« 料亭の親父はずっと小泉容疑者を見ていたのだろうか? | トップページ | 麻生総理叩きに反逆② 高級ホテルのバー通い編 »

2008年11月29日 (土)

麻生総理叩きに反逆① 漢字の読み間違え偏

 麻生叩きがあまりにも目に余るので、ちょっくら助け舟を出しましょう。
さしあたっては、叩かれているポイントごとにコメントをするという形式でやります。
第一弾は漢字の読み間違え。
これについて語りましょう。

 1.漢字の読み間違え

これこそまさに揚げ足取りではないですかね~。
誰だって読み間違えくらいあると思うんですけどね~。
頻繁を「はんざつ」と読んだとか、踏襲を「ふしゅう」と読んだとか、さも鬼の首をとった
かのように騒ぎ立てていましたが、この程度で騒ぐのであれば、
なんでいつぞやの「小女子騒動」の時は「小女子」も読めない警察官や学校教師など
は叩かなかったの?
あいつらは揃いも揃って雁首並べて神妙な顔つきで「しょうじょし」、「しょうじょし」
と言ってたんだぜ。
激ダサだろ!
これに比べれば、麻生さんのなんて、日常よくある単なる読み間違いであり、
誰にでもあることですよ。
それこそ、「庶民の感覚」ってヤツじゃないですか。
これを叩いてる奴らは今までに一度も読み間違えがないとでも言うの?
あるでしょ?
学校で教科書読まされたり作文読まされたり、大学でレポート発表したり、
会社でプレゼンしたり、諸々の場でスピーチしたりと、文章を人前で読むという機会は
人生の中で多々あるんですよ。
あなた方はこれまでの人生の中で、このようなシチュエーションにおいて
一切読み間違えがなかったと、胸を張って言えるわけ?
そんなことないでしょ?
誰にだってあるはずですよ。
それをなかっただなんて言わせない!
言わせてなるものかっ!!

 …まっ、そんなわけで、これも「人の振り見てわが振り直せ」ってヤツですので、
麻生さんのことをとやかく言う前に、まずは自分の「漢字力」、「日本語力」を見直しては
いかがかな?
この先麻生さんが何か良いことやって功績上げたりした時に、
マスコミの連中が「汚名挽回」だとか言い出さないことを祈りつつも、反面期待したいと
思う今日この頃です。

|

« 料亭の親父はずっと小泉容疑者を見ていたのだろうか? | トップページ | 麻生総理叩きに反逆② 高級ホテルのバー通い編 »

気弱な反逆児の主張」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/43259879

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生総理叩きに反逆① 漢字の読み間違え偏:

« 料亭の親父はずっと小泉容疑者を見ていたのだろうか? | トップページ | 麻生総理叩きに反逆② 高級ホテルのバー通い編 »