« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月25日 (日)

ジョジョは悪くない。もちろんコーランも悪くない。悪いのは集英社

「ジョジョの奇妙な冒険」、中東で「日本が侮辱」「テレビ局爆破しろ」と批判殺到
→集英社、原作の第3部など出荷停止
 (by 痛いニュース

 まあ、アホな話ですよね。
しかし、マスコミとかは騒ぎ立てるだけ騒ぎ立ててオタオタするばかりで、
なぜ言ってやらないのでしょうか?
こういう時こそ、あのセリフを言ってやるべきでしょう。

 相変わらず、職もなければ読解力もないんですね。

と。
…戯言だけどね。

 とは言え、今回ばかりはさすがに相手が悪いかなあとも思えるわけで。
問題なのは、相手が本気で怒っているということ。
これは中々厄介ですよぉ~。
なんせ、こちらがどんだけ正論を唱えようとも、聞く耳持ちませんからね。

 例えば、私が高校生だった頃、沸点の低い体育教師がいたんですが、
そいつときたら、ある日始業のチャイムがなった後もサッカーボールで遊んでいた生徒
達に対して、当然のごとく怒ったかと思うと、次の瞬間信じられないことを口にしました。

 サッカーボールは蹴るもんじゃなか!!!

ええええええええええええええええ~。
今明かされる、驚愕の真実。
なんと、サッカーボールは蹴るものじゃない!!
知ってましたか、奥さん?

 って、いやいやいやいやいや、どこをどう考えてもそんな理屈通りませんぜ。
むしろ、蹴ってなんぼのものですから。

 まあ、その体育教師の言わんとすることは分かりますよ。
要は、始業のチャイムが鳴ってるのに、いつまでサッカーボールで遊んでるんだ!!
と言いたいんだろうけどさ、なんぼなんでも「サッカーボールは蹴るもんじゃなか!」
はなかろうもん。
その場にいた誰もがそのように思っていました。

 しかし、恐ろしいことに、その体育教師の目はマジでした。
そうです、つまり、彼は本気で心底怒っていたのです。
それゆえ、怒られた生徒達も、「いや、サッカーボールは……」
と、反論しようとしたのですが、彼のあまりの剣幕に、結局は口をつぐみ、
おとなしく引き下がるしかなかったのです。

 えー、例え話が長々となり過ぎましたが、今回のジョジョ騒動も本質的には
これと似たようなものではないでしょうか?

 ですから、この場合、強気な姿勢で「では、どちらかが消えるしかないねえ」とか
言ってみたりするのはもちろんのこと、あれこれ色々と説明して理解を求めると
言うのも、ますます泥沼化するばかりで、あまり得策ではありません。

 では、どうすればよいのか?
彼らの言い分を全面的に聞き入れ、謝罪すればいいのか?

 残念ながら、それが最良の方法かと思えます。
納得いきませんか?
ヘタレだと思われますか?

 しかしですねえ、ヘタレと言っても、ヘタレには良いヘタレと悪いヘタレがあり、
この場合、良いヘタレであれと、私は言ってるわけです。
お分かりですか?

 人間バカになって人を救え
という言葉があるように、ヘタレにも同じことが言えます。

 そうです、ヘタレは時に人の心を和ませるのです。
人を救うのです。
世界を救うのです。
だから、この件に関しては、私は声を小にして訴えたい!!

 ヘタレであれ!!!
と。

 そして何よりも!!!
この時期に、イスラムを敵に回すことだけは絶対に避けなくてはなりません。

 そうです。イスラムには逆らってはならぬ。
ならぬ訳があるのだ~。

 ってことで、後半に続く。

続きを読む "ジョジョは悪くない。もちろんコーランも悪くない。悪いのは集英社"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年5月24日 (土)

気弱な反逆児の原点について語っちゃおうかなあとか思ったり思わなかったり……

 つい先日、私が7年近くも昔にジェイ・ワールドを立ち上げた時以来からの、
(ネット上の)付き合いのある、Jonyさん(旧姓MAZINさん)から久々にメールを
受けました。
あまりにも久しぶりで唐突で、なぜかテンションが高めな文章、
そして極めつけは、現在彼がボストンに留学しているという驚愕の事実に、
私は驚きを隠せませんでしたが、彼が私の知っている彼であったことに
懐かしさと安堵を覚えました。
 と言うよりも、さすがと言うべきでしょうか。
彼の留学生活模様もさることながら、彼が最後に残した言葉。
これが実に興味深いものだったからです。

 p.s.
反逆て、今や、あれでっしゃろ。ルルシュのこと差しますやろ?
こことあれと、どっちが先だったか、わい、知っとりますけど、たぶん皆はんは、
J影虎はんがルルシュを真似た思ってはるで!
                           (Jonyさん(旧姓MAZINさん)より)

 正直に言いますと、こういう懸念は前々から抱いておりました(笑)。
いつか、どこかのおつむの弱いアホなDQNがこういう風にいちゃもんつけてくるのでは
ないだろうか?と。
例えば、いつぞやの千葉のひょうろくだまだとか、
わわだとかhajimeだとか(と言っても、この2人同一人物なんだけどね)、
なんちゃら○△◇スの管理人だとか………etc。

 しかし、それがまさかJonyさんにネタとして言われるとは………。
さすが7年近くもの付き合いは伊達ではありません。
こうなると、近い将来、彼は私の思考を先読みし、私そっくりの感想や記事を
作り上げることも可能となってくるのかもしれません。
そうなれば彼はまさに、ネット界のピサ・ソールや~。

 …と、ついアホなことを言ってしまいましたが、そういう訳でですね、
反逆と言うと脊髄反射的にルルーシュを思い浮かべるような人が多数いるというのも
事実であり、また、つい最近においてもYUKIMIさんから「気弱な反逆児」の原点を
知りたいという要望もありましたので、ちょうどいい機会だから、
こっ恥ずかしいですけど、私がいかにして「気弱な反逆児」となっていったか、
その過去のエピソードでも語ろうかと思います。 

続きを読む "気弱な反逆児の原点について語っちゃおうかなあとか思ったり思わなかったり……"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

母親萌えに対抗して、ツンデレ息子を推奨しよう

 えー、突然ですが、修都さんの母親萌え推奨に対抗して、
ツンデレ息子を推奨してみたいと思います。
さしあたっては、先日の「母の日」における、私のツンデレ息子振りを
ご披露いたします。

 名づけて、ツンデレ息子、J影虎編。
堂々開幕!!!

続きを読む "母親萌えに対抗して、ツンデレ息子を推奨しよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

日本の若者批判に反逆

 「ソ連って何?」「ナチスって何?」“若者の活字離れ&知的レベル低下”で
 映画字幕業界が四苦八苦
 (by 痛いニュース

 まあ、この件に関して思うところは色々とあるのですが、
若者よりもむしろその若者への対応をもっと問題にすべきだと思いますね。
そしてそれ以前に、もっとはっきりさせないといけないことがあります。

 「ソ連って何?」「ナチスって何?」って聞いてきた奴ってホンマにいるのか?

いや、おそらくは事実なんでしょうけどね。
ただ、最近流行ってるじゃないですか。
アサヒるって言うんですか?
色々と捏造した情報を流すのが。

 だから、ついつい疑ってしまうんですよね。
まあ、先程も述べたように、おそらくは事実なんでしょう。

 しかし!
どれだけの割合の人がそんなことを聞いてきたのか?
それが分かりません。

 そして私が思うに、そんな奴はせいぜい1人か2人くらいだったのではないのか。
そう思えてなりません。
まあ、試写会に何人来てたのかは知りませんが、例え何千、何万、何十万もの人が
いようとも、こんなこと聞かれようものなら、忘れるはずがありません。

 つまり、ただ単にインパクトの強かった質問だけを必要以上に取り上げて、
若者叩きをしているのではないかな?
とも思えるわけです。

 第一、普通こんなことギャグでしか言わないだろ?常識的に考えて。
対応した奴って冗談が通じない人なんじゃないの?
とも思えます。

 実際、私も以前にこういうボケかましたことありますよ。
自販機にあったパンプキンスープを勢いよく飲み、そして必要以上に
「がはっ!ゲハァ」と咳き込み、涙目になりながら、
「なに……これ……?かぼちゃっぽい………」
と言ってみたりして。

 まあ、あんましウケなかったんですけどね(笑)。
いや、厳密に言うと、そのちょっとすべってる感が、はたから見ていて面白かった
との評価も受けましたが………。

 まあ、そんなことはどうでもいいとしてですね、このように、
ボケて言ったこと、冗談で言ったことを、若者を叩きたいがために、
わざと鵜呑みにしてるのではないかな?かな?
という疑念を抱かずにはいられません。

 ですから、私がここで言いたいのは、確かに今の若者はモノを知らんかもしれんけど、
それを批判する奴らにしたって、冗談とか洒落とかボケというものをもっと知れよ!
っちゅうことです。

 マジで冗談が通じない奴程、面白くない奴はいませんからね。
しかも、そんな奴らが世の中には何百億といるのだから始末に終えません。
人の言ったことを言葉通りの意味でしか受け取れないなら、そんなのロボットと一緒。
人間なら、その場の空気や言ってる奴の表情、しぐさ、アクセント、口調などから、
真意を読み取り、それに合った面白い対応をしろっちゅう話です。

 まっ、一言で言えば、以前と比べて日本人は格段にコミュニケーション能力が
低下したっちゅうことですな。
これが何気に全ての元凶なのかもしれない……。
そう思える今日この頃です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

船場吉兆叩きに反逆

 まあ、ひどい話ですよね。
ひどい話なんですが、やはり一番ひどいのはマスコミだと思うわけですよ。
そもそも、マスコミの報道はなってませんよね。
いつだって、奴らは肝心なことは全然伝えない。
これ、悲しいけど事実なのよね。

 今回のこの船場吉兆の件にしろそうです。
マスコミの報道を見てる限りでは、「ああ、やっぱり味の分かる味皇や海原雄山みたい
な人っていないんだなあ」と思わせられるだけで、やるせない気分になるばかり。
 結局のところ、これって、消費者はメーカー側の嘘に対してまるで無力と言ってる
ようなものなんですね。

 しかし、私は思うのですよ。
以前から、この偽装を見破ってた人がいるのではないか?と。
例えば、どこかの家庭で………

続きを読む "船場吉兆叩きに反逆"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

イタズラなKiss

 最初に断っておきますが、今回の感想は、現在放映されているアニメ版ではなく、
10年以上前、テレ朝で放映されていたドラマ版の方ですので、
あらかじめご了承くださいませ。

続きを読む "イタズラなKiss"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

ぴちぴちピッチの些細な謎 その9 沙羅はなぜ波音ではなくるちあにオレンジ真珠を託したのか?

 Q.沙羅はなぜ波音ではなくるちあにオレンジ真珠を託したのか?

続きを読む "ぴちぴちピッチの些細な謎 その9 沙羅はなぜ波音ではなくるちあにオレンジ真珠を託したのか?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パクリ集番外編。漫画やアニメで使われる言い回しは現実世界ではほとんど使われないのか?

 先日、仕事でちょっとしたミスをしてしまいました。
経緯を簡単に言うと、外回りの人が持ってきたもの(詳細はいえない)を、
上司がチェックして、それが私のところに回ってきたので処理をしたところ、
後になって、精査をした人から「ここ、間違ってるよ」と指摘を受けたんですね。
それでよく見てみると、確かに間違っていたものだから、私はあくまでクールに、
「してやられましたな~」
と言ったんですよ。

 すると、これがヤヤウケ。
まあ、ネタをバラすと、これは『ガンダムSEED』に出てきたラウル・クルーゼさんの
パクリですね。
ホラ、アレですよ。
ザフトのスピッドブレイクが失敗した時に、いけしゃあしゃあと言ってたじゃないですか。
「してやられましたな。ナチュラルどもに」って。

 あんな感じで言ったんですよ。
まあ、こう言うと、「そんなの知るか」だとか「そんなのパクリでも何でもねえだろ!」
だとか、「って言うか、「してやられた」なんて普通に使うだろ?」などと
言われるかもしれません。

 しかしですねえ、驚いたことに、実はそうでもなさそうなんですよ。
ええ。「してやられた」なんて、日常生活ではあんまり…って言うかほとんど使われて
ないみたいなんですね。

 彼女らにしろ、断じて私がラウル・クルーゼの真似をしていると知ってた訳じゃなく、
あくまで、「してやられた」という言葉の響きが面白くてウケていたに過ぎないんですね。
もっとも、それに加えて、自分で間違っておきながら他人事みたいに言う私自身も
含まれるんですけどね。
「してやられた…って、おまえが間違ったんだろうが!!」
という的確な突っ込みをされましたから。

 つまり、以上のことから、日常生活において「してやられた」なんて言葉は
通常使われていないものと判断することが出来ます。
そして、このような一見普通に使われていそうで実は使われていない言葉を不意に
使用すると、少なからずウケる傾向にある模様です。

 実際に、過去のことを思い返してみると、確かに子供の頃、ジャンプ漫画で覚えた
「笑止」とか「御意」とか「下等超人」とか「今までのはほんの余興に過ぎん」だとか、
それなりにウケていましたから、人は聞き慣れない言葉に、意外と過剰反応を示す
ものなのかもしれません。

 最後に、これは余談になりますが、最近私がよくパクっている、
アリス・キャロル「でっかい~」
これはあまり実生活で使わない方がいいかもしれません(特に男性は)。
 実際に、一度みんなが忙しく、私自身も手が回らない時に、
「でっかいピンチです」と言ったところ、一瞬にして険悪なムードになりましたから(笑)。

 まあ、要は使いどころが肝心なんですけどね。
それと、前述した「してやられた」
あれも下手したら怒られますので、こちらも注意が必要です。
私が突っ込まれた程度で済んだのも、私の日頃の行いと人徳によるところが大きい
のですが、ミスが軽微なものであったこと、周囲の空気が和んでいたことなどに
よるものだったため、その辺のところをよく見極めるのが大切です。
まっ、簡単に言えば「空気読め」ってことです。
 それさえ注意しておけば大丈夫ですので、みなさまも<
ためらわず、怯まず、腐らず、自分を信じて、自分を愛して、
漫画やアニメのセリフを使われてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »