« 最近のソフトバンクのCMってどうよ? | トップページ | 進捗状況 »

2008年3月 2日 (日)

ジャンプ14号の感想

 あれ?ジャンプ感想やめたんじゃなかったの?
とか思ってるあなた!!
甘いです。
遠足は家に帰るまでが遠足と言うように、
Final?と言ってる内はまだ終わりではありません!!
かの名作『カイン』だって、アオリ文句で散々クライマックスだのフィナーレだの
言いつつも、4週くらい粘ったではありませんか。
あれと同じようなものですよ。はい。

 ってなわけで、最近のナルトやBLEACHの展開があまりにもかったるく、
ついつい口を挟みたくなってしまい、今回久々に感想を書く運びとなったわけです。
まあ、あそこまでやられると、これはもはや「突っ込んだら負け」って遊びですか?
と思えてしまうのですが、この際私の負けでも構いません(笑)。

 それに、テニスの終了、ハンターの再開と、何気にこれは歴史的瞬間なのでは?
とも思えるだけに、ここで口を挟まずしていつ挟む!!!
感想を書くべきは今!!
 ってなわけで、前置きが長くなりましたが、当然のごとく例によって、
扱ってる作品数は少ないですが、文章量はかなり多いので、
心してお読みくださいませ。

 【ワンピース】
ルフィ、あっさりとエースを見捨てるの巻。
まあ、それだけエースを信頼してるってことなんだろうな。
かつてエースは悪魔の実なしでも軽くルフィを圧倒してたって言うし、
こいつら食いながら豪快に寝たりもするしね。
ルフィにしてみれば、「どうせ腹減って行き倒れかかってるんだろ」
程度にしか考えてないのかもしんない。

 一方、海軍本部では、もう1人の身内、ガープ爺さんが猛烈な孫バカぶりを発揮。
っていいのか?
そんなに堂々とルフィを認めるような発言をして。
センゴクさんも、突っ込み口調ではなく、ちゃんと叱れよ。
ただでさえ、タメ口きかれてんのに。
まあ、この人達もゴールドロジャーや白ひげと昔からの顔なじみみたいだから、
単に上司・部下という関係ではなく、戦友みたいなものなのかもしれんがな。

 とは言っても、部外者のクマさんの前でああいうところを見せちゃあいけないなあ。
いけないよ。
ルフィを見逃したクマさんを当然のごとく、至極まっとうに非難してるんだから、
ガープにもそれなりの対応をしようぜ。

 しかし、それにしても、ガープは今回ルフィの一件のことでやたら浮かれてたけど、
エースのことは知らないのかな?
まあ、知っていたらあんな風にルフィのこととは言え、はしゃげないと思うんで、
どうも素で知らないっぽいようだけど。
とは言え、以前に命令という理由で、一旦見逃したルフィに攻撃しかけたくらいだから、
渋々受け入れてるのかもしれないとも思えるわけで……。
うーん、相変わらずイマイチ掴めない人だ。
はたして、今後彼はルフィ達に、どのように関わってくるのだろうか?
敵か味方か冷やかしか?
私としては、切実に冷やかしを希望したいものです。

=======================================================================

 【ナルト】
サスケ、イタチ戦決着……してませんでした(笑)。
まあ、これも『BLEACH』と同じく、よくやるよ、と半ばあきれ果てますね。
あきれ果てて笑える……、うん、新種のあきれ笑いが浮かびますよ。
確かに、サスケの新術「麒麟」は落雷を相手に落とすという凄まじい技でしたけど、
なんだか、ラナリオン+ライデインみたいな感じがして、なんだかなあ~と思えて
ならなかったんですよね。
でもって、サスケの勝ちかなあと思っていたら、
今度はイタチがまたもや、須佐能乎(スサノオ)という切り札を出してきたのだから、
さあ、大変。
 って、もうここまできたら勝手にやってろ!
と、どーでもよくなってきますよね。
まあ、月読、天照ときたから、スサノオが来るのは予想できていたことではあった
んですけど、こうもあからさまだとねえ~。
 けど、そんなことよりも、私が腑に落ちなかったのは、前回の天照が
いつぞやの自来也と一戦交えた時のものと性質が違ってたこと。
当時の天照は爆裂閃光系みたいなものだったような気がするんですが……。
単に私の気のせいなんでしょうか? 

 しかしまあ、それはそれとして、私が個人的に一番気になるのが日向一族のルーツ。
かつてカカシ先生は日向一族を木の葉でも名門であり、その歴史はうちは一族より
古く、写輪眼の源流にもなってると言ってましたが、最近になって木の葉の里を創設
したのは、うちは一族と森の千手一族だったことが発覚したわけで、
そうなると、カカシ先生の説明とかみ合わなくなりますよね?
あえて辻褄を合わせるならば、日向一族は森の千手一族の中の一部族であり、
うちは一族の持つ写輪眼の源流である白眼を持っていた………
ってことになるのかな?
そして、うちは一族がまだ写輪眼を持っていなかった時代に日向一族と交わることで
写輪眼が誕生し、その後も日向一族と友好関係を保つことで、最終的に
森の千手一族と手を組み、木の葉の里を築いた………。
そんな感じかな?

 って、なんでオレがここまで考えてあげなきゃならんのだよ!!
しっかりせえ!!岸本!!

 ってなわけで、少し話がそれまくってしまいましたが、それまくったついでに
最後に幻術について一言。
ただでさえ、昔から岸本先生の幻術を駆使したバトルは見づらい上に分かりづらいと
評判悪かったのに、なんでこの期に及んでなお改善しないのかな?かな?
幻術と言えば、車田大先生という立派なお手本があるじゃないですか。
まあ、今のご時勢、ちょっとでも似た絵や描写をすると、パクリだとかトレースだとか
色々叩かれますけれども、せっかくお手本となる立派な先人がいらっしゃるのだから、
少しは参考にされてみてはいかがかな?
 もっとも、余計なお世話かもしれませんが(笑)。

========================================================================

 【BLEACH】
剣八、ノイトラ戦決着……してませんでした(笑)。
いえ、嘘です(笑)。
一応は決着がつきました。
はい、剣八さんの勝ちです。

 …ただでごさいますねえ…。
今までの流れからしたら、決して決着したとは断言できんのですわ。
ザエルアポロ君の例もあるし、これが次回になって、倒れた、死んだはずのノイトラさん
が華麗に復活して、「オレは殺されても死なねえんだよ!!」と言い出しても、
なんら不思議ではありませんからね。

 いや、どうせならそこまでやって欲しいんですけどね。
もっとも、そうならないとしても、なんだかそろそろウルキオラさんが帰ってきて、
連戦になりそうな気がしないでもないんですけどね。
そして無限ループ………。

 うーん、よくよく考えるとなんか気が遠くなってきた。
正直、このシリーズも飽きちゃったんで、男塾の第二部みたく、強引に終了させて
もらえないものかねえ。
そう願わずにはいられない今日この頃です。

========================================================================

 【最近のナルト、BLEACHのバトルについて】
なんなんでしょうかねえ、この盛り上がりのなさ。
普通ならば、もうちょっと緊張感があって、ハラハラドキドキさせられて、
次の展開が楽しみで楽しみでたまらないところなんですけどねえ。
なんつーか、いつぞやの桜木花道と宮城リョータが、
「オレはまだ50%の力しか出してないぜ~」、
「オレは40%だ~」、
「いやいや、オレは本当は30%だ……」
ってな感じで延々やり合ってたような感じ?
もしくは、かの漫画太郎先生の短編にあった『エスカレーション』みたいな印象を
受ける。
今やジャンプの看板でもある、この2大作品のバトルがこのような体たらくで、
この先ジャンプは大丈夫なんだろうか?
と、一抹の不安を感じずにはいられません。
 もっとも、最近のバトル漫画自体にさほど魅力を感じなくなってしまったのも事実で
あり、現在バトル漫画というジャンル自体が行き詰っているのではなかろうか?

========================================================================

 【アイシールド21】
テニプリ終了記念に伴い、この作品に対しても、私が今まで散々言ってきた
テニプリ批判の1フレーズをプレゼントします。

 他校を知らな過ぎるにも程があるぞ!!!

いや、マジでそうですよ。
なんでこいつらは、日本一の帝黒学園のこと知らないわけ?
そして、なんでそこに本物のアイシールド21がいることも知らないわけ?
百歩譲って、セナ達が知らないのはまあ良しとして、
なんで月刊アメフトの人達が知らないの?
って言うか、月刊アメフトの編集長はどこ行ったの?
あんだけ太陽スフィンクスを高く評価していた編集長は!!!
そして、筧君はなんで観客席にいてセナと円子の会話が聞き取れるの?
と、例によって、試合展開以外のことで気になること多過ぎ!!!

 ってなわけで、14号に関しては特にこれといった感想はありませんでした。はい。

=======================================================================

 【HUNTER×HUNTER】
うーん、イマイチ。
思ったより話が進まなくて残念。
それゆえ、特にこれといった感想はない。
強いて言えば、ハギャがレオルに改名した理由ってなに?
ってことくらいかな。
今の今まですっかり忘れていたのですが、今回の話で再び気になり始めて、
当分夜は眠れそうもありません。

=======================================================================

 【ムヒョとロージー】
終わっちゃった……。
けど、なんなんだろう。
まったく、なんの感慨も湧かない。
前回の不合格だったロージーにしても、これっぽっちも同情する気になれなかったし、
単におめーの努力が足りなかっただけだろ!
としか思えませんでしたからねえ。
うーん、ほんとになんなんでしょうねえ、この恐ろしいまでの空気感。
でもまあ、ここまでやってこれたわけなんだし、ここは素直に「お疲れ様」
とでも言っておきましょう。

=======================================================================

 【テニスの王子様】
許斐のヤロー、ストーリーや各キャラのパワーバランスの整合性を図るため、
月刊プロテニスの井上さんを抹消しやがったー!!!!
こればっかりはホンマに許せません。
今回の最終話にしろ、内容的にはどーでもいいんですよ。
結局、幸村に勝って、優勝して、手塚が笑って、それを不二から指摘されて、
手塚が不二に皆に黙っててくれと言って、許斐先生のオサレなポエムが5ページに
渡って延々つづられて、それから一年経って、海堂が部長になって、
リョーマは「強い奴に会いに行く!!」だかなんだか知らんが、再びアメリカに行って、
そしていつものごとく、チンピラもどきのテニスプレーヤーみたいな連中に絡んで終了。
…とまあ、割と無難な締め方だったし。

 ただ、ここに至るまでの過程が色々と不味かったのも事実。
まあ、成功か否かで言えば結果的には間違いなく成功なんでしょうけど、
それでも私に言わせれば、
許斐先生は一流を気取った最低の漫画家です。
最低の…。が、しかし、最低ではあるが…すばらしい!

と言ったところでしょうか。

 しかし、まあ、今回のところは素直に許斐先生を称えておきましょう。
『トランスフォーマー2010』のラストで、コンボイ司令官を称えたガルバトロン様みたく。
正直、色々と言いたいことや指摘したいことは山ほどあるのですが、
それはまた別に機会にでも…ということにして、
この偉大なる名作にして迷作、空前絶後にして唯一無二の大傑作となった、
驚天動地の奇跡の作品、痛快テニスギャグ漫画、『テニスの王子様』を大いに称えると
共に盛大な拍手を贈りたいと思います。
パチ…パチ…パチ…パチ…パチ…パチ………。

 最後に、これは今まで私が散々この作品に対して言い続けてきたことですが、
今後はもう言うこともなくなってしまうので、最後の最後に……
いや、最後の最後だからこそ!あえて言うことで、この場を締めくくりたいと思います。

 なんでおめーら(青学のこと)は

 対戦相手のこと知らねーんだよ!!!!

                         完

許斐先生の次回作を密かに期待……。

|

« 最近のソフトバンクのCMってどうよ? | トップページ | 進捗状況 »

WJ感想」カテゴリの記事

コメント

ヒッヒッヒ
その前に7行もダメ出ししといて「素直にお疲れ様」って言われても
全然素直な気持ちじゃねぇな
ヒッヒッヒ

投稿: 六氷 | 2008年3月 3日 (月) 01時17分

そんな斜め読みばっかしてて
何が面白いんだろうか・・・

批判するためにジャンプ読んでるんですか?

あと、2chやりすぎ(笑)
ナルトとブリーチの体たらくについてなんて
2chのレスとかそのまま拝借したみたいな文で笑ったw
文章力無いですねぇ本当・・・

というかそこまで思うのなら読むの辞めたら?
まあ叩くためには読まないといけないんで
って言われたらそれまでですがねw

投稿: hajime | 2008年3月 3日 (月) 07時51分

六氷さんへ

さすが六氷さん。鋭い!!
いや、まったくおっしゃるとおりです。
けどまあ、一応社交辞令としてね。
言っておかなくちゃいけないかなってね。
と言っても、幾分かは本当に感謝の気持ちもあるんですよ。
なんだかんだ言って楽しませてもらいましたから。
だからね、言うべきことは言っておかないとね。
戯言だけどね。

それと遅くなりましたが、今までお疲れ様でした(笑)。

投稿: J影虎 | 2008年3月 3日 (月) 08時22分

hajimeさんへ

その言葉そっくりそのまま返しますわ。
そんなに感想サイトの感想を斜め読みして楽しいですか?
というかそこまで思うのなら読むの辞めたら?
まあ叩くためには読まないといけないんで
って言われたらそれまでですがねw

 それと、これは私の名誉に関わることなのではっきり言っておきますが、私は2ch読んでません。
私が拝借したというのなら、ちゃんとソースを示して欲しいですね。
そもそも、天照の違いとか、日向一族のルーツとかに言及した人っているんですか?
それと、青学についての「なんで対戦相手及び他校のこと知らねえんだよ!」という指摘も。
その辺のところも教えていただきたいものですね。

 ああ、それともひとつ。
以前叩いて、ちょっと反論されたくらいですごすご引き下がっておいて、また名前を変えて叩きに来るってのは、ちょっとばかしみっともないですよ。

もうこれ以上カッコ悪い奴にならないでくれ。

投稿: J影虎 | 2008年3月 3日 (月) 08時33分

↑↑まったく正論だなヒッヒッヒ
そうやってアロロウアロロウ言ってる非生産的なヤツは、放置の刑に処しちまえばいいんだ
おっと個人サイトの掲示板ではそんなわけにもいかねぇか
管理人権限で非表示にできりゃあいいんだがな
なぁローJ
まぁでも今思えば、オレの1個目のコメントも十分斜め読みだな
ヒッヒッヒ

(いつの間にか、ただヒッヒヒッヒ言ってるおっさんになっちゃいました)

投稿: 六氷 | 2008年3月 4日 (火) 23時21分

六氷さんへ

>いつの間にか、ただヒッヒヒッヒ言ってるおっさんになっちゃいました

いやいや、それをひっくるめても中々面白かったですよ。
アロロウアロロウ言ってる非生産的なヤツとかローJとか特に。

 まあ、アロロウアロロウと言ってる非生産的な人に対しては、放置の刑と言うよりもさらし者にして放置の刑に処してるんですけどね(笑)。

 ただ、他の閲覧者が読んで不愉快に感じるならば、
やっぱ削除することも考えないといけないのかなあと思いました。

 私としては逃げてるみたいで嫌なんですが、そういうことも考えないといけないですね。

投稿: J影虎 | 2008年3月 6日 (木) 06時30分

放置の刑に処せられているのはむしろあなたの方では?

投稿: | 2008年3月 7日 (金) 11時26分

>放置の刑に処せられているのはむしろあなたの方では?

さあ、どうでしょうかねえ。

投稿: J影虎 | 2008年3月 8日 (土) 06時54分

右京さん?

投稿: 翁くん | 2008年3月 9日 (日) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/40330548

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ14号の感想:

» トランスフォーマー nike が激安 [トランスフォーマー nike が激安]
トランスフォーマー nike が激安,トランスフォーマー nike が激安,トランスフォーマー nike が激安 [続きを読む]

受信: 2008年3月 6日 (木) 12時23分

» nike トランスフォーマー が激安 [nike トランスフォーマー が激安]
nike トランスフォーマー が激安,nike トランスフォーマー が激安,nike トランスフォーマー が激安 [続きを読む]

受信: 2008年3月 6日 (木) 14時23分

« 最近のソフトバンクのCMってどうよ? | トップページ | 進捗状況 »