« スパロボZ感想外伝 セツコ・オハラを最初に「セッちゃん」と呼んだのは私だ! | トップページ | スパロボZ ネタバレ感想 その8 »

2008年10月23日 (木)

どーなってるの?

 今回の『キン肉マンⅡ世』の展開があまりに酷すぎる件について

…もうね、がっかりですよ。
セイウチンに対して「がっかり」と言ったネプチューンマンに「がっかり」と言った
ウォーズマンに対して、私もがっかりしたし、マンモスマンに対しても、
そしてこんなしょーもない展開にしたゆでに対してもがっかり……。
なに、この「がっかり祭り」

 それくらい、今回の展開は酷いんですよ。
もう、超展開とか、鬱展開とか、そんな次元の話じゃありません。

 簡単に説明すると、試合中対戦相手とくっちゃべってたら、
その間にパートナーが、なんかつまみ食いしながら裏切りやがりました…
といった内容なんです。

 まあ、こう言ってもなんのこっちゃ分からないでしょうが、
かいつまんで言うと、本当にこんな展開だったのだから、もう目も当てられません。

 そもそも、なにがどーなってそーなったのかがさっぱり分からんのですよ。
ひょっとしたら、次回その謎が解明されるのかもしれませんけど、
あてには出来ませんよね。なんせ、ゆでですから…。

 まあ、あえて今回の話に何かしら意味やテーマを見出すとしたならば……
人のふり見てわがふり直せ……ってことですかね?

 ネプチューンマンに、セイウチンの扱い方がどーのこーのと説教たれてた
当のウォーズマンが、どっこい自分もパートナーのマンモスマンに裏切られていた
ってのはなんなんでしょうかねえ?
ひょっとして笑うところだったのでしょうか?

 まあなんにせよ、ウォーズマンとネプチューンマン。
王位争奪戦から34年経った現在でも、未だ現役という超ベテランであり、
その34年もの間、休むことなく自己を研鑽し、豊富な知恵と経験を身に着けたものの
人を見る目はまったくなかったってことですね。

 ほんとにもう、がっかりです。
それに、なんだったんでしょう。
ネプチューンマンが言ってた、
「パートナーとしてはマンモスマンよりオレのセイウチンの方が上だ」
ってのは。
そして、なんでなんでしょう。
フッ素ポリマー化を施していないマンモスマンが、光ファイバーを使えるのは。

 考えれば考えるほど、わけが分かりませんが、
そもそも、考えて分かるほど、ゆでというものは生易しくないので、
もう考えないことにします。
考えるだけ無駄です。
うん。板垣マジックと同じですよ。
いや、ある意味、板垣を超えたんじゃないかな?
加えて、ラストでマンモスマンが残した名言。

ウメー ウメー

これは流行るぜ!
少なくとも、スナック菓子を食いながら「ウメー ウメー」という人が激増するのは
間違いないでしょう。
私もしばらくの間は、マンモスマンごっこと称して、スナック菓子を食う時は
「ウメー ウメー」と言いながら食うようにしようと思います。
…戯言だけどね。

|

« スパロボZ感想外伝 セツコ・オハラを最初に「セッちゃん」と呼んだのは私だ! | トップページ | スパロボZ ネタバレ感想 その8 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/42884524

この記事へのトラックバック一覧です: どーなってるの?:

» パチスロキン肉マン攻略法1 − 先ずは基本情報の把握 [パチスロキン肉マンを攻略する!]
攻略の大前提となる、機種の基本情報。攻略を始めるにあたって押えなければならないその重要な情報が、その機種の設定ごとのボーナス確率です。その機種にどんなボーナスがあってその確率がどうであるかを明確に知っておかないと、実はどんな攻略法も上手く活かせません。ですから先ず、パチスロキン肉マンにボーナスとしてあるのは、赤7BG、青7BG、黒7BG、ゴングBGの4種類であること(ビッグボーナスは存在しない)、そし... [続きを読む]

受信: 2008年10月25日 (土) 22時25分

« スパロボZ感想外伝 セツコ・オハラを最初に「セッちゃん」と呼んだのは私だ! | トップページ | スパロボZ ネタバレ感想 その8 »