« あれはあれでいいのかねえ~? | トップページ | サラダ記念日 »

2008年8月23日 (土)

かつてない戦慄

 いよいよ出発の時。
私は無難に新幹線を利用することにした。
前の時は寝台車を利用したが、これがもう酷いのなんの。
PSPやってたら揺れが酷くて気持ち悪くなるし、本を読んでいても揺れが酷くて
気持ち悪くなるし、その場に居合わせたおっさんはしきりにメンチ切ってくるものだから、一触即発の状態になるし……etc。
あの時の悲劇を我々は二度と繰り返してはならない………。
 
 そんなわけで、私は今新幹線に乗っている。
寝台車はもうダメだ。あてに出来ん!頼りにならん!
人間が乗るものじゃねえ!
そして何よりも~!!

速さが足りない!!!

とは言え、既に長崎から博多までで2時間を費やしているが、
新幹線でもここからさらに5時間はかかるのだから、何とも気が遠くなってしまう。
と…遠いな……。
まるで、剣崎順と高嶺竜児の試合を観戦しているような距離だ。
だが、今の私には強い味方がいる。
まずは、ブギーポップ最新作、「ヴァルプルギスの後悔」

======================================================================

ヴァルプルギスの後悔 Fire1. (1) (電撃文庫 か 7-22)
ヴァルプルギスの後悔 Fire1. (1) (電撃文庫 か 7-22) 上遠野 浩平

アスキー・メディアワークス 2008-08-10
売り上げランキング : 79

おすすめ平均 star
star開幕―魔女大戦

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

=======================================================================

 まさに、この時の暇つぶしのために出たかのようなナイスなタイミング。
これもひょっとしたら運命(カイン)なのかもしれない。
ここで感想を述べられないのはちょっと残念だが、一言言わせていただくならば、
今回もブギーポップに腹が立った(笑)。
もう、主人公代えた方がよくね?

 次に、CFWに成功し、いまや限界以上のポテンシャルを引き出した、我がPSP。
メモリースティックも16G、4G、4G、2Gの4枚を要し、音楽、動画、ゲームはもちろんの
こと、漫画をも擁する充実ぶり。
それに加え、DSもあるのだから、5時間なんて時間などあっという間である。
5時間どころか、これだと精神と時の部屋でも余裕で暮らせるぜ!!
(電気があればの話だけど)

 しかし、それでも、人前で堂々とゲームをするのはやはりちょっと気が引ける。
普段は学習系のソフトばかりやってるので、特に意識したことはなかったが、
例えば、『無限のフロンティア』をプレイしてて、神夜の乳揺れなんぞ横にいる人に
見られた日には死ぬほど恥ずかしくなることであろう。
もっとも、そんな隣の席の人がやってるゲームを覗き込むほど悪趣味な人もそういう
いないとは思うのだが……。

 私がそんなことをぼんやりと考えていると、ふと私の左斜め前の座席に誰かが
座ったのが目に入った。
そして程なくして、さらにその横に「ここいいですか?」と言って座る者が1人。
私はなぜか彼らをず~っと眺めていた。
 すると、どうであろうか!
突然、窓際に座った男がノートパソコンを取り出したのだ。
無論、それだけならば特段何の問題も無い。
へぇ~本当にこんなとこでパソコンする人もいるんだ~。
仕事でもするのかなあ。
と、そんな風に思っていました。

 ところが、その窓際の君(仮名)は次の瞬間、信じられないことをしたのです。

 アニメ観てやがる。

そうです、なんと、その男はノートパソコンを取り出したかと思うと、すぐさま
アニメを観始めたではありませんか!それも『BLOOD+』を。
横にいた男が一瞬硬直したように見えたのは、私の気のせいでしょうか?
 しかし、そんなことはおかまいなしと言わんばかりに、窓際の君は
ひたすらアニメを観ていたのです。

 こんな場所で何の臆面も躊躇も無く、平然とアニメを観れるなんて、この男……

かなりデキル!!!!

 私は戦慄を覚えずにはいられませんでした。
と同時に1つの不安要素が浮かび上がりました。
もしや、こやつもコミケに行くのでは………?
いや、むしろ、行くはず!
これほどの男がコミケに行かないはずはない!
だとすれば………

 当日、私はこの男と『週刊少年打ち切りジャンプ』と『初』をめぐり、
戦うことになるのやもしれん………。
私はかつてない戦慄と共に、壮絶な死闘の幕開けを予感せずにはいられなかった。

                         つづく

=======================================================================

 【次回予告とかいろいろ】

まあ、漫画とかだと、こういう場合はすべからく対決フラグが立つものですが、
現実だとな~んも起こりません。
ええ、当日何もありませんでした。
まったく、見当違いの杞憂にも程があるぜ。
現実ってつまんねーの!
ってなわけで、次回はいよいよJ影虎が東京に到着。
そこで見た恐るべき光景とは!?
次回もお楽しみに。

=======================================================================

 【猫でも行けるコミケ指南!】

3. フラグなんてない!!!
だが、反逆児ならばなくても見つけ出せ!
そして立てろ!
 

|

« あれはあれでいいのかねえ~? | トップページ | サラダ記念日 »

ネタに詰まったら東京に行っとけ」カテゴリの記事

コメント

>ヴァルプ
さっき読みました。
なんかまた二重人格でしたね。

それくらいしか言うことはないです。
でも、面白かった。


> ところが、その窓際の君(仮名)は次の瞬間、信じられないことをしたのです。

この「引き」を見たとき、続くのは「ズボンを下ろし、逸物を激しくしごきだした」だと予想しました。
しかし、アニメだったとは…。

投稿: jony | 2008年8月23日 (土) 23時12分

 >ヴァルプ

確かに面白かったけど、私としては釈然としないこともありましたね。
まず、凪。
凪にはあくまで普通の人間でいて欲しかったんだけど、ああ、やっぱこいつも特殊な人間だったんだなあというのが分かって、ちょっと残念。
次に、ラウンダバウト。
どんどん扱いが酷くなってるような気がします。
私、こいつの能力けっこう好きなのに。
あの回りくどく相手を攻撃する手法とか。

そして、これはどーでもいいことですが、
今回の凪の絵って、なんかエロくない?
戦闘中の半裸の絵を除いて(笑)。

 >窓際の君
仮にそんなことしてたら、ここには書きません(笑)。

投稿: J影虎 | 2008年8月24日 (日) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/42197874

この記事へのトラックバック一覧です: かつてない戦慄:

« あれはあれでいいのかねえ~? | トップページ | サラダ記念日 »