« 九州をどげんかせんといかん | トップページ | 差し入れはホンマに必要なのか? »

2008年9月 9日 (火)

それは売り物ではありません

 その後も私は、ムーさんと色々お話をしている傍らで、
売り子をやってるかがみさんとレジをやってるYukimiさんのお客さんとのやり取りを
微笑ましく見ていました。
Yukimiさんもご自身の記事に書かれていたが、かがみさんが「打ち切り1」と言って、
お客さんが「打ち切りって(笑)」と言うシーンもばっちり見ましたし、また、個人的には
かがみさんが一度間違って「打ち切り」を「打ち上げ」と言ってしまったのが、
一番面白かったように思えます。

 そして、ムーさんとの話で一番衝撃的だったのが、
なんと!あの105円均一さんとお話したことがあるということでした。
そして、105円均一さんと私…(は含まれていたかどうか定かではない)に
感想を書いて欲しい(しかも読まずに)とまで言われました。

 もっとも、読まずに感想を書いて欲しいのは105円均一さんだけで、
私の場合は「普通に反逆児の視点から感想を書いて欲しい」だったかもしれませんが、
このことからも、いかに105円均一さんが高く評価されているかがよく分かりました。

 まあ、そんなわけで、それからもしばらくの間は彼らの側にいたわけなんですが、
さすがにずっと居座るのも気が引けるし、何より、邪魔になりかねなかったので、
一端この場を離れることにしました。

 せっかく来たのだから、他のところもまわってみよう。
思わぬ掘り出し物があるかもしれん。
そう思って、私はあちこちをまわることにしたのでした。

 こうして、私は再びあちこち散策してまわったのですが、
改めて思ったのは、やっぱカタログは必要かな?ということでした。
まあ、元々は物見遊山気分で来た訳だから、ないならないでよかったんですが、
後で他の参加者達のオフレポを読んでみると、結構知ってる方やサークルの名も
チラホラと見受けられたので、それらを知りえなかった、気付けなかったのは
今思うと本当に残念でなりません。
次回、また来ることがあれば、その時はカタログを買う……まではいかないまでも、
事前にもっと色々と下調べをしておこうと思います。

 で、結局私が他に買ったものは、『ARIA』のうちわと十五屋さんの『ARIA BOOK1』
の2つでした。
そしてその際、十五屋さんのところでは、アリア社長の置物(フィギュア?)を
「これください」と言って、「それは売り物ではありません」と言われてしまい、
それでも「なんとか売ってもらえませんか?」と粘った挙句、当然のごとく断られて
しまい、こっ恥ずかしい思いをしました。
十五屋さん、その節はどうも失礼をしました。

 しかし、これにも懲りず、私はその後も行った先々で、置物やぬいぐるみやフィギュア
を見つけては、「これ下さい」と言って、当然のごとく「それは売り物ではありません」
と断られることをおよそ3回も繰り返してしまいました。

 このことからも、コミケでは売り場に置かれている置物の類は、実は商品では
ありませんので、皆様もくれぐれもご注意されるようお願い申し上げます。

                          つづく

========================================================================

 【次回予告】

ある程度散策し終えたJ影虎は、再びムーさん達のところへと向かう。
彼らはまだ食事も取っていないと言っていたので、何か差し入れでもするか。
そう思うが、同時に「いや、でもオレがいなかった間に既に取ってるかもしれない」
となると邪魔になるだけではあるまいか?
と、ヘタレな不安がとめどなく押し寄せる。
はたして、J影虎は無事差し入れすることができるのか?
次回、「差し入れはホンマに必要なのか?」
お楽しみに。

========================================================================

 【猫でも行けるコミケ指南】

10. コミケでは売り場に置かれている、「ぬいぐるみ」、「人形」
「フィギュア」の類の置物は、ほとんどの場合、売り物ではない。

|

« 九州をどげんかせんといかん | トップページ | 差し入れはホンマに必要なのか? »

ネタに詰まったら東京に行っとけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/42422789

この記事へのトラックバック一覧です: それは売り物ではありません:

« 九州をどげんかせんといかん | トップページ | 差し入れはホンマに必要なのか? »