« 麻生総理叩きに反逆③ 増税と給付金編 | トップページ | 麻生総理叩きに反逆⑤ ラサール石井の憂鬱編 »

2008年11月29日 (土)

麻生総理叩きに反逆④ 失言編

 4.失言

まあ、確かに失言と言えば失言だと思いますよ。
「医者は社会的常識が欠落した人が多い」だとか、
「母親の教育が必要だ」とかなんとか…。
でもね………。
別に言ってることに間違いはないじゃないですか。
そういうことは思ってても口にするんじゃねえ。
と思えるだけのことであって。

 それをマスコミの連中はなぜ叩くのか?
大体「医者が社会的常識が欠けている(非常識)」なんてこと、
私は一回テレビで聞いたことがありますよ。
なのに、なんでマスコミは自分らのこと棚に上げて麻生さんを叩くわけ?
それに、「医者が非常識」だということは、それこそ世間一般的によく言われていること
であって、それこそ「庶民の感覚」ってヤツですよ。
おそらく、みなさんも一度は聞かれたことあるはずです。
「医者と学校の先生は非常識」だと。

 まあ、確かに「非常識」と言うのは語弊があるし乱暴な表現だとは思いますよ。
でも、必ずしも間違ってはいないでしょ?
医者と学校の先生と言うのは、社会という枠組みの中で、さらに「病院」と「学校」という
限られた空間内でのみ仕事をしているわけですから、感覚が世間一般のそれと
多少異なってしまうと言うのも無理からぬことであり、当然と言えば当然なんですよ。
加えて言うならば、「警察」や「自衛隊」の人とかも同様だと思う。
なぜかあまり言われたのを聞いたことはないが………。

 営業をやってるサラリーマンの方々なんて、特にこういうことに敏感です。
なにしろ、彼らは営業で色んな人に会うわけですから、その中で医者と学校の先生が
いかに他の人と比べて浮いた存在であるかということは、よーく知ってるわけです。

 そして、その過程において医者や学校の先生の他人とは違った感覚の、
特に悪い点ばかりが目立ったためか、常識がないと言われるようになったのでしょう。

 ゆえに、そこは「我々とは違った感性を持っています」くらいに留めていた方が
良かったのかな?とは思いますが、なんだかんだ言ってマスコミは叩くことしか
しませんから、言ったら言ったで、「差別的な発言だ」とか騒ぎ立てたと思えるので、
結局は同じことだったのかもしれませんね。

 後、「母親の教育が必要だ」ってのは何がいけないのでしょうか?
最近、モンスターピアレントのような親の奇行が大きな問題になっていて、
マスコミも何度となく取り上げているのに、なぜ、そこで麻生さんを叩くのか?
もっとも、当の母親達本人に言ってしまったのは、確かに失敗ではあったけどね(笑)。

 まっ、なんにせよ、マスコミや民主党の人達は言葉尻を捉えて揚げ足を取って
叩く傾向にあるので、先程も言ったように、結局は何を言っても叩かれることが続く
のかなあと思えるわけで、なんとも嫌な気分になってしまう、今日この頃です。

|

« 麻生総理叩きに反逆③ 増税と給付金編 | トップページ | 麻生総理叩きに反逆⑤ ラサール石井の憂鬱編 »

気弱な反逆児の主張」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/43265629

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生総理叩きに反逆④ 失言編:

« 麻生総理叩きに反逆③ 増税と給付金編 | トップページ | 麻生総理叩きに反逆⑤ ラサール石井の憂鬱編 »