« 6以前と7以降のFFについて その3 | トップページ | なんと孫六 »

2008年7月 6日 (日)

池澤春菜について

 えー、修都さんからのリクエストなんで、池澤春菜さんについてちょっくら語りたいと
思います。
 そもそも、事の発端は、私が修都さんに「好きなタイプの声優」を聞き、
その際に自分の好きな声優を言わないのはフェアじゃないなと思って、
私は池澤春菜様が好きですといってしまったのが始まり。

 ですから、今回はなんで私が池澤春菜様を好きになったのかという、
閲覧者にとっては実にどーでもいい、しょーもない話であり、面白くも何ともありません
ので、こんなこと言うのもなんですが、読まないことをオススメします。
いや、むしろ読まないで欲しい。
それが私のたった一つの願いです………。

 って、これって、ちょっとした罰ゲームっぽくね?

 

 池澤春菜様と言うと、やはりどーしてもまずは『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の
星馬豪を思い出してしまうのですが、困ったことにそれは今でも変わらず、
未だに春菜様を見ると、ついつい「マグナーム」と叫びたくなります。

 しかし、だからこそ、そのギャップにしてやられたというところはありますね。
『爆走兄弟』が終わった後、ひょんなことから、『ボイスラッガー』という特撮?のビデオ
をツタヤでちょっと見かけたのですが、そこで私は初めて春菜様のお姿を拝見しまして、
「けっこう美人だなあ~」と思った次第なのです。
 そしてさらに月日は流れ、ある日NHKの番組をぼんやりと観ていると、
なんかフランス語とかスペイン語とか中国語とか、それら外国語会話の番組が
新しくなるとかなんとかで、新しい出演者の方々が一同に会してたんですね。
 するとどうでしょう!
なんと、フランス語会話には、あの池澤春菜様が出演されると言うではありませんか。

 私は常々、口をすっぱくして言ってることがあります。
アイドルや声優は静止画像(雑誌やHPとかの写真)ではなく動画を見ろ!と。
これは、写真なんざいくらでも加工出来、綺麗に見せることが可能であるため、
実際に動いている姿を見ないことには、その人がホンマに綺麗なのか、可愛いのか
分からないということです。

 話は戻りますが、私はそこで初めて実際に動いてしゃべっている春菜様を目撃
したというわけなのです。
するとまあ、なんとしとやかに、そして穏やかにお話されることでしょう。
 私は前述したように、それまで春菜様と言うと星馬豪のイメージがあったため、
普段の素である(と思われる)あのまったりとした話し方に魅了されてしまったのです。

 しかも、その後、「夢見るシャンソン人形」を歌われていたのですが、
その姿を見て、マジで「可愛ええ」と思った次第なのです。

 まあ、そんなわけで、それ以来私は春菜様のことが好きになったわけなんですが、
やっぱりね、彼女は声とかルックスだけじゃないですね。

 最近は、美人で可愛い声優さんもたくさんいますけど、
やはり、しゃべる事でそれが台無しになってしまう方も多いんですよね。
先程も述べたように、写真で見て可愛いなあと思っても、
動画等で、その人がしゃべってるところを見ると、幻滅すると言うかなんと言うか。
まあ、話題がその人が出演されてるアニメとかで、どーしてもそういう方面の話に
なるから仕方ないと言えば仕方ないのですが、オタっぽく見えてしまうんですね。
必要以上にはしゃいだり、大騒ぎしたりする辺りなんか特に。

 ですから、そういう点においても、春菜様は非常に穏やかでしっとりとした落ち着いた
口調でお話になられるものですから、余計に惹かれてしまう訳なんですね。
(まあ、元々から生粋のお嬢様ですからね。気品があるのはそのためですかね)

 まあ、こういうと差別みたいに思われるかもしれませんが、
例えるなら、しょこたんが嬉々としてアニメや漫画の話をすると、ちょっとひくけど、
眞鍋かをりが普通にアニメや漫画の話をしても別にどーもない、みたいな感じ?

 ともかく、そういうわけで、声も良し、ルックスも良し、素の声、話し方も良し、
動画も良し、な春菜様は、私が一番好きな女性声優なので、
今後も応援していく所存であります。

 これでいいですか、修都さん?

|

« 6以前と7以降のFFについて その3 | トップページ | なんと孫六 »

声優」カテゴリの記事

コメント

なるほど。つまり全体的な雰囲気が好きだということですね。

>しょこたんが嬉々としてアニメや漫画の話をすると、ちょ>っとひくけど、眞鍋かをりが普通にアニメや漫画の話をし>ても別にどーもない、みたいな感じ
あ、これ分かりますね。
私も中川翔子がそういう話をしてるのを見ると、痛いなぁと思うけど、加藤夏希がそういう話をしてるのを見てる時は、別に何とも思いませんね。

投稿: 修都 | 2008年7月 6日 (日) 23時00分

修都さん、どうもです。
そして、お誕生日おめでとうございます。
ちょっと恥ずかしい思いをしましたが、
これが修都さんへのお誕生日プレゼントになって何よりです(笑)。

 べ…別に、あんたのために書いたんじゃ、ないんだからねっ!!

投稿: J影虎 | 2008年7月 7日 (月) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/41749556

この記事へのトラックバック一覧です: 池澤春菜について:

« 6以前と7以降のFFについて その3 | トップページ | なんと孫六 »