« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

J影虎、メイド喫茶に行くの巻

 えー、いつぞやの「誰の為のメイド喫茶?誰の為のメイドさん?」にて、
既にネタバレしていることではあり、それを今一度掘り下げて書くというのも
大変心苦しい限りなんですが、一応けじめっつーことで、書かせていただきます。

 オフレポ最終章(と言ってもコミケ終了後の後日談だが)第二幕、はじまりはじまり~。

続きを読む "J影虎、メイド喫茶に行くの巻"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻生総理叩きに反逆⑥ まとめ

 6.まとめ

さて、今まで散々述べてきましたが、ここらで締めくくりたいと思います。
まっ、結論から言って、マスコミの報道があまりに偏りすぎな感じがしますね。
失言の問題についても、相変わらず発言の全文を出さず、一部分だけを切り取って
叩くという芸のないことをやってますし。
加えて、そんなマスコミの報道に釣られてしまう民衆にも、なんだかなあ~と思って
しまいますね。
未だにマスコミの報道に何の疑問も持たず鵜呑みにするなんて、
そりゃあ、振込み詐欺の被害も減りませんよ。
もっと意識を変えて、自分で考えるクセをつけないと。

 スパロボZのシナリオが酷い
なんて言ってる人達もそうです。
みんな釣られすぎとか言いながらも、自分らもマスコミの報道に釣られて、
「麻生じゃやっぱダメだなあ~」とか言ってるんでしょ?
いや、言ってるはずですよ。
それを言ってないだなんて言わせない!
言わせてなるものかっ!

 ……まあ、そんなわけで、結局はマスコミの報道ってムカつくよね~という話に
なってしまうわけなんですが、怖いのは、このまま麻生さんが叩かれ続けることで、
終いには、「漫画ばっかり読んでるからこんな風になるんだ!」などと言われ、
漫画の存在をも否定されやしないかということ……。
かつて漫画は「漫画ばかり読んでいるとバカになる」とか言われ、
とかく大人からは忌み嫌われるものでしかありませんでした。
それが今では、日本が誇る文化となり、世界的に認められるようにもなっただけに、
そのような事態にならないことを祈りたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻生総理叩きに反逆⑤ ラサール石井の憂鬱編

 5.ラサール石井の憂鬱

この件に関して麻生さんを叩いてるいる人はあまりいないとは思うのですが、
念のために、ね。
まあ、ラサールさんの気持ちはよく分かるんですよ。
私がラサールさんの立場ならば、同じように怒ったことでしょう。
でもね………。
ご自分のブログにあんなことを書いてしまってはねえ。

ラサール石井がなんぼのもんじゃい!

って、誰もが思ってしますよ。
しかも、なんですか、あの言い分は。

オレが両津だ!

と言わんばかりではないですか。
言っておくけど、オレはまだあんたを両津と認めたわけではないからねっ!

…と、ちょっとツンデレっぽいことを言ってしまいましたが、
そんなことは全然なくてですね、要はアニメと漫画は別物だと言いたいだけなんですよ。
もっと言えば、原作ファンの中にはアニメを嫌っていて、ラサール=両津を未だに
認めない人もたくさんいるんです。

 ですから、麻生さんもまさにそういうファンの1人だったのではないでしょうか?
そういうこと今までに考えたことがありますか?
つまり………ええーい!言ってしまえ!

ラサールさん、あんた麻生さんから嫌われてんですよ!
だから、握手してもらえなかったんですよ!
別にあなたを知らなかったわけでじゃあないんです。
知った上で、あなたをラサール石井だと眼前で確認した上で握手を拒否されたんです。
それだけ麻生さんは不満なんですよ。
あなたが演じる両津に対して。

                  注:上記の6行は全て推測です

なのに、な~んでそういう風に考えられないかなあ。
握手を拒否されたから自分のことを知らない、なんて考えますか?
そんなことされたら、普通は「ああ、オレって嫌われてんのかなあ」とか、
そんな風に思うはずですけどねえ。
ボクには芸能人の方の考え方がよく分かりません。

 まあ、そんなわけで、結論から言うと、お二人とも大人気ないかなあと(笑)。
麻生さんもね、そこはやっぱり握手してあげるべきでしたよ。
例え、嫌いな人だったとは言っても(笑)。
気持ちは分かりますし、私が麻生さんの立場なら同じように無視してましたけど(笑)。
でも、首相としてはそれくらいの度量も持ち合わせていないとね。

 もっとも、したらしたで、今度はラサールさんが調子の乗ってしまい、
もっとウザイ存在になり得たかもしれないわけで、麻生さんにとっては何のメリットも
なかったのかもしれませんが(笑)。

 最後に、ラサールさんに対して一言物申して締めくくりたいと思います。
以前何かの番組で、木下優樹菜に「え~両さんだったんですか?」と驚かれてたけど、
なんで木下さんに対してはブログで攻撃しなかったのかな?かな?
一国の首相に対しては激しく口撃し、自分よりも遥かに年下のひよっこ芸能人には
だんまりなラサールさん。
ボクには芸能人の考えがよく分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

麻生総理叩きに反逆④ 失言編

 4.失言

まあ、確かに失言と言えば失言だと思いますよ。
「医者は社会的常識が欠落した人が多い」だとか、
「母親の教育が必要だ」とかなんとか…。
でもね………。
別に言ってることに間違いはないじゃないですか。
そういうことは思ってても口にするんじゃねえ。
と思えるだけのことであって。

 それをマスコミの連中はなぜ叩くのか?
大体「医者が社会的常識が欠けている(非常識)」なんてこと、
私は一回テレビで聞いたことがありますよ。
なのに、なんでマスコミは自分らのこと棚に上げて麻生さんを叩くわけ?
それに、「医者が非常識」だということは、それこそ世間一般的によく言われていること
であって、それこそ「庶民の感覚」ってヤツですよ。
おそらく、みなさんも一度は聞かれたことあるはずです。
「医者と学校の先生は非常識」だと。

 まあ、確かに「非常識」と言うのは語弊があるし乱暴な表現だとは思いますよ。
でも、必ずしも間違ってはいないでしょ?
医者と学校の先生と言うのは、社会という枠組みの中で、さらに「病院」と「学校」という
限られた空間内でのみ仕事をしているわけですから、感覚が世間一般のそれと
多少異なってしまうと言うのも無理からぬことであり、当然と言えば当然なんですよ。
加えて言うならば、「警察」や「自衛隊」の人とかも同様だと思う。
なぜかあまり言われたのを聞いたことはないが………。

 営業をやってるサラリーマンの方々なんて、特にこういうことに敏感です。
なにしろ、彼らは営業で色んな人に会うわけですから、その中で医者と学校の先生が
いかに他の人と比べて浮いた存在であるかということは、よーく知ってるわけです。

 そして、その過程において医者や学校の先生の他人とは違った感覚の、
特に悪い点ばかりが目立ったためか、常識がないと言われるようになったのでしょう。

 ゆえに、そこは「我々とは違った感性を持っています」くらいに留めていた方が
良かったのかな?とは思いますが、なんだかんだ言ってマスコミは叩くことしか
しませんから、言ったら言ったで、「差別的な発言だ」とか騒ぎ立てたと思えるので、
結局は同じことだったのかもしれませんね。

 後、「母親の教育が必要だ」ってのは何がいけないのでしょうか?
最近、モンスターピアレントのような親の奇行が大きな問題になっていて、
マスコミも何度となく取り上げているのに、なぜ、そこで麻生さんを叩くのか?
もっとも、当の母親達本人に言ってしまったのは、確かに失敗ではあったけどね(笑)。

 まっ、なんにせよ、マスコミや民主党の人達は言葉尻を捉えて揚げ足を取って
叩く傾向にあるので、先程も言ったように、結局は何を言っても叩かれることが続く
のかなあと思えるわけで、なんとも嫌な気分になってしまう、今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻生総理叩きに反逆③ 増税と給付金編

 3.増税と給付金

これもなんで叩かれるのかさっぱり分かりませんね。
この際だからはっきり言いましょう。
増税に対して文句言って騒ぎ立ててる奴ってなんなの?
するってえと、なにかい?

増税されてなんか困ることでもあんのか!

 …戯言だけどね。

それに給付金に対しても、もらう側のくせして、あーだこーだと騒ぎ立てる奴らって
なんなの?
そりゃあね、こんなご時勢ですから、色々と苦しいのは分かりますよ。
しかし、ここまであからさまに醜い心むき出しにされると、さすがにあのセリフを
言いたくなるってもんです。

 乞食のくせに

…戯言だけどね。

 でもまあ、こんな時代だからこそ、ぶーたれてないで前向きに考えましょうよ。
ある意味『ドラゴンボール』的な展開ではないですか。
2年後にものっそい強い2人の人造人間が現れるので、それまでに修行して、
2人を倒せるようになるくらい強くなってね、っていう。
これを今に置き換えると、景気が回復すれば増税するから、それまでこの1万2千円を
有効利用して持ち直してね、ってことですよ。

 それなのに、街頭インタビューとか聞いてると、
「焼肉食って終りですかね~」とか、「ゲーム買います!」とか、
もうね、たわけ!と。
なんでそこで、この1万2千円を元手に巨万の富を築くぜ!
とか、そういう気概を持たないのでしょうか?

 こういう時こそ、ギャンブラーや投資家や勝負師は燃えるものじゃないの?
それなのにそういう声も一切聞こえてこないなんて、父ちゃん情けなくて涙出てくらぁ!
…まぁ、別に父ちゃんじゃないけどね………

 まっ、そんなわけで、結局は自分のことは自分で何とかするしかないんですよ。
今の不況にしたってなるべくしてなったことであって、こんなの誰のせいでもないでは
ないですか。まあ、強いて言えばアメリカのせいだけど……。
いい加減、いつまでも愚痴こぼすのはやめにしましょうや。
ましてや、金額が少ないだの年収の縛りがどうのこうのなんて、みみっちいですよ。

 ねだるな!勝ち取れ!さすれば与えられん。

この言葉を日本人1人1人が心に留めて欲しいなあと思う、今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻生総理叩きに反逆② 高級ホテルのバー通い編

 2.高級ホテルのバー通い

これもなんで叩かれるのかさっぱり分かりませんね。
この際だからはっきり言いましょう。

ええやんけ!!!
私は一向に構わん!!!

 なんでこんなことにまで一々口出しするのか?
こんなもん、単なる僻みじゃないですか。
しかも、「庶民の感覚」からかけ離れているとか、
さも「高級ホテルのバーに通えない」ことが庶民であるかのように騒いでるけど、
一緒にすんな!!

 庶民もピンからキリまでいるんじゃ、ボケェ!
高級ホテルのバーに毎日通える人もいれば通えない人もいる。
そういう人達を全部ひっくるめて「庶民」と言うんですよ。
ですから、そんな庶民の中にも「庶民」の枠に収まらない「庶民を超えた庶民」とか
「庶民を超えた庶民をさらにもうひとつ超えた庶民」とか、すげえ奴も確実にいる訳で
それをあたかも国民の1人1人がそうであるかのように言うってのは、アサヒってること
になりやしませんかね~。

 しかも、高級ホテルのバーは料亭などよりも安くて安全と言ってるのにですよ、
なんで値段の比較とかはしないわけ?
実際に、こんなもん値段を比較して示せば済む話じゃないですか。
それをなぜしない?
なんかマスコミっていつもこういう数字は出さないですよね。
いつぞやのライブドアの粉飾決算騒動の時も、粉飾決算があったと言ってるだけで、
どこをどう粉飾したのか決算書を見せて説明もしない。
マスコミって数字が苦手なの?バカなの?死ぬの?

 それに、これが一番分からないことなんですが、
なんでマスコミ連中は麻生さんが毎晩高級ホテルのバーに通ってることを知ってるの?
後をつけてるの?バカなの?死ぬの?
こんなもん、ストーカーじゃないですか。
しかも、こんな風に報道で全国に知らしめたりして、麻生さんが暴漢に襲われたり、
殺し屋に殺されたり、暗殺者に暗殺されるようなことにでもなったらどーすんの?

麻生さんはマスコミをストーカー被害で訴えた方がよろしいかと思う、今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻生総理叩きに反逆① 漢字の読み間違え偏

 麻生叩きがあまりにも目に余るので、ちょっくら助け舟を出しましょう。
さしあたっては、叩かれているポイントごとにコメントをするという形式でやります。
第一弾は漢字の読み間違え。
これについて語りましょう。

 1.漢字の読み間違え

これこそまさに揚げ足取りではないですかね~。
誰だって読み間違えくらいあると思うんですけどね~。
頻繁を「はんざつ」と読んだとか、踏襲を「ふしゅう」と読んだとか、さも鬼の首をとった
かのように騒ぎ立てていましたが、この程度で騒ぐのであれば、
なんでいつぞやの「小女子騒動」の時は「小女子」も読めない警察官や学校教師など
は叩かなかったの?
あいつらは揃いも揃って雁首並べて神妙な顔つきで「しょうじょし」、「しょうじょし」
と言ってたんだぜ。
激ダサだろ!
これに比べれば、麻生さんのなんて、日常よくある単なる読み間違いであり、
誰にでもあることですよ。
それこそ、「庶民の感覚」ってヤツじゃないですか。
これを叩いてる奴らは今までに一度も読み間違えがないとでも言うの?
あるでしょ?
学校で教科書読まされたり作文読まされたり、大学でレポート発表したり、
会社でプレゼンしたり、諸々の場でスピーチしたりと、文章を人前で読むという機会は
人生の中で多々あるんですよ。
あなた方はこれまでの人生の中で、このようなシチュエーションにおいて
一切読み間違えがなかったと、胸を張って言えるわけ?
そんなことないでしょ?
誰にだってあるはずですよ。
それをなかっただなんて言わせない!
言わせてなるものかっ!!

 …まっ、そんなわけで、これも「人の振り見てわが振り直せ」ってヤツですので、
麻生さんのことをとやかく言う前に、まずは自分の「漢字力」、「日本語力」を見直しては
いかがかな?
この先麻生さんが何か良いことやって功績上げたりした時に、
マスコミの連中が「汚名挽回」だとか言い出さないことを祈りつつも、反面期待したいと
思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

料亭の親父はずっと小泉容疑者を見ていたのだろうか?

 最近世間を騒がせている小泉容疑者。
なんか、以前とある料亭で、若い女性と2人でスッポン料理を食べていて、
その時お互いに会話がまったくなかったとかなんとか言われてたじゃないですか。
素朴な疑問なんですけど、このことを証言した料亭の親父は、
なんで2人の間に会話がなかったって知ってんの?
ずっと見てたの?
その間仕事はどうしてたの?
他の従業員は何してたの?
止めなかったの?

 考えれば考えるほどミステリーです。オカルトです。
だってそうでしょ?
これが、近くの席にいた他のお客さんがね、
「はい。隣の座敷にいたんですけど、「ウメーウメー」という声しかしませんでしたから、
てっきりマンモスマンかと思いましたよ」とか言ったのなら分かりますよ。
でも、料亭で働いている人がですよ、そこまで特定のお客さんのことを知りえるはず
ないじゃないですか。
ちゃんと仕事してたら、会話があったかなかったかなんて、分かるはずがないですよ。
そりゃあ、時々目にすることはあるかもしれないし、そこで「黙々と食ってるなあ」とか
思うことはあったかもしれないけど、あの口ぶりだと一部始終をもろに見ていたのでは
ないかなあと思えてしまいます。

 そして、それがもし本当なら………。
こんなもん、のぞきやストーカーと一緒ですよ!
重大なコンプライアンス違反です!
せやのに、なんでマスコミはそこで指摘しないの?

 あんた、仕事もせんと、ずっとその2人を見てたんかい!
 うわっ!キモッ!
 ストーカーじゃん、こいつ。
 おい!誰か来てくれ!
 女将さん、この親父、仕事さぼってやしたぜ!

っな具合に、騒ぎ立てることもなかったわけ?
マスコミもどんだけモラルがないんだよ!

 まあ、その時の状況が分からないからなんとも言えませんが、
はっきり言って、こういうのってイメージダウン以外の何物でもありませんよね。
特に料亭って、会社のお偉いさん達が集まって何か密談する場所……
みたいなイメージもあるわけじゃないですか。
それなのに、いくら容疑者とは言え、ここまで情報提供されるとなると、
私としては、こんな料亭にはあまり行きたくないと思ってしまいますね。
今回の一件で、会話の内容まで陰でこっそり聞かれた挙句、吹聴される恐れがある
と、どうしても警戒してしまいますから。

 そりゃあ、客商売していれば、いやな客もいますよ。
そして職場(陰)で、そのお客さんの悪口言ったりすることもあるでしょう。
しかし、こういうのって、絶対にお客さん本人に聞かれないよう、知られないように
すべきであって、事情はどうあれ、こんな風にテレビで流されるってのはやっぱ不味い
だろうと思えるのですが、その辺料亭側もマスコミもどう考えてるんでしょうかねえ。
ちょっと気になる今日この頃です。

 ※ 編集ミスで下書き状態まで表示されてました。
    お見苦しいものを見せてしまい申し訳ありませんでした。
    なお、以下の「続きを読む」がどうやっても消えません。
    クリックしても何もありませんので、ご了承くださいませ。

続きを読む "料亭の親父はずっと小泉容疑者を見ていたのだろうか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

格付会社を批判するマスコミの方こそ格付けされるべき

 今朝、朝ズバッ!をぼんやりと見ていたら、
格付け会社がトヨタの格付けを2段階引き下げたとかなんとかで、
格付け会社に対して、「何様だっ!」と、もんたさんと取り巻きさん達が憤っており、
「格付け会社をちゃんと管理しないといけない」とか言っておりましたが、
それに対して、私も非常に腹が立ちました。

 いやいやいや、それを言うなら、おめーらこそ何様だ!と。
おめーらだって、似たようなこと散々やってるだろ!
人気のある芸能人やスポーツ選手だけを持ち上げ、真に実力のある者を正当に
評価しない。
そのくせ、人気に陰りが出ると容赦なく叩き出し、それまで見向きもしなかった人が
人気が出てくると、掌を返したように持ち上げる……以下ループ…

 どの口がそんなこと言ってるんだよ!
それに、今一番「格付け」が必要なのは、マスコミだろ!
むしろ、なんでテレビ局や新聞などが今まで「格付け」されないでいるのか?
これが不思議で不思議でなりません。

 ってなわけで、人のことをとやかく言う前に、まずはご自分らを格付けされてみては
いかがかな?
もっとも、他人や物事に対して正当な評価も出来ない人が、自らを正しく格付け出来る
はずもないんでしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

J影虎語録その九

 滅多に怒らないJ影虎だが、今日は怒る!
 

=======================================================================

 【用 途】
これも語録その八「ひっさしぶりに~」と同様に、滅多に怒らないJ影虎さんが怒る
なんて、一体どんなことがあったんだ?
と、閲覧者の興味を引くのに極めて有効と思わせつつ、
「今日は怒るって…あんた年から年中怒ってるやないかい!」
と、突っ込ませるための前振りとして使用するも、近年「突っ込んだら負け」という
思想が広まったためか、思ったほどの効果が得られていないというのが現状である。

========================================================================

 【元ネタ】
豹の眼』(ジャガーのめ)という昔の特撮に出てくる主人公、「笹竜胆(ささりんどう)」
のセリフに由来する。

 原文:滅多に怒らない笹竜胆(ささりんどう)だが、今日は怒る!

 ※ 原文はあくまで私の記憶に基づくものであり、実際は違っている可能性もあります

========================================================================

 【備 考】
元ネタが著しく古過ぎるので、補足説明を。

なんか、関根勤さんが少年時代にハマってたらしいですね。
「笹竜胆(ささりんどう)」を一目見て、かっちょええ~と思ったらしく、
それ以来ずっと視聴を続けていたらしいですけど、いつの間にか終わっていて、
『月光仮面』になってたそうなのですが、全然気づかなかったとか……。
まあ、見た目が似てますからね~。
よく見れば違うと分かるんですけど、子供がだまされるには十分過ぎるくらい似てた
かと思います。

 …え~なんか全然補足でもなんでもなかったような気もしますが、
ないよりはマシだと思うので、各自なんとなくでいいのでイメージしてください。

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎語録その八

 ひっさしぶりにムカつきましたわ~!
 

=======================================================================

 【用 途】
久しぶりにムカついた時に使用される。
冒頭の出だしから太文字で使うことによって、怒りの度合いを閲覧者に伝えるには
極めて有効であるため、何かと多用されることが多い。
なお、「ひっさしぶりに~」と言ったそばから、その翌日の記事においても同様に
「ひっさしぶりに~」と使われることも少なくなく、それゆえ、「矛盾してる」だとか、
「久しぶりじゃないじゃないですか」といった指摘を時折受けるが、
これは私の「久しぶり」という概念が、普通の人よりも極めて短いサイクルであるため、
例えそれが一日前のことであれ、いや一分前のことですら、私にとっては
まがうことなき「久しぶり」なのであって、決して間違ってるというわけではない。
…戯言だけどね。

========================================================================

 【元ネタ】
これも特に元ネタらしい元ネタはございません。
つまり、これも貴重なJ影虎オリジナルってヤツです。はい。

========================================================================

 【備 考】
念のため言っておきますけど、あくまで「ネタ」で言ってるんですからね。
そんな年から年中、四六時中、オールウェイズ・怒りん坊ってわけじゃないからねっ!
実際よくいらっしゃるんですよ。
私に対して、常に怒っているイメージとか怖いイメージを持たれてる方が。
全然そんなことありませんから。
第一、私は本当に怒っているなら、表には出しません。
むしろ、笑いながら何の前触れもなく蹴り入れたりしますよ。
本当に怒っているならば。
ですから、「ムカつきましたわ~」とか言ってる内はまだまだ全然大丈夫ですので、
ためらわず、怯まず、怖がらず、痛がらず、寒がらず、勇気を持って節度ある対応を
お願い申し上げます。

 もっとも、ネット上だと、そんな本来の私をイメージするのも困難かもしれませんが。

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎語録その七

スタミナ無さ過ぎだろ。
ホントにムカついたら相手が死ぬまで攻撃し続けろよ。
 
=======================================================================

 【用 途】
ネット上で何かにつけてガタガタと文句を言ってる人に対して使うことが多い。
いや、私のことじゃないよ(笑)。
ただ、この手の人達の怒りなんて、ほとんどは一過性のものであり、持続性がない
ことからも、見ていてイラッとするんですよね。
そしてそれは、その時その時のブームに流されるだけのミーハーだとか、
一つの案件を最後まで責任もって取り扱わない(常に投げっぱなし)のマスコミ
についても同じことが言える。
私がこのセリフを使う時、それはこれらの者達に対して向けられることが極めて多い。

========================================================================

 【元ネタ】
13月の迷宮の七瀬さんのセリフをパクったものです。

========================================================================

 【備 考】
まあ、要は自分の信念は最後まで貫き通せと言いたいわけです。
はい。

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

J影虎語録 その六

アイドルや声優は静止画像(雑誌やHPとかの写真)
ではなく動画を見ろ!

 

=======================================================================

 【意 味】
写真なんざいくらでも加工ができて、綺麗に見せることが可能であるため、
実際に動いている姿を見ないことには、その人がホンマに綺麗なのか、可愛いのか
分からないということです。
写真で見ると可愛かったけど、実際に実物を見るとそうでもなかった。
ということ、よくありますよね?

========================================================================

 【元ネタ】
元ネタなんてない!
これは正真正銘、J影虎オリジナルだ!
ゆえに、今後似たようなことを言ってる人がいたら、そいつは私のをパクってると
いうことです。
まあ、別にいいけどね。

========================================================================

 【備 考】
そう言ゃあ、AVビデオのパッケージも同じことが言えますよね?
いや、詳しくは知りませんけどね(笑)。
ただ、昔はパッケージに騙される人も多かったと、私は聞き及んでおります。
いや、詳しくは知りませんけどね(笑)。
しかし、最近そういう話をあまり聞かなくなったってことは、
それだけAV女優も厳選されてきたってことなんでしょうかねえ。
いや、例によってよく知りませんが(笑)。

========================================================================

| | コメント (3) | トラックバック (0)

J影虎語録 その伍

 相変わらず職もなければ読解力もないんですね

 【用 途】
職のあるなしはともかくとして、読解力がない人に対して侮蔑する時に使う、
極めて攻撃的なセリフです。
主に、見当違いの心ないコメントをした者に対して使いたいと思っていますが
(実際にはまだ使ったことない)、マスコミに対しても時折使ったりします。



 【元ネタ】
某サイトに寄せられていたコメントをパクったもの。
詳細は言えません。
でも、大手ですから知ってる方もいらっしゃるんじゃないですか?




 【備 考】
ちなみに、上記のサイトでこのコメントをされた方は、コメントの際に作品名を間違って
書かれており、それを他の閲覧者に指摘され赤っ恥をかくこととなりました。
このことからも、誹謗・中傷類の書き込みはブーメランとなって己にも返ってくるもの
なので、出来うる限り控えるようにしたいものですね。
うん。やっぱラブ&ピースが一番ですわ( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎語録 その四

 すごいですね~怖いですね~ 

 【用 途】
主に感想などにおいて、(ある意味)すごいものに対し、
それをことさらに強調する場合において使用。
実際はそんなにすごくないことが多いが、前述したように、「ある意味」すごいことや、
「本当にやったら」すごいこと「考えようによっては」すごいことに対して使われる。

 (使用対象例)

・ガンダムという名を最初に思いついたのは私だ!と言った松本零士先生
・ひぐらしのなく頃に
・ラブコメ路線からバトル路線へ変更となった『Dr.リンにきいてみて!』アニメ版
・ルートによって人が変わる『タクティクスオウガ』のヴァイス君
・ただひたすらセツコ・オハラをいじめ続ける『スパロボZ』のアサキム・ドーウィン
・「無我の境地」にいるはずなのに雑念ありまくりの中学テニスプレイヤー達
・ぴちぴちボイス
等など……。            



 【元ネタ】
大元は、名映画評論家の故・淀川長治さん
しかし、モデルとなってるのは、その淀川さんの物真似をしていた(と思われる)
アデランスの中野さん(CV:故・はせさん治-『キン肉マン』のキャラ-)です。
ややこしいですが、実際に、淀川さんは「怖いですねえ、恐ろしいですねえ」
おっしゃっており、上記のように「すごいですねえ、怖いですねえ」とは一度も
おっしゃってなかったと思います。
しかし、かと言って、アデランスの中野さんがそう言ってたかと言うと、
それも今ひとつ自信がありません。
まっ、あまり深く考えず、あくまでこのお2人がモデルだと思っていただければ幸いです。



 【備 考】
特にありません。
何か思いついたら後で加筆します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎語録 その参

   知ってましたか、奥さん?
or 信じられますか、奥さん? 

 【用 途】
世の奥様方に情報を提供する場合及びそれとなく同意を求める場合において使用。
なれなれしくもフランクに呼びかけることで、そこはかとない親しみをかもし出します。



 【元ネタ】
まあ、こんなこと言うのも本当にアホらしいのですが、
テレビの情報番組やテレフォンショッピングの類なんじゃないかな?
と思います。
ゆえに、これといったモデルは特にありません。はい。



 【備 考】
周知の通り、このセリフも今まで散々使いたおしてきてはいるのですが、
残念なことに、これで主婦の同意や共感はおろか、「いい情報をありがとう」といった
感謝の言葉を得られたためしがありません。
ここは密かに主婦に人気があるという風の噂を以前聞いたことがあるのですが、
どうもガセみたいですね。
まあ、そんなわけで、主婦の方々の忌憚のないご意見をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

ネタに詰まったら、近況や今後の予定でも言っとけ

 別にネタに困ってるわけではないのですが、
今後の方向性を示すという意味では、いい機会とも言えなくもないので言います。 

 【スパロボZ】
なんだかんだ言って、結局ランドルートもプレイしております。
現在25話目。
しかし、ランドも当初は物凄い抵抗感がありましたが、いざ使ってみると、
そんなに酷くはないですね。意外にいい奴ですし。
確かに暑苦しくはありますが(笑)。
そして、アサキムは意外なことに、すごくいい子ちゃんです。
セッちゃんルートの鬼畜さとは大違い。
しかし、これが今に「猫だと思ってたら雪豹だった」ってなるわけですね。
はてさて、彼がどんな風に変わっていくのか、今から楽しみです。

 J影虎語録
スパロボZをクリアした方ならばご存知でしょうが、
今回ラスボス語録というものがありまして、それが最低でも27個あるということが
今のところ確認されています。
これに対し、私が意味もなく対抗心を燃やしていることは言うまでもありません。
まあ、この「J影虎語録」にしたって、元々はオシム語録と張り合うためということと、
ネタが分からない閲覧者のために始めたんですけどね。
しかし、今までまったくと言って良いほど全然更新してなかったわけですから、
ちょうどいい機会ですので再開したいと思います。
取あえずは、27個目指して書きますし、ジェイ・ワールド時代のパクリ集とかぶる
もの(セリフ)は避けようと思うのですが、まっ、これも例によって予定は未定です。

 感想リレー
くどいようですが、これが本業です。
しかしながら、最後にUPした3ヶ月前の「竜馬におまかせ」以来、
放置状態が続いているというのが現状です。
次は「せ」から始まるものになるわけですが、
一応予定としては、ジャンプ感想108のレビューも兼ねて、『聖闘士星矢』について
書くつもりです。
ただ、それがいつになるかは分かりません。

 【スパロボZネタバレ感想】
もういい加減書くこともなくなってきたので、
これも一端は凍結。
また何か思いついたら書くことにします。はい。

 オフレポ的な東京旅行記
前にも言いましたが、後はもう後日談だけです。
一応年内までに完成予定です。

 反逆シリーズ
書きたいことは色々あるんですが、書き出すとどうしても長々となってしまうためか、
時間がとれないというのが現状です。
(今更、星野監督や神田高校の校長の話が出るのもそのため)
ゆえに、ひとまとめにしてサラッとしたコメントだけに留めるか、
もしくは厳選して徹底的に書くかになると思いますが、どっちにしろ、
「今になってかよ!」
と思えるようなタイミングになってしまうと思います。はい。

                                          以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

観る目を養え!

「校長先生を戻して」「服装で合否、正しい」保護者ら嘆願書 神奈川・神田高校

 ってなわけで、いつぞやの髪型や服装で不合格にした校長先生が擁護されてるわけ
ですが、私としてはこの展開はちょっとどうかなあ~と思いますね。
いや、気持ちは分かるんですよ。
確かに心情的なものとして受け入れがたいのは分かりますし、
受け入れたら受け入れたで、今度は保護者から「なんであんな不良を入れたんですか」
などと抗議されるのは目に見えてますからね。
 ただ………。
そこで例によって、私としては色々な疑問が思い浮かぶんですわ。

 まず、茶髪の子がいたとして、それが染めてるのか生まれつきのものなのか?
それをちゃんと分かってたのか?確認してたのか?
これでもし、生まれつき茶髪の子で、性格は品行方正、成績優秀の非の打ち所のない
好人物であったとしたらどうなるのでしょうか?
茶髪だから不良だろうと切り捨てられるのでしょうか?
実際、そんな風に切り捨てられた人がいたのではないでしょうか?

 その辺がね、よく分からんのですわ。
マスコミもアホだから、こういう肝心なところを突っ込まないし。
それに、校長は「真面目な学生を取りたかった」と言ってるわけでしょ?
それに、一応面接もしてるわけでしょ?
そこで分かんなかったの?

 ああ、こいつは派手な服装してるけど、人格的には問題ないな。
とか………。
 ああ、こいつは真面目そうだけど、実は赤い血を好む残虐超人だな。
とか………。
 ああ、こいつは残虐ファイトばかりしてるけど、実はテンダーハートの持ち主だな。
とか………。

 これって結局、その「人を見る」という目的の「面接」が全然活かされてない
ってことになりませんかね?
校長を始めとする教員達は全然人を見る目がないってことになりませんかね?

 これでもし「合格した真面目そうな服装をしてた子達」が、入学して問題や不祥事
ばかり起こしたら、一体どうするつもりなのでしょうか?
「髪型や服装がちゃんとしてたから真面目な生徒だとばかり思ってました」
とか言うのでしょうか?

 それこそ「裏基準」や「面接」なんて意味ねーじゃん!
ってな話になってしまいますよ。
その辺のことちゃんと考えてるのでしょーか?

 それにもう1つ。

ええ歳した大人が中学出たばかりのヒヨっ子にびびっちゃってどーすんの!

仮にも教育者ならば、どんな悪(ワル)が入ってこようと、
我らの教育で更正してやるぜ!!
という気概はないのでしょうか?

 そんなの義務教育までの話?
我々にはそこまでする義理はあっても義務はない?

 それを押し付けと言うんだー!!!

結局ね、そういう風に、親が基本的なしつけをしていないだとか、
学校で教えることじゃないとか、逃げてばっかりいて誰も何もしないから、
世の中おかしくなる一方なんですよ。
こんなのは別に高校に限ったことではなく、高校生だろうが、小学生だろうが、
社会人であろうが、礼儀や常識を知らない奴というのは五万といるんですよ。
だからと言って、実力、才能、資質がある(かもしれない)者を切り捨てるだなんて、
まさに愚の骨頂。
間違えや不適切なところは都度正していけばいいだけの話なのに、
なぜか不思議と誰もそれをしようとはしない。
それが今の日本なのです。

 それなのに、教育の現場にいる者がこんな泣き言みたいなこと言うってのは、
なんなんでしょうねえ。
我々は子羊のように大人しい生徒達しか相手に出来ません。
と言ってるようなものじゃないですか。
これって教育者として、そして人としてどーなんでしょうか。

 高校って大学受験のためだけの勉強を教えているところ

ではありませんよね?
それだったら別に高校行かなくても塾に行けばいいだけの話ですから。
別に熱血教師になれとまでは言いませんが、今一度「教育」というものについて
よく考えていただきたいと思います。

 最後に………。
やっぱ「裏基準」ってのは不味かったと思いますね。
そこはやはりちゃんと明文化して示すべきだったと思います。
アニメなんて、「テレビを観る時は部屋を明るくして離れて観てね」
と、必ずといって良いほど、どのアニメでも言ってるでしょ?
また、いつぞやのチワワが出て来るCMについても、
チワワがスノボーやってるシーンで「CM上の演出です。真似しないで下さい」
とかテロップ出してたでしょ?

 このように、今のご時勢では「こんなこと言われなくても分かってるよ」という
分かりきったことでも、事前にちゃんと示しておかないといけないのです。
って言うか、そこまでしないとおつむの弱い人には伝わらないのです。
 もっとも、振り込め詐欺とかこんにゃくゼリーとか、あれだけ世間で騒がれ
注意が促されてるにも関わらず、未だに被害者が絶えないのですから、
受験者側には一切知らされることのない「裏基準」なんてもってのほか。

 ゆえに、あんな騙し討ちみたいなことをするのではなく、
ちゃんとあらかじめ「こうしてください」ということを示した上で、
後に面接でしっかり人を観ればいいだけの話だと私は思います。
うん、結局この問題について思うのは、「面接はなんだったのか?」
ってことなんですよね。
 まっ、そんなわけで、「みてくれではなく中身を見てくれ!」
つくづくそう思う、今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

チーズカレーはもっと評価されるべき

 突然ですがみなさん、カレーライスって知ってますか?
うーん、カレーライスは知らないけど、ライスカレーなら知ってるよ
な~んて、禅問答みたいなことは言わないでくださいよ。
まあ、みんな知ってるであろうことを前提に話を進めていきますけどね。
もし万一、知らない方がいらっしゃったら、家族や知人に聞いてみるとか、ググルとか、
病院に行くとかしてください。

 えー、そういうわけでですね、カレーライス!
これはとんだ食わせモンです!
たかがカレー されどカレーとは昔からよく言ったもので、
先日私も、このカレーライスでえらい目に遭いました。

 その日、例によって私はカレーのうまい店を探し求めて奔走していたのですが、
最近新たに見つけた「トルコライスのうまい店」に一縷の望みをかけて赴いたところ、
結果的にそれは当たりだったのですが、そこに至る過程がもう最悪でした。
なんせ注文する際、「チーズカレー」と言ってるのに、店員のおばちゃんときたら、
聞き取れないんですよ。
「え?」とか言うものだから、「チーズカレー」と繰り返し言うのですが、
それでも「え?」とか言いやがるんですね、そのおばちゃんは。
いや、そんな着飾った言い方はやめよう。
そのババアはですね、結局その後も私が3回「チーズカレー」と言ったにも関わらず、
聞き取れなかったんですよ。
私も終いには、メニューを指差して言ってるのに、それでも分からないんですよ。
あり得ますか?
まあ、最終的には他の店員さんがたまりかねて聞きにきたから良かったんですが、
その人は一発でちゃんと聞き取ったんですね。
するとどうでしょう!
その店員さんが「チーズカレーですね?」と復唱すると、
今まで散々言ったにも関わらず聞き取れなかったババアが、
「あっ、チーズカレーね」と、あっさり聞き取ってるではないですか!
どゆこと、これ?
しかも、「ああ、今そんなのがあるのね」と、
客が注文したものを「そんなの」扱いですよ。
信じられますか、奥さん?

 まあ、そんなわけで、なぜこのような悲劇が起こったのか考えてみたのですが、
これは一重に、チーズカレーと言う物がまだ世に十分に認知されていないからでは?
と思えるんですね。
おそらく、あのババアにしても、「カレーにチーズをかける」というそもそもの概念が
初めから持ちえていなかったのだと思えます。
だから、こちらがいくら「チーズカレー」と言ってみても、言葉は聞き取れこそすれ、
なんのこっちゃ分からない。
そんなものがあるとは信じられない。想像できない。
だから何度も聞き返したのではないか?
と思えるわけですね。

 そしてこのようなことは今回が初めてではなく、かつてCoCo壱番屋においても
似たようなことが何度となくありました。
と言うのも、私が度々トッピングにチーズを注文した際、決まって「シーフード」と
聞き間違えるアホがいたんですよ。
チーズとシーフードを聞き間違えるか?

 チーズ
 シーフード

そりゃあね、発音は似てますよ。
でもね、字数が明らかに違うでしょ?
「ズ」で終わってるのをどうやったら「ド」と聞き間違えるの?
聞き間違えることができるの?

 なんとも不可解極まりないですが、それもこれもやはり認識の欠如にあると
思うんですよ。
前述したクソババアみたく、その店員さんにとってみても、カレーにチーズという発想が
根本的にないから聞き間違えるのではないかと。
もしくは、シーフードの方がチーズより需要があるため、その店員さんの頭の中では
序列的に

 シーフード >>> 超えられない壁 >>> チーズ

みたいな感じになってるのではないかな~と。
それゆえ、その店員さんにとっては「チーズ」を「シーフード」と聞き間違える程に、
勤務中がオールウェイズ・空耳アワーなのでしょう。

 言い換えれば、「チーズ」を「シーフード」と聞き間違えるシチュエーションなんて、
この場合しか考えられません。

 例えば……。みなさまはアンパンマンというものをご存知でしょうか?
え?そんな幼稚なもの知らない…ですって?
なんで幼稚だなんて言えるんだよ!
かまととぶってんじゃねーぞ!
本当は知ってるんだろーが!
知らないなんて言わせない!
言わせてなるものか!

 …ってなわけで、みんな知ってるであろうことを前提に話を進めていきますけど、
もし万一、知らない方がいらっしゃったら、家族や知人に聞いてみるとか、ググルとか、
病院に行くとかしてください。

 で、結局何が言いたいかと言うと、アンパンマンに「チーズ」という名の犬が出てくる
じゃないですか。
あれを「シーフード」だなんて誰も聞き間違えたりしないでしょ?
いや、そりゃあ世界中を探せばいるかもしれませんけどね。
でも滅多にいないでしょ?そんな人。
ただ単にそれを言いたかっただけなんですよ。はい。

 え~例によって長々と語ってしまいましたが、以上のように、
チーズカレーはあんまり世間に認知されていないのかなあと思えたわけで、
なんともブルーな気分になった次第なのです。
そういうわけで、まだ食べたことのない方は、ぜひお試しを!
既にチーズカレーの好きな方には、ぜひ布教を!
そして何よりも!
カレー屋の店員ならばちゃんと知ってろ!
そう思える今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

君とボクは違う

 最近めっきり寒くなりましたね~。
こう言うと多くの方は、森田一義アワーのお客さんみたく、
「そうですねー」と応えることでしょう。
実際に、そのような光景は今までに何千、何万と観てきました。
みなさまも身に覚えがあるのではないでしょうか?

 …まったくもって、虫唾が走ります!
こう言うと、「え~なんでそこでキレるんですか?」だとか、
「J影虎さんのキレるポイントが分かんないっすよ~」
と、悲鳴を上げる方もさぞかし多いことでしょう。

 しかし!よく考えてみてください。
そんな風に、「寒くなりましたね~」だとか「暑いですね~」だとか言う時に、
あなたは相手もきっとそうだろうという前提の元に言ってはいませんか?
私がムカつくのは、まさにそこなのです!

 単なる社交辞令とは言いつつも、心の奥底では、
「オレも寒いのだから相手も寒いはずだ」と勝手に決めつけているのです。
その証拠に、そこで「いいえ。別に」などと応えると、
怪訝そうな表情を浮かべるばかりか、酷い時には怒り出したり、
人を「あまのじゃく」呼ばわりしたりするのです。

 私は過去何度もそういう目に合ってきました。
ですから、この際だからはっきりと言っておきます。
あんたがどんだけ寒かろうが、オレには取り立てて寒がるほどのものではない!
(少なくとも、2008年11月11日現在においての話ね)
一緒にすんな!
あんたとわしとでは格が違うんや!!
…と、どこぞの「兄貴」みたいなことまでは言いませんが、
まっ、そんなわけで、君とボクは違うということを言いたいのです。
それなのに、なぜ人は相手が寒がってるのかどうかろくすっぽ確認もせず、
「最近寒くなりましたね~」なんてことを軽々しく言うのか?
それを押し付けと言うんだー!!!

                                           以上

 ええ、これで終わりです。
特にオチなんてものはございません。はい。
要はタイトルどおり、君とボクは違うということを言いたかっただけです。
けど、そんな簡単なことを、意外と分かってない人が多いんだよなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

J影虎語録 その弐

 ○○はホンマに強いのか?
 ○○はホンマに凄いのか? 

 【用 途】
一般的に「強い」、「凄い」と認識されている人やものなどに対し、
それを疑問視する際に使う。

 (使用例)
・大仁田厚はホンマに強いのか?
・志々雄真実はホンマに強かったのか?
・シックスはホンマにすごいのか?
・藤堂はホンマにすごいのか?
等など……。            



 【元ネタ】
おそらくは、ダウンタウンの松ちゃんではないかと。
今は昔、『ガキの使い』を観ていたら、浜ちゃんが長渕剛について語りだしました。
浜ちゃんが言うには、長渕さんはドラマの収録が終わり、スタッフが「お疲れ様でした」
と盛り上がったところに、スタッフの1人を殴り、
「なに浮かれてんだ!まだロケが残ってんだよ!」
と言ったそうで、また、松ちゃんが言うには、『ザ・テレビジョン』の表紙の撮影にて
長渕さんはどうしてもレモンを手にとってくれなかったそうなのですが、
ある時気まぐれで、ふと手にしたのを、スタッフの人が
「やっぱレモン持ってる方がかっこいいですよ!」
と言ったところ、やっぱ殴られたとか、そんな話をされてたんですよ。
でもって、その後松ちゃんがポツリとこう言ったのです。

 ホンマに強いんか?

さらに松ちゃんは、「ファンタ買うてこい!言うたら案外買ってきよるかもな」とか、
「おまえもなんか好きなもん買うてこいやとか言ったら、え?ええの浜ちょん!とか言ったりして…」みたいなことを言うてはりました。
 以上のことから、おそらくはこの時の「ホンマに強いんか?」から派生したものだと
推測されます。



 【誕生の経緯】
ある日友人とテレビを観ていたら、大仁田厚が出ていました。
そこで、私はふとした疑問がポロリと出てしまったわけですが、
前項で述べた元ネタが頭にぼんやりと残っていたためか、
友人に次のように問うたのです。

 なあ、ちょっと聞いていいか?
 大仁田厚はホンマに強いのか?

と。
これに対し友人は、
「え?…いや、言われてみれば…うーん、どうなのかなあ…」
と考え込んだ挙句、結局明確な回答を得ることは出来ませんでした。
それ以後も、私は同様の疑問をあらゆる人にぶつけてはみましたが、
どれも私を心底納得させるほどの回答は返ってくることもなく、
そしてそれは現在も続いているのです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

星野監督よトワニ…

 イチローさんがWBCの監督問題について小さいこと言っていたらしいので……
ここは1つ便乗して、星野監督批判をしたいと思います。

 え?そこはいつもみたく反逆精神にのっとり星野を擁護するところじゃないのか?
ですって? 

 ええ。本来ならばそうです。
しかし、今回ばかりはイチローの言うことが正しいと思えますので、
ここはウォーズマンを裏切ったマンモスマンみたく、星野監督に追い討ちをかけたいと
思います(笑)。

続きを読む "星野監督よトワニ…"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スパロボZ ネタバレ感想 その10

 引き続き、スパロボZのネタバレ感想です。
今回はロジャー・スミスについてちょっくら考察します。
題して。

 ロジャー・スミスをホンマに交渉人と呼べるのか?
 むしろアサキムの方が超一流の交渉人ではないのか?


なぜここでアサキムが出てくるのかは、読んでのお楽しみです。

続きを読む "スパロボZ ネタバレ感想 その10"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

ちょっと一言 その6

 怒られそうで怒られない

 それが意外といけちゃうんです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと一言 その5

 H JungleとM Jungleのコメントまだー?

 既出だったらスマソ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと一言 その4

 何か閃いたように思えたのだが、

 どうやら気のせいだったようだ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと一言 その3

 「爆笑」の誤用はそろそろやめにしませんか?

 誤字よりも脱字よりも、自分1人しか笑っていないのに「爆笑」と言うことの方が

 激しく気になりますし、時折イラッとします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと一言 その2

 ネタにマジレスすると笑われるが、

 あれにマジレスしたら、むしろネタにしかならないように思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと一言

 誰からもツッコマレないと逆に怖い……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

誰の為のメイド喫茶?誰の為のメイドさん?

 誰かが少しは異論を唱えるべきじゃないかなー、とは思うけど、
あまり唱える方がいらっしゃらないようなので自分が唱えてみる。
…何がと言うとメイド喫茶のメイドさんなのだが、
あれって結構問題あるんじゃないだろうか?
まず、「メイド喫茶」というのは内向的な文化である。
とあるメイドファンがいて、そのファンがメイドさんと語り合ったりして、
楽しいひと時を過ごすという、内輪な要素が非常に大きい文化なのだ。

ではここまで前置きしたところで、本題の『メイド喫茶のメイドさん』だ。
ここでは本職のメイドさんではなく(って、そんな人がどの程度の割合で実在しているのか定かではないが)、あくまで「メイド喫茶でメイドを演じている女性」と定義付けさせて頂く。
自分は前々からメイド喫茶なるものに興味を持っており、先日東京に行った際、
ちょっくら行って体験することにした。

 まあ、店の名を明かすわけにはいかないのだが、
そこの印象を一言で申し上げればどれも“賑やか”だった。
色んなお客さんを募ってのお祭り騒ぎ感は相当高いものであったし、
何より「楽しんでもらおう」という気概は存分に感じられる。
…こう書くと、何が問題なんだよと思われる方もいるかもしれない。
だが問題なのだ。
顧客満足度ではなく、その方向が。

一つだけ問おう。メイドブームが巻き起こった時、
その仕掛け人はどこに目を向けて今のメイド喫茶を作ったのだろうか?
答えは単純。アニメ、漫画、ゲーム(もちろん、エロいのも含む)をこよなく愛する、
いわゆる「オタク」と呼ばれる人達だ。
……さて、この状況に違和感を抱いてしまうのは自分だけか?
メイド喫茶が本来向くべき方向を向いていないのではないだろうか?
“本来向くべき方向”というのは勿論、本物のメイドさんが心から好きな人。
むしろそれ以外には無いと言っても良いくらい分かりやすいはず。
なのにそっちを向かないってどういう事だろう?向かない理由って何だろう?
同じくメイド好きな私としては甚だ疑問なのである。
本来のメイドファンが存在する方向を向かず、果てには切り捨ててまで、
間違ったメイド像を打ち出す必要があるとは、自分は思わない。

自分はメイドブーム発端の経緯や、また、アニメや漫画に出てくるメイドさんの実態が
どんなものなのかさほど知らないので、あまり断言する事は出来ないのだが、
メイド喫茶を運営する、メイドを雇って利用者に望まれるメイドを育てる、
また、利用者に満足されるメイドを演じるという行為が、
平易ならざる苦労を要するであろう事は想像に難くない。
しかもメイド喫茶という媒体故に、相手には金銭を要求するのだから、
中途半端な出来になる事など許されるはずもない。
疑いようもなく、メイド喫茶のメイドさんは、オタクが望むメイド像の100%中の100%が
凝縮・発揮されていると考えるべきなのだ。
……何で、その100%中の100%の力を発揮するのに、
本来のメイドさんが好きな利用者を切り捨てなくちゃならないんでしょうかね?
何故その本気のネタ(顧客が好むメイド像に仕立て上げること)を、
本来のメイドさんが好きな利用者に提供する事を拒むのか?
オタクという極めて限られた層にのみ提供する事を良しとするのか?

 散々回りくどい言い方をしてきたが、そろそろはっきり言おうか。
「オタクにウケるメイドを!」なんて自己満足の間違ったメイド像の押し付けの為に
排斥され、疎外された(本来の)メイドファンが大勢いるんだ!!
メイド喫茶が本来一番に大事にすべき存在のはずなのに、
“オタクと常連客”を相手に天秤に掛けられた結果、無情にも「軽い」と見なされ
切り捨てられた、不条理な扱いを受けてる人達がいるんだよ!!
間違ってるんだ、そんな優先順位は!!!
果てには、一見客をまったく相手にせず、あくまで常連客のみを相手に勤しんだ
なんて事まで起きている始末だ!!
どこまで本来の純粋なメイドファンを下に見れば気が済む!!?

 …確かに近頃はメイド喫茶の種類も多種多様になり、
また東京以外の地区でも需要が拡大しているため、距離・時間の面でのハンデは
これまでとは比べものにならないほどカバーされてきている。
メイドも相当一般性を高めてきている証拠だ。
…だが、最後の最後までやはりが壁として残る。
喫茶という媒体である以上避けられないが、それ故に問題となるのがこの金だろう。
誰でも楽しめるよう作られたはずのメイド喫茶が、
金をより多く払った(人より多く来店して常連となった)人間だけが楽しめる
ものを作っているのだから。

メイド喫茶に行く気が無い方々の反応は基本的にはこうだと思う。
「勝手にやってくれれば良いさ、我関せず。」…と。
事実、自分も少し前までは、メイド喫茶とそこで務めるメイドについて
こんな考察をしようと思い立つまではそういう考えだった。
第一、こうして自分が吠えたところで「メイド喫茶のメイドはこうあるべき!」
なんて事にはならない。
言論・表現の自由は国が保証するのだから、風営法や公序良俗云々で訴えられたり
しない限りは各々のメイド喫茶が自由にやっても良い事だ。
普通の飲食店や喫茶店では出来ないけどメイド喫茶でなら、
というメイドを有効活用した活動もあるだろうし、全てを咎めるわけにもいかない。

 だが、最大の問題は「メイド喫茶のメイド」そのものではない。
「本来あるべき姿であるメイド像を歪曲したまがい物のメイド」が
主流化しつつある事
が最大の問題なのだ。
もう既に、脱サラして何か事業を始めようとしている人が、
メイド喫茶を始めるとしても、「他のメイドもそうだし…。」みたいな空気が漂う、
非常に危ない状態になってしまっている。
メイド喫茶の(誤った)メイド像が流行化したならどうなるか。
当然、多くの人々は「メイドとはこういうものだ」と思うようになるだろう。
しかし何度も言うように、それは本来のメイドファンを切り捨てる事に他ならない行為
なのだ。
それを気軽に行える空気が蔓延してしまうのが、正直言って怖い。
本来のメイドファンを切り捨て、金を払うオタクの為だけに全力を注ぎ、
金を払うオタクの為だけに本来のメイドファンの為のサービスを排除する、
常連だけの盛り上がりで店内が賑わい、本来のメイドファンである一見客は
どんどん外に閉め出されていく。
それが多くのメイド喫茶で同時に起こる。
本来最も目を向けられるべき真のメイドファンが蔑ろにされて当たり前
という常識がまかり通る時代が、もう目の前まで来てしまっているんだ!!!

どのメイド喫茶も「楽しんでもらおう」という目的でやっている?
“誰が”楽しめば満足なんだよ!!
本当に楽しむべき人が楽しめないんだよ、メイド喫茶では!!!
それなりにオタクに受けて、そこそこ繁盛しているんだから、
そこは評価すべきじゃないかって?
店の質なんか問題にしていない!!
本来のメイドを貶めているその姿勢が問題だと言っているんだ!!!
本来のメイドと違おうが、そんなの関係ねえし、店長の自由なんだから、
そこまで強制する事はない?
別に、みんなが本物のメイドをちゃんと知った上で、メイド喫茶のなんちゃってメイドを
楽しんでいるなら咎めないがな、本来のメイドがどのようなものなのかを理解もせず、
アニメやマンガやゲームといった一部のメディアから植えつけられた誤ったメイド像を
それがさも当然であるかのように浸透させられのを許して良いのか!?
言語道断だろうが!!!

 汚く乱暴で、感情的な文章になった事、お詫びします。
しかし、上記の14行が自分の考えの全てなのです。
断っておくが、自分はメイド喫茶という文化を否定するつもりはない。
むしろ今後も尊重し、盛り上げていく価値のある文化だと思っている。
本来一部の金持ちにしか雇うことの出来ないメイドに、例え擬似的とは言え、
接することが出来、「お帰りなさいませご主人様」と呼んでもらえる……
実に良い文化だと思う。
そしてそれは自分が問題にした『メイド喫茶のメイドさん』に関しても、
おそらく同じなのだろう。
そこに愛という崇高な感情が無いとは思えない。
けれども、その際に少しだけでも本来のメイドについて知って欲しい。
何か、大事なものを見落としていませんか?
メイドブームを仕掛け、物の見事に大成功した貴方の立場。
それを支えている縁の下の力持ちを、踏みにじってはいませんか?

メイドブームに乗っかって成功を収めた程の人が、
ウチみたいな小さなブログを読んでくれるとまで期待してはいない。
しかし、もし目を通してくれているなら、是非とも考え直してほしい。
貴方にとって本当に大切なが顧客が誰かを、どこにいるかを。

誰の為にメイド喫茶をやっているのですか?
誰の為にメイドを提供するのですか?

…戯言だけどね。

=======================================================================

 ………え~一応念のために言っておきますが………。
ネタですからね。ネタ!!!
くれぐれも真に受けて、イチャモンつけたりしないでくださいよ。

 でもまあ、アレもちょっとどうかなあとは思いますけどね。
アレと言うのはもちろん、メイド喫茶のメイドです。
私も初めて行ったわけですが、もうビックリですよ。
これから魔法でメイドの国へ誘いますとかトチ狂ったことを言ったかと思えば、
美味しくなる魔法だとかで「おいしくな~れ」とか、変な仕草で言うし、
どこの幼稚園児だ?って感じですよ。
何か根本的にメイドについて勘違いしてませんかね?
こんなことやってりゃ、そりゃ『ハヤテのごとく!』の幽霊神父さんも嘆くわ。
って言うか、誰か止めろよ!
なにをどう間違えれば、こんなことになるんだよ!
しかも、それを周りの客は狂喜乱舞してるし……
マジでおかしいわ、この国。


 ………というわけで、私は今のメイド喫茶とそこのメイドさんに対して、
大変失望した次第であり、今回このような記事を書いたのですが、
前述したように、それでもアレが受け入れられてるという信じられない厳しい現実が
あったわけで、なんとも複雑な心境にさせられてしまう今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

スパロボZ ネタバレ感想 その9

 引き続き、スパロボZのネタバレ感想です。
今回はガンダムキャラについてのちょっとした感想を語ります。
なお、激しくネタバレを含みますので、ご注意くださいませ。

続きを読む "スパロボZ ネタバレ感想 その9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

もう1つの結末

 え~今更感が物凄くあるし、閲覧者の方々にしても、「なんのこっちゃ」と
思われてるかもしれないことを考えると、私自身もあんまり書きたくないのですが、
けじめっつーことで、一応このシリーズも今回で完結させていただきます。

オフレポ最終章(と言ってもコミケ終了直後の話だが) はじまり、はじまり。

続きを読む "もう1つの結末"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年ジャンプ49号の感想

 久々にジャンプの感想でも書いてみます。
あれ?ジャンプ感想やめたんじゃなかったの?
とか思ってるあなた!!
甘いです。
遠足は家に帰るまでが遠足と言うように、
Finalと言ってる内はまだ終わりではありません!!
かの名作『カイン』だって、アオリ文句で散々クライマックスだのフィナーレだの
言いつつも、4週くらい粘ったではありませんか。
あれと同じようなものですよ。はい。
まあ、そんなこんなで久々のジャンプ感想(49号)、地味にスタート!!

続きを読む "2008年ジャンプ49号の感想"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

私はただ者です

 たまには近隣のネット界の動きでも見てみましょう。

 【知りたいバトン】
正直に言うと、かなりそそられました。
しかし、だが断る!
うん、文法的にちょっとおかしいけど、とにかく、このバトンは拾えません。
なぜなら、私はミステリアスをウリにしているのだから………
本名はおろか、性別、年齢、国籍…等などの素性はおろか、
実在しているのかどうかすらも疑わしい、「謎の反逆児」というキャラ設定になってる故
残念ながら、答えられないのです。
まあ、有り体に言えば、禁則事項って感じ?

 ってなわけで、どうかご容赦くださいませ。
ところで、これ言っていいのかどうかよく分からないし、
ひょっとしたら言ってはいけないことなのかもしれませんが、
どうしても気になって気になって仕方ないので、敢えて言います。
って言うか、問います。

           最近、なおくんさんのこと忘れてないかい?

 【スパロボZの感想やプレイ日記サイトなど】
心なしか、ランドルートでプレイしてる人が比率的に多いような気がするのだが、
気のせいだろうか?

 えー、他にも何かあったような気がするのですが、
思いつかないので、今回はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »