« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

これの前の記事が実質今年最後の記事です……って、なんか恥ずかしい…

 公約どおり、J影虎語録が、ジ・エーデル語録と並ぶ27個出来上がりましたので、
(もっとも、ジ・エーデル語録がほんとのところ何個あるのかは分からないんだけど)
今から実家に帰ります。
出来なかったこと、お見せできなかったものも確かにありましたし、
それを思うと心苦しい限りなのですが、それらは来年に持ち越すこととします。
今年も色々とお世話になりました。
来年もまたよろしくお願いします。
よいお年をっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎はホンマにメイドさんが好きなのか?

 まあ、いきなりこんなこと言われても、
「知ったことか!」とか、「知るかボケェ!」などと
さぞかしお怒りになられることかと思いますが………

こっちも分からんから自問しとるんじゃあ、ボケェ!!

 という訳でですね、最近こういう疑惑が私の中で浮上してきまして、
やはりネット界のコンプライアンスを司る私としては、ここは速やかに公表し、
真相を明らかにすべきだ!と思った次第でありまして、
色々と考えた結果、今回このような運びとなったわけです。

 そして、総合的に判断した結果、驚愕の真実が明らかとなりました。
はたして、私ことJ影虎は本当にメイドさんが好きなのか?
活目してみよ!

続きを読む "J影虎はホンマにメイドさんが好きなのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎語録 その弐拾七

時間さえあればいつでもどこでもプレイできる
それこそが携帯ゲーム機の証
それなくして、なんの携帯ゲーム機かァッ!!!

 

=======================================================================

 【用 途】
電車やバスの中で携帯ゲーム機を使用することが許せないという人に対して
一喝したセリフです。

======================================================================

 【元ネタ】
アニメ『勇者王ガオガイガー』に登場する、ソルダートJのセリフをアレンジしたもの。

 原文 マイナス思念と呼ばれる負の感情こそ生きている証!
     それなくして何の生命か!

======================================================================

 【備 考】
この件については以前の記事をご参照下さい。
しかし、あれですねえ。
少なくとも、電車やバスの中で暴行を受けてる人を、揃いも揃ってガン首並べて
黙認して何にもしなかった奴らにだけは、「電車やバスの中でゲームなんかするな」
などと言われたくないですね。
それこそ、「言いたいことがあるなら口で言いなさいよ!」
っちゅう話です。はい。

======================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎語録 その弐拾六

言いたいことがあるなら口で言いなさいよ!
 

=======================================================================

 【用 途】
言葉通りの意味です(笑)。
ぶつくさと文句言ってる人、「それでもボクは!!」とか、常に言葉足らずな人、
テレパシーで会話してる人などに対して使用します。

======================================================================

 【元ネタ】
アニメ版『テレパシー少女蘭』における蘭のセリフを引用。

======================================================================

 【備 考】
先程【元ネタ】で紹介した『テレパシー少女蘭』。
これはすごいですよ~。
テレパシー少女同士がテレパシーで会話してるのに、
「口で言え!」と、いきなりビンタするんですからね~。
タイトルもテレパシーも自分自身の能力すらも、第1話にして全否定!(笑)
すごいですね~怖いですね~。
しかも、敵キャラだった、蘭と同じテレパシー能力を持つ翠ときたら、
味方になると、いきなり関西弁しゃべりまくるんですから、
ほんまに、なんじゃいこりゃ?と思いましたよ。
珍しく植田佳奈さんがシリアスなキャラ演じてるなあ~と思った矢先のことでしたから。
つーか、なんで最近の植田さんって、こんなキャラばっかなのかなあ。
いや、全部が全部そうってわけじゃないけど、やっぱインパクトが強いせいですかね?
もっとも、当の植田さんは今ちょっとばかりピンチですから、今後がちょっと心配ですが
負けずに頑張って欲しいものです。
うん。植田さんはアレでいいんですよ!

========================================================================

| | コメント (2) | トラックバック (0)

J影虎語録 その弐拾伍

今度も結構…大変だぞぉ~
 

=======================================================================

 【用 途】
物事が完全に解決していない、または解決してもまだ課題が残っているなど、
前途多難な状況を前にして出てくる言葉。

======================================================================

 【元ネタ】
アニメ版『忍空』における、次回予告での風助のセリフ。

======================================================================

 【備 考】
今まさに、そんな状況です(笑)。

======================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎語録 その弐拾四

そうはいかんざき!
 

=======================================================================

 【用 途】
そんなことはさせないぞー!だとか、そうは問屋が卸さん!だとか、
何かを阻止せん!とする時に威勢よく言います。

======================================================================

 【元ネタ】
2001年7月の参院選での公明党が CM で用いたコピー。
当時の公明党代表神崎武法氏と言えば、誰もがこのセリフを思い出したものである。
だが、今はどうなのかよく知らない。

======================================================================

 【備 考】
多分、当の神崎さんよりも私の方がよく言ってたと思う(笑)。
って言うか、本人どころか、私が日本で一番言っていたのではないだろうか?

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎語録 その弐拾参

同情はしねえ!してる暇もねえ!
 

=======================================================================

 【用 途】
同情したいのは山々だが、同情しても何の解決もならない時(まあ大抵そうだが)等に
冷たく突き放すように使用。
なお、実際に同情してるだけの時間があるかどうかというのは、あまり関係ない。

======================================================================

 【元ネタ】
アニメ版『スクライド』のカズマのセリフから引用。

======================================================================

 【備 考】
まあ、迂闊に「同情する」なんて言った日にゃあ、「金をくれ」と言われますからねえ。
気軽に人に対して同情も出来なくなったのかと思うと、嫌な時代になったものだなあと
やるせない気持ちになりますね。
もっとも、あれから何年経ってんだよ!
と突っ込まれそうではありますが(笑)。

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎語録 その弐拾弐

ムカムカパラダイスですわ!
 

=======================================================================

 【用 途】
なにかについてムカムカした時、そのムカムカが究極にまで高まった時に
思わず口から出る魂の言葉である。

======================================================================

 【元ネタ】
周知のように、『ムカムカパラダイス』というのは、同名のアニメがありますが、
この場合、アニメとはなんら関係はございません。
また、私自身もこのアニメは、恐竜みたいなキャラが出てくるということだけしか
知りません。

======================================================================

 【備 考】
かつて、私が何かについてムカついた時、思わず口からポロッと出てしまったことが
きっかけであり、今でもちょくちょく使っています。
その時は周りに友人がいまして、私もふと思ったんでしょうねえ。
ここで何らかの笑いを取りたい。ボケたい。
その結果、「ムカムカパラダイスですわ!」というフレーズが出てきたわけで、
幸い、友人達も『ムカムカパラダイス』というアニメは全然知らなかったためか、
ややウケしました。

このことからも、怒りで我を忘れそうになった時においても、
ほんのちょっと理性を働かせれば、それすらも笑いに変えることが出来るのだ
ということを、私は学ぶことが出来ました。
みなさまも、怒っている時こそ、1つ冷静になられてはいかがでしょうか?
ひょっとしたら、思わぬ発見があるかもしれません。

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎語録 その弐拾壱

ひのーい!!ひの――い!!
のーして!!のーしてぇえええ!!!
 

=======================================================================

 【用 途】
それは、信じられないこと、耐え難いこと、厳し過ぎる現時を目の当たりにした時に
出てくる、るちあ風魂の叫びである。

======================================================================

 【元ネタ】
『マーメイドメロティーぴちぴちピッチ』のるちあから……
と言いたいところですが、『Happy TOGETHER』の北乃さんからパクったものです。

======================================================================

 【備 考】

今更言うまでもないですが、『マーメイドメロディーぴちぴちピッチ』は、
珠玉のネタアニメですので、まだ未視聴の方はすべからく観るべし。
私はこれからも『ぴちぴちピッチ』を応援します。

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎語録 その弐拾

びっくりしましたね~
 

=======================================================================

 【用 途】
びっくりした時に使用。
はい。そのまんまです。
ただ、ブログの記事等で出だしから使う事によって、
そのびっくり感を強調させ、閲覧者に「何があったんだ?」と、
興味を引かせる効果が期待できます。
まあ、実際はそんな大したことないんですけど(笑)。

======================================================================

 【元ネタ】
何かあったはずだと思うのですが、それが何か思い出せません。
多分、何かのCMだったと思うのですが……。
何か思い当たる方は、ぜひ情報提供を!

======================================================================

 【備 考】
かつて『ぴちぴちピッチ』全52話の感想を書いた時に多用しましたが、
思いのほか好評でした。
このことからもやはり、継続は力なりというか、サブリミナル効果というか、
てんどんというか、何事も辛抱強く続けるということがいかに大切か、
ということを学びましたし、みなさまもぜひ、今一度このことを認識して欲しいなど
とは露ほどにも思っていないことは言うまでもありません。はい。
========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎語録 その壱拾九

I’ll be in your corner

I’ll be in your corner ,if they do
 

=======================================================================

 【用 途】
応援したい人を支持するぞ!とい意思表明に使用。

======================================================================

 【元ネタ】
『スティービー・ワンダー』の「イン・ユア・コーナー」から引用。
「オレは君の側につくぜ 何かあったらな」
「君の味方さ 奴らが何か手出しをしたら…」
といった意味です。

======================================================================

 【備 考】
スティービー・ワンダーはほんなこつ漢ですたい。
この歌詞初めて読んだ時シビレましたぜ。
いや、ほんまに……。

ちなみに、この曲が収録されてるアルバム「キャラクターズ」は、
何気にオススメです。
12曲全部が比較的穏やかな曲ですから、作業用音楽として聞くのもよし、
リラクゼーションに聞くのもよし、安眠用に聞くのもよし。
と、まさに1家に1つは欲しい、珠玉のアルバムです。

キャラクターズ
キャラクターズ スティービー・ワンダー

ポリドール 1997-07-16
売り上げランキング : 89233

おすすめ平均 star
starプログレッシブ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

J影虎語録 その壱拾八

ためらわず ひるまず 腐らず 
自分を信じて 自分を愛して

 
=======================================================================

 【用 途】
まあ、色々言ってますが、要は自分が一旦やり始めたことや
信念に基づいた行動に対して、最後まで貫き通せ
ということを言いたいだけです。はい。

========================================================================

 【元ネタ】
『長渕剛』の「Captain of the Ship」という歌の歌詞から引用。
ちなみに原文は「ためらわず 腐らず ひるまず 自分を信じて 自分を愛して」
となっており、「腐らず ひるまず」の順序が逆になっています。
これは完全に私の記憶違いによるものでありますが、
今更生き方は変えられん。大人とはそういうものだ。
ってなわけで、間違った順序のまま今後も使用する所存でございます。

======================================================================

 【備 考】
この曲を知らない方に対しては、とにかく一度でいいから聴いて欲しいと切に願います。
すっごいことになってますから。
曲の長さも13分を超えるという凄まじさ。
ただ、それゆえに、カラオケで歌うと敬遠されがちです。
もっとも、カラオケには5分程度で終わるショートヴァージョンもあるのですが、
これはオススメできません。
なぜなら、ショート.verは、これからっ!という時になってフェードアウトしていくため、
歌う方は不完全燃焼で終わってしまうからです。
しかし、だからと言って、完全版を熱唱すると、完全燃焼どころか下手すれば、
燃え尽きて灰になってしまうことにもなりかねませんので、
歌う時はくれぐれも、ペース配分を間違わないように気をつけましょう。
それ程までに、この歌はハードで熱い曲なので、生半可な気持ちで歌っては
しっぺ返しをくらいかねません。
それこそ、「ためらわず 腐らず ひるまず 自分を信じて 自分を愛して」歌うという
ゆるぎなき信念が必要なのです。

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

メールフォーム返信および麻生さんのフォローをしよう

>まあ、小女子はちょっと難しいからね。それこそ煩雑な間違いでしょ。
 というより、せめて小学校卒業程度の学力は身につけてほしいんですが、
 いけませんか?漢字検定でいえば、5級。どうです?

 という、たぐちゃんさんからのお便りが、先日の「麻生総理叩きに反逆①」の記事に
寄せられていましたので、今更ながら返信すると共に、例によって麻生さんのフォローを
行いたいと思います。

続きを読む "メールフォーム返信および麻生さんのフォローをしよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖闘士星矢

 今更この作品について説明することもないでしょう。
日本はおろか世界中でも大ヒットし、また連載が終わって10年以上経った今になっても
『エピソードG』、『LOST CANVAS 冥王神話』、『NEXT DIMENSION 冥王神話』
などが連載され、また原作『冥王ハーデス編』のOVA化、原作『冥王ハーデス編』以降
を描いた『天界編』がアニメ映画化されたりと、その勢いは留まるところを知りません。

 しかし………
今でこそ華やかに見えるこの作品ですが、原作単体で言うならば、
それは明らかに失敗に終わった、悲劇の作品でもあったのです。

 こう言うと、熱狂的なファンの方々は快く思わないかもしれません。
しかし、これは紛うことなき事実なのです。
なぜならば、最終的に打ち切られてしまっているのですから。
なんだかんだ言っても、この事実を否定することは出来ません。
それに、私はリアルタイムでこの作品を読んでましたから、人気絶頂の時も知ってるし
また、衰退していく様もこの目でしかと見届けてきました。
特にハーデス編の中盤辺りでは、私の身の周りにおいても、確実に読者離れが
起きていたし、友人の中にも見限る者がチラホラと現れ始めていたのです。
そしてそれ以後は、掲載位置もどんどん下がり、最終的に前述したように「打ち切り」
という結果に終わってしまったのですから、これはもう失敗というほかありません。
いささか冷たい言い方ですが、何度も言うようにこれは事実なのです。
それを嘘だとは言わせない!
言わせてなるものかっ!!!

 ……まあ…そんなわけで、私もこの結末はいささか不満でした。
そして疑問に思いました。
なぜこのようなことになってしまったのか?
どこで道を誤ったのか?
私にとって、その答えはすぐに出ました。
『ポセイドン編』。
これこそが全ての元凶だったのです。

          ※ ネタバレを多分に含みますので、ご注意下さい

続きを読む "聖闘士星矢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

J影虎語録 その壱拾七

何?もう理解不可能 あなたいったい何星人?
 
=======================================================================

 【用 途】
言ってることや、やってることが支離滅裂で理解しがたい人に対して使用。

========================================================================

 【元ネタ】
『m.c.A・T』の「Super Happy」という歌の歌詞から引用。
ちなみに実際は「何?理解不可能 先輩 あなたいったい何星人?」
と表記されております。

======================================================================

 【備 考】
特にありません。

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎語録 その壱拾六

Yes!自分は間違ってない!!
 
=======================================================================

 【用 途】
自分の正当性を力一杯主張したい時に使用。
そこには一片の迷いや戸惑いがあってはいけません。

========================================================================

 【元ネタ】
『B’Z』の「Pleasure ’91」という歌の歌詞から引用です。
ちなみに実際は「イエス、自分は間違ってない」と表記されております。

======================================================================

 【備 考】
当然のことながら、カラオケで歌う際には、ことさらに強調して歌います。

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎語録 その壱拾伍

冗談なんかで冗談いうか!!
 
=======================================================================

 【用 途】
その壱拾四で紹介した「JODAN JODAN JODAN」のあとにつけます。
それも「JODAN JODAN JODAN」で事が収まりそうにない場合の非常手段として
の意味合いが強いです。
早い話、付属品です。はい。

========================================================================

 【元ネタ】
これも『海援隊』の「JODAN JODAN」という歌の歌詞から引用です。

======================================================================

 【備 考】
あまり感情的過ぎると、相手の怒りさえも誘発しかねません。
そこは、あくまで冗談と狂気と本気の微妙で繊細なさじ加減が必要です。
まっ、こればかりは経験をつまないと身につかないでしょう。

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎語録 その壱拾四

JODAN JODAN JODAN!!
 
=======================================================================

 【用 途】
その場の状況にそぐわない冗談や、空気を読めてない発言、失言をした後、
逆ギレ気味に、その発言が冗談であることを強調しましょう。

========================================================================

 【元ネタ】
『海援隊』の「JODAN JODAN」という歌の歌詞から引用。

======================================================================

 【備 考】
余裕がある時は、その壱拾で紹介した「戯言だけどね」が良いでしょう。
「JODAN JODAN JODAN!!」はあくまで切羽詰った時、
例えば、結婚式場で祝いの言葉を述べた際、うっかり「こいつに飽きたら電話をおくれ」
とか言ったり、仲間と飲みに言った際、うっかり「今夜はおごる」と言ってしまい、
仲間達がみんな急いで出口へ向かったりしたような時に使いましょう。

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

そろそろ本気出さないとやばいかも

 更新をサボっててごめんなさい。

 クリスマスとかですっごく忙しかったんだよ~う。

 ほんとに、あまりにも忙しかったものだから、平野綾さんをリスペクトして

 偽アリバイ記事をこしらえようとか真剣に考えたりしたんですけど、

 冷静に考えたら果てしなく無意味だということに気付いてしまったので、

 なくなく没にしました(*≧m≦*)。

 って、そんなこと言ってる場合じゃなくてですね、

 進捗状況が思わしくないんですわ。

 おまけに、最近なんか靴2足を人に投げつけただけで英雄扱いされてるヤツが

 ハバきかせてるでしょ?

 あれにすんごく腹が立って腹が立って、ほんまにムカムカパラダイスなんですわ。

 せめて1足くらい当てろよ!と。

 当てようがはずれようが、靴投げつけただけで英雄扱いされるだなんて、

 夢みたいな話だぜ!

 オレなんて、そんなの20年前に通過してるって言うのによぉ!

 どないやっちゅうねん。ほんまに。

 怒るで しかし!

 そう叫びたい気分ですが、相手が相手だし、国も国だから、

 あんまり大っぴらに言えないし、それがまた一層イライラ感をつのらせ、

 結果、更新も遅れる……という悪循環になりつつあったのですが、

 これではいかん!私は遺憾だ!

 ……っつーわけで、明日からちょっくら本気を出していこうと思うのですが、

 本気出したところで、更新できるか否かは別問題だよなぁ~とも思えるので、

 適度に本気を小出ししながらラストスパートをかけようと思う、

 今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

2009年 ジャンプ03号の感想

あれ?ジャンプ感想やめたんじゃなかったの?
とか思ってるあなた!!
甘いです。
遠足は家に帰るまでが遠足と言うように、
Finalと言ってる内はまだ終わりではありません!!
かの名作『カイン』だって、アオリ文句で散々クライマックスだのフィナーレだの
言いつつも、4週くらい粘ったではありませんか。
あれと同じようなものですよ。はい。
まあ、そんなこんなで久々のジャンプ感想(03号)、地味にスタート!!

続きを読む "2009年 ジャンプ03号の感想"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

政府見解とはなんぞや?

 いやあ、大変でしたね。タモさん。

 と、私は彼の肩をポンポンと叩いてあげたい心境です。

 もちろん、ここで言う「タモさん」とはタモリさんのことではなく、

 かの田母神論文で旋風を巻き起こした、田母神前航空幕僚長のことです。

 まあ、あの一連の騒動は私も注目していましたが、やはりそこで思ったのは、

 政府とマスコミはとことんヘタレであり、また、そんなヘタレどもに踊らされる

 国民も国民だな~ということです。

 そもそも、タモさんの論文を引っ張り出して「政府見解と違う」とアホみたいに

 連呼しているくせに、その肝心の「政府見解」をまったく説明しないってのは

 どゆことよ?

 どこがどう違っているわけ?

 タモさんは、「日本は侵略国家ではない。素晴らしい国なんだ」とか言ってたけど、

 それが政府見解とは違うと言うのであれば、「日本は侵略国家でひどい国だった」

 ってのが、政府見解なわけですか?

 なら、ちゃんとそう言えばいいじゃないですか。

 なぜ、それをしない?

 政府見解と違うと言うのであれば、タモさんの論文と政府見解の双方を示した上で、

 どうですか、皆さん?と、国民に審議を問えばいいではないか!!

 それをなぜやらん!

 結局、あれでしょ?ぶっちゃけ、言いたくないんでしょ?

 黒歴史ですからねー。思い出したくもない、出来れば闇に葬りたいわが国の

 恥ずかしい過去ですからねー。

 今更掘り返したくないというのが本音なのでしょう。

 ふざけんな!

 そういう事なかれ主義を今まで通してきたから、今回の騒動に発展したんだ!

 大体、「政府見解」だとか大層なことを言ってるが、国民に全然浸透してないでは

 ないか!

 悪いけど、私も「日本が侵略国家だったのどーのこーの」なんてこと、

 少なくとも義務教育上では一度も耳にしたことなんざありませんでしたよ。

 どゆことですか、これ?

 政府見解と大層なこと言うからには、ちゃんと国民に、それも義務教育の範囲内で

 伝えておかなければいけないんとちゃいまっか?

 それに、以前何かの番組で、誰かが「今の若者があまりに歴史を知らな過ぎる」

 「戦争があったということすら知らない人もいる」とか、若者批判だか教育批判だか

 していましたが、そんなこと言うならば、

 今回の一件はちょうどいい機会だったじゃないですか。

 なぜそこで、マスコミは政府見解と共にわが国の歴史について説明しようと

 しないのか!!!

 挙句の果てに、そういうことを棚に上げ、終始タモさん批判に走っている辺り、

 はてしないセコさを感じてしまいます。

 なんか「国民の怒りランキング」みたいなものでも、タモさんは上位に入ってましたが、

 これもちょっとアサヒってますよね。

 前述したように、ただでさえ政府見解とやらは浸透していないのだから、

 国民がこんなことで怒るはずもないんですよ。

 わが国の民は歴史とか政治とか経済とかに本当に無関心なんですから。

 実際に、「おのれ田母神!歴史を捏造しやがってー」だとか、

 「わが国が犯した過ちを否定するばかりか、その償いにかけてきた今までの時間をも
  無駄にしやがって」

 だとか言って怒ってる人っていないでしょ?

 そもそも、みんなそんなこと考えてもいないでしょ?

 考えてるだなんて言わせない!

 言わせてなるものかッァ!!!

 ……いや、まあ、そういう生真面目な方も確かにいらっしゃるかもしれませんけどね。

 でも、実際は、「退職金を6千万ももらいやがってー」などと、

 退職金の額に怒っているのが現実じゃないですか。

 こんなもん、問題のすり替えですよ。

 結局のところ、言論の自由や表現の自由が障害となって法的制裁や社会的制裁が

 加えられないから、退職金の話にすり替えて国民の怒りを誘導しただけの話で、

 国民もこれにまんまと釣られてるんだから、本当にやるせなくなってしまいます。

 大体、なんで退職金の額を公表してることに関して誰も異を唱えないんだよ!

 そりゃあ、公務員の退職金が大体いくらだとか、ある程度は分かりますよ。

 でも、政府見解も示さないくせに、タモさんの退職金の額は公表するなんて

 どー考えてもおかしいでしょ。

 それなのに、誰もこの点に関しては何も言わない……。

 「プライバシーの侵害だ~!」とか、「個人情報がどーたらこーたら」とか、

 誰か言ってもよさそうなものなのに、なんで誰も言わないのかにゃ~。

 ホンマ、えー加減にして欲しいものだす。

 えー、色々述べて参りましたが、そろそろ締めたいと思います。

 そりゃあね、前述したように、確かに今更あんなこと言うのも恥ずかしいですよ。

 日本はなんば今頃そがんことば言いよっとや。

 と、他の国からも批判されたり、バカにされたりもするでしょうよ。

 でも、しょうがないじゃん。

 実際に、全然浸透してなかったんだから。

 ですから、そこは恥を忍んでこう言いましょうや。

 「日本は過去にこういうことをしてきたんです!今一度そのことを認識しましょう」

 と。

 大体、今の日本政府に今更取り繕う体裁もねーだろ!

 恥も外聞も捨て、なりふり構わずがむしゃらに頑張っていかなければいけない時に

 いつまでせせこましいことやってんだよ!

 そんな「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」では、その内虎になっちまうぜ!

 ってな話です。 

 ゆえに、今からでも遅くはありません。

 政府やマスコミには、わが国の歴史を踏まえた上で今一度、政府見解とやらを

 ちゃんと説明して欲しいものです。

 You!言っちゃいなよ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月20日 (土)

かんなぎ騒動の感想

 びっくりしましたね~。

事実は小説よりも寄なり、とはまさにこのことですね。

いや、それほどのものではないですけど、私も事の真相が分かるまでは、

てっきり、作者がファンの凶行に精神的ショックを受けて体調を崩したんだろう

と思ってましたからね~。

おそらく、ファンの邪悪想念だとか暗黒闘気だとかにあてられたんだなー。

霊感とか強ければ、人の邪念とかで体調崩したりすることもあるって、

『明王伝レイ』でも言ってたしねー。

私も、以前どこぞのスレで「対談式感想」を叩かれた時は、右目を患ったしね。

あれも結局は原因不明だったし、完全に回復するまで一ヶ月近く経ったからねー。

いくら烏合の衆とは言え、それでも人の悪意ってのはバカにできないからねー。

実際にこういうこともあるんだからなー。

ほんとに、作者の武梨えり先生は気の毒だよなー。

とか、そんな風に思ってたんですよ。

 ところが、いざ蓋を開けると、まったくそんなことはなく、

たまたま、ファンがあんな凶行をしでかした頃に、体調を崩して入院したという話で、

実際は一連の騒動を知りえなかったのだから、笑ってしまいますね。

 いや、武梨先生にとってみれば、どっちにしろ笑い事ではないんですけどね。

ただ、それでもやっぱすげーなと思いましたよ。

例えるなら、ボロクソ悪口や嫌味を言われた後、

「え?あ、わりーわりー。ボーッとしてて全然聞いてなかった。悪いけどもう一回言って」

と、素で応えるようなものですから。

こんな返し方された日にゃあ、言った方はバカみたいですからねー。

すごいですねー、怖いですねー。

 でも、この一件で私、武梨先生のファンになりましたよ。

この危険回避能力、私も欲しいー。

いや、冷静に考えれば、全然回避できてないんですけどね(笑)。

なんだかんだ言っても、入院するほどの急病に見舞われたわけですから。

それに、今回の騒動についても、いずれは武梨先生も知ることになりますからねー。

その時、先生がどんなリアクションを取るのか?

「バッカじゃねーの」とでも言って一笑に付せばいいんですけど、

今度こそショックで寝込んだとかなったら、目も当てられませんからねー。

武梨先生の本当の苦難はこれからなのかもしれない……

ここがいわゆる正念場!!

 そう考えると、ちょっとブルーになってしまいますが、

少なくとも、私はこれから応援していきたいと思います。

I’ll be in your corner

I’ll be in your corner ,if they do

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リメイクの乱発はやめろ!

 『私は貝になりたい』って映画が今好調だとか苦戦してるだとか言われてますが、

まったくもって、腹立たしいですね。

どんだけリメイクすれば気が済むんだよ!

しかも、あんだけハデに宣伝しておいて、一言も「リメイクです」と言ってもいない。

こんなことされたら、「なにかリメイクだと知られたら不味いことでもあるのか?」

と思ってしまいます。

そもそも、これは以前にも、1994年くらいに所ジョージ主演でリメイクされているのに

なんでまたリメイクしなければならないのか!

今だからこそ伝えたいことがある

とか宣伝文句で言われていますが、だったらオリジナルを放送しろよ!

テレビ局で枠を設けて、放送すればいいだけの話ではないか!

それをなんでまたわざわざ金かけて一から作り直さなければならない?

こんなもん、税金の無駄遣いと同じレベルですよ。

なのに、なんでこれを誰も非難しないのか?

ホンマ、えー加減にして欲しいものだす。

 大体ねー、こんなことされたら、オリジナルを知ってるというアドバンテージが

薄れてしまうじゃねーか、コンチクショー!!!

自慢ですけど、私はオリジナルの方も知ってるんですよ(ラストシーンのみだけど)

それで子供の頃に、学校で「将来は何になりたい?」とか聞かれた時も、

「私は貝になりたい」とか言ってたんですよ。

当然、周りの生徒はこんなネタ分かるはずもありません。

ですから、周りの生徒はポカーンとしてる中、先生だけはジト目で、

「なんでおまえがそれを知ってんねん?」

だとか、

「おまえ、いくつだ?」

みたいなツッコミを入れてくるシュールな光景が展開されていたのです。

 えー、状況がイマイチつかめないかもしれませんが、

例えるならば、泉こなたが「ティモテー」を知っていたようなものです。

当時の私も、今と同様、本来ならばその歳で知るはずもない様々なことを知っていた

のです。

 それゆえ、周りからは、「えー、J君なんでそんな昔のこと知ってんの?」

「すげー、すげー、Jはホンマになんでも知ってんなー」

「J君って本当に物知り博士ねー」

「ようし、みんな、この偉大な賢者を胴上げや」

「わっしょい、わっしょい」

…と、こんな風に私はモテはやされていたのです。

…戯言だけどね。

 それなのに、こんな風にリメイクの表示もしないリメイクが横行したら、

それに伴い、オリジナルを知らないにわかファンも増殖して猛威を奮い、

「え?オリジナル?なにそれ?おいしいの?」

とか、オリジナルを否定し出した挙句、オリジナルの方をパクリ扱いすることにも

なりかねません。

 私が危惧しているのはまさにそこなのです。

「オリジナルに勝るリメイクなし」という言葉があるように、

オリジナルを知っている方ならば、思い出補正とかが入る分、

どうしてもリメイクよりもオリジナルの方が良いと思ってしまいがちです。

 しかし、あんな風にリメイクなのにリメイクであることを示すこともなく、

堂々と公開されると、正直、オリジナルを知ってる側から見れば、

あまり気分の良いものではありません。

それに、これが一番許せないことなんですが、テレビで流れてるCM。

あれって完全にネタバレじゃないですか。

こんなことされた日にゃあもう、オリジナルのファンにケンカ売ってるとしか思えません。

そこんところを今一度よーく考えて猛省して欲しいものです。

 まあ、作ってしまったものは仕方ありませんから、今更やめろとまでは言いません。

それに、作り手側としては、リメイクを作りたいと思うことも、

それによってオリジナルを越えたいという夢を抱くこともあるかと思います。

しかしそれならば、先程も述べた「オリジナルに勝るリメイクなし」

この言葉の重さを十分にかみ締めて臨んで欲しいですし、

決して軽はずみな、過去の名作の威光に頼ったリメイクの乱発だけは

控えて欲しいと思う、今日この頃です。

=======================================================================

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

J影虎語録 その壱拾参

ここはオレに任せておまえは早く食事に行け!!
 
=======================================================================

 【用 途】
お昼の食事時に、首が回らないくらいに仕事が忙しく、誰もが食事に行けそうもない。
そんな時に、声高らかに言ってみてください。
あなたはきっと誰からも一目置かれること間違いありません。
現在、ちょうど年の瀬の忙しい時期でもあるので、あなたも油断なく容赦なく
職場で使ってみてはいかがですか?

========================================================================

 【元ネタ】
まあ、これも一々説明するまでもないと思いますが、
バトル漫画によくある「ここはオレに任せておまえは先に行け」
をアレンジしたものです。

========================================================================

 【応用と発展】
ついでに、このセリフを言われた方はどう応えるべきかについても述べておきましょう。
当然のことながら、すんなり「じゃあ任せたぜ」というのは芸がありません。
そこはバトル漫画チックなノリで応えるのが「粋」ってもんです。

 何を言ってるんだ!
 おまえ1人を残して俺だけ行けるわけないだろ!

くらいのことは言ってください。
続いて、当然のことながら言い出した方も、

 オレのことは心配いらん。
 この程度のことでやられたりはしない。

だとか、

 この程度の来店客、オレ1人で十分だ!
 だからおまえも早く行け!

くらいのことを言ってください。
そして、言われた方は、ここでもうしばらくあーだこーだとごねても良いのですが、
あんまり長引くとダレてしまうので、ここらで承諾した方が良いでしょう。
その際には、例によって、

 分かった。そこまで言うならこの場はおまえに任せよう。
 だが、オレが戻ってくるまで死ぬんじゃないぞ。

だとか言ってあげましょう。
こうして最後に、

 当たり前だ。誰にものを言っている?
 おまえが戻ってくる頃には全てカタはついているだろうぜ。

みたいなことを言って締めれば上出来です。

======================================================================

 【注意点】
人によってはノリが悪く、思ってたようなリアクションが返ってこないこともあり得ます。
そして、これら一連のやり取りを、お客さんに聞かれていようものなら、
死ぬほど恥ずかしいこと。
注意すべきはこの2点です。

 ちなみに私の場合、会社の女の子にこのセリフをかっこ良く使ってみたところ、
ややウケはしたものの、その後に「アホ」と言われました。
挙句に、お客さんにも聞かれていて、これが話の分かる若い世代の人で、
クスクスと笑われるならば、まだ救いはあったのですが、聞いていたのは年輩の…
って言うか、お婆さんで、「この人なんば言いよっとやろか?」と言わんばかりに
ポカーンとした表情をされていたものだから、本当にすっげー恥ずかしかったです。

 ですから、このセリフはあくまで仲間内の間でしか聞こえないように使用すると共に、
本当に忙しい時にしか使わないように気をつけましょう。
【用途】のところで、「声高らかに」とは言いましたが、モノには限度があります。
また、中途半端に忙しい程度では、ギャグにしかなりませんから、
自分をかっこ良く見せるために言うのか、ギャグとして使うのか、
この辺りも注意が必要です。

======================================================================

 【備 考】
えー、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、
今回のは、ほとんど以前の記事の使いまわしです。はい。

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

J影虎語録 その壱拾弐

それは私だ。
それも私だ…
 
=======================================================================

 【用 途】
自分の功績や武勇伝を目いっぱい主張したい時、
もしくは、何かにおいて自分こそがそれに相応しいと思った時に、
油断なく容赦なく、毅然とした態度で言ってください。

========================================================================

 【元ネタ】
『スーパーロボット大戦αシリーズ』における、ゴッツォさんのセリフに由来します。
遡ればユーゼスさんかららしいですけど、生憎とユーゼスさんについてはあまりよく
知りませんので、ここではシヴァー・ゴッツォさんのセリフをご紹介しておきます。

 [原 文]

(なんたらかんたら)その力をもってアポカリュプシスにも打ち勝つ者…
それは私だ

そして、その力をもって、この銀河全てをゼ・パルマリィ帝国に握らせる者…
新たなゼ・パルマリィ帝国の神…

それも私だ…

                           by シヴァー・ゴッツォ 

          ※ 一部専門用語がありますが、気にしないで下さい。

========================================================================

 【使用例】
実はこのセリフ、飲み会の時に使えるんです。
この時期、忘年会シーズンですから、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?
それでは早速、使用方法をご紹介いたします。

 [解 説]

まあ、多くの方々はお分かりいただけることかと思いますが、
大抵の人は飲みに行くとあまり食べないものです。
それゆえ、3,40分もすれば、食べ物を注文する人などほとんどいなくなります。
もっとも、コースなどによってはその状況も変わってきますが、
コース料理が運ばれてくるケースを除けば、積極的に食べ物を注文する人は
ほとんどいないと言っても良いでしょう。
(まあ、私という例外も確実にいるのだが……)
ですから、周囲をよく観察して、食事が全席にいきわたり、料理を口にする人も
いなくなったと思えてきたならば、頃合を見計らって、周囲の人にばれないように
何か料理を注文するのです。
そしてこの場合、周囲の人の度肝を抜くようなものを注文するのが良いでしょう。
そうですねえ、例えばカレーライスなんてどうでしょう?
酒の席で、カレーなんて注文しようものなら、まず間違いなく騒然となります。


「おいおい、誰だよ、カレーなんか頼んだのは?」
「え~、うっそー、ほんとー、信じらんなーい」
「マジであり得ないんですけどー」

 おそらくは、様々な罵声、怒号が飛び交うことでしょう。
そこで!声高らかに、誇らしげに、どや顔で言ってやるんですよ。

 それは私だ
と。

 これであなたは周りの注目を一身に浴び、一躍時の人となり、
これ以後も一目置かれる存在となることでしょう。
ですが、ここで満足していてはいけません。
ここからがまさに本番なのです。

 そうです、次の「それも私だ」につなげるために、
もう一品頼んでおかなければなりません。
それも、一品目のカレーに勝るとも劣らないインパクトのあるものを……
そしてそれは、カレーとのギャップが激しければ激しいほど効果的となります。
そうですねえ、カレーときたから今度は甘いもので、パフェなんてどうでしょう?
いきなりカレーライスが運ばれてきて、「誰だこんなの頼んだは?」と
騒然としている中、「それは私だ」とカミングアウトし、さらなる混沌をもたらした後、
程なくして、今度はパフェが運ばれてくる………
周囲が興奮冷めやらぬ中、またもやそこで

「それも私だ」

と言えばもう、あなたは一躍人気者か、変わり者のレッテルを貼られることでしょう。
 でも、何も恐れることはありません。
私もやりましけど、元々変わり者と思われていたから、今更取り立てて騒ぐやつも
いなかったし、むしろバカウケしてましたから、きっとあなたも大丈夫!
…多分ね。
もっとも、その時はさすがにカレーとパフェなんて組み合わせはしなかったけど…

 最後に、この時における注意点を申し上げます。
まず、前述したように、注文してるところを人に見つかってはダメです。
ですから、トイレに行く振りをして、または行ったついでにでも、直接店員さんに
注文すればよろしいかと思います。
そして、ここが最も気をつけなければいけないところなんですが、
店員さんが持ってくるタイミングですね。
カレーが来ても、その後一向にパフェが来なかったら、台無しになってしまいますから、
その辺りはあらかじめ、店員さんに伝えておく方が良いでしょう。
そうですねえ、理想を言えば、一品目が来てから30秒以内に2品目が来るというのが
ベストかなあと。
ですから、その辺はあらかじめ店員さんによく相談して、綿密な打ち合わせを
しておきましょう。
「カレーを持ってきたら、30秒以内にパフェを持ってこい」
「いいな。絶対だぞ!30秒以内だかんな!かと言ってパフェを先にしてもダメだぞ」
「いいな。カレー、30秒、パフェ、だかんな!間違えんなよ!」
「失敗したら絶交だかんな!」
くらい言っておけばよろしいかと思います。

======================================================================

 【注意点~間違った使用法~】

えー、前述した使用法も、本来の趣旨とはかけ離れた使い方なんですが(笑)、
ここでは、こういう使い方は絶対しちゃいけないという使用例をご紹介します。

 [間違った使用例]

 学校の先生:田中君の給食費を盗んだのは誰ですか?正直にいいなさい!

   犯   人:それは私だ

 学校の先生:校舎の窓ガラスを割って回ったのは誰ですか?正直に名乗り出なさい

   犯   人:それも私だ…

                                   以 上

…いや、まあ、こんな使い方しても別にいいんだけどね。
使用者が納得して使ったのであれば。
うん、基本的にどう使おうが個人の自由だから、好きなように使えばいいと思うよ。
私はその手助けをしているに過ぎませんから。はい。

======================================================================

 【備 考】

えー、実を言うと、今までこのブログはおろか、ジェイ・ワールド時代においても
今まで一度も使ったことのないセリフです。はい。
ただ、前述したように、ネットではなく、リアルの方で使ったことがあったので、
決して嘘をついているわけではないのです。
って言うか、ネット上で使うのは中々難しいんだよねー。
誰かネット上での上手い使い方考えてくんねーかなー(あくまで他力本願)

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今こそリスク商品に手を出そう

 11日の日経新聞を読んでいたら、興味深い記事がありました。

 なんでも、大手都銀は現在の金融危機に伴い、「投資信託」よりも「定期預金」に

 力を入れてるとか言うではありませんか。

 もうね、ふざけんな!と。

 それじゃあ、今までやってきたのはなんだったんだよ!

 と、私は激しい憤りを覚えた次第なので、今回はちょっくら、

 銀行と投資信託などについて語りたいと思います。

続きを読む "今こそリスク商品に手を出そう"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最近、朝ズバッ!を観てると無性に腹が立つ

 ひっさしぶりにムカつきましたわ~

 なんですか、最近の朝ズバッ!は!

 先日も、格付け会社に対して「何様だ」と暴言吐いたかと思うと、

 今度は(と言っても3日くらい前の話)、個人年金保険の元本を保証しろとか

 言い出しやがる。

 って、それこそ、なんでおまえらがそんなこと言うねん、って話ですよ。

 大した知識もないくせにー!!

 そもそもですね、元本が保証されているか否かってのは、契約の時点で説明されて

 いるはずであり、顧客もそれを納得した上で契約してるはずなんですよ。

 そりゃあね、一昔前は販売員が自分の営業成績上げるために、ろくすっぽ説明も

 しないで売りつけることもあったかもしれないし、実際に、顧客からも、

 「そんなの聞いてねえ!」と、トラブルになることもあったみたいですが、

 そういうことを回避するために、金商法(金融商品取引法)も強化された訳で、

 今ではそれこそ説明義務が徹底されているし、契約時の様子なども事細かに記録

 されるし、何より、顧客においても、確認書で説明した事項にチェックを入れ、

 (レ点をつけてもらい)、納得の上で署名・捺印されているのです。

 それをですよ、まったく何の関係もない大した知識もないヤツが、

 手前勝手な正義感を振りかざして「元本を保証しろ」とは、どういう了見だ!

 って話ですよ。

 これが、前述した金商法が守られておらず、無理矢理契約を結ばされたという

 被害が相次いでいるというのなら、そういうこと言うのも分からんでもないですが

 元々元本が保証されていないリスク商品を取り上げてですよ、

 しかも、具体的な商品名は何も言及してせずにですよ、こんなこと言うなんて、

 言いがかりも甚だしいってもんです。

 こんなもん、営業妨害じゃないですか。

 よって、保険会社は本気で訴えていいと思います。

  その弐

 もんたさんがサラ~っととんでもないことを口走っていました。

 なんでも、忘年会があと29回も控えているとかなんとか……

 さすがにこれを聞いた時は私も耳を疑いました。

 まだ寝ぼけてるのかな?とも思いました(もんたさんも私も)。

 だって、12月の残りの日数より多いんですよ。

 信じられますか、奥さん?

 って言うか、普通あり得ねーだろ!!こんなの。

 こんなんでよく麻生さんを非難できたものだなあ~と思わず感心してしまいました。

 当然、他のとりまきさん達は、この件に関しては何にも言いません。

 なんなんでしょう、これ。

 ボクには彼らの神経がさっぱり分かりません。

  その参

 まあ、一事が万事って言うか、前述したようなことがたて続けに起こっているためか、

 もんたさんが「根本くーん」と言って、根本君が「はーい」という一連のやり取りも

 無性に腹が立って腹が立って仕方ありません。

 根本君は完全にとばっちりです。ホンマすんません。

 これも全てもんたさんのせいっつーことで(笑)。

  結論

 まっ、そんなわけで、ムカつくなら観なけりゃいいじゃん。

 と、自虐的なオチで締めようかなあとも思っていたのですが、

 そうは出来ないのが反逆児の辛いところ。

 それだと根本的な解決にはならないし、何より、

 私の「ムカつくモノ程、深く知らなければならない」というポリシーに反することに

 なるので、今ここで視聴をやめるわけにはいかんとです。

 そう、私と朝ズバッ!の戦いはまだ始まったばかりなのだから……

  (打ち切りエンドっぽく締めたものの、やはりオチとしてはイマイチでした)

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

長崎は今日も雨だった

  【前回までのあらすじ】

 東京行って、夏コミ行って、東と西間違ったり、

 「立ち止まらないで下さい」とか言われたりしながらも、

 Yukimiさん、ムーさん、かがみさんの同人誌買って、

 彼らとお話したりして、色々と思うところがあって、

 差し入れして、後片付けなどをお手伝いして、

 カレー食べたら周りの人は全員サラダを一緒に食べていたんでびっくりして、

 電車の中でおばさんと色々お話するハメになったりした挙句、

 ○ジコン買うことが出来なくて、

 帰る日になって、冥土の土産にメイド喫茶に行ったら、

 噂に聞いていた以上に酷かったものだから、ひどく失望。

 店を出たら雨がザーザー降っていました。 ← 今ここ

 ってなわけで、東京旅行記も今回がついにラスト。

 愛と感動の最終回に、むせび泣け!!

続きを読む "長崎は今日も雨だった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラストスパートをかけたいな

 忙しい、忙しいって、てめえのトロくささを師走のせいにしてんじゃねーよ!

 バーカ、バーカ、カーバ………ψ(`∇´)ψ

 ってな内容の記事を書こうと思っていたんですが、

 どっこい、そっくりそのまま自分に当てはまってしまっていたので、

 なくなく没にしました(*≧m≦*)。

 ってなわけで、今年も残すところ1ヶ月をきってしまい、

 非常にヤバイことになってきました。

 年内完成予定と先延ばしにしてきた東京旅行記も、下手すれば落としかねないし、

 『聖闘士星矢』についてのレビューも全然出来てないし、

 それでいて書きたいことは山ほどあるし、何より、今年一年を振り返ったまとめ記事

 みたいなものを書きたいなあという衝動まで起きてるし……。

 そんな中、かろうじて順調なのがJ影虎語録……

 これだけは目標どおり、ジ・エーデルさんと並ぶ27個が、年内にはお見せできそう

 な感じです。

 もっとも、閲覧者にとっては、これこそどーでもいいことなんでしょうが。

 まっ、そんなわけで、そろそろラストスパートをかけようかなあと思います。

 俺はまだ全然本気を出しちゃあいないぜっ!! ← バットエンドフラグ

======================================================================

 【ちなみに、今後の予定をば】

 1.東京旅行記 最終回1本と、おまけ3本ほど (最優先事項)

 2.聖闘士星矢レビュー 余裕があればアニメ版と車田先生についても言及

 3.J影虎語録 壱拾弐~弐拾七 一応ネタは頭の中で出来上がってます

 4.最近、朝ズバを観てると無性に腹が立つ  今一番書きたいことです

 5.リメイクの乱発はやめろ! これも書きたい 

 6.ノーベル賞受賞報道に反逆 要はマスコミ批判

 7.かんなぎ騒動に物申す ちょいと思うところがあったので……

 8.政府見解ってなに? 日本政府と日本の教育の在り方についての批判

 9.落書きは極刑にすべし 下手したらこれは大問題になりかねませんぞ!

10.ジャンプの感想 …まあ、気が向けばね

11.最近のニュース 色々あるからねえ

12.今年一年を振り返った記事 ニュース、アニメ、漫画等、部門別に

                                           以上

======================================================================

 ………多いな。

 って言うか、遠いな………。

 本当に可能か?

 しかもこれはあくまで現時点での話。

 時が経てばまた思いつくことも、書きたくなることも出てくるだろうし、

 なんか自分で言ってて気が遠くなってきたよ。

 それに、今から餅つきに行かないといけないし。

 それから色々あって、帰りは夜になるし。

 言ってるそばからこんなんじゃあ、先が思いやられるなあ。

 でもまあ、これも例によって「予定は未定」っつーことで、

 閲覧者の方々には、1つ温かい目で見守っていただくよう、お願い申し上げます。

 それでは、今から餅つきに行って来るぜっ!

=======================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月11日 (木)

スパロボZ ネタバレ感想 その11 サントラの感想

ボーナスが出たので、スパロボZのサントラを買いました。

しかし、いざ聞いてみて、私は率直に次のように思いました。

ひのーい!!ひの――い!!のーして!!のーしてぇえええ!!!

そうです。ひどいんです。

何が酷いかと言うと、オリジナル曲の扱いが酷い!

例えば、私が最も好きな曲である、「涙拭う翼」(セッちゃん後期曲)

時間にして、1分37秒。

短いと思いませんか?

そうです!

一通り流れたらフェードアウトしやがるんです。

信じられますか、奥さん?

普通、2巡くらいするだろ!常識的に考えて!

実際、版権ものなんて、2巡してフェードアウトしてるんですよ。

この差はなに?

この際だから、はっきり言います!

版権ものなんざ、どーでもええねん!

むしろ、スパロボの曲におけるキモはオリジナルの方だろ!

それを軽んじてどうすんねん?って話ですよ。

熱き血潮溢れるオリジナル曲こそスパロボの証!!
それなくして、なんのスパロボか!!

そう叫びたい、今日この頃です。

 しかし、全体的なバランスで言えば、第3次αが一番良かったかなあ。

音質で言えば、第2次αが良かったんだろうけどね。

ただ、サントラは今回の『Z』よりも酷く、一巡する前にフェードアウトしてたからねえ。

結局、こういうのって、作り手側の意識の問題ってことになるのかしら?

まあ、スパロボ暦の浅い私がこういうことを言うのも変な話ですが。

=======================================================================

 【おまけ】

 これみたく、2巡すれば良かったのに~

=======================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WEB拍手返信

>唐突ですけどjも影虎もどっちもファーストネームですよね

…その発想はなかったわ。
いや、まあ、発想自体がなかったわけだから、
必然的にファーストネームってことになるんですけどね。
ええ。「J影虎」は「山田 太郎」みたいに「J・影虎」と区切るのではなく、
あくまで一くくりにして「J影虎」と読みますので、お間違えなきようお願いします。

ちなみに、Jと言うのは私の愛称です。
誰も呼ばないけど(*≧m≦*)。
しかし、例え誰も呼ばなくても、私がJであるということに変わりはないのです。
まあそんなわけで、今後ともJ影虎をよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビートルズの話と聞いちゃあ、黙ってられないぜ!!

コネタマ参加中: あなたが好きな「ビートルズ」の曲は?

 ビートルズで一番好きな曲でございますか?

 「HEY JUDE」「LET IT BE」 ……色々ございますなあ。

 ただ―――

 1番と言うのなら、やはり…………

 「IN MY LIFE」でございます。

 まっ、そんなわけで、私の場合はこの曲が一番好きなんですが、

 あの穏やかな心地よいメロディーは実にいいですね~。

 ビートルズの曲は実に200曲以上もあり、私も一応全部聞きましたが、

 やはり、これが一番心にしみますね。

 あとは、前述した「HEY JUDE」「LET IT BE」「YESTERDAY」のような

 定番の曲………と言っても、どれもこれも定番っちゃあ定番なんですけどね。

 まあ、その中でも、割と暗めの曲では(私はどちらかと言うと暗い曲が好き)、

 「AND I LOVE HER」とか「MICHELLE」とか、

 「WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS」あたりが好きですね。

 特に「WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS」は、

 イントロがかっこよくて素敵!

 うん。暗くてかっこよい。略して「クラかっこいい」曲です。

 逆に明るめの曲では、「NOWHER MAN」とか、「HELLO GOODBYE」とか

 「ALL MY LOVING」あたりが好きですね。

       注:あくまで曲調での話。この際歌詞の内容はおいときます。

 穏やかな感じの曲では、「HERE THERE AND EVERYWHERE」

 「THE FOOL ON THE HILL」「ACROSS THE UNIVERSE」

 あたりですかねえ。

 あと、人はあんまり好きだと言ってるのを聞いたことはないけど、

 オレは好きだぜ!という曲で、「NO REPLY」「I WILL」があります。

 特に「I WILL」については、これが私非常に気に入っておりまして、

 下手すれば2番目くらいに好きかもしれません。

 なんと言っても特筆すべきは、曲の長さが1分45秒だということ。

 まあ、ビートルズの曲は大体2,3分程度の長さの曲が多く、今時の曲に比べれば

 少し短めに思えるんですが、これは2分もありませんからね。

 最初聞いた時はさすがにビックリしたものでした。

 でもまあ、全体的に2,3分程度の曲だったからこそ、今になっても一際光り、

 飽きがこないのかなあと、思うところもありますね。

 先程も申し上げましたように、今時の曲は昔の曲に比べて長いですからね。

 …って言うか、何時頃からなんですかねえ、4,5分くらいの長さが当たり前に

 なってしまったのは。

 もっと削れる所は削って、ショートにした方が良いと思うんですが、

 いかがなものでしょうか?

 まっ、そんなわけで、他にも色々とありますし、ひょっとしたら肝心なのを忘れている

 かもしれないのですが、今回はここまで。

 後で「あれもあった」と思い出すことがあれば追記するってことで締めさせて

 もらいます。

 いやあ、ビートルズって本当に良いですねえ。

 それでは、さよなら、さよなら、さよなら……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

J影虎語録 その壱拾壱

 もうこれ以上、カッコ悪いヤツにならないでくれ
 

=======================================================================

 【用 途】
カッコ悪い人に対してダメだしする際に使用。
主に漫画やアニメに出てくる登場人物の言動に対して使われることが多いが、
実在の人物及び誹謗中傷類のコメントを残した閲覧者に対しても時折使用される。
また、その際に、実際はそれほどカッコ悪くなくとも、このセリフを使う事によって、
閲覧者の方々にあたかもカッコ悪いような印象を与える効果も期待できるため、
しばしば印象操作の目的で使用されることもある。

========================================================================

 【元ネタ】
梅澤春人先生著作『BØY -ボーイ-』に登場する一条誠が、
神崎狂に対して言ったセリフに由来する。
なお、このセリフは、一条がかつて尊敬できる不良として憧れの感情を抱いていた
神崎に対して、薬に溺れ堕ちていく様を見るに見かねて言ったことであり、
そこには懇願に近い情念があった。
しかし、私が実際に使用する場合、そのような意図はほとんどないに等しく、
これからも本来の意味と目的で使われることはないと思われる。

========================================================================

 【使用対象例】
今までどのような人に対してこのセリフが使われてきたか、以下を参照下さい。

 ・マッキーと争っただけならまだしも、その際に珍発言を連発した松本零士先生
 ・白雪とのスキャンダルをスッパ抜かれて怒った中田君
 ・まともな試合内容を見せてくれたボクサーの亀田君 (あくまでネタとして使用)
 ・小物ばかりを相手にして得意気になってるスモーカー大佐
 ・カブト君と互角の実力だったことに加え、リーダーとしての資質にも疑問が残る
  ツナデさん
 ・実力はともかく、やってることが一々小物くさいザンザスさん
 ・ザンザスに頭が上がらず、殺されそうになってもなおそんなザンザスを応援する
  スクアーロ君
 ・名前を変えればバレないと思って好き勝手に誹謗中傷のコメントを残した挙句、
  どっこいバレバレであり、こちらの意見にも何の反論も出来なかった某閲覧者

…etc。
まあ、他にもたくさんあったと思うんですが、大体こんな感じです。はい。

========================================================================                    

 【備考~使用上の注意~】
口頭で使用する際は分からないが、「カッコ悪いヤツ」の原文は
「カッコ悪い不良(やつ)」となっているため、文章で示す際には多少アレンジする事が
必要となってくる。
まあ要は、対象となる人の属性や職業を示せばいいわけであり、
それが例えば忍者ならば、「カッコ悪い忍者(ヤツ)」とすれば良いだけの話です。
もっとも、こんなことはそれこそどーでもいいことなのかもしれませんが、
雰囲気や形式にこだわるのならば、これくらいやった方が良いでしょう。

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J影虎語録 その壱拾

 戯言だけどね
 

=======================================================================

 【用 途】
主に、しょーもないアホなことを言った後に使用される。
そこには言葉通りの意味も含め、「ネタで言ってんですよ。真に受けないでね」
という思惑も隠されている。
それゆえか、意図的に失言、暴言を吐いた後に使われることもあるばかりか、
ギャグがすべったと思われる時のフォローとしても使われることがあり、
実に使い勝手のよいセリフとして重宝されている。
なお、読み方は「たわごと」ではなく「ざれごと」である。
お間違えのないように。

========================================================================

 【元ネタ】
西尾維新先生の著作、『戯言シリーズ』の主人公、いーちゃんのキメセリフです。
興味がありましたら、ぜひお読みくださいませ。
もっとも、シリーズによってはグロかったり、エグかったり、鬱だったりしますので
ご注意下さい。

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)
クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス) 西尾 維新

講談社 2002-02
売り上げランキング : 27343

おすすめ平均 star
star全部伏線といっても過言じゃないと。
star孤島、密室、首なし死体。お手盛りのエンタテイメント。
starう〜ん

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

========================================================================

 【備 考】
上記で紹介した、いーちゃんは作品中『戯言遣い』と称されていますが、
かつて私も『戯言遣い』と呼ばれていたことがありました。はい。
まあ、ここを見てる閲覧者の方々はお分かりいただけるかと思いますが、
私はここに書いてるようなしょーもないことを、普段からよく言ってるんですよ。
それゆえ、友人達からは「おまえ、よくもまあ、そんなしょーもないこと思いつくなあ」
とか、「おまえの言ってることは全部、戯言やな」だとか言われ続け、
ある日、「おまえはホンマに戯言遣いやなあ」と言われるに至ったのです。
ですから、私こそが、「元祖戯言遣い」にして「真の戯言遣い」であり、
いーちゃんなんて、私のパクリでしかないのです。
…戯言だけどね。

========================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »