« 破天荒アニメ書評 『破天荒遊戯』編 | トップページ | 十人十色と言うけれど、実際は十人で一色だったりすることもあるよね? »

2008年4月13日 (日)

破天荒アニメ書評 『H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND-』編

 さて、通常ならばここで破天荒ポイントを列挙していくところなんですが、
この作品の場合、それをやったら激しくネタバレになってしまうので、
既に視聴済みでこの作品をご存知の方、またはネタバレしてもいいよ。
という方のみ、お進み下さいませ。

  破天荒ポイント

 1.女の子と思ってた人が実は男の子だった

 2.農家の娘が破天荒

 3.ひなたちゃんと思っていた子が実はほたるちゃんだった。

 4.失明してた主人公の視力が戻ったと思いきや、第11話にしてそれは気のせい
   だったことが判明した。

 5.村の権力者の爺さんが破天荒

 6.主人公のおじさんが破天荒

 7.魔法少女マジカルおとは!が破天荒

 8.終盤の主人公の壊れっぷりが破天荒

 9.最終話がとにかく破天荒

10.アイキャッチや提供画面が破天荒

11.サントラの一曲目がいきなり「マジカルおとは!」のテーマなのが破天荒

  えー、以上がこの作品の破天荒ポイントでしたが、いかがでしたでしょうか?
おそらく、ネタバレ覚悟でご覧になられた方にはなんのこっちゃ分からなかった
のではないでしょうか?
 しかし、案ずることなかれ。
散々観てきた私でも、自分で読み返してみて、思わず「なんのこっちゃ?」
と思えてしまう程なのですから、何の予備知識もない方がそう思われてしまうのも
無理からぬことなのです。

 それゆえ、ここはあえて補足説明をせず、直に観ていただいた方がいいのかな?
という気がしないでもないのですが、「そこまで書いてそりゃないぜ」という気もします
ので、さらにここから先は興味のある方のみお進み下さいませ。




  【適当解説】

まず1ですけど、これはまんまですね。
マジで割と可愛い女の子だと思っていた人が実は男だったという……。
しかも、この男が最終話ではパパになっていたのですから、全く以って破天荒です。

 2については、なんと言うか……。
ぶっちゃけ、劣化涼宮ハルヒのコピーみたいなキャラなんですよね。
別にSOS団とか立ち上げたりはしてないんですが、常に取り巻きの男2人を従えて
偉そうに振舞っているという。
ただ、不思議と、観ていてムカつくようなキャラではありませんでした。

 3については、これまた驚愕の真実って感じなんですが、
これって法的にどうなんですかね?
と思っちゃいました。

 4については……。
まあ、なんつーか、無理があるだろ!って言うか、アホか!って言うか、
アニメで叙述的トリックをやるのって、難しいんだなあと思ってしまいました。
しかし、その結果、この上ない破天荒さを演出できたとも言えるわけで、
そういう点からも、アニメって色んな意味で面白いなあと再認識した次第です。

 5
諸悪の根源にして元凶的な存在。
当然、すっげー嫌な奴なんですが、はやみちゃんに対して、
「しゃべるな。貴様がわしと話せるとでも思っているのか。図に乗るな」
と、自分から会話をしているというマヌケ振りには盛大に笑えました。

 6
一見いかつい親父だが、カマっぽく、はっきり言ってキモい(笑)。
まあ、基本いい人ではあるのだが、終盤でのキムタク化は大いに笑えた。

 7
予告でネタバレはしていたものの、まさかあそこまでやるとは……。
作品そのものをぶち壊していると言っても決して過言ではない程の、
壊れっぷり実に破天荒でした。

 8
再び失明(って言うか、元々失明したままだったのだが)し、はやみちゃんも去り、
まさに失意のどん底にいるところを、さらにはほたるちゃんに引っ叩かれ、
「痛い…痛いよ。あはははは。ごめんなさい。あはははは。ごめんなさい」
と言いながら、村を徘徊し、はやみちゃんの絶体絶命のピンチにかけつけたかと
思ったら、「守るんだ!僕が守る!母さんを!」と意味不明な発言。
その後、すっかり幼児退行してしまい、はやみちゃんを母親と思い込んでしまうという
弘瀬壊れっ振りには、なんとも凄まじいものがありました。
これらの一連の流れはまさに破天荒の極みだったと言えるでしょう。

 9
そして最終話。
しかし、この作品の破天荒さは留まるところを知りません。
弘瀬とはやみちゃんの同居生活。
そして、はやみちゃんのまさかの退場とそれに伴う弘瀬の復活。
そして時は流れ、弘瀬の元に現れたのは……。
お久しぶり時の精霊おとはちゃんと、そしてそして、精霊会議とやらで復活した
はやみちゃん。
って、なんなんだーその精霊会議ってのは!!
 ってなわけで、最後の最後でどでかい破天荒のサプライズが待っていたのでした。
もうここまでやったら何も言えません。
これに勝てる破天荒アニメなんて後にも先にもそうそうないでしょう。

10と11。
本編とはあまり関係ないですが、こういう細かい所へのこだわりがプラスに
なってますね(もちろん破天荒という点において)。
特に、サントラの一曲目のアレには度肝抜かされました(笑)。

 ってなわけで。
以上のことを総合的に判断した結果、この作品の破天荒ポイントは95ポイントと
します。

|

« 破天荒アニメ書評 『破天荒遊戯』編 | トップページ | 十人十色と言うけれど、実際は十人で一色だったりすることもあるよね? »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/40805312

この記事へのトラックバック一覧です: 破天荒アニメ書評 『H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND-』編:

« 破天荒アニメ書評 『破天荒遊戯』編 | トップページ | 十人十色と言うけれど、実際は十人で一色だったりすることもあるよね? »