« 増えていく積みゲー | トップページ | Every Little Thingのコンサートに行って来たにょ »

2008年6月 1日 (日)

エロゲメーカーの将来を真剣に考えてみた?

エロゲメーカー「規制云々以前に(Winnyなどの被害で)業界は風前の灯火…
ほとんどのメーカーはいつ倒産してもおかしくない状態
 (by 痛いニュース

 まあ、簡単に言えば時代の流れってヤツですかね?
って言うか、今までにあれだけ膨大なエロゲーを世に出してきてるんだから、
とっくに飽きられてもおかしくないはずなのに、未だに存続しているというのも
考えてみればすごい話ですよね。
(まあ、それを言ったら、エロ本とかAVとかもそうなんだが……)

 しかしながら、最近のエロゲーはジャンル的にも内容的にも似たようなのばっかだし、
以前に比べたら、ゲーム性と言うものが希薄になってるようにも思えます。

 いや、詳しくは知りませんけどね(笑)。

ただ、かつてはエロだけではなく、ゲームとしても十分面白いものもたくさんあったじゃ
ないですか。

 例えば、エルフの『ワーズワース』だとか、『シャングリラ』だとか……。

 いや、詳しくは知りませんけどね(笑)。

特に、『ワーズワース』なんて『ドラクエ』より面白いとまで言われた程の作品でしたが、
現在、そこまで評価されてる作品ってあります?

 その辺りのことも今一度よく考えてみてはいかがでしょうか?
もっとも、最大の問題となってるのは、Winnyなどによる違法コピーだから、
あんまし意味ないんですけどね。

 ただ、それでもやはり、エロゲーの中にも面白いゲームはあるんだぜっ!
ってところを見せ付ける必要があるのではないでしょうか?

 最後に、どーでもいい話をしますけど、前述した『ワーズワース』。
個人的には、あれはリメイクする以前のオリジナルの絵の方が良かった。
なんで、絵柄をあそこまで大幅に変えてリメイクした挙句、OVAまで出したんだろ?

 いや、詳しくは知りませんけどね(笑)。
例によって、当然のごとく、あくまで戯言ですので、ゆめゆめあまり深く追求なさらぬ様
お願い申し上げます。

|

« 増えていく積みゲー | トップページ | Every Little Thingのコンサートに行って来たにょ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/41397043

この記事へのトラックバック一覧です: エロゲメーカーの将来を真剣に考えてみた?:

« 増えていく積みゲー | トップページ | Every Little Thingのコンサートに行って来たにょ »