« 身だしなみは男のダンディズム? | トップページ | 暑さのない世界 »

2008年8月30日 (土)

コバンザメのごとく!

 着替えを済ませた私は、ホテルをチェックアウトし新宿駅へと向かった。
取りあえず旅行用の荷物をロッカーにしまい、ガイドブックを読んでみる。
さて、ここからどう行けば国際展示場まで行けるんだ?
昨日まで何度か読んで、なんとなく分かったような気にはなっていたが、
それはやはり気のせいであった。
基本的に大崎駅で乗り換えないといけないらしいが、乗り換えなしで行けるルートも
あるらしく、めんどいことが嫌いな私はぜひそれで。
と思っていたのだが、改めて読んでみると、よく分からないときたもんだ。
さて、どうしたものか?
私は考えると共に、周囲をぼんやりと眺めた。
するとどうであろうか!
やたらカートを引っ張ってる人が目に入るではないか。
そう言えば……聞いたことがある。
コミケにはカートを持っていく人が多いと。
となると、彼女らもコミケに行くのであろうか?
そう思うや否や、私の脳内に圧倒的ひらめきが浮かんだ。
もし…もし…私の考えが正しければ……。

オレは単にこいつらについていけばいいだけじゃね?

うん。それがおそらく最も簡単で最も確率の高い方法であろう。
もっとも、学生時代の斉藤由貴みたく、通学中迷子になってしまい、
同じ制服の人についていったら、全然違う学校に行ってしまったという例もあるため、
油断は禁物。
私はさらに周囲を見回した。

すると、カーとを引っ張ってる人の他にも、既にコスプレみたいな衣装の人、
なんかそれっぽい人、何よりも!「コミケ行きまっせオーラ」をピンビン放っている人が
チラホラと見受けられた。

間違いない!
こいつらはコミケに行こうとしている!!
ならば私は…ただ彼らについていけばいーのだ!

こうして私は、彼らの後をつけ、まんまと目的地に着くことに成功した。
しかし、ここからが本当の地獄であることに、私はまだ気付いてはいなかった……。

                        つづく

======================================================================

 【次回予告】

ついに現地へと到達したJ影虎。
しかし、彼を待っていたのは、先の見えない長い長い行列と、
容赦なく照りつける灼熱の太陽であった。
次回、「暑さのない世界」
お楽しみに。

=======================================================================

 【猫でも行けるコミケ指南】

7. 現地への行き方が分からないなら、それっぽい人についていけ。

|

« 身だしなみは男のダンディズム? | トップページ | 暑さのない世界 »

ネタに詰まったら東京に行っとけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/42323389

この記事へのトラックバック一覧です: コバンザメのごとく!:

« 身だしなみは男のダンディズム? | トップページ | 暑さのない世界 »