« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

叩くならみんな平等に叩こうぜ

 ひっさし振りにムカつきましたわ~。

 なんですか、あの「みのもんた」とかいうおっさんは。

 昨日、何気に「朝ズバッ!」を観てたら、とんでもない漢字の読み間違いをしてやがる。

 「留守電に鼻をすするような音が入っていた」とか、そんな風な文章を読む際、

 「鼻をすするようなおとこ……音が入っていた」

 と読みやがったんです。

 つまり、「音」を「おとこ」と読み間違ったんですよ。

 信じられますか、奥さん?

 しかも、さらに酷いことに、周りの取り巻きさん達はだ~れも突っ込まないんですよ。

 麻生総理とかには、鬼の首取ったようにはしゃいで叩きまくってたくせに。

 どゆことですか、これ?

 まあ、言うても彼らは腰巾着ですから、最初から期待できるはずもないんですが、

 問題なのは、それから既に一日経っていると言うのに、

 誰もこの件に関して何も言っていないということ。

 私はてっきり、マスコミあたりが騒ぎ立てたり、2chで祭りが起こったりするかな?

 と思ってたんですが、未だにそんな気配は全く見られません。

 どゆことですか、これ?

 麻生には言えて、みのには言えんのかァッ!!!

 ホンマ、ええ加減にして欲しいものだす!

 そもそも、なんで一国の首相に対してあんだけボロクソに言えるくせに、

 たかだか口達者なおっさんなだけの、みのさんには言えないんだよ!

 あれですか?日本国民総ヘタレってことですか?

 ホンマ、嘆かわしいことだす。

 まあ、こう言うとですねー、「ちょっと読み間違っただけじゃないか」とか

 言われるかもしれませんが、だったら麻生総理も同じことだったんではないですか?

 マスコミも「読み間違い」としか言ってないわけで、決して「読めなかった」とは

 言ってなかったですよね?

 つまり、うっかりミスであろうが、ボケようが(ウケ狙いでわざと間違えようが)、

 マスコミは「間違えは間違えとして叩く」というスタンスを取っていたはずであり、

 それに対して大多数の国民は同調していたのですよ。

 それを「していない」だなんて言わせない!

 言わせてなるものかァッ!!!

 ………まあ、そんなわけで、みんながみのさんを叩かないのは、

 ちょっとおかしいのではないか?筋が通っていないのではないか?

 と、思った次第なのです。

 とは言ってもですね、私は別に、みのさんを叩けと言ってるわけではないんですよ。

 前述したように、「間違いは間違いとして叩く」というスタンスを取っているのなら、

 例え相手が誰であれ、平等に叩け!と、こう言ってるわけなのです。

 それは国民についても同様です。

 「麻生総理の意見や考えはよくぶれる」と、やたら言われていますが、

 マスコミや国民の対応・反応こそが、一番ぶれてるのではないですかな?

 そこんところを今一度、1人1人よく考えて欲しいと思う、今日この頃です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

2008年のまとめ ネット界隈編 その弐

 引き続き、昨年のネット界での出来事などについて

 振り返っていきます。

続きを読む "2008年のまとめ ネット界隈編 その弐"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月17日 (土)

2008年のまとめ ネット界隈編

 まあ、まとめと言うほどまでにネット界の動きに敏感なわけでもないのですが、

個人的に興味を引かれたこと、気になったことなどについて振り返っていきます。

ただ、今回は「ネットに潜む闇に鋭く切り込む!」みたいな内容であり、

(特にジャンプ感想サイトに対しては)いささか説教臭くなっておりますので、

あらかじめご了承下さい。

ああ、それに際して、「それを押し付けと言うんだー」ってのは禁止ね。

続きを読む "2008年のまとめ ネット界隈編"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年1月11日 (日)

2008年のまとめ ゲーム編

 昨年発売されたゲームという枠におさめず、
単に昨年私がプレーしたゲームについて色々と語っちゃいます。

続きを読む "2008年のまとめ ゲーム編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年のまとめ マンガ編 その参

 前回に引き続き、昨年2008年において、私の独断と偏見から
特に印象に残った作品及び印象に残ったシーン、キャラなどについて、
振り返っていきたいと思います。
前述したように、テーマは「恐怖」
ゆえに、くれぐれも決して夜に1人で読まないよう、お気をつけ下さいませ

続きを読む "2008年のまとめ マンガ編 その参"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

2008年のまとめ マンガ編 その弐

 前回に引き続き、昨年2008年において、私の独断と偏見から
特に印象に残った作品及び印象に残ったシーン、キャラなどについて、
振り返っていきたいと思います。
前述したように、テーマは「恐怖」
ゆえに、くれぐれも決して夜に1人で読まないよう、お気をつけ下さいませ。

続きを読む "2008年のまとめ マンガ編 その弐"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

2008年のまとめ マンガ編

 昨年がどんな一年だったかと言えば、「変」の一文字で表現されていたようですが、
マンガも基本的に同様ではなかったかなあ~と思えなくもないです。
ただ、私の主観的な印象を述べさせていただくなら、
昨年のマンガは「恐怖」の2文字で表現されることかと思います。
それ程までに、昨年のマンガは「おっかなびっくり」な展開が多かったように思えますし、
実際に読んでいて、色んな意味で「恐怖」を感じることが多々ありました。
そこで今回から、2,3回くらいにわたり、私の独断と偏見から、特に印象に残った作品
及び印象に残ったシーン、キャラなどについて振り返っていきたいと思います。
前述したように、テーマは「恐怖」
ゆえに、くれぐれも決して夜に1人で読まないよう、お気をつけ下さいませ。

続きを読む "2008年のまとめ マンガ編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

2008年のまとめ アニメ編その弐

   4月~12月(PARTⅡ)

 【かのこん】
とにかくエロ過ぎ!
ある意味、『ToLOVEる』より酷い!
これ、ホンマにテレビで流してええんかいな?
それほどの衝撃を受けた作品でした。 
川澄綾子、恐るべし!
今まで地味なイメージしかなかったけど、実は彼女はすごい声優なのかもしれない。

 【RD潜脳調査室】
ヒロインがムチムチしてたことと、「リアルドライブ」しか印象がない。
まあ、これも2回程度しか観てないからだけど…。

 【テレパシー少女 蘭】
前にも言ったけど、テレパシー少女同士がテレパシーで会話しているのに、
「言いたいことがあるなら口で言いなさいよ!」と、キレたところがすげーツボに
はまりました。
うん。つかみとして、これ以上のものはなかったと思うゆ。
実際、それ以来、割と視聴することになったわけだし。

 【とらドラ!】
これも3回程しか観る事が出来ませんでしたが、
そこはかとなく面白かったですね。
ただ、ネタやパロディーがいささか古過ぎるのがちょっと気になりました。
「ひょうきん懺悔室」とか「エッチ スケッチ ワンタッチ」とかね。
まあ、面白かったから良いんだけど。

   番外編~特撮もの~

 【炎神戦隊ゴーオンジャー】
ちょっと狙いすぎちゃうか?
と思ってしまいますね。
敵役の及川奈央さん、イエローの逢沢りなさん、シルバーの杉本有美さん、
ただでさえ3人とも魅力的なのに、その3人がユニットを組んだりするなど、
やり過ぎのようにも思えたりもするのですが、個人的には、
いいぞ!そういうことはもっとどんどんやれ!
と後押ししたい思いが勝っちゃったりします。
 しかし、それでもやっぱちょっと狙いすぎですよね(笑)。
特に、シルバー(杉本有美さん)が転校生としてどこかの高校に潜入して、
「ただの人間に興味はありません」とか言った時、思わず吹いてしまいましたから。
ただ、ゲキレンジャーの時もそうでしたが、こういう子供には若干難易度の高いネタが
散りばめられているというのも、幅広い人気の要因なのかなあ~とも思えるので、
いいぞ!そういうことはもっとどんどんやれ!
と、エールを贈りたくなってしまう、今日この頃です。

 【仮面ライダーキバ】
まあ、今まで散々言ってるように、仮面ライダーがライダーキックしなくなっちゃあ
終りだよね~。
いや、ここでは今回初めて言ったことですけどね。
ただ、私の場合は「RX」の頃からそう言い続けてきたわけで、
早い話、平成ライダーについては否定派なんです。はい。
 しかし、こういう否定派の人ってかなりいると思うんですけど、
あまりそういう人の話を聞かないってのはどうしたことなんでしょうかねえ。
まあ、そんなことはどーでもいいとして、最近やたら観る事が多かったので、
その範囲内での感想を述べるならば、キングとやらはケバいなあと。
それくらいしか思うところがありませんでした。
うん、やっぱなんか暗い感じがするし、魅力的なキャラが少ないと思うんだ。
『電王』には、色々と変なヤツが多かったじゃないですか。
特に、やたら「泣けるで~」と言う太っちょは割と好きでしたからね~。
まっ、そんなわけで、ガンダムと同様、タイトルに「仮面ライダー」と付ける意味が
はたしてあるのか?
と、今更ながらに疑問を感じてしまう、今日この頃です。

 【総 評】
振り返ると、昨年は割と観た方ですかね~。
最近はと言うと、アニメに関してはほとんど観てないに等しいので、
どこかで補完せねば!
と思うのですが、どうなるのかは分かりません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年のまとめ アニメ編その壱

  1月~3月

この頃はまだニコニコ動画でアニメ本編がUPされていましたから、
一昨年から引き続いて、やたらと観ていましたね。
そんな中、ついノリと勢いで「破天荒アニメ選手権」なんてアホなことをやらかしたり
していました。
まあ、そこでも散々感想は述べましたので、今更多くは語りませんが、
振り返ってみて思いついたこと、当時語れなかったことなどについて、
サラッと述べたいと思います。

 【君が主で執事が俺で】
やっぱ、この作品のインパクトはすごかったですね。
初っ端から、ドモンと東邦不敗のパロディに加え、ジャイアンまで……(笑)。
その凄まじいまでのパロディラッシュには、終始圧倒されっぱなしでした。
特に、勇者王、ヘタレアーチャー、ジャニーさん、柳沢などのパロディは
個人的にツボにはまりました。

 【true tears】
これも面白かったですね。
特に、三者三様のヒロインのあり方が素晴らしかった。
でも、ラスト近くで純君の後ろにいた子供は誰?
今でもでっかい謎です。(過去記事

 【破天荒遊戯】
文字通り、破天荒な作品でしたね。
第二期ははたしてあるのだろうか?(過去記事

 【H2O】
なんと言っても、「精霊会議」
これに尽きます。(過去記事

 ARIA The ORIGINATION
原作は読んでましたが、それでもなお感動できてしまうのですから、
昨年のアニメで一番素晴らしい作品だったのではないかな。
と、私は思います。
特に、ラスト二話で、原作では描かれなかった、藍華のプリマ昇格試験、
アリシアさんの引退セレモニーを見せてくれたのはGJでした。

 関連記事:打ち切り!破天荒アニメ選手権

======================================================================       

   4月~12月 (PARTⅠ)

不意にニコニコ動画でアニメ本編が禁止になったものだから、
視聴作品数がここに来て激減。
権利者どものバカヤロー!!
権利を主張するなら、義務を果たせ!
おめえらの作品を日本国全土のお茶の間に届けるという義務を!!
アニメなんてなー、DVD買って観るもんじゃねえんだよ!
お茶の間で観るものなんだよ!
それなくして、なんのアニメか!!
…まあ、そんなわけで、言いたいことは山ほどあるのですが、
それはまた別の機会にするとして、特に印象に残った作品について述べていきます。

 【仮面のメイドガイ】
面白かったですねー。
やはり最初のインパクトが絶大でしたからね~。
EDも好きでした。

 【マクロス FRONTIER】
さほど観ていたわけでもなかったのですが、
面白かったと思います。
それにやっぱ歌が良かったですね。
「星間飛行」とか「ライオン」とか、おなじみの「愛・おぼえていますか」とか、
「射手座☆午後九時 Don’t be late」とか「What’ by my star?」とか、
「インフィニティ」とか………。
ただでございますねえ。
たった一つだけというのなら、やはり……

「ニンジーン Loves you yeah!」にございます。
いや、これがまた中毒になりましてね~。
色々と大変でしたよ。ホンマに。
そして1つ重大なことに気付きました。

これを着信音にして人に聞かれるとかなり恥ずかしい

もちろん、分かる人もそんなにいるとは思えないんですが、
なんでだろ……?なぜだかすっごく恥ずかしくなりました。
これが着歌だったら…と思うと、ゾッとします。
皆様もお気をつけ下さいませ。

 【スレイヤーズ REVOLUTION】
2回しか観れなかったですけど、私としてはなんだかビミョーでしたね。
まあ、2回しか観てないくせに何が分かるんだ!
と言われればそれまでなんですが、やっぱ懐かしいなというのはありましたけど、
どこか違和感がありましたね。
リナもガウリイもアメリアもゼルガディスも………。
もっとも、それが何なのかははっきりとは分からないのですが、
おそらくは10年もの月日の流れによるもの…としか言いようがないですね。
ただ、不思議とゼロスについては何の違和感も感じませんでした。
うーん、なんでだろ?
 あとは内容的なことに関して言うと、やっぱビミョーだったかなあと。
今更ザナッファーとか出されてもねえ……。
そもそも、アニメの方は原作と違って、コピーレゾと同化したような感じで描かれていた
のに、本作では原作に近い形になってたわけでしょ?
その辺りどう整合性をつけたのかなあと。
まあ、そう言うのなら観ればいいだけの話なんですけどね。
ただ、そういうところが自分の中でちょっと引っかかっていたというだけの話です。
はい。

 【コードギアス 反逆のルルーシュ R2】
まあ、確かにクオリティが高く面白い作品だったと思います。
思いますけど、やっぱ終盤からラストにかけて、なんだかなあ~と思えてしまいました。
まず、シャルルのおやっさんの退場。
これもまあ意外性があって良かったとも思えるんですけど、
ラスボスとしての風格を感じられたのは彼以外いませんでしたので、
やっぱ、シュナイゼルのボンボンでは役不足感は否めませんでしたし、
おやっさんが最後に「我を拒めば待っているのはシュナイゼルの世界だ」とか
なんとか言っていたのも、シュナイゼルのすごさを際立たせようという、
いかにもとってつけた感があったので、なんだかなあ~と思ってしまいました。
実際に、その後、シュナイゼルさんはその隠された恐るべき本性を露にするのですが、
これも割とありふれたものであり、特段驚くほどのことでもなかったし、
加えて、「自分はルルに今まで一度も負けたことがない」などと、懇切丁寧に負けフラグ
をも立ててしまったのですから、ちょっとシラケてしまいました。
 しかし、それらよりも、やはり「ゼロレクイエム」
これこそが、「なんだかなあ~」の極みだったように思います。
まあ、結局は、ルルがヒールに徹することで世界中の人々の憎しみを一身に背負い、
この世を去ることで幕を引くといったものでしたが、それならば、
「だ~れも知らない 知られちゃいけ~ない~♪」ってのが大前提なのに、
少なくとも、カレンとナナリーにはバレてしまっているのですから、
これはもうはっきり言って失敗ですよ。
特に、スザクなんて、これから「スザク」としてではなく、一生を「ゼロ」として
生きていかなければならないという過酷な運命を背負うことになってるのに、
走り方でモロバレってのはいかがなものなのか?
視聴者にすらバレてるのだから、あの場にいた彼を知ってる者であれば、
「あっ、あいつスザクじゃん。あいつゼロのコスプレして何やってんだ?」
と思われてますよ。
現に、カレンはゼロのコスプレしたスザクを見て、ルルの真意に気付いたんですから、
これはもう、スザクは確信犯でやったとしか思えません。
どこまで裏切り続ければ気が済むんだよ!と(笑)。
 また、ナナリーがルルに触れることで、ルルの真意に気付くというのも、
ご都合主義的でいただけませんでした。
実際に、私も観ていて「なんでおまえにそんなこと分かるねん?それも映像つきで」
と思いましたから。
まあ、ナナリーがそういう「能力者」だと言ってしまえばそれまでのことかもしれないが、
今までにそんな描写および伏線があったかどうか疑問なだけに、
やはり「なんだかなあ~」と思えてなりませんでした。
 そもそも、「ゼロレクイエム」自体、ラオウのパクリみたいなもんですよね。
すなわち、恐怖を以って支配した後、ケンシロウによる愛の統治に引き継ぐ……
みたいな。
それに、そんな考え自体、民衆を舐めてるようにも思います。
そんな年端も行かない子供の思惑に、引っかかるか!と。
民衆を舐めるな!人間を舐めるな!
まあ、それでも民衆は愚かですから、引っかかってしまうものなんですけどね(笑)。
でも、実際にカレンとナナリーには気付かれてしまい、彼女らを悲しませてしまった
のですから、これはやはりルルの自己満足でしかなかったと思います。
 そして、これはちょっと細かいことなんですが、
残された者達は上手くやっていけるのかなあと。
特に、シュナイゼルの処遇はどうなるんだろう?
確か彼は帝都にフレイア落として帝都にいる民衆を余すところなく殺してますよね?
ナナリーには民衆は避難させてるとか嘘言ってましたけど、
こんなもん、いずれはバレますよね?
その時どうするつもりなのかなあ?と。
それに、シュナイゼルの危な過ぎる本性を知ってるコーネリアにしてみれば、
彼は危険分子でしかないわけだから、これもどーすんのかなあ?と。
もっとも、ギアスかかったままであれば、ゼロ(スザク)が上手くコントロールすれば
良いのだろうけど、それもなんか不安だし……。
いつの日か、マンモスマンみたく本性さらけ出して裏切るのでは?
と思えるだけに、彼らの未来はまだまだ前途多難なのかもしれない………。

 とまあ、色々あーだこーだと言ってきましたが、
前述したように、面白い作品だったと思います。
放送が終わっても、ルルーシュ生存説だとか、ネットで盛り上がってましたからね。
なんだかんだ言って、毎週観ていて続きが待ち遠しくなる作品でもありましたし、
私自身も大いに楽しめました。
また、放送時間については否定的な意見が多かったみたいですが、
深夜になんか放送されたら、それこそこっちでは放送されることもないだろうから、
私はあの時間帯で良かったと思います。
もっとも、日中オンエアされるものが全部こちらでも放送されるかと言うと、
そうでもないんだけどね。
ただ、アニメをもっと人目に晒すには、日中にやるべきだと私は思うので、
放送時間に関しては、今後もアニメ業界には熟考して欲しいと思います。

=======================================================================

 長くなったので、次回に続く。
 やっぱ私って、短くまとめられないなあ~。ハァ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

これはほんの新年の挨拶代わりだ!喰らいやがれ!

 年が明けましたけど、それってホンマにめでたいことなのか?

 ただ単に慣例的なもので、みんなが言ってるから自分も言ってるだけじゃないのか?

 今の世の中のを見て、心の底からホンマにめでたいなどと思えるのか?

 なあ、実際のところどうよ?

 あけましておめでとう

 さも当然のごとく周りのみんなはそう言ってるけど、ホンマにそう思うか?

 本当の声を聞かせておくれよ~♪

 ……ってな感じで、新年早々ちょっくら重苦しい問題提起をしてみよう!

 と思っていたのですが、かなりめんどくさいことになりそうな気がしたので、

 なくなく却下。

 ゆえに、改めて申し上げます。

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

 …なんかさっき言ってることと全然違ってるような気がしますが、

 多分気のせいです。うん、気のせい…気のせい………

 まあ、ホンマにめでたいかどうかと言うのは人によって違うわけなのですが、

 それでもボクは!!

 と思う次第でありまして、年が明け、その先に例え光なき絶望的な未来が待ち受けて

 いたとしても、それでも我々は前に進むしかないのです。

 どうせ前に進むしかないのであれば、少しでも前向きに行きたいではないですか。

 そう思って、私はあえて「おめでとう」と言うことにしたのです。

 べ…別に、妥協して言ったわけじゃ…ないんだからねっ!!!

 ……まあ、そんなわけで、今年が皆様にとって良い年とならんことを、

 陰ながらお祈り申し上げます。

 あけましておめでとう。今年もよろしく。

 大事なことなので2回言いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »