« 十人十色と言うけれど、実際は十人で一色だったりすることもあるよね? | トップページ | 雑感。戯言など »

2008年4月13日 (日)

ダメおやじ

 地震、雷、火事、親父……。
かつて父親という存在はある意味、恐怖の象徴として地震、雷、火事といった災害
と同列に扱われていました。
逆に言えば、父親というものはそれくらい家族に対して厳しくなければならないといった
戒めみたいなものもあったのでしょう。

 ところが、そんな父親の威厳も、何時頃からか徐々に、しかし確実に損なわれ、
最近では、まったく見る影もない程に地に堕ちてしまいました。

 では、その理由ははたしてなんだったのでしょうか?
聡明な閲覧者の方々の中には、既に薄々感づいている方もいらっしゃることと
思いますが、その最たる要因となったのが、実はこの作品でないということは
今更言うまでもない厳然たる事実なのです。

 と言うより、かつて、まだ親父の威厳が保たれていた戦後の平和な時代。
そんな時代に、この『ダメ親父』は彗星のごとく現れ、瞬く間に人気を博したのですが、
これは「親父の威厳が保たれているからこそ成り立つギャグ」であったのです。

 つまり、この漫画やアニメを見ている読者にとってみれば、
「こんな親父いねーよ!!」と、あくまで突っ込みを入れながら読む類のギャグ漫画
だったわけです。

 しかしながら、その当時の親父様達のこの作品に対する反応は実に醒めていました。
それはおそらく、同じ親父として、見ていて我慢ならないところが多々あったからだと
思えます。
 実際に、私の友人の中には、親父から「ダメ親父禁止令」が出された人もいました。
彼の親父殿が言うには「こんな父親の存在を馬鹿にしたようなアニメは観たらいかん」
と言ったもので、どうやらこの作品を観た子供が親父の存在を軽視するようになること
を懸念したからだったみたいです。

 しかし、我ら子供からすれば、まさに「そんなの関係ねえ」状態です。
それどころか、「なんだよ、おまえの親父はそんなことでてめえの親父としての立場が
危うくなるとビビッてんのかよ!ハッ、お笑い種ですわ!!!」

「そうだよ、そうだよ、ソースだよ。おまえの親父はとんだチキン野郎だ!!」
と、周囲の友人達から罵られる始末でした。

 まあ、そんなわけで、今までの話から推測できることかと思いますが、
例によって、この作品もあんまり知らない…って言うか覚えてないんですね(笑)。

 覚えていることと言えば、まずOPを友人達数人と観て大爆笑したこと。
そして、これは漫画の方ですが、13巻くらいを読んだらタコ坊が死んでいて
ビックリしたこと。
しかも、「タコ坊が生きていた!」というサブタイトルの話の後に、
やっぱり死んでいた」というサブタイトルの話があったこと。
それから、さらに何巻か後のKCを読んだら、普通にタコ坊がいて、
またもやビックリしたこと。
後は、ダメ親父が、なぜか息子のイカ太郎(タコ坊の弟)に復讐する為に、
竹槍を仕掛けた落とし穴を作り、そこに落とすことに成功するものの、
竹槍と竹槍の間に上手いこと落ちて助かった挙句、その後にイカ太郎の逆襲にあい、
逆に竹槍の落とし穴に落とされ串刺しになったこと。
(サラッと書いてるけど、改めて思い起こすと結構グロイ描写だったよ。うん。
劇場版エヴァ(旧作の方ね)の弐号機串刺しに勝るとも劣らないくらい)

 まあ、これくらいですかねえ。
後、アニメの方はOPがメチャメチャ面白かったけど、本編の内容はイマイチだった
ような気がしますね。
私が一番記憶に残っている話は、ダメ親父が昇進のかかった仕事を持ち帰ってきて、
珍しく、鬼ババ(嫁はん。酷い言いようだけど、これが仕様)、幸子(娘。意外と美人)、
タコ坊らが家族一丸となってダメ親父に協力するんですが、鬼ババが誤って
大事な書類にお茶だったかコーヒーだったかこぼしてしまったため、結局仕事は失敗
して昇進もおじゃんになったといったものでした。

 この時、鬼ババは逆ギレして、ダメ親父に向かって、
「元々おまえが昇進なんか出来るわけがないんだよ!」と言うんですが、
これに対して幸子とタコ坊が猛反発。
ショックを受けた鬼ババは家を飛び出すのですが、後を追ってきたダメ親父が優しく、
「気にするな。こういうこともあるさ」みたいなことを言って鬼ババを慰めるんですね。

 まあ、今になってみれば、ええ話だなあと思うのですが、
当時子供だった頃の私は、やはりOPのようなハチャメチャなドタバタ騒動を期待して
いていたためか、つまんねえ!!と一蹴していたんですね。

 つくづく、子供と言うものは残酷だなあと思うと共に、
先程のようなダメ親父の良い面は見習わなければならないなあと思うも、
まだしばらくは親父になる予定もないので、そんな先のことは考えなくてもいいな。
と思う、今日この頃です。

========================================================================

 やっぱ今観ても笑えるわ。
鬼ババキック最高!!(笑)

|

« 十人十色と言うけれど、実際は十人で一色だったりすることもあるよね? | トップページ | 雑感。戯言など »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

感想リレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/40869075

この記事へのトラックバック一覧です: ダメおやじ:

« 十人十色と言うけれど、実際は十人で一色だったりすることもあるよね? | トップページ | 雑感。戯言など »