホイと出るという愚行を、あなた方は人として当然の行為と言うのですか?

 私に言わせればこんなもの、危機管理意識の欠如に他なりません。
いや、自殺行為と言ってもいいです。
相手が誰かも分からないのに、それを迎え入れる……。
これ以上の恐怖がありますか?
それはひょっとしたら強盗かもしれないし、はたまたヒットマンかもしれない、
もしかすると人間ですらないのかもしれない……。
 そう考えた時に、あなたはそれでも「ピンポンが鳴ったら出ろ」だなんて
スイートなたわ言を言っていられますか?

 私はそう世の中の人達に問いたい!
ピンポンが鳴ったから出るなんて理屈、お笑い種ですわ!
ピンポンが一体なんぼのものだと言うんですか。
ピンポンは所詮ピンポンであって、それ以上でも以下でもなく、どこまで行っても
ピンポンに過ぎないんですよ!
すなわち!誰かが来たことを知らせるものでしかないんです!

 しかし、ここで問題なのは、誰かが来たということではなく、
誰が来たのか?
ということなんですよ!

 ですから、この段階では対応のしようがないわけです。
それに、私もピンポンが鳴ったからと言ってホイホイと出て行くような安っぽい男に
見られたくありません!はい。

 まあ、そんなことはさておき……。
ではどうしたらいいのか?
と言うと、要はそんな難しい問題ではないんですよ。
来た人が名乗りを上げればいいだけの話です。

 新聞の集金なら、「ごめんくださーい。○○新聞の集金で~す」というように。
郵便なら、「郵便でーす」というように。
宅配便なら、「宅配便でーす」というように。
宗教の勧誘なら、「ちょっといーですか~?あなたは神を信じますか~?」
ってな風に。

 しかし、現実にはこれがほとんど出来ていないというのが実情なのです。
だから、私は声を大にして日本国民全員に言いたい!

声出していこう!と。

 って言うか、なぜ訪問者はピンポンを鳴らすだけで名乗らないのか?
と、小一時間ほど問い詰めたいものです。
なんや、沈黙の訪問者、さしずめサイレントビジター言われよう思うてるんか?
かっこつけんな!!

 それともなにか?
ピンポンを押したんだから出ろや!などと思ってるんですか?
だとしたら、それはとんでもない思い上がりです。

 子供の頃を思い出してください。
友達の家に遊びに行った時、あなたはどうしてましたか?
「○○くーん、あそびましょー」
と、玄関で大声で友達を呼んではいなかったですか?
そして、あなたがこう叫ぶことによって、○○君も、「ああ△△君が来たー」と
温かく迎え入れることが出来たのです。

 それをなぜやらない!
子供の頃は出来て、大人になったら出来んのかい!!
ほんま、いい加減にして欲しいものだす。

 以上のように、こんなのは訪問者が名乗りを上げれば良いだけの話なんですよ。
難しい話でもなんでもないんですよ。
どっちが上だとか偉いとか、人より優れているとかいないとか、そんなこと全然関係
ありません。
 しかし、単に声を出せばいいというものでもありません。
私が学生で1人暮らしをしていた頃、15分粘った奴がいたんですが、
こいつときたら、終始「ごめんくださーい」としか言わないんですよ。
もうね、バカかアホかと!
「ごめんくださーい」だけで、おまえの何が分かると言うんだよ!
どういう自己PRだよ!
私もそんな「ごめんくださーい」だけで相手のことが分かる能力者じゃないっちゅうねん。
買い被るな!
おめえは「ごめんくだーさい村の村人」かっつーの!!
って言うか、誰なんだよ!
 私は息を潜めながらそんなツッコミを心の中で入れていました。

 結局、紆余曲折を経て、謎の訪問者は諦めて去っていったわけですが、
もう根本的に間違いだらけですよね?
 
 ・いきなりアポもなく訪問してること。
 ・「ごめんくださーい」と言うくせに、自分の名は名乗らないこと。
 ・それで15分も粘ってること。
 ・結局、自分の素性も用件も何も示さず還ったこと。
  (名刺くらい郵便受けに入れていけっつーの。後用件があればメモも)

 これらのことを踏まえた上で言うならば、要は常識的な人とのコミュニケーション能力
があれば良いだけの話に過ぎません。
 しかしながら、このコミュニケーション能力というのが中々の曲者であり、
最近ではろくに挨拶も出来ない若者がいたりとか、近所づきあいが疎遠であり、
お隣さんも知らないとか、まあ、これらはかなり昔から指摘されていることですが、
それにも関わらず、むしろ年々酷くなってきているような状況ですので、
このような由々しき事態を打破するためにも、先程も述べましたように、
まずは、声を出して行こう!
と、私は声を小っちゃくして主張したい今日この頃です。

 と言っても、「ごめんくださーい」と延々叫んだりしてはダメですよ(笑)。
 念のため。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぬるすぎたドラクエⅣ

 DS版ドラクエⅣがあまりにぬるすぎて、風邪ひいたじゃねーか、コンチクショー!!

ってなわけで、今日も今日とて、ウエディングピーチも顔負けな不機嫌さが
絶賛続行中の今日この頃ではありますが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

 まあ、そういうわけでですね、DS版ドラクエⅣがあまりにもぬるすぎるんで、
穏やかさを信条とする私も、さすがにちょっと頭にきてるんですよね。

 この前もちょっと申し上げましたが、FC版、PS版に比べて
難易度がアホみたいにガタ落ちしてるんですよ。
もう何の苦もなく、常勝無敗のトントン拍子で面白いようにサクサク進むこと進むこと。

 そりゃあね、サクサク進むことは決して悪いことではないですよ。
でもね、ものには限度ってもんがあります!
ぶっちゃけ、昨日クリアしてしまったわけなんですが、そこに至るまでに、
まともに苦戦したのが、ラスボスと第四章のボスくらいですよ(笑)。

 どういうことですか?これ。
歯ごたえなさ過ぎだろ!
私は特段レベルアップにいそしんだり、金稼ぐために無闇に戦闘を重ねたりとか
全然していないというのに、この体たらく。

 しかも、ダンジョンとかも、上に進んでると上の画面にしっかり先が見えてるから
分岐点とかあっても、これがもう見え見えのバレバレなんですよ。
なに、この子供だまし。

 ダンジョンは簡単で全然道に迷ったりもしないし、敵は弱く、戦闘のバランスも悪い
ときている。
 ぶっちゃけ、クリフトとブライがいれば十分。
すなわち、スクルトとルカニ、バイキルトがあれば簡単に事は運ぶんですよ。
ですから、他の面子の存在意義すらも揺らがせるほどに、
このDS版の戦闘システムというものはえらいことになってるんですね。
 そりゃあ、私としても心情的には、アリーナ、ミネア、マーニャでパーティー組みたい
ところなんですが(笑)、やはり勝ちに行くオーダーをとった場合、
アリーナ、クリフト、ブライとなってしまうわけです。

 もうね、なんか根本的に勘違いしてないですかね?
DS版は子供向けだとかなんとか……。
今回の一件で私が一番危惧してるのが、FCからPSまでの時代を知らない子供達が
ドラクエってた~いしたこと、な~いじゃな~いの~。
と思われやしないかということです。

 それくらい、今回のDS版はあまりにも簡単過ぎました。 
しかもDS版ならではの要素がほとんど見られません。
現在、クリア後の第六章をプレイしてますが、これもほとんどPS版と同じみたいだし、
もうちょっと、追加シナリオを入れたりとかして欲しかったと思いますね。
 まあ、まだ途中ですからなんとも言えないところなんですが、
ともかく、これ以後もⅤ、Ⅵをリメイクするのであれば、もうちょっとDSならではの
要素を加味した上で、くれぐれも難易度が下がるようなことがないようにして欲しい
と願う次第であります。

 え~いつになく辛口コメントをかましてしまいましたが、
それでもなんだかんだ言って、ここまでちゃっかりプレイしてるんですから、
やはりドラクエは凄いですね。
 私も学生までの頃ならいざ知らず、社会人になってからというもの、
途中でやめてしまったゲームが無数にあることを考えると、
FC版、PS版と、それまでに散々やり尽くしてきたにも関わらず、それでもなおプレイ
させてしまう
ドラクエは、やはり最強のRPGなのではないでしょうか?
 いささか取ってつけたようなフォローではありますが、
これは紛れもない私の本音であり、1人のドラクエファンとして、今後もドラクエには
最強のRPGであって欲しいと願う今日この頃です。

 ドラクエは私の中で最強でなくてはならんのだ!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »