« 今更中田をチヤホヤするのはやめろ | トップページ | 雑感 »

2008年6月 7日 (土)

船場吉兆叩きに反逆 その弐

 先日、船場吉兆がついにと言うべきかようやくと言うべきか、
廃業するとかしないとか、人より優れているとかいないとか、
そんなことを申し立てていましたが、例によってこんなこと私にとってはどーでもいい
ことでしかありません。

 私が許せないのは、これも例によってマスコミの対応。
これに尽きます。

 なんなんでしょう、奴らのあの傲慢で偉そうな態度は。
「こんなこと言われても、今更「惜しい」だとか「残念だ」とか思えませんよね」
などと、他人事みたいに言うではありませんか。

 いやいやいやいや。ちょっと待てや。
確かに船場吉兆も悪いが、今までその船場吉兆の凶行に気付かずによいしょしてた
奴らにも責任があるんじゃないのか?

 マスコミはなんでそいつらを叩かないわけ?
かつてのホリエモン騒動の時なんか、ホリエモンを指示していた小泉さんをはじめ、
自民党すらも叩いていたくせに。

 おかしな話じゃないですか。
船場吉兆と言ったら、それまでは日本を代表する高級料亭だったわけでしょ?
当然、そこに至るまでには、多くの人々の支持や評価を受けてきたはずです。
中には発言権があって影響力のある著名人の方々もいただろうし、
美食家なるものやグルメ気取りの人種もいたことでしょう。

 そんな奴らがですよ、「船場吉兆の料理は最高や~」と、
アホみたいな顔で喜んで貪り食っては、自慢してたりしてたわけですよ。
大して味も分からないくせに。

 そして、前の記事でも申し上げたように、中には味の分かる人がいて、
「これ、ちょっと変じゃない?」と指摘してたかもしれないじゃないですか。

 しかし、前述した食通気取りのアホ共が、
「なにを戯けたことを言ってるんだ!」
「おまえのような貧乏人に高級料亭の味が分かるものか!」
と罵倒し、せせら笑い、吉兆の悪事に気付いた数少ない味の分かる本物を
封殺していたわけですよ。

 いや、知らんけどね(笑)。

でも、わかんないじゃないですか。
そういうことがあったかもしれないじゃないですか。
「だろう運転」より「かもしれない運転」をしようってことですよ。

 まあ、いずれにせよ、味に気付いた人がいたかどうかはともかくとして、
少なくとも、味の分からない食通気取りのアホはたくさんいたはずだから、
マスコミは叩くのならば、そいつらも叩くべきだと思います。

 あれ?あれ?あれ~?
 美食家の大前田先生じゃありませんか。 ※ 架空の人物ですよ
 そう言えば、あなた以前、船場吉兆の料理をベタ誉めしてましたよね?
 あれ、お客さんの食べ残しを使いまわししてたそうですが、
 先生は気付かなかったのかな?かな?

ってな風に。

 まあ、なんつーか、口は禍の元と言ったところでしょうかね。
上人の感涙でもいいですけど、よく知りもしない、分からないものを、必要以上に
誉めるなっつーことですね。
ましてや、それをスネ夫君みたく自慢したり、そのことを鼻にかけ他人を卑下する
ようなことをしようものなら、後々しっぺ返しを喰らいかねんっつーことです。

 まっ、そんなわけで、そのようなエセ美食家達にはぜひ、十分なしっぺ返しを
喰らって欲しいなあと思う、今日この頃です。

|

« 今更中田をチヤホヤするのはやめろ | トップページ | 雑感 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/41450149

この記事へのトラックバック一覧です: 船場吉兆叩きに反逆 その弐:

« 今更中田をチヤホヤするのはやめろ | トップページ | 雑感 »