« かつてない戦慄 | トップページ | 懐かしき場所 »

2008年8月23日 (土)

サラダ記念日

 長い長い乗車の末、ようやくたどり着いた東京。
しかし、着いたからと言ってのんびりもしてられない。
私がまずやるべきこと。
それは飯を食うことであった。
なんせ、腹が減って力(リキ)が出ねえ~状態である。
万一、今の状態で暴漢か何かに襲われるようなことにでもなったら、
さすがにやばいだろう。
空腹というものはそれほどまでに、人を弱体化させるものなのである。
うん、そりゃあ悟空もタンバリンに負けるはずだよ。

 そんなわけで、私はとにかく飯にありつけるところを探していた。
この際、味はどーだっていい。
とにかくたらふく食えるところを……。
 すると、目の前にカレー屋さんが現れた。
ビッグチキンカツカレーで550円とある。
量も550円にしては中々だ。
うん、それでいこう。
私は迷わず店に入り、躊躇わず怯まず食券を買い注文し、そしてガツガツと
食べ始めた。
ぶっちゃけ、味は割と普通な感じであったが、この値段だと文句も言えない。
いや、言う気など毛頭ないけどね。

 こうして私が約半分の量を食べかけた頃、
ふと周囲を見回すと、実に恐るべき光景が私の目に入ってきた。

 みんな、サラダも食ってる~。

そうです。
私を除いて、その場にいる誰もが、サラダを一緒に注文していたのです。
なんなんでしょう、これ。
確かに、そのサラダ、値段はたったの100円です。
そしてこれも例によって、100円では安すぎるくらいボリュームたっぷり。
お得と言えばお得であることに違いはありません。

 しかし………。
その場にいる誰もが、すべからく注文するなんてことがあろうか。
中には野菜嫌いな人がいてもよさそうなものなのに。

 このことからも、東京の人は食べ物にかなり気を使っているんだなあと、
私は感心すると共に、その反面、これでこいつらが東京人でもなんでもなく、
全員地方からの旅行者とか仕事で来ているだけとかだったら笑うぞ、
などと、しょーもないことを思ったのでした。

                       つづく

=======================================================================

 【次回予告】

食事を終えたJ影虎は休むまもなく、ある場所へと向かう。
かつて聖地とまで言われたあの場所へ。
そこでJ影虎が見たものとは?
次回、「懐かしき場所」
お楽しみに。

=======================================================================

 【猫でも行けるコミケ指南】

4. カレーを食う時は一緒にサラダも頼め!

|

« かつてない戦慄 | トップページ | 懐かしき場所 »

ネタに詰まったら東京に行っとけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/42245505

この記事へのトラックバック一覧です: サラダ記念日:

« かつてない戦慄 | トップページ | 懐かしき場所 »