« かんなぎ騒動の感想 | トップページ | 2009年 ジャンプ03号の感想 »

2008年12月21日 (日)

政府見解とはなんぞや?

 いやあ、大変でしたね。タモさん。

 と、私は彼の肩をポンポンと叩いてあげたい心境です。

 もちろん、ここで言う「タモさん」とはタモリさんのことではなく、

 かの田母神論文で旋風を巻き起こした、田母神前航空幕僚長のことです。

 まあ、あの一連の騒動は私も注目していましたが、やはりそこで思ったのは、

 政府とマスコミはとことんヘタレであり、また、そんなヘタレどもに踊らされる

 国民も国民だな~ということです。

 そもそも、タモさんの論文を引っ張り出して「政府見解と違う」とアホみたいに

 連呼しているくせに、その肝心の「政府見解」をまったく説明しないってのは

 どゆことよ?

 どこがどう違っているわけ?

 タモさんは、「日本は侵略国家ではない。素晴らしい国なんだ」とか言ってたけど、

 それが政府見解とは違うと言うのであれば、「日本は侵略国家でひどい国だった」

 ってのが、政府見解なわけですか?

 なら、ちゃんとそう言えばいいじゃないですか。

 なぜ、それをしない?

 政府見解と違うと言うのであれば、タモさんの論文と政府見解の双方を示した上で、

 どうですか、皆さん?と、国民に審議を問えばいいではないか!!

 それをなぜやらん!

 結局、あれでしょ?ぶっちゃけ、言いたくないんでしょ?

 黒歴史ですからねー。思い出したくもない、出来れば闇に葬りたいわが国の

 恥ずかしい過去ですからねー。

 今更掘り返したくないというのが本音なのでしょう。

 ふざけんな!

 そういう事なかれ主義を今まで通してきたから、今回の騒動に発展したんだ!

 大体、「政府見解」だとか大層なことを言ってるが、国民に全然浸透してないでは

 ないか!

 悪いけど、私も「日本が侵略国家だったのどーのこーの」なんてこと、

 少なくとも義務教育上では一度も耳にしたことなんざありませんでしたよ。

 どゆことですか、これ?

 政府見解と大層なこと言うからには、ちゃんと国民に、それも義務教育の範囲内で

 伝えておかなければいけないんとちゃいまっか?

 それに、以前何かの番組で、誰かが「今の若者があまりに歴史を知らな過ぎる」

 「戦争があったということすら知らない人もいる」とか、若者批判だか教育批判だか

 していましたが、そんなこと言うならば、

 今回の一件はちょうどいい機会だったじゃないですか。

 なぜそこで、マスコミは政府見解と共にわが国の歴史について説明しようと

 しないのか!!!

 挙句の果てに、そういうことを棚に上げ、終始タモさん批判に走っている辺り、

 はてしないセコさを感じてしまいます。

 なんか「国民の怒りランキング」みたいなものでも、タモさんは上位に入ってましたが、

 これもちょっとアサヒってますよね。

 前述したように、ただでさえ政府見解とやらは浸透していないのだから、

 国民がこんなことで怒るはずもないんですよ。

 わが国の民は歴史とか政治とか経済とかに本当に無関心なんですから。

 実際に、「おのれ田母神!歴史を捏造しやがってー」だとか、

 「わが国が犯した過ちを否定するばかりか、その償いにかけてきた今までの時間をも
  無駄にしやがって」

 だとか言って怒ってる人っていないでしょ?

 そもそも、みんなそんなこと考えてもいないでしょ?

 考えてるだなんて言わせない!

 言わせてなるものかッァ!!!

 ……いや、まあ、そういう生真面目な方も確かにいらっしゃるかもしれませんけどね。

 でも、実際は、「退職金を6千万ももらいやがってー」などと、

 退職金の額に怒っているのが現実じゃないですか。

 こんなもん、問題のすり替えですよ。

 結局のところ、言論の自由や表現の自由が障害となって法的制裁や社会的制裁が

 加えられないから、退職金の話にすり替えて国民の怒りを誘導しただけの話で、

 国民もこれにまんまと釣られてるんだから、本当にやるせなくなってしまいます。

 大体、なんで退職金の額を公表してることに関して誰も異を唱えないんだよ!

 そりゃあ、公務員の退職金が大体いくらだとか、ある程度は分かりますよ。

 でも、政府見解も示さないくせに、タモさんの退職金の額は公表するなんて

 どー考えてもおかしいでしょ。

 それなのに、誰もこの点に関しては何も言わない……。

 「プライバシーの侵害だ~!」とか、「個人情報がどーたらこーたら」とか、

 誰か言ってもよさそうなものなのに、なんで誰も言わないのかにゃ~。

 ホンマ、えー加減にして欲しいものだす。

 えー、色々述べて参りましたが、そろそろ締めたいと思います。

 そりゃあね、前述したように、確かに今更あんなこと言うのも恥ずかしいですよ。

 日本はなんば今頃そがんことば言いよっとや。

 と、他の国からも批判されたり、バカにされたりもするでしょうよ。

 でも、しょうがないじゃん。

 実際に、全然浸透してなかったんだから。

 ですから、そこは恥を忍んでこう言いましょうや。

 「日本は過去にこういうことをしてきたんです!今一度そのことを認識しましょう」

 と。

 大体、今の日本政府に今更取り繕う体裁もねーだろ!

 恥も外聞も捨て、なりふり構わずがむしゃらに頑張っていかなければいけない時に

 いつまでせせこましいことやってんだよ!

 そんな「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」では、その内虎になっちまうぜ!

 ってな話です。 

 ゆえに、今からでも遅くはありません。

 政府やマスコミには、わが国の歴史を踏まえた上で今一度、政府見解とやらを

 ちゃんと説明して欲しいものです。

 You!言っちゃいなよ!

|

« かんなぎ騒動の感想 | トップページ | 2009年 ジャンプ03号の感想 »

ニュース」カテゴリの記事

気弱な反逆児の主張」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55586/43480359

この記事へのトラックバック一覧です: 政府見解とはなんぞや?:

» 政府見解-でつながるブログリング [blogring.org]
政府見解に関するブログをまとめています。 [続きを読む]

受信: 2009年1月16日 (金) 06時46分

« かんなぎ騒動の感想 | トップページ | 2009年 ジャンプ03号の感想 »