« 私はただ者です | トップページ | もう1つの結末 »

2008年11月 1日 (土)

2008年ジャンプ49号の感想

 久々にジャンプの感想でも書いてみます。
あれ?ジャンプ感想やめたんじゃなかったの?
とか思ってるあなた!!
甘いです。
遠足は家に帰るまでが遠足と言うように、
Finalと言ってる内はまだ終わりではありません!!
かの名作『カイン』だって、アオリ文句で散々クライマックスだのフィナーレだの
言いつつも、4週くらい粘ったではありませんか。
あれと同じようなものですよ。はい。
まあ、そんなこんなで久々のジャンプ感想(49号)、地味にスタート!!

 【ワンピース】
死闘決着?
スピーディーなのは本当に良いことです。
この調子で、あと2週程でこの話も終わらせて欲しいものですが、
ハンコックさんが最後に涙流したりしたものだから、なんか激しく嫌な予感が…。
次回、ハンコック姉妹にまつわる悲劇の過去が!
みたいな触れ込みで回想が延々続いたりしないだろうなぁ?
まあ、確かに、以前は戦闘が絡まないエピソードの方が面白かったですが、
ここでそれをされても困るので、サクッと進めてサクッと終わらせて欲しいものです。
とは言え、このまま和解ってことには多分ならないだろうし、
ハンコックとしても、ルフィみたく「それとこれとは別の話だ」とか言って戦闘するんだろうなあ。
 しかし、最終的にはルフィが勝つとは言え、その後どんな展開になるんだろ?
ルフィに惚れて押しかけ女房みたいになるとか……。
うーん、どうなんだろう、その展開。
でも、そういう浮いた話がこの作品ではありまないから、それはそれでアリかも。
そう言やぁ、確かアルビダもルフィに惚れてたんじゃなかったっけか?
となると、もしそういう展開にでもなれば、ルフィをめぐって女同士の熾烈な戦いが
繰り広げられることになるのかも。
それこそ、どこぞの『School Days』も顔負けなくらいに(笑)。
もっとも、戦力的にはハンコックの方が上なんだろうけどね。
覇気があるから、物理攻撃が効かないアルビダのスヘスベの肌にも効果あるだろうし

 まあ、なにはともあれ、こうなってくると、他の面子にも七武海がつくんだろうか?
そうなると、ルフィ海団が再び結集される際には、ゾロ達が他の七武海を引きつれ、
『銀牙~流れ星銀』みたく大軍団へとなるのかもしれない。
いや、むしろそういう展開にして欲しい。
そう思える今日この頃です。 

========================================================================

 【BLEACH】
大前田、偽マンモスマン(笑)戦決着……してませんでした(笑)。
しかし、なんなんでしょうねえ、偽マンモスマン(名前忘れたのでこう呼びます)。
これってもう、マンモスマンのパクリじゃないですか。
マンモス(もしくは象)である意味がまったくわからないし、
また、必要性もまったく感じられません。
そもそも、本家のマンモスマンがあれだけ大暴れしているこの時期にですよ、
なんでこんなパチモンを出すのでしょうか?
そこは編集の方が言ってあげましょうよ。
「いや~これはさすがにマンモスマンとかぶるから止めましょう」って。
挙句の果てに、結局、ふっ飛ばされた砕蜂に激突した後、出てきていない……
まさか、あれで本当にやられちゃったってんじゃないでしょうね?
まあ、別にそれでもいいけどね。
ただ、あまりああいうパチモンみたいなのはよろしくないと思います。
 もっとも、実は久保先生はウォーズマンの大ファンで、最近のマンモスマンにかなり
不満を持っているため、こういうものを描いた…ということも考えられるのですが…。
まあ、多分そんなことないとは思いますけどね。

 まっ、なんにせよ、緊張感のない戦闘だけは止めて欲しいものです。
=======================================================================

 【ナルト】
カカシ、君の勇姿は忘れないよ。
今まで本当にありがとう。
そしてさようなら……

 ってなわけで、カカシ先生が殺されちゃった(かも)という衝撃の展開でしたが……
うーん、なんなんでしょうねえ。この緊張感のなさ。
ネウロとは大違い(笑)。
それもこれも、やっぱいつぞやの幻術合戦が尾を引いてるせいですかねえ。
どう見ても、殺されたようには思えないしねえ。
直前に「影分身でないことは分かっている」と、わざわざ言ってる辺りが、
一層胡散臭さを増大させてます。
こんな小細工したところで、多くの読者は
「はいはい、影分身じゃないけど幻術なんでしょ?」
と思うに決まってるじゃないですか。
とは言っても、さすがにもう幻術はないかな?とも思えるんですけどね。
ただ、カカシともあろう者が、こんなところで、しかもあんなしょーもない殺され方を
するってのは、ちょっと考えられないので、幻術じゃないとすると、
ツナデのナメクジで回復すると考えた方が自然かな、と思えます。
まあ、なんにせよ、瓦礫に埋もれて身動きが取れないところに、釘投げつけられて
額に刺さって死にましたってのは、なんぼなんでもかっこ悪すぎるし、
そもそも、瓦礫に埋もれている姿自体がかっこ悪いので、
なんとか名誉挽回して欲しいものです。
もうこれ以上、かっこ悪い忍者(やつ)にならないでくれ。

=======================================================================

 【リボーン】
幻騎士、パワーアップして小物に成り下がるの巻
いや、元から小物くさくはあったか。
でも、今回のはなんぼなんでも、酷すぎ。
姿形だけならまだしも心まで醜くなってるからねえ。
しかも、「真の力」とやらが、単に山本達の幻を使って攻撃してるだけ。
おまけに、「オレも(ファミリーを)殺りたかった」とか、ぶっちゃけてるし……。
なんなんでしょう、これ。
って言うか、これもそこはかとなく、マンモスマンチックではないかい?
無色透明の涙よりも赤い血の方がいいと、本性は残虐ファイトを好むマンモスマン
みたいではないか?
最近、流行ってるのか?マンモスマン。
まっ、どーでもいいけどね。

=======================================================================

 【トリコ】
マンサム所長、どてっ腹を貫かれて死亡……してませんでした(笑)。
しかし、もろに貫通したのに、大したダメージがないってのもすごいよな。
もっとも、それでもなおかませ犬くさいんだけどね。
って言うか、むしろ母親のバトルウルフの方が死亡フラグ立っててちょっと心配。
出産後で体力が低下してる上に、クローンの寿命は短いときている……
さらには、現れたGTロボに対しても警戒心をあらわにしてるからねえ。
次回、マンサム所長があっさりとやられ(笑)、続いてトリコが善戦の末追い詰められ、
絶体絶命の危機に、母親バトルウルフが身代わりとなり死亡……。
みたいな流れになるのではなかろうかと不安になります。

 しかし、それにしても………。
例のGTロボ。
私前々から疑問に思っているのですが、ホンマにこいつは強いのか?
所詮、ロボでしょ?
ロボって言ったら機械でしょ?
機械は何に弱い?

 色々ありますけど、身近で手軽に用意できるものに水や塩がありますね。
そして、昔、忍者ハットリ君という人は「忍法ロボ封じ」で、ロボット忍者のロボ丸を
倒したことからも、塩は極めて有効だと思います。
ということは、今後小松君にも対GTロボの戦力として活躍の場があるかもしれないと
いうことですよ。
おそらく、今後は量産型GTロボとか出てきて、それを小松が大量の塩をぶっかけて
全部倒しちゃったりするんですよ。
小松無双とか言って……。

 などとアホなことを考えていたけど、重大な事実を見落としていました。
そういえば、いつぞやのGTロボは深海でも活動してましたね。
となると、水も塩も平気ってことじゃあないですか。
こうなるともう、お手上げじゃね?

 それに、これはジャンプ漫画だから、一体倒したとしても、
こいつはGTロボの中では一番の小物……
とか、そんなお決まりな展開になるだろうし……。
まあ、なんにせよ、面白くてワクワクするような戦闘を見せてもらいたいものです。

=======================================================================

 【アイシールド21】
わけわかりませんわ!
ムサシが蹴ったボールに左肩を貫かれた、でっかいおっさんはなんなの?
いや、漫画的な表現の産物だということは分かりますよ。
オーラだとかイメージイラストだとか、そんな類のものだってことくらいはね。
でも、いらんでしょ?こんなもん。
普通にアメフトしてる様を描けばいいだけの話ではないですか。
それなのに、いきなりあんな右手に剣を持ったでっかいおっさんが現れたら
読んでる人はビックリしますよ。
なんや、こいつ!って。
特に、初めて読む人ならなおさらです。
もっと、その辺のこと考えられてはいかがでしょうか?

 実際、『燃える!お兄さん』という漫画では、主人公の憲一君が戦うシーンで、
バックに虎の絵がついたりしていましたが、枠外にちゃんと「注 イメージです」と
分かりやすい説明がついていましたよ。
なんで、これくらいの配慮が出来ないの?
ホンマ、ええ加減にして欲しいものです。

 えー、話変わって……結局、優勝しましたね。
まあ、それはそれで良いのですが、その後がよろしくないですね。
観客がフィールドに乱入するのは、よしとしましょう。
でも、ヒル魔が玩具のバズーカで大和を打ったのは大問題なのでは?

 かつて、西部の鉄馬君は、試合終了後にモン太に対し「ひざカックン」をしたという
だけのことで、次の試合、出場停止処分となりました。
それに対し、今回のヒル魔の行いはどうでしょう?
明らかに、ひざカックンよりも悪質極まりない行為です。
それなのに、なんで誰も何も言わないのでしょうか?
その辺のね~なんつーかなー、リアリティのなさっつーの?
そういうのがね~最後まで好きになれなかったなあ。うん。

 まあ、最後かどうかはまだ分からんけどね。
なんか大和が来月からセナとタッグを組んで闘うとか言ってたから。
ただ、これが、セナの脳裏によぎった「帝黒の引き抜き」を意味するのか、
それとも、日本選抜みたいな展開になっていくのかは、今のところ分かんないけど、
私としてはもう試合はいいから、前者の方にして欲しいものです。

=======================================================================

 【バクマン】
毎回興味深い話が聞けて勉強になるなあ。
ってなわけで、今回もまた実に興味深い話が聞けました。
特に「10人のうち2人が確実に面白いと言ってくれればいい」
ってのは意外でしたな~。
でも、これってサンデーでも似たようなこと言ってなかったっけか?
まあ、どーでもいいけどね。

=======================================================================

 【ネウロ】
さらば、笹塚。
君の勇姿は決して忘れない。
今まで本当にありがとう。
そしてさようなら……

…という訳で、笹塚さん死亡という大変ショッキングなお話でした。
うーん、カカシと似たような状況ではあったのに、なんだろう、この絶望感。
どう見ても、あれでは生きてるはずもないからなあ。
って言うか、あそこまでやって、生きていたらむしろ興ざめだしね。
もっとも、松井先生がまたもやコメントで「しっかりした未来を用意してます」
とか言うものだから、ひょっとしたら何らかの救済措置があるのかもしれないし、
もしかしたら、シックスが気まぐれで致命傷にならないように撃ってたかもしれないし、
倒れている笹塚さんの顔がキレイ過ぎるのも気になるし(あんな風に撃たれたら脳みそブチまけてるだろうしねえ)、ご都合主義的にネウロのナイスなアイテムで強引に復活…
ってのもあり得るかもしれないわけで、わずかだが希望は残されている…。
その希望に賭けたい気もするが、前述したように仮にそうなると興ざめでもあるので、
なんとも複雑な心境です、はい。

 しかし、シックスはやっぱ小物ですね。
以前私は、シックスはホンマにすごいのか?
と疑問を抱き、結局はX(サイ)頼みかよ!
と思ったものですが、今のところ本当にそんな感じですからね~。
それに、なんだかんだで弥子を見逃す辺りも大甘だし…
まあ、その理由はそれなりに筋は通っていたけどね。
ただ、それも割とありふれたものだったから、なんだかなぁ~としか思えないので、
今後はもっと、戦闘力的なものを見せて欲しいものです。
今回のように、ただ壁を壊すだけなんざ、誰にでも出来ますからね。
今時壁を壊して驚く奴なんざいませんよ。
もっと個性を!

=======================================================================

 【HUNTER×HUNTER】
実はナックルは最初からいません。
全部煙で作った分身でした。
…と思ったら、やっぱり本物がちゃんといました。

…ってなわけで、知略に満ちたバトルが続いているわけですが、
ここまでの一連の展開とユピーのリアクションが、どうにもコントっぽくて笑って
しまいました。
 しかし、そうとは言え、どこぞの忍者の幻術合戦やら、
どこぞの死神達のエスカレーションバトルに比べると格段に緊迫感があって、
やはり格が違うなあと思わせられますね。
 私も読んでいて一瞬、ユピーと同じくだまされかけましたからね。
え?マジでいなかったの?って。
これに比べると、前述した忍者や死神達のバトルは、
「はいはい。どうせ幻術なんでしょ?」とか、
「はいはい。どうせ次にまたなんかあるんでしょ?」
と思えてしまうのだから、ちょっと不味いですよね。
 でもまあ、それはそれである意味面白くもあるんですけどね。
それに、この作品に限って言えば、たまに見るからこそ、必要以上に面白く見える
というところも多分にあるので、単純に比較するのも酷な気がしないでもないですね。
まあ、なんだかんだ言って結局は、「マンガは面白ければいいんだ」という結論に
達してしまうわけで、しかもそれがジャンプの考え方でもあるわけだから、
ちょっと釈然としないものを感じてしまう、今日この頃です。

=======================================================================

 久しぶりに書くと疲れる。
毎週ちゃんと感想書いてる人は凄い。
うん、君こそ、君らこそ、タフネスオーバードライブだー!!!
ってなわけで、今回はこれで終わります。
なお、次はいつ書くかまったくの未定ですので、あしからず。

|

« 私はただ者です | トップページ | もう1つの結末 »

WJ感想」カテゴリの記事

コメント

「…おまえ…後々犯人とかならねーよな?」
こんな初期のセリフを持ち出してくるなんて…
直後に笹塚本人が言ってるように石垣じゃ無くⅩⅠだったわけですが。

投稿: | 2008年11月 5日 (水) 01時07分

まあ、アレはアレでちょっと浮いてたから、そういうこともあるかなあとは思っていましたけど、最近の松井先生はしゃべり過ぎですね。
あんなコメントしたら、それこそ他の意味ありげな発言も、全部伏線ですよと言ってるようなものですしね~。
編集長あたりには、「最近の君は少ししゃべり過ぎだと思うのだが」と、池田声で威圧するくらいのことをして欲しいものです。

投稿: J影虎 | 2008年11月 5日 (水) 19時55分

きも

投稿: | 2008年11月30日 (日) 19時04分

「きも」だけではなんのこっちゃ分かりませんよ。
わわさん。いやさ!hajimeさん。
あと、ちゃんと名前も書いてくださいね。
わわさん。いやさ!hajimeさん。

投稿: J影虎 | 2008年12月 1日 (月) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/42974265

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年ジャンプ49号の感想:

« 私はただ者です | トップページ | もう1つの結末 »