« 邂逅は再会を凌駕する!? | トップページ | それは売り物ではありません »

2008年9月 7日 (日)

九州をどげんかせんといかん

 私は彼らの作品をパラパラと読むと共に、ムーさんYukimiさんとしばらくお話をした。
「初」のジャンプ脳診断をやったり(ちなみに結果はエリートなジャンプ脳だった)、
「打ち切りジャンプ」のクリード様ペーパークラフトの完成形の実物を見せてもらったり
(ちなみに、私のはまだ完成してません。途中失敗したまま投げ出してます)
しつつ、色々な話を聞かせてもらいました。

 中でも一番印象深かったのは、「初」の執筆者36名の内、今回参加できる人は
半数にも満たないという現実。
実を言うと、私もこの36名の中の1人、ありさちゃんにひょっとしたら会えるかも
という淡い期待を抱いていたのですが、残念ながら彼女も不参加でした。
執筆されるまで色々と苦労もあったはずなのに、はちべえさんのように仕事であったり
また、遠方であったり、その他諸々の事情で都合がつかず、この晴れ舞台に立てない
方々が半数以上いらっしゃるということに、私は大変寂しさを覚えました。

 加えて、ムーさんとの話で、
「九州には(ジャンプ感想サイトの管理人は)誰もいませんよね?」
と言われたことが、私をさらにこの上ないブルー色に染めてしまいました。
なんてこったい!
やはり九州には、オレと春日さんの他にジャンプ感想書いてる奴はいなかったのか。
しかし、その春日さんも今やジャンプ感想どころかサイトも閉鎖して消息不明の上、
私もほとんど休止している状況である。
つまり、事実上、九州勢は全滅………
これはまさに由々しき事態であった。
これではいかん。私は遺憾だ。
……ゴホン、ゴホン……。

 えー、まあ、そういうわけで……。
この今の状況をどげんかせんといかんと強く思うのですが、
今更私が復活して毎週ジャンプ感想を書くなど、そんなめんどくさいことはゴメンだ!
となれば、私に課せられた使命は、有能な後継者を育てることではないだろうか。

 うん。
『キン肉マンⅡ世』で言えば、ケビンマスクやマンモスマンを鍛え上げるトレーナー的
存在でありながら、時には自らも戦う、ウォーズマン的なポジションに落ち着くのが良い
ように思えるのだが、いかがだろうか?
もっとも、面白い感想を書ける有能な人材など、どうやって探せばいいか分からないし、
よしんば見つけられたとしても、その人が素直に私に師事するとも思えないので、
結局は机上の空論に終わりそうではあるが、それでもやはり九州をどげんかせんと
いかんと思えるわけで、どうしたものかなあ~と思いつつも、答えを出せないまま、
そこはかとなく、ブルーな気分になるのであった。

                        つづく

========================================================================

 【次回予告】

ムーさん、Yukimiさん、かがみさんとしばらく話をした後、
J影虎は、せっかく来たのだから他のところも見てみようと、散策してまわる。
そこで彼が目にしたものとは?
次回、「それは売り物ではありません」
をお楽しみに。

|

« 邂逅は再会を凌駕する!? | トップページ | それは売り物ではありません »

ネタに詰まったら東京に行っとけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/42402757

この記事へのトラックバック一覧です: 九州をどげんかせんといかん:

« 邂逅は再会を凌駕する!? | トップページ | それは売り物ではありません »