« J影虎語録 その壱拾参 | トップページ | かんなぎ騒動の感想 »

2008年12月20日 (土)

リメイクの乱発はやめろ!

 『私は貝になりたい』って映画が今好調だとか苦戦してるだとか言われてますが、

まったくもって、腹立たしいですね。

どんだけリメイクすれば気が済むんだよ!

しかも、あんだけハデに宣伝しておいて、一言も「リメイクです」と言ってもいない。

こんなことされたら、「なにかリメイクだと知られたら不味いことでもあるのか?」

と思ってしまいます。

そもそも、これは以前にも、1994年くらいに所ジョージ主演でリメイクされているのに

なんでまたリメイクしなければならないのか!

今だからこそ伝えたいことがある

とか宣伝文句で言われていますが、だったらオリジナルを放送しろよ!

テレビ局で枠を設けて、放送すればいいだけの話ではないか!

それをなんでまたわざわざ金かけて一から作り直さなければならない?

こんなもん、税金の無駄遣いと同じレベルですよ。

なのに、なんでこれを誰も非難しないのか?

ホンマ、えー加減にして欲しいものだす。

 大体ねー、こんなことされたら、オリジナルを知ってるというアドバンテージが

薄れてしまうじゃねーか、コンチクショー!!!

自慢ですけど、私はオリジナルの方も知ってるんですよ(ラストシーンのみだけど)

それで子供の頃に、学校で「将来は何になりたい?」とか聞かれた時も、

「私は貝になりたい」とか言ってたんですよ。

当然、周りの生徒はこんなネタ分かるはずもありません。

ですから、周りの生徒はポカーンとしてる中、先生だけはジト目で、

「なんでおまえがそれを知ってんねん?」

だとか、

「おまえ、いくつだ?」

みたいなツッコミを入れてくるシュールな光景が展開されていたのです。

 えー、状況がイマイチつかめないかもしれませんが、

例えるならば、泉こなたが「ティモテー」を知っていたようなものです。

当時の私も、今と同様、本来ならばその歳で知るはずもない様々なことを知っていた

のです。

 それゆえ、周りからは、「えー、J君なんでそんな昔のこと知ってんの?」

「すげー、すげー、Jはホンマになんでも知ってんなー」

「J君って本当に物知り博士ねー」

「ようし、みんな、この偉大な賢者を胴上げや」

「わっしょい、わっしょい」

…と、こんな風に私はモテはやされていたのです。

…戯言だけどね。

 それなのに、こんな風にリメイクの表示もしないリメイクが横行したら、

それに伴い、オリジナルを知らないにわかファンも増殖して猛威を奮い、

「え?オリジナル?なにそれ?おいしいの?」

とか、オリジナルを否定し出した挙句、オリジナルの方をパクリ扱いすることにも

なりかねません。

 私が危惧しているのはまさにそこなのです。

「オリジナルに勝るリメイクなし」という言葉があるように、

オリジナルを知っている方ならば、思い出補正とかが入る分、

どうしてもリメイクよりもオリジナルの方が良いと思ってしまいがちです。

 しかし、あんな風にリメイクなのにリメイクであることを示すこともなく、

堂々と公開されると、正直、オリジナルを知ってる側から見れば、

あまり気分の良いものではありません。

それに、これが一番許せないことなんですが、テレビで流れてるCM。

あれって完全にネタバレじゃないですか。

こんなことされた日にゃあもう、オリジナルのファンにケンカ売ってるとしか思えません。

そこんところを今一度よーく考えて猛省して欲しいものです。

 まあ、作ってしまったものは仕方ありませんから、今更やめろとまでは言いません。

それに、作り手側としては、リメイクを作りたいと思うことも、

それによってオリジナルを越えたいという夢を抱くこともあるかと思います。

しかしそれならば、先程も述べた「オリジナルに勝るリメイクなし」

この言葉の重さを十分にかみ締めて臨んで欲しいですし、

決して軽はずみな、過去の名作の威光に頼ったリメイクの乱発だけは

控えて欲しいと思う、今日この頃です。

=======================================================================

|

« J影虎語録 その壱拾参 | トップページ | かんなぎ騒動の感想 »

気弱な反逆児の主張」カテゴリの記事

コメント

何となく、ハンドル変えました酒好疫鬼改めまるだるまです。

リメイクである事を表示しないのは卑怯ですよね。
数は少ないと思いますが、意味のあるリメイクも存在するため、俺はリメイク自体は否定しません。

ただ、全てのリメイク作品はオリジナルとの比較という宿命を背負うべきだと思います。
タイトルの下に大きくリメイクを表示するべきですよね。

俺はオリジナル、原作原理主義というステレオ的思考の連中(まー、原作の方が殆ど面白いので、迷える子羊がそうなっちゃうのは仕方ないのですが)があまり好きではありません、だからこそリメイクには自信を持ってリメイクだと表記して欲しいのです。

投稿: 円達磨 | 2008年12月20日 (土) 14時06分

これはどうもご丁寧に。
円達磨さんですか。
よっしゃ!刻んだ!

ってなわけで、改めまして、円達磨さん。
コメントありがとうございます。

確かにですねー、これは難しい問題なんですよね。
ゲームとかはまあ、許せるんですよね。
リメイクされれば、グラフィックも音質も向上するし、
追加シナリオとかもあれば、オリジナルで出来なかった
ことも加味されたり、フォローされたりしますから。
もっとも、FFみたいな例外もありますけどね。
(まあ、あれは好みが分かれるだけなのかもしれないが)

ただ、ドラマとか映画に関しては、ちょっと許容できないところがありますねー。
そもそも、なんでリメイクするのか?
その理由がまったく語られないものが多過ぎるんですよね。
それが一度ならばまだ許せますけど、2度も3度もやられるとね……。

それに、オリジナルであれリメイクであれ、
どちらかを先に観てしまうと、どうしてもそのイメージが付きまとってしまいますからねー。
その結果、公平な評価が難しくなり、色々とめんどくさくなるから、嫌だっていうのもありますね。
私としても出来れば公平に評価したいんですが、
どーしてもオリジナルの方に私情を挟んでしまいますからね。
逆に、リメイクの方を先に観た人にとっては、それがその人にとって全てですから、オリジナルを観たところで
違和感を感じてしまうだろうし、その結果、リメイクの方が面白いと思ってしまうのも無理からぬことであるのですが、そうと分かっていても、やはりオリジナルを知ってる側からすれば、釈然としないものがあるし、時折イラッともするわけで、そういうことを考えていたら、リメイクなんかしない方がよくね?
と思ってしまうんですね。

 まっ、そんなわけで、
リメイクはリメイクらしく、これはリメイクです!
と、初めてその作品に触れる人にもちゃん分かるように
示して欲しいと思う次第なのです。
長文スマソ

投稿: J影虎 | 2008年12月21日 (日) 08時54分

はじめまして。

私はどちらかというと
「あのテレビドラマの金字塔を、橋本忍自らが改訂した脚本で映画化!」
というのを売りにしていた印象があるのですが、
人によってこうも印象が違うんですね。
私がたまたま、フランキー版の映像付きの宣伝を見たり、
リメイクする理由について書かれた雑誌の記事を読んだからだと思います。

私はドラマは見ていませんが、あらすじと
有名なラストシーンは知っていました。
レイトショーを見に行ったら、タイトルの意味も、
結末も、何も知らないような若い人でいっぱいでした。
シネコンなんて来た事無さそうな年配の方もいらっしゃいましたが、
(平日の昼間は年配の人が多かったと聞いています)
若い人にこそ見て欲しい映画だと思うので、今の時代に
リメイクする意味はあったかも…と思いました。

オリジナルをそのまま放送して、若い人がすすんで見るとは考えにくいですし、
放送すること自体、橋本先生が許可されなかったかもしれません。
変えたかった所を自分で書き直す為に、リメイクを許可されたそうですよ。

CMでネタバレしすぎなのは同感です!
この映画に限らず、どれも見せすぎですよね。
予告の映像を作る人のセンスを疑います。

投稿: 雪見だいふく | 2008年12月21日 (日) 19時44分

雪見だいふくさん。どうもはじめまして。
返信がこんなに遅くなってしまってすいません。
そして、貴重なご意見と情報提供ありがとうございます。

>オリジナルをそのまま放送して、若い人がすすんで見るとは考えにくいですし、

ああ、確かにそれはありますね~。
若者こそ見るべきだ!とか無理強いしたり、
「泣けるで~」と勧めたりしても、
「それを押し付けと言うんだー!!」
と言われるのがオチですからねー。
そうなれば、今の若者にウケるよう今風にアレンジするというのも有効なのかもしれませんね。
もっとも、オリジナルを知ってる者からすれば、釈然としないところもあるのですが……

 後は、あまり派手に宣伝して欲しくなかったというところもありますね。
好調だとか苦戦してるとか興行収入がどうたらこうたらなどと言われると、やっぱり金かよ!
と思ってしまいますし。
まあ、それはマスコミが勝手に煽って騒いでいるだけの話かもしれませんが……。
それに、出演してる中居君が『黒バラ』とかでネタにしてるのもなんだかなあ~と思えてなりません。
不謹慎というか、あんた本当に内容理解できてたの?
って感じだし、そもそもこの人、ホンマに演技が上手いのか?
と、いささか疑問ですし……。

私にとって、中居君が『味いちもんめ』の伊橋から何も変わってない(演じる役が全部伊橋と同じように見える)ように思えるのも、イマイチ受け入れがたい要因の1つです。
もっとも、「おめーの目が節穴なだけだろうが!」と言われてしまえばそれまでなんですが……。

投稿: J影虎 | 2008年12月26日 (金) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/43471320

この記事へのトラックバック一覧です: リメイクの乱発はやめろ!:

« J影虎語録 その壱拾参 | トップページ | かんなぎ騒動の感想 »