« 今のアニメはこれでよいのか?その弐 ARIAを例にとってみよう | トップページ | PS2ソフト『Myself;Yourself』のススメ »

2008年2月 2日 (土)

今のアニメはこれでよいのか?その参 『君が主で執事が俺で』を例にとってみよう

   【ケース3 君が主で執事が俺での場合】

 率直に言って、非常に面白いですよね。
エロ、パロ、ネタ、と、三拍子揃っている上に、声優陣も超豪華。
今期も例によって、『ARIA』や『狼と香辛料』をはじめとする、粒の揃ったアニメが
目白押しではありますが、現時点では今期NO.1のアニメに認定してもいいんじゃ
ないかな?とすら思えます。

 ただでございますねえ、これも前回の『らき☆すた』の時に述べたように、
パロやネタが分からない人にとってはどうなんだろ?
と、ちょっと懸念してしまうんですよね。

 もっとも、パロディなんて今に始まった話ではなく、
昔から漫画やアニメにおいても、例えば『あしたのジョー』のラストシーンだとか、
『巨人の星』の星飛雄馬の投球フォームだとか、散々やってきてるんですね。

 ただ、これらの従来のパロは、ある程度誰にでも分かるくらいのメジャー所だった
のに対し、最近ではそれらが複雑で難易度の高いものが主流となり、
(あくまで普段あまりアニメを観ない一般人にとっての話)
元ネタが分かる、知っていることが、ある種のステータスになっている面があることは
否定できない厳然たる事実でありましょう。

 まあ、こういう風潮が何時頃から始まったのかは定かではありませんが、
おそらく『ケロロ軍曹』辺りから始まり、『スクールランブル』、『焼きたて!!ジャぱん』、
と続いていき、そしてこれはアニメではないものの、週刊少年ジャンプでコアな読者層
に人気を博していた、膨大な数のパロディが満載の『大臓もて王サーガ』。
……etc。

 これらの作品群が、現在のアニメにおけるパロの乱発という影響を与えた……
とは必ずしも言い切れるものではありませんが、ここ数年の時代の流れ、
アニメ・漫画業界の動向を鑑みるに、全く関係ないこととは言えず、
当たらずとも遠からずと言ったところではないでしょうか?

 とまあ、このように。
いささか見当違いなことを言ってるような気がしないでもありませんが、
結局私が言いたいのは、『らき☆すた』の時に言ったように、
こんな調子でパロ満載のアニメが今後量産されていくようなことにでもなったら、
ますます、アニメに疎い一般人を遠ざけてしまうことになるのではなかろうか?
ということです。

 とは言え、もしかしたら、そんなに悲観することでもないのかもしれません。
例えば、前述した『ケロロ軍曹』の場合、オタやアニメファンにも大人気である一方で、
小学生くらいの子供達にも人気があるからです。
実際に、私の同僚の息子さんも、この『ケロロ軍曹』を大変気に入っているのですが、
当然のことながら、ガンダムネタをはじめとする様々なパロについては全くと言って
よい程知りません。

 つまり、パロディを満載にしたとしても、その元ネタが分かろうが分かるまいが
面白いものを描けばよいだけのことであり、そもそも元ネタを知らなければ楽しめない
というもの自体、底が知れてます。
 その辺のさじ加減を誤らず、油断なく容赦なく、万人に受け入れられる
真に面白いアニメをつくるよう、アニメ関係者には頑張っていただきたいものです。

 それにしても、この『きみある』は本当にパロディが面白いよなあ~。
しかし、これも『らき☆すた』同様、元ネタが全部分かってしまうなんて人としてどうよ?
と、思ってしまうわけで………。今までみたく、ツンデレ風に
「ちょっ…勘違いしないでよね!私は博識なだけなんだからね!」 
とはさすがにもう言えないかな?
と、悩んでしまう、今日この頃です。

  【おまけ】

私が個人的にいたく気に入ったパロ

 ① 天国と地獄ぅ~!!!(第二話より)   ガオガイガーネタ

 ② 別に逃げても構わんのでしょ?(第三話より) Fate/stay night アーチャーネタ

ジャイアンやGガンネタも笑えるが、上記2つは意外性で吹いた!!
おもしろすぎるぞぉ~。
でも、文章にすると、イマイチ面白さが伝わんないのが残念。

|

« 今のアニメはこれでよいのか?その弐 ARIAを例にとってみよう | トップページ | PS2ソフト『Myself;Yourself』のススメ »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

たしかに最近では「パロディ」がネタや物語のアクセントとしてではなく、ひとつの分野を築きあげつつありますよね。

「君が主で(ry」は声優が豪華だったので私も見ていたのですが・・・なんというか、グダグダ感が否めなかったので見るの止めちゃいました(汗

あの手の作品でストーリー性にこだわる私は負け組ですなw・・・・・・orz

投稿: 通りすがりの・・・ | 2008年2月18日 (月) 06時51分

>たしかに最近では「パロディ」がネタや物語のアクセントとしてではなく、ひとつの分野を築きあげつつありますよね。

 そうですね~。
そう言えば、以前『裸の銃を持つ男』とか『ホットショット』など、パロディ映画が流行りましたが、最近この手の映画がほとんど見なくなってしまったのはなんでだろ?まあ、どーでもいいことですが。

 >きみある
確かにストーリー性はないに等しいですし(笑)、
あのテンションに馴染めない方もいらっしゃることでしょうから、万人向けではありませんね。
パロとネタがほとんど同意義なので、エロ、パロ、ネタの3拍子をエロ、パロ、ストーリーにでもしていれば、また違った結果になったかもしれません。
もっとも、ストーリー性のある「きみある」ってのも想像し難いのですが(笑)。

投稿: J影虎 | 2008年2月20日 (水) 01時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/17931166

この記事へのトラックバック一覧です: 今のアニメはこれでよいのか?その参 『君が主で執事が俺で』を例にとってみよう:

« 今のアニメはこれでよいのか?その弐 ARIAを例にとってみよう | トップページ | PS2ソフト『Myself;Yourself』のススメ »