« 最強の漫画キャラを決めるのは難しいので、適当にピックアップしたキャラから最強を決めよう | トップページ | 最強の漫画キャラを決めるのは難しいので、適当にピックアップしたキャラから最強を決めよう3~キャラ紹介 その2~ »

2008年7月13日 (日)

最強の漫画キャラを決めるのは難しいので、適当にピックアップしたキャラから最強を決めよう2~キャラ紹介 その1~

 【前回までのあらすじ】

ひょんなことから、WHさんからのリクエスト「最強の漫画キャラは誰か?」について
答えることとなったJ影虎。
だが、この超難問にJ影虎が出した回答。
それは、「速やかに放棄する」という驚くべきものであった。
その代わり、「色んな漫画から色んなキャラをピックアップし、その中から
最強のキャラを選ぶ」
ことを宣言するJ影虎。
 しかし、J影虎が選んだキャラは一癖も二癖もあるビミョーなものばかり。
そして、最後のエントリーとなる8番手のキャラが読み上げられ、
今まさに舞台が整ったと思われた直後、唐突に何の脈絡もなく、
新たに8人ものキャラが追加発表されることとなった。

 はたして、追加される8人のキャラはいかなるものなのか?
そして、こんな調子で本当に選出されたキャラの中から最強を決められるのか?
グダグダ感漂う中、今日も今日とて、J影虎は熱く語る………

J影虎: つべこべ言わない!
じゃあ、一気に行くよ。
ZX信玄: えーい、もうどうとでもなれ。
J影虎: エントリーナンバー 9番 夢魔
エントリーナンバー10番 法皇ピック
エントリーナンバー11番 坂本ジュリエッタ
エントリーナンバー12番 アスタロト
エントリーナンバー13番 心宿

エントリーナンバー14番 乙橘 槇絵
エントリーナンバー15番 ドクターメフィスト
エントリーナンバー16番 毛生薬研究会のボス
ZX信玄: …こりゃまたなんとも…。
J影虎: 以上だ。
ZX信玄: 1つ質問を良いでしょうか?
J影虎: はい、なんでしょう?
ZX信玄: これで本当に最後でしょうね?
J影虎: 当たり前じゃないですか。
ZX信玄: 本当に本当だろうな!
J影虎: 本当に本当ですってば。
ZX信玄: ………。
J影虎: オレを信じろ!
ZX信玄: 何について?
J影虎: …いや、何について?とか聞かれてもなあ……。
まあ、なんつーか、全般的に……って感じ?
ZX信玄: ………ふーん。
J影虎: 疑るかぁッッ!!
ZX信玄: もうええっちゅうねん。そんな茶番は。
J影虎: まあ、とにかくだ。
この16人(正確に言えば15人と1匹)の中から最強のキャラを
選びたいと思うのだが、
その前に、各キャラについて簡単な説明をするので手伝ってくれ。
ZX信玄: む!珍しく閲覧者に配慮してるではありませんか。
J影虎: 当たり前やがな。私を誰だと思ってる?
読み手に優しいことで定評のあるJ影虎さんですぜ。
ZX信玄: いや、そんなの初耳なんですけど……。
って、まあええわ。
それじゃあ、一番手から言ってみるか。
J影虎: よし、きた。
では、1番目。死なずのシンダラ
簡単に言えば、文字通り、何をされても死なないところが強みですね。
ZX信玄: まあ、そうですなあ。
でも、あの人、自分で自分の不死身のタネ明しを
やってませんでしたかね?
いや、あんまり自信はないし、どーでもいいことなんですが……。
J影虎: うーん、生憎私もよく覚えてないなあ。
むしろ、アニメの方の「真田忍法、死なずの術~」って言って
飛んでっちゃったのが、一番印象に残ってるんですが。
ZX信玄: ああ、あれは確かに色んな意味で凄かったですね~。
J影虎: そだね~。
でも、本当にアニメの方も色んな意味で凄かったよな。
原作がまだ続いている状態で、よくぞあそこまで上手く綺麗に
まとめられたもんだなあ~と、感心しましたからね。
ZX信玄: 言われてみれば確かにそうですね~。
でも、先があるんでこの話はこの辺でやめませんか?
J影虎: そだね。じゃあ次。
マンモスマン
ZX信玄: 言わずと知れた、かの名作『キン肉マン』に登場する強豪超人ですね。
そして今、週刊プレイボーイで連載されてる『キン肉マンⅡ世』でも、
ウォーズマンの相方のマイケル(熊のぬいぐるみを着ている)が、
このマンモスマンなのではないか?
ということで、話題にもなっています。
J影虎: 言ってみれば、時の人ですね。
しかし、これでマイケルの中身が本当にマンモスマンだったら、
すごいことになりますね。
ZX信玄: そうですねえ。
でも、違ってても逆にすごいことになるような気もしますが。
ファンの反応とか……。
J影虎: 仮に本当にマンモスマンだとしたら、
やっぱあのセリフが飛び出すんでしょうか?
ゲーッ 象の超人
ZX信玄: そりゃあまあ、大いにあり得るんじゃないですか。
J影虎: でもそうなったらなったで、絶対、「『金剛番長』のパクリだ~」と
騒ぎ立てる、ゆとり脳が出てくるだろうな。
ZX信玄: 相変わらず、しょーもないことを気にする人ですねえ。
でも実際、「ゲーッ」の発祥がキン肉マンにあることはおろか
『キン肉マン』自体を知らない若者も多いでしょうねえ。
J影虎: なんとも嫌な時代になったものよのう。
ZX信玄: はいはい。
愚痴はその辺にして、次行ってくださいな。
J影虎: うむ。
では、3番目。
赤カブト
ZX信玄: 『銀牙~流れ星 銀』に出てきた熊ですね。
J影虎: 熊ですね~。
ZX信玄: ……他に言うことないんですか?
J影虎: 片目ですね。
ZX信玄: …他には?
J影虎: でかいですね。
ZX信玄: ……他には?
J影虎: 凶暴ですね。
ZX信玄: …他は?
J影虎: 自分の影武者をこしらえるくらいですから、頭も良いですね。
ZX信玄: …他は?
J影虎: 他の熊を従えるくらいですから、統率力もありますね。
ZX信玄: …他は?
J影虎: …このくらいです。
ZX信玄: まあ、そんなもんですね。
J影虎: うん。じゃあ、次行きます。
ZX信玄: ………。
J影虎: 4番手。赤飛虎
月刊マガジンの長期連載作品『龍狼伝』に出てくる、
仲達の配下、五虎神の1人。
この人の暗示には定評があります。
ZX信玄: ほんとだよね~。
J影虎: しかし、それ以外は特に言うこともございません。
ZX信玄: まあ、強いて言えば、「空破山」が出来ることくらいかな。
J影虎: そう言やぁ「空破山」って、最初に使ったのが、
この赤飛虎なんじゃなかったっけ?
ZX信玄: さあ。その辺りはよく覚えていません。
J影虎: まっ、どーでもいいけどね。
次行きますか。
ZX信玄: 行って下さいな。
J影虎: 5番手。アペプ・ハイデマン
つい先日、『月刊アフタヌーン』で連載が円満終了した
『セラフィック・フェザー』に登場する人気キャラですね。
ZX信玄: 今までで一番ビミョーじゃないキャラなんですが……。
って言うか、人選間違ってませんか?
J影虎: いいだろ、別に。
適当に選んだだけなんだから。
ZX信玄: そりゃそうなんだろうけど…。
J影虎: それに、その代わりと言っちゃなんだが、
よく覚えてないんだよね、この人の事。
かなり強かったな。
っていう程度の認識しか持ってないってのが実際のところ。
ZX信玄: つまり、それで差し引き、ビミョーっていうところか。
J影虎: まっ、そんなところだ…
ZX信玄: そんな得意気に言われてもなあ……。
J影虎: なんにせよ、よく覚えてないものを今更あれこれ言っても始まらん。
次行くぞ、次。
ZX信玄: はいはい。
J影虎: 6番手。ネット番長、藤本貴一。(『魁!クロマティ高校』のキャラ)
ネット上での丁寧で理知的な対応とは裏腹な、
現実世界での豪胆かつ非情な戦い振りが魅力的です。
ZX信玄: …いや、でもやっぱ、今までの面子と比べると見劣りするだろ。
J影虎: そこをどうひっくり返していくのか?
それを想像するのが面白いんじゃないですか。
ZX信玄: …いや…まあ…確かに楽しみ方は人それぞれだけどな。
J影虎: そうだろ?
でも、ネット番長ならやってくれるよ、うん。
ZX信玄: 全然そうは思えないんだがなあ。
まっ、いいや。
J影虎: じゃあ、次行くよ。
7番手。運命 (『ブラックエンジェルズ』のキャラ)
ZX信玄: これがある意味、一番意味不明だろ?
そもそも、こいつが戦ってるとこなんてほとんどなかったんだから。
J影虎: って言うか、むしろ、解説キャラだったよな。
ZX信玄: そうそう。
なんか知らんが、いつからかひょっこり現れ、
雪藤と勇気の戦いを傍観し出したと思ったら、
そのままナレーターやったりして、解説キャラになった挙句、
最後には………
ってな感じだったよな?確か。
J影虎: まあな。
でも、だからこそ、逆にこいつの実力は未知数であると。
そう思わんか?
ZX信玄: 思いませんね。
J影虎: 思わない?
思わない?
ZX信玄: そんな目を剥いて力一杯問いただされてもなあ。
って言うか、誰の真似だよ?
J影虎: まあ、強いて言えば、メジャーに行く前の松井秀喜と対談した江川卓。
ZX信玄: ……はぁ…さようでっか……。← 呆れ気味に
J影虎: お後がよろしいようで、次行きますね。
ZX信玄: いや…全然よろしくないんだがなぁ…。
J影虎: 8番手。ヨガのプリンセス、プリティーヨーガ
ZX信玄: …念のために聞いておこう。
J影虎: なに?
ZX信玄: それ、本気で言ってるのか?
J影虎: 本気も本気。
いや、そんな生易しいものじゃないな。
本気を超えた本気をさらにもう1つ超えた……。
ZX信玄: はいはい、分かった分かった。
J影虎: まあ、確かにおまえの言いたいことも分からんでもない。
だがなあ、これってそれほど悪い人選でもないと思うし、
決して色モノで片付けられるようなもんじゃないと思うぞ。
ZX信玄: 確かに、プリティーヨーガは好戦的だったと思いますよ。
それこそ、ネット番長なんざ比較にならないくらいに。
むしろ、サイヤ人か?と思える程に、
凶暴で好戦的であったことは認めます。
しかし………。
J影虎: その強さ、実力を疑問視してるっちゅうことやな。
ならば問題ない。
そこまで知ってるなら、プリティーヨーガがヨガの力で空を飛べたり、
テレポート出来たりすることも知っていよう。
戦闘力においても、
「ヨガヨガ回転タイフーン 南から来たアイツ スペシャル」とか、
「発光ダイオード野郎共の狂宴スペシャル」など、
多彩な必殺技を持っていることからも、特段問題ないと私は判断する。
うん、むしろ、他の面子の誰と戦っても互角以上の戦いを
するんじゃなかろうか?
ZX信玄: そいつはちょっと大げさだぜ。ハッタリをかませ過ぎだ。
J影虎: まあ、なんにせよ、キリがいいので、今回はここまで。
続きは次回に持ち越すということで。
ZX信玄: うーん、心なしかグダグダになって行ってるような気がするんだが…。
J影虎: オレを信じろ!
ZX信玄: 何について?
J影虎: …いや、何について?とか聞かれてもなあ……。
まあ、なんつーか、全般的に……って感じ?
ZX信玄: ………ふーん。
J影虎: 疑るかぁッッ!!
ZX信玄: もうええっちゅうねん。そんな茶番は。
J影虎: まあ、ともかくだ。
冒頭で新たに追加した残りの8人については、次回紹介して、
その次に結果を考えるという流れでいきますので、
もうちょっとだけお付き合いくださいませ。
ZX信玄: くれぐれも、収拾がつかなくなるような事態にだけはならないでね。

                        つづく

|

« 最強の漫画キャラを決めるのは難しいので、適当にピックアップしたキャラから最強を決めよう | トップページ | 最強の漫画キャラを決めるのは難しいので、適当にピックアップしたキャラから最強を決めよう3~キャラ紹介 その2~ »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/41817243

この記事へのトラックバック一覧です: 最強の漫画キャラを決めるのは難しいので、適当にピックアップしたキャラから最強を決めよう2~キャラ紹介 その1~:

» ●永作博美 懐かし映像!! [●永作博美 懐かし映像!!]
映画賞5冠を達成した永作博美の懐かしの映像!! シャワーを浴びながらキスの嵐。かなり絡んでます! 演技とはいえ、かなりなモノです!! [続きを読む]

受信: 2008年7月13日 (日) 03時35分

« 最強の漫画キャラを決めるのは難しいので、適当にピックアップしたキャラから最強を決めよう | トップページ | 最強の漫画キャラを決めるのは難しいので、適当にピックアップしたキャラから最強を決めよう3~キャラ紹介 その2~ »